2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 満開のトキワマンサク:県指定天然記念物(湖西市神座) | トップページ | わが家の庭の花:2011年の春花壇 ② »

2011年4月22日 (金)

摩利支天を祭る東雲寺(湖西市)

 摩利支天は古代インド伝来の神で、護身・蓄財の神として中世以降信仰を集めました。湖西市神座の東雲寺では毎年2月第4日曜日に摩利支天の例大祭があり大勢の参詣客でにぎわいます。お寺は現在無住で大祭の時以外はひっそりと静まりかえっています。

 拝殿が昨年改修され、草木の天井画が色鮮やかに蘇っています。拝殿はいつでも自由に拝観できます。

Simg_5650

Simg_5651 Simg_5653

Simg_5657 Simg_5660
 トキワマンサクの奥に拝殿

Simg_5659 Simg_5662

Simg_5666 Simg_5661
境内のベニバナトキワマンサク     トネリコ=アオダモ(野球のバットの材料)

Simg_5677 Simg_5679
新所原駅に向かう天浜線下り            JR新所原駅で。左上に注目です

Simg_5680
非常ベルが作動したらどのような反応をするのでしょうか

« 満開のトキワマンサク:県指定天然記念物(湖西市神座) | トップページ | わが家の庭の花:2011年の春花壇 ② »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 摩利支天を祭る東雲寺(湖西市):

« 満開のトキワマンサク:県指定天然記念物(湖西市神座) | トップページ | わが家の庭の花:2011年の春花壇 ② »