2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

わが家の庭の花 ホトトギスなど秋の花いろいろ

 2ヶ月ぶりのわが家の花です。いろいろな種類のホトトギスが庭のあちこちで咲いています。

Simg_2663 Simg_2668 Simg_2541 Simg_2661 Simg_2650 Simg_2533
Simg_2542 Simg_2538

その他いろいろ

Simg_2655 Simg_2269
       ミズヒキソウ                    コムラサキ

Simg_2275 Simg_2536_2
       ジンジャー                       ハイビスカス

Simg_2264 Simg_2266
     アメジストセージ                    ハギ

2010年10月30日 (土)

イギリスの銘菓、日本の銘菓

1 プレスタット=イギリス王室御用達のチョコ

S2010_1030pana20022 S2010_1030pana20021 
1902年にフランス人のショコラティシエが創業しました。故ダイアナ妃も愛好した品ということです。店はピカデリー・サーカスにあります。今回は三越で買い求めました。日本には常設店はありません。55㌘・約800円です。右の画像は王室のブランドです。

2 デイリーミルク 

S2010_1030pana20019 S2010_1030pana20020
左下にロンドン五輪とフェアトレードのマーク。裏には王室のブランド。
スーパーで普通の価格で買えます。

3 ディヴァイン チョコ

S2010_1030pana20017 S2010_1030pana20018 
リバプールの海洋博物館で購入。裏(右の画像)を見るとドイツ製でした。

4 ブリストルのショートブレッド

S2010_1030pana20025 S2010_1030pana20024

クロテッドクリームを練り込んだショートブレッド。ハイブリーの郵便局併設の売店で
購入。㊨の画像:成分表示は英仏独の3カ国語です。

5 ショパンコンクール記念のウエハース=ワルシャワ

S2010_1030pana20026 S2010_1030pana20027
 生誕200年のショパンの肖像          十数カ国語の表記がビッシリ

 先日終わったばかりのショパンコンクールで優勝した女性が弾いたピアノはヤマハ製でした。「ヤマハ」は初優勝です。

6 松江の銘菓

 山陰の古都松江には金沢に似た歴史と伝統があります。松平不昧公お好みの「山川」をはじめとする銘菓の伝統もあります。

S2010_1030pana20033 S

S2010_1030pana20030 S2010_1030pana20036

7 静岡名物「8の字」             

S2010_1030pana20028

8  おまけ…マグロの角煮(焼津)

S2010_1030pana20031_2 S2010_1030pana20032
       非常に美味です

1~4は家族がイギリスで買い求めました

5はショパンコンクールに招かれた浜松市の関係者からのお土産

6は私の同級生からのプレゼント

7,8は静岡からのお客様のお土産

2010年10月29日 (金)

演劇「炎の人」:仲代達矢の熱演に脱帽

 三好十郎の名作に無名塾が挑んだ舞台です。私の中で「炎の人」と言えばこれまで滝沢修のゴッホでした。そしてナレーションは宇野重吉。劇団民芸の二人の重鎮の舞台がまだ印象に残っています。

 生涯を通じて売れた絵は1枚だけだったというゴッホを支えた弟のテオ、友情で結ばれ共同生活をしたもののやがて破綻したゴーギャンとの関係、激情のままに行動するゴッホ、精神錯乱に陥るゴッホ…38歳で亡くなったゴッホを演じたのは77歳の仲代達矢です。

 3時間に及ぶ舞台を出ずっぱりで演じた仲代のエネルギーに脱帽です。ゴッホの人間像をみごとに演じていました。滝沢修のゴッホに勝るとも劣らない「炎の人」を観ました。仲代の年齢を考えるとこれが最初で最後かもしれません。

 無名塾の若手俳優も懸命に演じていました。三好十郎のリアリズム演劇はやや重い感じで、観客の大半を占める高齢の女性にとってはややわかりにくい舞台だったのではないでしょうか。

浜松演劇鑑賞会第392回例会 浜松アクトシティ大ホール

S

2010年10月28日 (木)

モーリス・ユトリロ展(豊橋)

 パリ・モンマルトルに生まれ、生涯にわたってパリの町並みを詩情豊かに描いたユトリロの作品92点が出展されています。いずれも個人コレクターの所蔵品です。これまでどこかの展覧会で見たように思う作品もありますが、すべて日本初公開です。大作はありません。

 母親と継父の派手な生活のために自宅に閉じこめられて大量の絵を描かせれらたユトリロの全作品の中で今回の92点がどのような位置付けにあるのか不明です。

 20代前半の作品が3点あります。モンマーニの風景を描いた作品です。絵の具を分厚く塗ったこれらの絵は明らかにのちのユトリロの絵とは傾向が異なります。

 30代に入ってからの「白の時代」。白を基調として明確な線で構築したパリの街角や教会の風景はわれわれにおなじみです。

 30代半ばからの「色彩の時代」の作品がもっとも多く出展されています。「貨幣製造機ユトリロ」と呼ばれて作品を量産した時代です。10代半ばからアルコール依存症で何度も入退院を繰り返したユトリロは、水で薄めたワインを与えられながら制作を続けます。幽閉状況での風景画の制作は…絵はがきを見ながら描いたのでした。

