2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ギッター・コレクション展」~帰ってきた江戸絵画:静岡県立美術館 | トップページ | 富岳10景 »

2011年2月21日 (月)

2011年のお花見①:酒匂川を見下ろす松田山(神奈川県)の河津桜

 伊豆の河津桜は何度か見ているので今年は新しくバスツアーのコースに取り入れられた松田山の河津桜を見ることにしました。

 桜と富士山のコラボがセールスポイントの松田の桜まつりは今年で13回目です。伊豆の河津の場合は川沿いの平面ですが、ここの河津桜は松田山の斜面に植えられています。エリアはかなり狭く、高低差もあるので花見客の行動は限定されますし、花見客の受け入れにも限度があります。貸切バスで現地まで行くことはできません。小型のシャトルバスに乗り換えて急勾配とヘアピンカーブの道を登ります。

 七分咲きの桜が咲き誇る松田山の麓を酒匂川が流れ、谷を挟んでその向こうに富士山と箱根連山がそびえる風景はみごとでした。

Simg_3420

Simg_3506 Simg_3558

Simg_3569

Simg_3508 Simg_3528
このような斜面に植えられています

Simg_3517 Simg_3431
              小型の「ふるさと鉄道」が客を乗せて桜のトンネルを行きます

Simg_3577 Simg_3593

Simg_3533 Simg_3611 
          メジロ                中央右のピンクが松田山の河津桜

 富士山を背にした河津桜はみごとですが、お花見にはやはり伊豆の河津桜の方が見応えがあります。参加者20人の小グループでした。現地滞在の時間は4時間でしたが、2時間も行動すればほとんど見終えて残りの時間をもてあましました。

« 「ギッター・コレクション展」~帰ってきた江戸絵画:静岡県立美術館 | トップページ | 富岳10景 »

2月-河津桜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「ギッター・コレクション展」~帰ってきた江戸絵画:静岡県立美術館 | トップページ | 富岳10景 »