2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 秋の瀬戸内を訪ねて その1 瀬戸田 | トップページ | 磐田東 高校サッカー選手権県大会 決勝トーナメント進出 »

2010年10月19日 (火)

秋の瀬戸内を訪ねて その2 朝日に輝く国宝三重の塔

 船が瀬戸田港に近づくと潮音山公園の頂にある三重の塔の頭部が見えてきます。北町の路地裏を通り抜けて石段を登ると向上寺の本堂があり、その近くに三重の塔がそびえています。

 唐と和の様式が調和した朱塗りの塔で、1432年の建立です。用材の大部分は創建当時のもので昭和33年に国宝に指定されました。

 本堂横の狭いエリアに樹木に囲まれた形で塔は建っています。朱色が鮮やかなみごとな三重の塔です。高いところから見下ろすと青い海に朱色が映えていました。

Simg_2104_2

Simg_2093 Simg_2098

Simg_2095 Simg_2111

Simg_2107 Simg_2091
平山郁夫がスケッチしたポイント。手前はその時の作品の紹介です

Simg_2092 Simg_2089

Simg_2096_2 Simg_2085 
                              北町の路地裏

Simg_2099
 潮音山からの瀬戸内海の眺望。穏やかな秋の海です。右に突き出ているのは高根島。
遠くに見えているのは竹原方面

« 秋の瀬戸内を訪ねて その1 瀬戸田 | トップページ | 磐田東 高校サッカー選手権県大会 決勝トーナメント進出 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の瀬戸内を訪ねて その2 朝日に輝く国宝三重の塔:

« 秋の瀬戸内を訪ねて その1 瀬戸田 | トップページ | 磐田東 高校サッカー選手権県大会 決勝トーナメント進出 »