 彼は1955年に72歳で亡くなっていますが最後の3枚はこの年の作品です。

 彼の絵から受ける詩情豊かで落ち着いた印象とは異なり、彼の生涯は波乱に満ちてい
ます。1枚1枚の絵の裏に、外出できないユトリロが題材として使った絵はがきや、室内に閉じこもり母や義父から迫られて次から次へと制作を続ける彼の姿が浮かんできて複雑な思いがしました。

S_3 S_2

葦毛(いもう)湿原展

会場の豊橋美術博物館では同時に「葦毛湿原」展が開かれています。愛知県指定天然記念物で貴重な自然の残る里山の歴史と自然が紹介されています。

 シラタマホシクサ、ヒメミミカキグサ、ミカワバイケイソウなどの東海地方固有の植物なども紹介されており一見の価値があります。入場無料です。

Simg_2319

 

 

2010年10月27日 (水)

レーチェ 食欲不振から立ち直りました

 1ヶ月以上のごぶさたで御心配をおかけしました。実は…10月5日から12日までの8日間、食欲がなくなって少しスマートになりました。

 その原因は…家族が二人イギリスへ出かけてしまって私とレーチェが留守番をすることになったからです。毎日食べていたキャットフードをほとんど食べなくなりました。なんとか食べたのは大好物のマグロのお刺身と花鰹です。トイレへ行く回数も少なくなりました。かなりストレスが溜まった様子でした。

 家族が帰ってきてから食べ始めました。徐々に食欲旺盛になり…2週間過ぎて以前よりも丸くなった感じです。家族の動きを気にしていて、玄関を出ようとすると急いで玄関まで出てきたりします。

 近くへお買い物などという時はあまり気にならないようです。服装と持ち物でわかるらしいのです。大きいスーツケースなどが置いてあると気にするレーチェです。

Simg_2315 Simg_2314

Simg_2306 Simg_2307 Simg_2300 Simg_2290

秋に咲く美しい花たち:浜名湖ガーデンパーク

 秋たけなわの今日この頃、ガーデンパークでは各所で美しい花が咲いています。その画像をどうぞ。

Simg_2629
大阪万博の岡本太郎制作「太陽の塔」を思い出させるダリヤ「ジェシカ」。花の美術館前

ダリヤいろいろ
Simg_2609 Simg_2607_2 Simg_2621

風変わりな花
Simg_2632 Simg_2623
㊧:葉がなく花だけのコルチカム。有毒です。
㊨:ハンググライダーに見えるその名もヒコウキソウの葉。豆科です。

花の庭
Simg_2628
     色とりどりの美しい花が植栽されています

Simg_2614 Simg_2626

ほかにもいろいろ

Simg_2589 Simg_2595

Simg_2596 Simg_2597

紅葉も始まっています
Simg_2639 Simg_2644_2
              モミジバフウです

    

2010年10月26日 (火)

コスモス畑で巨大な赤トンボが舞う風景:浜名湖ガーデンパーク

 浜名湖ガーデンパークの展望台西側斜面に35万本のコスモスが咲いています。そのコスモスの中でサルビアの赤い花で描かれた赤トンボが舞っています。

Simg_2576

Simg_2574 Simg_2645
㊧:展望塔から見下ろした眺めです。コスモスの中に2匹のトンボが見えています
㊨:展望塔の西側斜面のコスモス畑

Simg_2553 Simg_2559
運河越しに見たコスモス畑         品種はスーパービッキー。8月20日に播種

展望塔からの眺め
Simg_2578 Simg_2582 Simg_2579
㊧:正面は弁天島。橋は浜名バイパスの大橋
㊥:光る海。浜名湖の対岸は新居方面
㊨:浜松市中心部。高いビルはアクトタワー

2010年10月25日 (月)

東海大会1回戦 勝利の画像 磐田東8-1中京大中京

 残念ながら昨日の2回戦で惜敗しましたが、1回戦はみごとな勝利でした。その画像です。応援に夢中で撮影した枚数は少ないのですが…盛り上がったシーンをアップします。

Sdscf2524 Sdscf2529
  三重県・伊勢市営球場で             磐田東野球部父母会などの応援席

Sdscf2528 Sdscf2536
㊧:磐田市の渡部市長も応援に(中央右の淡いピンクのシャツ)
㊨:4回の表 先制点に沸く

Sdscf2538 Sdscf2541
                 次々と加点

Sdscf2562 Sdscf2561
結局8-1で8回コールド勝ち            応援席に挨拶

2010年10月24日 (日)

磐田東 健闘及ばず逆転負け 磐田東2-4愛工大名電

 東海大会2戦。磐田東は1回の裏に3塁打にエラーがからんで打者が生還。先取点をあげました。その後は名電の濱田の好投にあって自慢の打線が沈黙。6回と7回に2点ずつ失って逆転されました。

