2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 狂言とオペラ歌手による「マクベス」:あいちトリエンナーレ | トップページ | 瀬戸内海に来ています »

2010年10月15日 (金)

マナーハウスはすてきな宿でした(ストラトフォード・アポン・エイボン)

 家族のイギリス紀行の続編です。
 ストラトフォード・アポン・エイボン(シェークスピアが生まれた町)で連泊したのはマナーハウスでした。16世紀チューダー王朝時代の建物です。広大な敷地に建つ広壮なマナーハウスは内部も立派でした。ビレズリー アルセスターのマナーハウスです。

S2010_1011pana0152

S2010_1011pana0161 S2010_1011pana0153

S2010_1011pana0147 S2010_1011pana0168

S2010_1011pana0132_2 S2010_1011pana0129_3
                               広いベッドルーム

S2010_1011pana0133_2 S2010_1011pana0134
        トイレと洗面所  椅子が置いてあります

S2010_1011pana0163 S2010_1011pana0166
                               このドアから入ります

S2010_1011pana0165 S2010_1011pana0206
               アンティークの世界です

S2010_1011pana0146 S2010_1011pana0264
                ヒツジが遊ぶ広大な庭園

 素晴らしいお屋敷で夢見るような二夜を過ごしました。廷内が広すぎてダイニングルームへ行くのに迷いました。

 

« 狂言とオペラ歌手による「マクベス」:あいちトリエンナーレ | トップページ | 瀬戸内海に来ています »

10月-イギリス湖水地方」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 狂言とオペラ歌手による「マクベス」:あいちトリエンナーレ | トップページ | 瀬戸内海に来ています »