2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 晩秋の満月 | トップページ | ブーニン オール・ショパン ピアノ・リサイタル »

2010年11月22日 (月)

グレン・ミラー・オーケストラ 浜松公演

 《ムーンライト・セレナーデ》《真珠の首飾り》《茶色の小瓶》…懐かしい曲ですねえ!私の青春時代の思い出がいろいろよみがえってきます。1952年に放送が始まった文化放送の「S盤アワー」をよく聴きました。映画「グレン・ミラー物語」を見たのは1955年だったでしょうか。

 グレン・ミラーが英仏海峡で戦死して66年になります。彼の没後もグレン・ミラー楽団は世界中で公演を行っています。日本でも毎年全国各地でコンサートを開いています。

 聴き慣れた《ムーンライト・セレナーデ》の懐かしい響きとともに幕が上がりました。第1部は
《茶色の小瓶》《ペンシルバニア 6-5000》《アメリカン・パトロール》など14曲。

 第2部は《セントルイス・ブルース・マーチ》に始まり、《ジングルベル》《ホワイト・クリスマス》
《赤鼻のトナカイ》などのクリスマスバージョンに続いて《チャタヌガ・チューチュー》《真珠の首飾り》《ダニー・ボーイ》。

 曲によっては男女それぞれのボーカリストのソロや、それに3人のバンドメンが加わった混声コーラスもあります。

 バンドの編成はトランペット4・トロンンボーン4+1(指揮者のラリー・オブライエン)・サックス5・ピアノ・ベース・ドラムスの17人です。これはグレン・ミラーが健在であった当時と変わっていません。

 熱烈な拍手に応えてのアンコールは3曲。まず《イン・ザ・ムード》。次は…聴衆が待ち望んだ《ムーンライト・セレナーデ》で場内のムードは最高潮に。そして最後は《ビューグル・コール・ラグ》でした。

 半世紀以上続いているグレン・ミラー サウンドを十分楽しむことができました。

  会場のアクトシティ大ホールはチケット完売で1,2階席は満席。平均年齢は60歳前後という感じで男性が7割。洋楽のコンサートとしては珍しいのではないでしょうか。それぞれ青春時代の懐かしい思い出を胸に抱いての鑑賞でした。休憩時間のロビーでは大勢の人がワインやビールを楽しみながら懐かしい時代の話をしていました。

S S_2
                                演奏曲目

 

 

 

« 晩秋の満月 | トップページ | ブーニン オール・ショパン ピアノ・リサイタル »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グレン・ミラー・オーケストラ 浜松公演:

« 晩秋の満月 | トップページ | ブーニン オール・ショパン ピアノ・リサイタル »