 8回の裏、3連打で1点返しましたが反撃もそこまで。健闘及ばず2回戦で敗退し、初の甲子園出場は夢に終わりました。
 来年の夏を目指してさらに力をつけ磐周地区からの初の甲子園出場を果たして欲しいものです。

秋の瀬戸内を訪ねて その6 仙酔島:鞆の浦沖の無人島

 鞆港から福山市営の連絡船「平成のいろは丸」に乗りわずか5分で仙酔島(せんすいじま)に着きます。外周約5㎞の無人島です。’仙人も酔ってしまうほどの美しい島’です。

 Simg_2456 Simg_2451
 平成いろは丸。今年就航しました             島の波止場

Simg_2429 Simg_2431
   国民宿舎前の砂浜                  国民宿舎「仙酔島」

Simg_2434 Simg_2432_2
   遊歩道からの眺望              沖合の皇后島

Simg_2423 Simg_2422
    漁師の網にかかったゴンズイ(触ると刺されます)

Simg_2420 Simg_2424
          ゴンズイをあさる鳥やタヌキ

国民宿舎「仙酔島」

人気の高い国民宿舎です。週末は6ヶ月前の申込み開始と同時に満室になるようです。
和室と洋室があります。料金もリーズナブルで、今回は1泊2食で一人9800円でした。

Simg_2395 Simg_2402
                             夕食。シャコ

Simg_2403 Simg_2405
地元でとれる鯛などのお造り             鯛のかぶと煮

Simg_2407 Simg_2408
        サザエ                   ハモのしゃぶしゃぶ

福山へ

鞆からバスで福山へ。30分弱でした。
Simg_2494 Simg_2499
                             福山駅前は大規模な工事中

Simg_2504 Simg_2507
駅のすぐ北側にそびえる福山城。立派なお城です。

 

2010年10月23日 (土)

磐田東 8−1中京大中京8回コールド勝ち

高校野球東海大会1回戦で打線が爆発、投手もよく投げて完勝しました。伊勢市市営球場。

2010年10月22日 (金)

秋の瀬戸内を訪ねて その5 鞆の浦 生活圏保護か景観の保護かで揺れる町

 鞆町は福山市の最南部です。鞆港を中心とする入り江を鞆の浦と呼びますが、鞆の浦には沿岸部を含めることもあります。

 鞆の浦は潮待ちの港として古くから栄えてきました。町内には歴史的な建造物も多く、古い町並みをよく残しています。瀬戸内海を望む景観もすばらしく、瀬戸内海国立公園の一部になっています。

 歴史を残す町並みは道路が非常に狭く、大型車の通行できない道路や乗用車でもすれ違いが難しい道路がいたるところにあります。

 このような状況を改善するために県と市は入り江の一部の埋め立てと港を東西に横断する架橋を計画しました。

 この計画が実現すると歴史的な景観が大きく損なわれるとして反対運動が展開されています。

 県知事の交代や民主政権への交代、地裁での埋め立て免許差し止め判決などもあり、現時点では「開発」は凍結されているようです。

Simg_2373_2 Simg_2376

Simg_2365 Simg_2489 
江戸時代から続く階段状の雁木          常夜灯

Simg_2361  Simg_2362
            県が設置した事業PR看板

Simg_2476 Simg_2480
地元の住民は生活権を守るということで開発賛成派が多いとのこと

歴史を感じさせる町並み

福禅寺対潮楼
Simg_2469 Simg_2470
              対潮楼からの絶景

Simg_2472 Simg_2466

Simg_2461 Simg_2462

保命酒(ほうめいしゅ)
Simg_2482 Simg_2481

Simg_2486 Simg_2483

2010年10月21日 (木)

秋の瀬戸内を訪ねて その4 尾道から鞆の浦まで船の旅

 高速船で約50分の船の旅です。尾道水道を抜けて本土の沿岸部を東に進みます。まったく揺れることのない快適なツーリングでした。

Simg_2255 Simg_2258
逆光を浴びて輝く尾道水道           左舷に千光寺山を見ながら

Simg_2264 Simg_2269
   間もなく尾道大橋の下を…             …抜けました

Simg_2294 Simg_2300
    沿岸部の造船所                 前方に内海大橋

Simg_2303 Simg_2309
  曲線が美しい内海大橋                阿伏兎観音①

Simg_2313 Simg_2324
      阿伏兎観音②                 阿伏兎③

Simg_2331 Simg_2333
      鞆の浦遠望                 鞆の浦と弁天島

Simg_2335 Simg_2339
                  弁天島

Simg_2355 Simg_2357
      鞆の浦                   鞆の浦に着岸した高速船               

2010年10月20日 (水)

秋の瀬戸内を訪ねて その3 「てっぱん」の町尾道

   NHK朝の連続ドラマ「てっぱん」の舞台になった尾道はブームに沸いていました。秋晴れの日曜日…市内はどこも人の群れ。港の広場ではイベントも行われていました。

瀬戸田から海路尾道へ
Simg_2140_2   
   島々の間を縫って走ります。典型的な瀬戸内の風景

Simg_2129 Simg_2157
㊧:瀬戸田から尾道への定期船。所要時間40分
㊨:因島と向島を結ぶ因島大橋

尾道で

Simg_2178 Simg_2195_3
 ロープウェイで千光寺公園へ    千光寺公園から見た尾道水道。対岸は向島

Simg_2205
           尾道水道にかかる尾道大橋

Simg_2188 Simg_2192
     尾道美術館             青森ゆかりの3人展を観ました

Simg_2221 Simg_2223_2
      天保時代から続く「せいろ寿司」。2300円

Simg_2227 Simg_2229
尾道は数多くの映画の舞台になった町です。館内の雰囲気を撮影するのは可。

Simg_2231 Simg_2232 Simg_2233_2
㊧:おのみち歴史博物館。大正時代の旧六十六銀行の社屋
㊥:戦災を受けなかった尾道にはこのような建物が多く残っています
㊨:本通り商店街のアーケード

Simg_2254_2 Simg_2242_2
㊧:港の広場でのイベント。「てっぱん焼き」のお店がいろいろ
㊨:向こうに見えている港に向かう渡し船。所要時間は5分もかからず車で遠回りして行く
  よりも早くて便利

2010年10月19日 (火)

磐田東 高校サッカー選手権県大会 決勝トーナメント進出

 二次リーグの初戦 磐田東3-0清水東 第2戦 磐田東5-0静岡西
 2試合とも完勝で勝ち点6、得失点差8で1試合残して二次リーグを通過しました。

 旅行中で応援に行けませんでしたが、メールでうれしい報告をいただきました。

 これでベスト8に進出。決勝トーナメントは30日からです。初の選手権出場が期待されます。

秋の瀬戸内を訪ねて その2 朝日に輝く国宝三重の塔

 船が瀬戸田港に近づくと潮音山公園の頂にある三重の塔の頭部が見えてきます。北町の路地裏を通り抜けて石段を登ると向上寺の本堂があり、その近くに三重の塔がそびえています。

 唐と和の様式が調和した朱塗りの塔で、1432年の建立です。用材の大部分は創建当時のもので昭和33年に国宝に指定されました。

 本堂横の狭いエリアに樹木に囲まれた形で塔は建っています。朱色が鮮やかなみごとな三重の塔です。高いところから見下ろすと青い海に朱色が映えていました。

Simg_2104_2

Simg_2093 Simg_2098

Simg_2095 Simg_2111

Simg_2107 Simg_2091
平山郁夫がスケッチしたポイント。手前はその時の作品の紹介です

Simg_2092 Simg_2089

Simg_2096_2 Simg_2085 
                              北町の路地裏

Simg_2099
 潮音山からの瀬戸内海の眺望。穏やかな秋の海です。右に突き出ているのは高根島。
遠くに見えているのは竹原方面

2010年10月18日 (月)

秋の瀬戸内を訪ねて その1 瀬戸田

 毎年恒例の大学の同期会…今年は広島在住の幹事の世話で備後地方を訪ねる旅でした。三日間で船に乗ること5回、穏やかな瀬戸内海の美しい景色を楽しみました。

Simg_1984 Simg_1986
     三原港で高速船に            三原をバックに一路瀬戸田へ

Simg_2018 Simg_2019
高根島(右)と生口島を結ぶ高根大橋     瀬戸田に着岸する直前に見えた国宝三重の塔

耕三寺:元実業家が母の孝養のために30年余かけて造営しました

Simg_2034 Simg_2037_2
  日光陽明門を模した孝養門        室生寺を模した五重の塔

Simg_2040 Simg_2043
㊧:重文・釈迦如来座像(もと興福寺講堂の本尊・平安時代)
㊨:本堂(左上)などの伽藍

平山郁夫美術館
昨年亡くなった平山郁夫氏は瀬戸田の生まれです。

Simg_2048 Simg_2049             小学生時代の絵日記や中学生時代の作品は何度見ても驚嘆します。

港から耕三寺に続く商店街

Simg_2051 Simg_2054
                         祭りのみこしが行きます

老舗の住之江旅館

Simg_2062 Simg_2067 Simg_2061 Simg_2077
Simg_2123 Simg_2127
100年以上の歴史を有する旅館です。庭園は江戸時代の造営とか。

2010年10月17日 (日)

尾道です

尾道です
尾道です
秋晴れの尾道です。画像は尾道水道と千光寺山です

国宝 三重の塔

国宝 三重の塔
瀬戸田にある向上寺 朝の風景です

2010年10月16日 (土)

瀬戸内海に来ています

瀬戸内海に来ています
大学の同窓会で瀬戸内海の生口島に来ています。船で渡った瀬戸内海は波静かでした

2010年10月15日 (金)

マナーハウスはすてきな宿でした(ストラトフォード・アポン・エイボン)

 家族のイギリス紀行の続編です。
 ストラトフォード・アポン・エイボン(シェークスピアが生まれた町)で連泊したのはマナーハウスでした。16世紀チューダー王朝時代の建物です。広大な敷地に建つ広壮なマナーハウスは内部も立派でした。ビレズリー アルセスターのマナーハウスです。

S2010_1011pana0152

S2010_1011pana0161 S2010_1011pana0153

S2010_1011pana0147 S2010_1011pana0168

S2010_1011pana0132_2 S2010_1011pana0129_3
                               広いベッドルーム

S2010_1011pana0133_2 S2010_1011pana0134
        トイレと洗面所  椅子が置いてあります

S2010_1011pana0163 S2010_1011pana0166
                               このドアから入ります

S2010_1011pana0165 S2010_1011pana0206
               アンティークの世界です

S2010_1011pana0146 S2010_1011pana0264
                ヒツジが遊ぶ広大な庭園

 素晴らしいお屋敷で夢見るような二夜を過ごしました。廷内が広すぎてダイニングルームへ行くのに迷いました。

 

2010年10月14日 (木)

狂言とオペラ歌手による「マクベス」:あいちトリエンナーレ

 言わずとしれたシェークスピアの名作です。今回の「マクベス」は’誰も見たことのない「マクベス」’です。

 出演する役者は狂言の役者とオペラ歌手です。音楽はパイプオルガンと和太鼓です。マクベス、マクダフ、ダンカンなどの登場人物はいずれも侍で名前も武士としての名前で呼ばれています。したがって、このお芝居には’マクベス’も’マクダフ’も登場しません。

 ストーリーはほぼ「マクベス」をなぞっています。野望の流れに手を染めて自分が仕えていた主君や仲間を次々と殺していく’マクベス’。’マクベス’をそそのかした夫人は心の呵責に耐えかねて自害します。’マクベス’も最後は仇をとられて命を落とすことになります。

 ’マクベス’をはじめ狂言役者はすごい声量でみごとな滑舌。1000人以上を収容する愛知芸術文化センターのコンサートホールに響きわたります。夫人を演じた土田聡子はソプラノ歌手です。’魔女’は3人のバリトン歌手です。

 東西文化の融合を目指すシェイクスピアシリーズは今回で終わりです。迫力のある和太鼓とパイプオルガンの組み合わせに違和感はありませんでした。

 ’マクベス’の佐藤融は’バンクォー’の佐藤友彦の息子で、親子の共演です。

 翻案・演出の関根勝は早稲田大学の教授。観世流シテ方の生まれ。在英25年。東西文化の融合を目指すプロジェクトを立ち上げてこれまでに「ハムレット」「リア王」「オセロ」など5作品を上演しています。

 今回の公演はあいちトリエンナーレ2010の祝祭ウィーク共催事業として行われたものです。今日14日は京都、26-28は東京公演です。東京では能楽堂での公演ということで、パイプオルガンがなく和太鼓だけの演奏になります。

 会場の愛知県芸術劇場コンサートホールは開場前から長蛇の列で大にぎわいでした。
カーテンコールが数分間続きました。

 

2010年10月13日 (水)

イギリス湖水地方のSL列車

 ウインダミア湖近くを走るSL列車です。廃止になった鉄道をボランティアが買い取って運営する「保存鉄道」の一つ、ハヴァースウェイト鉄道です。

ハヴァースウェイト駅

S2010_1011pana0001 S2010_1011pana0002
       駅舎                         石炭

S2010_1011pana0003 S2010_1011pana0005
       陸橋                         陸橋の上から

S2010_1011pana0006 S2010_1011pana0007
       入線です                  ステップが高くて乗降が大変です

S2010_1011pana0008 S2010_1011pana0009
     車内の風景                    車窓から

S2010_1011pana0010 S2010_1011pana0011
     車窓から                     小型のSLです

S2010_1011pana0012 S2010_1011pana0014
                               ウィンダミア湖

(以上、家族の記録と記憶から)

2010年10月12日 (火)

バイブリー…イギリスで一番美しい村

 家族がイギリスへの旅から帰ってきました。湖水地方を訪ねる旅です。その記録をいくつかお伝えします。今回は「イングランドでもっとも美しい村」と言われるバイブリーです。この村はコッツウォルズの南西部にあります。コッツウオルズはロンドンから西へ200㎞に位置する美しい丘陵地帯でかつて羊毛産業で栄えたカントリーサイドです。バイブリーはその中でも最も美しい村だということでした。

S2010_1011pana0185_2 
             石造りのアーリントンロウ

S2010_1011pana0223 S2010_1011pana0224

S2010_1011pana0229 S2010_1011pana0231

S2010_1011pana0234 S2010_1011pana0235

S2010_1011pana0222 S2010_1011pana0237
   水鳥が遊ぶ小川                    村の教会のステンドグラス

静かで美しい村ですね。

                     

2010年10月11日 (月)

あいちトリエンナーレ 長者町会場

 名古屋の地下鉄伏見駅と丸の内駅の間の長者町繊維街の各所で現代アートの展示が行われています。有料と無料のものがあります。会場が分散しているので土地勘のない私などはスタート地点と進む方向を確認しておかないと大変です。なかなか目的地にたどりつけません。現地には10時過ぎに着いたのですが大半の会場は11時オープンでした。

Simg_2205 Simg_2206 Simg_2200
㊧:インフォメーションのある長者街繊維卸会館
㊥:向かいの商店も会場になっています
右:作品の一例

Simg_2207 Simg_2212 Simg_2211
ビルの壁面全体の作品         馬          会場を回るベロタクシー

Simg_2227_2 Simg_2225_2 Simg_2226_2
オアシス21の屋上にある草間彌生(81歳)の作品

2010年10月10日 (日)

ジュビロ決勝進出 ナビスコ杯 ジュビロ3-1川崎

 9年ぶりの決勝進出です。準決勝のホーム戦は0-1の敗戦。今日のアウエイ戦で2-1,2-0以上で勝たないと決勝に進めないという背水の陣のゲームでした。しかも、前田と駒野は日本代表で今日は韓国に遠征中。GK川口も故障で欠場。

 現地応援はできなかったのですが、スカパー中継を見ている家族から刻々と情報が入りました。ジュビロの公式サイトの情報もチェックしながら応援しました。

 山崎の勝ち越しゴールで思わず万歳。終盤に成岡のダイビングヘッドで勝利は決定的に。

 本当に久々の大舞台登場です。11月3日の国立には数多くのサックスブルーのサポーターが駆けつけるでしょう。

 13日には天皇杯のゲームもあります。元旦の国立を目指してほしいものです。

2010年10月 9日 (土)

どぶ板まで…

 自治会の仕事は幅が広くて予想できない要望もいろいろあります。そこで毎日生活している人でないとわからないこともあります。

 最近の事例です。

Simg_1918 Simg_1133
見通しの悪いT字路の出口です。左の画像には植え込みの向こうに1台の車が接近しているのですが…。
近くの人から改善の要望があり、とりあえず植え込みのサザンカを刈り込んでもらいました。よく見えるようになりました。

Simg_2029_1 Simg_2044
側溝のふたがずれていて脱輪のおそれがあるという連絡がありました。市役所にお願いして1週間以内に修復していただきました。

 自治会の仕事はまさにどぶ板から…です。

2010年10月 8日 (金)

薪能「望月」:静岡文化芸大創立10周年記念

 文化芸大恒例の薪能は今回で10回目になります。創立2年目から行われている伝統行事です。学生が企画し、運営しているのが大きな特徴です。

 記念すべき今年の薪能のプログラムは次のとおりです。

狂言 蝸牛
仕舞 雲林院
    実盛
(休憩)
(火入れ) 
能   望月

 休憩の後の火入れは大学の文化・芸術研究センター長である作曲家の三枝成彰さんと学生代表によって行われました。時間は7時過ぎ。秋の日はすっかり暮れて赤々と燃える炎が鮮やかに舞台を照らしていました。

 「望月」は夫(父)を殺された母子が昔の家来と共に一計を案じて仇を討つというストーリーで、劇的な展開を楽しむことができます。物語のおもしろさだけでなく、母親が曾我兄弟の仇討ちの話を謡い、子どもが鞨鼓(かっこ)を打ち、家来が最後に獅子を舞うという三つの芸をたっぷり楽しむことができます。

 宿の主人を務めるシテは文化芸大の梅若猶彦教授です。梅若先生は能楽師であり多くの能楽で自ら演じる傍ら、劇作家や演出家としても活躍されています。大学では演劇史や芸術表現などを担当されています。著書に岩波新書の「能楽への招待」などがあります。大学にこのような先生がいらっしゃるというのは学生にとって幸せなことです。

 母の役ツレは生一(きいち)知哉、子どもを演ずる子方は知哉の子の生一庸です。現在大阪の小学校6年生。りっぱな演技でした。能の役者はこのようにして子方を務めながら成長していくのですね。

 母子と敵役が同じ舞台の上にいて観客にはすべて見えていても、役者達には相手のことが見えていないという能独特の約束事がよくわかります。

 最後は酒を飲み過ぎて油断した仇の望月を討ちめでたく本望を遂げることになります。

 この日の舞台は大学2階の芝生広場に設営されました。涼しい夜風が頬を打ちます。空にはお星さまとその間を往来する国内航空便のライトが見えています。

 大学の近くに総合病院があるため、救急車のサイレンが何度か響き渡りました。野外ですから仕方ありません。観客は約400人。

 企画から舞台の設営、当日の運営などすべてを学生が担当しました。全員が入学後半年の1年生ということで感心しました。

 薪能は今や文化芸大の貴重な財産と言っていいと思います。

【画像をクリックすると大きくなります】

Simg_2177 S
㊧:当日昼休みの会場を客席の後ろから見たところ。中央奥がステージ
㊨:当日のプログラム表紙(右)

S_2
熊倉学長の挨拶に薪能の歴史についての解説があります。

  

2010年10月 7日 (木)

第2回アートルネッサンス in はままつ

 浜松城公園と中心市街地の店舗で約500点の絵画・写真・彫刻などの作品が展示されています。参加しているのはプロやアマチュアの91の個人や団体です。一部の店舗では客として入らないと見ることはできません。

 浜松城公園には14の作品が野外展示されていてだれでも見ることができます。

Simg_2059 Simg_2060

Simg_2064 Simg_2063

Simg_2065 Simg_2066

Simg_2070 Simg_2069

Simg_2074 Simg_2073_2 

Simg_2076 Simg_2075

Simg_2078 Simg_2077

Simg_2088 Simg_2087

Simg_2058_2 Simg_2082 

11日までです。

市内では肴町とゆりの木通りに集中しています。

秋の香り

この花の香りが漂って来ると間違いなく秋ですね。

浜松城公園の金木犀

Simg_2080 Simg_2081

市営グランド
Simg_2157_2 Simg_2183 Simg_2179
   銀木犀                 第二野球場の金木犀

わが家の金木犀
Simg_2158 Simg_2159

2010年10月 6日 (水)

キバナコスモス・コスモスとヒマワリの競演

 休耕田に広がる3種のお花畑。色鮮やかです。さわやかな秋の風が吹き渡るすてきな空間でした。

Simg_2103
  キバナコスモスの畑の向こうにヒマワリの畑が見えています

Simg_2123 Simg_2142

Simg_2114
Simg_2093 Simg_2092

Simg_2130
Simg_2136 Simg_2137

このお花畑は袋井市岡崎周辺。旧浅羽町で袋井市役所浅羽支所の東です。

Simg_2110 Simg_2127 Simg_2156
㊧:南から見たところ。右(東)にコスモス、西(左)にキバナコスモス、上(北)にヒマワリ
㊥:東から見たところ。右は枝豆の畑
㊨:あぜ道が広いので駐車可能です

いろいろな植物が混在しています。フラワーパークなどとは違う楽しさです。

Simg_2108 Simg_2116 Simg_2117

Simg_2122 Simg_2150 Simg_2152

地図などの情報はこちらから http://www.asaba.or.jp/machiokosi/cosmos/index.html

2010年10月 5日 (火)

「20世紀 フランス絵画の美」展:浜松市美術館

 まずはじめに展覧会のチラシをご覧ください。
【画像をクリックすると大きくなります】

Simgfr1 Simgfr

 左が表です。その右端に「ピカソ、シャガールからビュッフェ、カシニョールまで」とあります。…から …まで というのはどういう意味でしょうか。ピカソ1881-1973 シャガール
1887-1985  ビュッフェ1928-1999 カシニョール1935- 。この展覧会で取り上げた画家の活躍した時代を4人の代表的な画家の生年ではじめと終わりで時代区分したものです。
 19世紀後半から20世紀前半に生まれ主としてフランスで活躍した画家たちの作品です。

 ピカソの絵の下に「山形美術館服部コレクション」とあります。この美術館は山形新聞、山形放送の元社長がつくった私立で財団法人組織の美術館です。
 服部氏は元理事長・館長でその功績を記念するコレクションです。フランスの20世紀の画家50人を選び各1点とそのほかにピカソなどの絵を収集しました。

 58人60点の出品。ピカソとシャガールだけが2点ずつです。チラシの表の絵はピカソの
《剣を持つ男》です。

 主な出品作品はチラシの裏面にあります。
 上㊧:シャガール《花束を持つ少女》
 上㊥:キスリング《ジョゼット》
 上㊨:ビュッフェ《馬の頭がい骨》

 下㊧:ルオー《告発されたピエロ》
 下㊥:ブリアンション《静物》
 下㊨:カシニョール《公園風景》

 1階展示室は前半が20世紀後半のフランス風景画です。中に荻須高徳の《マレー地区》があります。
 後半は静物です。ビュッフェの作品はここにあります。

 ルオー、ヴラマンク、ローランサン、ユトリロ、ピカソ、シャガール、キスリングなどの作品は2階の後半部分でようやく登場します。

 58人の画家の作品で20世紀フランスの絵画を俯瞰することができる展覧会です。

 山形美術館のコレクションに感心しました。

 会期は11日までです。

 

2010年10月 4日 (月)

月島のもんじゃ焼き

 私にとっては二度目のチャレンジでした。大雨の日で表通りは水浸し。店の中は熱気むんむんでした。

 Simg_1978 Simg_1979
丼に山盛りの食材を鉄板の上にのせて土手を作ります

Simg_1980 Simg_1981
土手の内側にスープを流し込んで…焼き上げます

Simg_1982 Simg_1983
表はこんがりと焼き上がってきました         これを崩しながらいただきます

お好み焼き
Simg_1984 Simg_1985 Simg_1986 Simg_1987
味はこちらの方が上でしょうか

Simg_1992 Simg_1988
雨が音を立てて降っています

Simg_1991
   「麦」というお店です  

2010年10月 3日 (日)

10人で50分耐えてドロー ジュビロ0-0横浜

 リーグ戦は24試合を消化して残りはこの試合を含めて10になりました。ジュビロはここまで勝ち点33で11位、今日勝てば10位に浮上します。横浜は38で7位です。

 ゲームの入り方は比較的良かったジュビロです。前半12分…船谷のFKがピンポイントで古賀へ。頭でゴール!と喜んだのですが古賀のファウルでゴールなし。

 前半43分、古賀がこの日2枚目のイエローカードで退場に。

 以後50分を10人で戦うことになりました。10人のジュビロは後半横浜の攻撃を懸命に防ぎながら時折攻め上がります。GK能活のファイセーブなどもあって0-0で迎えたロスタイム3分、右からのクロスに菅沼が頭で合わせて劇的なゴール!と歓声があがりましたが、オフサイドの判定。微妙なタイミングでした。

 10人で耐えて勝ち点1を得ましたが、チャンスもあったので勝ち点3を逃したと言ってもいいゲームでした。

 前田はCKに頭で合わせましたが枠をはずして得点0に終わりました。

【画像をクリックすると大きくなります】

Simg_1942 Simg_1943
Simg_1946_2 Simg_1948_2  

前半12分 50古賀のヘディングでゴールと喜びましたが…ファウルでした

Simg_1950 Simg_1954
㊧:前半26分 船谷からのボールに23康裕が頭で反応しましたが惜しくも枠の外に
㊨:前半41分 船谷がGkと競うがボールはGKに

Simg_1967 Simg_1968
後半ロスタイム3分。右からのクロスに菅沼が頭で合わせてボールはゴールの中に

Simg_1969 Simg_1970
                       ゴール裏も一瞬沸きましたが…オフサイド

Simg_1972 Simg_1960
                            定員の7割程度です。満席になりません

Simg_1973 Simg_1974
㊧:15菅沼 8ジウシーニョ 那須 前田
㊨:西 4大井 5駒野 10成岡

Simg_1976_2 Simg_1977_2
  八田  上田  20 山本脩               左は川口能活

勝ちきれなかった悔しさが選手の表情に表れています

     


 

2010年10月 2日 (土)

浜名湖ガーデンパーク秋景

 10月になって日増しに秋の色が濃くなってきました。今日は気温が27℃を超えて暑さの残る日でしたがガーデンパークには秋の花が咲いていました。

シラタマホシクサ

Simg_1884
     水の庭の横の小さな池に2カ所咲いていました。

名残のヒガンバナとヒガンバナ科の花

Simg_1901 Simg_1912
Simg_1893 Simg_1823

ハギ

Simg_1798 Simg_1799

ホトトギス

Simg_1897 Simg_1898_2

Simg_1813 Simg_1820
パンパスグラスとアルプスの乙女(黄色)          ススキ

Simg_1805 Simg_1892
園内のいたるところで中学生が絵を描いていました     フジバカマ

Simg_1915 Simg_1918
遊覧船から見た風景:酔芙蓉                パンパスグラス

2010年10月 1日 (金)

20ヘクタールの雑木林での森林浴&樹齢1300年の春埜杉

 森町三倉の旧家のJ氏は広大な山林を所有されています。その一部に植林されていない雑木林があります。20ヘクタールの広い雑木林をJ氏に案内していただきました。 
 よく晴れた日で木々の間を心地よい風が吹き抜けていました。

 雑木林にはコナラ・コシアブラ・タカノツメ・エンコウカエデ・クロモジ・ヤブムラサキ・ホウバ・シデ・ヤマザクラ・ウリハカエデ・シキミ・カタヤカエデなど多種多様な木があります。スギやヒノキ、モミなどもありますがこれらの木は種から自然に生えて成長したものです。

Simg_1330 Simg_9024_2
㊧:J氏のお宅から見た雑木林は谷の向こうの山にあります
㊨:同じ場所から見た4月の山。山桜が咲いてまさに桃源郷です

大河内の雑木林で

Simg_1366 Simg_1379 Simg_1399

Simg_1400 Simg_1414 Simg_1423
                                   シカによる食害

Simg_1413 Simg_1437 Simg_1430
  とっくり病の木        山桜の巨木          これも食害です

三倉から春埜(の)山へ

Simg_1457 Simg_1466 Simg_1467
                  食害防止のためのネット    風になびくススキ

Simg_1482 Simg_1486 Simg_1497_2
                                左右に鎮座しているのは…

Simg_1501 Simg_1502
狛犬ではありません。山犬です。

Simg_1532_2 Simg_1520
春埜杉。樹齢1300年。樹高43㍍。県指定天然記念物

Simg_1493 Simg_1474 
                             北遠の山々

秋の一日を大自然の中で過ごした快適な時間でした。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »