2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月30日 (木)

浜松フラワーパークの秋の色

 ヒガンバナが満開のフラワーパークでは十月桜が花開き、コスモスやハギも咲いています。明日から十月、いよいよ秋本番を迎えます。

Simg_1695 Simg_1692
                 三波川冬桜

Simg_1698 Simg_1705
   ピンクが美しい雨玉                   苔清水Simg_1782 Simg_1787

Simg_1702 Simg_1725
     咲き始めのコスモス                ツリガネニンジン

スイレン3種
Simg_1734 Simg_1733 Simg_1735

Simg_1788 Simg_1700 Simg_1743
     ハギ              ドングリ             ギンナン

後半の猛攻及ばず ジュビロ0-1川崎:ナビスコ杯準決勝

 ホームで迎えた準決勝1回戦。前半は川崎の鋭い出足と執拗なマークに苦しみ防戦一方でシュートは2本だけ(川崎10)。それでも何とか失点を防いで迎えた後半5分…DF裏へのロングボールの処理にミスがあって1点を献上しました。

 これで目が覚めたジュビロはそこから反撃開始。後半30分を経過してから猛攻撃を展開し再三ゴールに迫りましたがゴールならず。川崎にアウエイの1点を与えて後れを取りました。シュートは後半12本(川崎3)でした。

 決勝進出のためには10月10日、等々力でのアウエイ戦でジュビロは2-0、2-1以上の勝利が必要になります。

S2010_0929pana0030 S2010_0929pana0035
㊧:前半1分、DFのパク チュホが川崎・森の悪質なタックルでくるぶしの上を骨折。心配した前田が主審と話をしています。森は5月16日のジュビロとのリーグ戦でも悪質なファールを犯してその後2試合出場停止になっているいわくつきの選手です。(森は画面にはありません)
㊨:前半17分、CKに前田が頭で合わせましたが枠外に

 この日のピッチで選手と共に注目されたのは主審の西村雄一さんでした。国際審判で2010ワールドカップ南アフリカ大会ではオランダvsブラジルの主審として活躍し、決勝でも第四の審判を務めました。

 9月18日にはNHKの「トップランナー」に登場しました。

S2010_0929pana0023 S2010_0929pana0033
試合前のアップ。左から二人目が西村主審。      前半17分

S2010_0929pana0036_2 S2010_0929pana0039
   前半22分。左は西               前半37分。左はジウシーニョ

 西村主審はこの日、カードを1枚も出しませんでした。前半1分にパク チュホがけずられた場面でもカードなし。

 ファールした選手には笛を吹いた後必ず話しかけていましたが……。 

  もう一人注目されたのは貴賓席のザッケローニ監督でした。監督が視察したこのゲームで前田はゴールできませんでしたが、一夜明けて日本代表に選ばれました。久しぶりに代表に復帰した前田の活躍に期待大です。     

2010年9月29日 (水)

満開のヒガンバナ:浜松フラワーパーク

 例年より1週間遅れてようやく満開になりました。15日には広い園内の1カ所でしか見つけることができなかったヒガンバナが今日は園内のいたるところで咲き乱れていました。

梅園で

Simg_1684

Simg_1685 S2010_0929pana0005

旧ボケ園(水鳥の池の北

Simg_1708 Simg_1712_2
紅白のヒガンバナとツルボが競い合っています
Simg_1714 Simg_1716

菖蒲園

Simg_1778
Simg_1746 Simg_1753 
Simg_1781 Simg_1780

ヒガンバナとチョウ

Simg_1719 Simg_1764

2010年9月28日 (火)

浜松から神戸・姫路・赤穂まで

阪神・淡路震災記念 人と防災未来センター(神戸)
S2010_0927pana0013 S
   ㊧西館 ㊨東館

 このセンターを訪ねたのは2度目です。1995年1月17日の大震災から15年が過ぎました。今、神戸の町には震災の惨禍を思わせる跡は残っていません。
 センターでは当時のすさまじい光景を映像と音響で体感させてくれます。そのほか種々の展示などで震災の恐ろしさと防災・減災のための情報などを伝えてくれます。さらに実際にこの地震を体験した「語り部」から当時の状況を聴くコーナーもあります。この日も30分にわたって語り部の話をうかがいました。

 自治会役員は地域の自主防災隊の幹部を兼ねています。予想される東海地震に対して備えなければならないことがまだまだ多いことを学びました。

塩田温泉郷 夢乃井
 姫路中心部から北上すること30分、中国自動車道の近くにポツンと立っているのがホテル夢乃井です。ホテルの周囲には田園風景が広がっていました。

S2010_0927pana0030 S2010_0927pana0027
                                夢前川

S2010_0927pana0033 S2010_0927pana0031
ホテル夢乃井。2006年に源泉にボーリングしてホテルをオープン。源泉の温度17.8℃
ですから沸かし湯です。

書寫山圓教寺

 西の比叡山と言われる天台宗の修行道場です。多くの伽藍が並ぶ巨刹で、建築物や仏像など11点の国指定重要文化財があります。

S2010_0927pana0053 S2010_0927pana0056
                    摩尼殿

S2010_0927pana0064 S2010_0927pana0068
    大講堂(国重文)            食堂(㊧・国重文)から見た大講堂

S2010_0927pana0059 S2010_0927pana0076
       摩尼殿で                     赤い前掛けの水子地蔵

S2010_0927pana0086 S2010_0927pana0081
書寫山371㍍にはロープウエイで登ります。線路長781㍍高度差211㍍70人乗り
このゴンドラで定員は70名です

赤穂城址と大石神社

S2010_0927pana0089 S2010_0927pana0091 S2010_0927pana0101
     お堀             櫓              大石内蔵助居宅

S2010_0927pana0109 S2010_0927pana0123 S2010_0927pana0130
                   大石神社

2010年9月27日 (月)

播州の旅…ハイライト

 26日から27日、神戸を経て姫路市北部、赤穂を訪ねました。初めて訪ねた地です。画像で紹介します。

S2010_0927pana0025 S2010_0927pana0019
姫路市北部の塩田温泉。田園地帯にある別天地。満開のヒガンバナが迎えてくれました。

書写山円教寺(天台宗)
S2010_0927pana0057 S2010_0927pana0054
               大講堂(国重文)

赤穂城址               大石神社
S2010_0927pana0110 S2010_0927pana0121_2
                                大石内蔵助像

    

2010年9月26日 (日)

磐田東 秋の高校野球 決勝進出

自治会の研修旅行で兵庫県に来ているため現地応援はできませんでした。携帯で結果を教えていただきました。静岡高校に3−1で勝利の報告でした。これで決勝進出、ということは東海大会進出決定ということです。東海大会で決勝に残れば来春の甲子園選抜大会に出場する可能性が限りなく大きくなります。
今夜は姫路市北部の温泉に宿泊します。

2010年9月25日 (土)

ヒガンバナが花盛りです:磐田市敷地

 高温と降水不足で開花が遅れていたヒガンバナがようやく見頃になってきました。21日に撮影した時はほとんどつぼみでしたが4日後の今日は満開ではないもののかなり開いていました。

 天浜線敷地駅北でも満開になっていました。4日前には花影も見えなかった所です。

Simg_1615
   下り列車が敷地駅を発車したところです。背景は第二東名

Simg_1609 Simg_1602
右上、敷地駅に停車中の列車             線路沿いのヒガンバナ

敷地川の土手

Simg_1631
Simg_1645 Simg_1621

Simg_1628 Simg_1286
同じ場所です。  25日                     21日


Simg_1672 Simg_1666

Simg_1622_2 Simg_1643

Simg_1626

浄光寺の境内で

Simg_1650 Simg_1653

柿の木畑で

Simg_1632 Simg_1627
                           名産の柿が色づいています

試合の帰りにもらえるカラーの速報号外:柏レイソル

 日立柏サッカー場からJR柏駅に向かう途中でその日のゲームの結果を速報号外で配っていました。B4サイズの裏表。カラー写真や試合の経過、得点者まで掲載されています。
 サポーターがスタジアムを出て駅に向かう時間にすでに印刷されて無料で配布されています。この早業には感嘆しました。この日は大雨だったのですが雨に濡れないように1枚1枚ポリ袋に封入されていました。

 提供しているのはレイソルロードの途中にある朝日新聞の販売店ASA柏中央です。

23日の札幌戦の号外です。B4サイズをA4サイズでスキャンしました。

Simg

これだけの紙面が試合終了後15分か20分の間に印刷されています。

過去の号外はこの店のHPでごらんください。
http://www.asa-kashiwa.net/

2010年9月24日 (金)

「三菱が夢見た美術館」:三菱一号館美術館

 三菱が100年以上前からの夢を実現させたのが三菱一号館美術館です。第二代岩崎彌之助の時代に三菱は丸の内に美術館や劇場を作ることを計画し、美術館計画の図面までできていました。

 この三菱一号館は1894年に事務所として建築されたものです。1968年に解体されたこの建物を230万個の赤煉瓦を用いて復元し、今年4月に美術館がオープンしました。夢の実現まで116年かかりました。

 展示作品には、この一号館の図面や丸の内美術館の図面などの歴史的な資料も含まれています。

 三菱が100年以上にわたって収集してきた数多くのコレクションの中から国宝3点、重要文化財12点を含む優れた作品が展示されています。これらの名品は岩崎家が創設した静嘉堂及び東洋文庫が所蔵しています。

 そのほかに日本近代美術(黒田清輝・梅原龍三郎・岸田劉生など)、西洋近代美術(ミレー・モネ・セザンヌ・ボナール・ルオー・シャガールなど)のほか、三菱系の日本郵船と麒麟麦酒のポスターもあります。

 一号館は赤煉瓦の美しい外観、重厚なインテリアなど建物自体に一見の価値があります。

 丸の内を「支配」した三菱の力と、芸術・文化を大切にした歴代当主の存在を感じさせる展覧会です。

 三菱一号館美術館は東京駅丸の内南口から徒歩5分。昨年4月に竣工した丸の内ブリックスクエアの一角にあります。現在の展覧会の会期は11月3日までです。

公式サイト http://mimt.jp/yume/

Simg_1977 Simg_1975_2 Simg_1971 Simg_1973 
                               美術館入り口

Simg_1976
隣接のビルは丸の内パークビル(34階)

Simg_0001 Simg_0002

 

寒さに震えたJ2 柏 VS 札幌 (中山雅史の画像追加)

今夜の柏スタジアムはキックオフの前から大雨が降り続いてピッチは水浸し。気温は17度前後。サッカー観戦を楽しむ状況ではありませんでした。合羽から雨水が染み込んで体温が奪われます。前半が終わって我慢の限界で退散。その時点で0−0でした。試合は5−1で柏が完勝したようです。キックオフ前の練習でゴン中山の元気な姿を見ました。ゲームには結局出なかったようです。せっかくのJ2観戦でしたが残念でした。

 中山雅史を久しぶりに見ました。強い雨が降る中での試合前のサブメンバーの練習です。元気でした。ネット裏のサポーター席からはジュビロで聞き慣れた「ゴン ゴール」コールが響いていました。

 札幌はレッドカードで二人が退場する展開でゴンの出番はなかったようです。

S2010_0923pana0006 S2010_0923pana0009
  2枚とも右がゴン中山です。背景は札幌のゴール裏サポーター

2010年9月22日 (水)

中秋の名月とレーチェ

9月22日は中秋の名月です。レーチェは飾りのススキが好きです。満月は明日23日です。

Simg_1589_2 Simg_1595_2
   20時55分の月                20時56分 月に群雲

Simg_1576 Simg_1580
                                  右上の白い丸は月です

Simg_1585  Simg_1563

カモシカに出会った日(浜松市春野町)

 森町三倉から春埜山に向かう林道でカモシカに出会いました。林道に面した斜面にいたカモシカは小柄でまだ子どもでしょう。しばらく私たちを見つめていました。Simg_1473
Simg_1469 Simg_1470

 30年前にはこの地域にいなかったカモシカが増えて食害が問題になっています。天然記念物なので捕獲できません。
 今日は見かけませんでしたが日本シカの食害はもっと深刻です。

 カモシカや日本シカの棲息する地域も政令指定都市浜松の市域です。

2010年9月21日 (火)

ヒガンバナが咲き始めました その2 磐田市敷地川

 旧豊岡村の敷地川の堤防でヒガンバナが咲き始めています。満開になれば堤防は一面赤い色に染められるのですがまだ大部分はつぼみでした。今週末から来週が見頃でしょう。

 今年はヒガンバナの開花が各地で遅れているようです。これも猛暑のせいかもしれません。
【画面をクリックすると大きくなります】

Simg_1296
  敷地川。画面中央やや左下にヒガンバナが見えています

Simg_1308 S2010_0921pana0005

Simg_1294_2 Simg_1298 Simg_1310 Simg_1311
   これらのつぼみが開花するとみごとな眺めになるでしょう

天竜浜名湖鉄道敷地駅
S2010_0921pana0007 Simg_1314
 駅舎にもホ-ムにも人影はありません   田圃のあぜ道にヒガンバナの姿はなし

森町・小國神社
Simg_1319 Simg_1321 Simg_1324
                  河原に咲く一輪の花         道端の花一輪

2010年9月20日 (月)

ヒガンバナが咲き始めました(引佐町)

 今日9月20日は秋の彼岸の入りです。ということで町のいたるところでヒガンバナが美しく咲く北区引佐町へ出かけました。残念ながらようやく咲き始めたばかりで見頃は今週末になりそうです。

三岳集落で

S2010_0920pana0002_5

S2010_0920pana0001 Simg_1264

Simg_1272  Simg_1278

Simg_1273 Simg_1275
栗の木の下のヒガンバナはまだほとんどつぼみです

Simg_1266_2 Simg_1277_2

引佐南部中近くの田のあぜ道で

Simg_1257 Simg_1259

2010年9月19日 (日)

磐田東7-1沼津市立 高校野球県大会

 秋の県大会2回戦から登場の磐田東は自慢の打線が好調で11安打7得点、投手力も安定していて快勝でした。

 3番の斎藤は打率が6割を超える驚異の打者ですが今日も長短打を連発して勝利に貢献しました。

 主戦の永田は8回まで3安打に抑えて完封が期待されましたが、9回裏に2安打と犠打、暴投で1点を献上したところで阿部にスイッチ。

 試合のペースとしてはコールドになる展開でしたが相手外野手の好守もあって9回まで進みました。

 次は準々決勝で23日に東部3位の飛龍との対戦です。いよいよ東海大会から春の選抜を目指して正念場です。

Simg_1960 Simg_1961 Simg_1962
   9回にだめ押しの2点     喜ぶ父母たち         主戦の左腕永田

Simg_1965 Simg_1968 Simg_1967
  リリーフ阿部             7-1                ゲームセット

2010年9月18日 (土)

ホームで6連勝 ジュビロ2-1FC東京

 8月18日以降ホームでは6戦6勝(リーグ戦4、ナビスコ杯1、天皇杯1)です。

 相手のFC東京は最近8戦勝ちなしと不振が続いています。今日のジュビロは前半のできがよくてボールも人もよく動きました。18分、船谷からのパスを受けたジウシーニョが決めて先制。

 34分の前田のゴールが圧巻でした。ワンタッチのパスをきれいにつないでラストパスは駒野から前田へ。前田が確実に決めて2点目。黄金期のジュビロを思わせる華麗なパスでした。

 その後も38分にジウシーニョ、44分には前田のシュートがわずかにはずれて追加点ならず前半終了。

 前半は前線からの厳しいチェックでジュビロの守備は安定していました。

 後半になると東京はシフトを変えて積極的に攻めてきました。15分、石川の鋭いシュートが決まって1点差に。

 前田の後半4分と11分のシュートはは惜しくもも決めることができず得点は1にとどまりましたが得点ランキング1位タイに並びました。

 キャプテンの那須は累積警告4で出場停止でしたが、古賀がよく頑張りました。この試合のマン・オブ・ザ マッチはその古賀に贈られました。

 ジュビロは勝ち点30で暫定12位になりました。ホームでの連勝は6です。アウエイで勝てるようになれば順位はかなり上がるのですが…。

今日は久しぶりに一眼レフを携行しました。【画像をクリックすると大きくなります】

Simg_1189_9 Simg_1191 Simg_1193

前半18分 ジウシーニョの先制点

Simg_1202 Simg_1204 Simg_1205
前半34分 前田のゴール

Simg_1207 Simg_1208 Simg_1214
前半38分ジウシーニョの惜しいシュート        後半4分前田の惜しいシュート

Simg_1219 Simg_1220 Simg_1221
         後半44分 前田の惜しいシュート

Simg_1184 Simg_1187 Simg_1200
   先発イレブン    成長著しい20歳の山本康     日本代表駒野

Simg_1242 Simg_1241_2 Simg_1243
 2-1でジュビロ勝利     駒野と川口

2010年9月17日 (金)

一足早い敬老会

 「敬老の日」は20日ですが、わが町では3日早い今日の午前中に敬老祝寿会を行いました。結婚式場を会場として借用するのですが土日祝日は結婚式が予定されていて貸していただけないので平日の開催になっています。

 わが町の対象者(75歳以上)は853名です。米寿を迎える19名には市長代理からお祝品が贈られました。

 町からのお土産はお赤飯と五種類のお菓子のセットです。朝9時の受付開始前から対象となる高齢者が次々と会場に見えました。

 年に一度の敬老祝寿会でお元気な姿をお見受けするとホッとします。

 高齢者の増加に対応して敬老祝寿会の見直しも進んでいます。対象者の年齢を1歳ずつ引き上げて今年からは75歳以上にしました。このため今年の対象者は前年度よりもやや少なくなりましたが、来年度からは75歳以上の対象者の数が増加するでしょう。

 お祝い金も77歳(喜寿)の1万円を市が廃止しましたので自治会でも廃止しました。

 前半のセレモニーの後はアトラクションで、女性コーラス、南京玉すだれ、講談などを楽しんでいただきました。

 私はセレモニーの部の司会・進行で神経を使って疲れました。

 大荒れの空模様だった昨日と違って朝からさわやかに晴れ上がった初秋の一日、高齢者の皆さんに楽しい時を過ごしていただいた敬老祝寿会でした。

Sdscf1715 Sdscf1718 Sdsc_0010_98
朝8時半 受付準備        お土産              南京玉すだれを楽しむ

2010年9月16日 (木)

初秋の浜松フラワーパーク

スイレンとハス

 Simg_1066 Simg_1067

  Simg_1068 Simg_1069  

Simg_1077 Simg_1078

オオオニハス
Simg_1118 Simg_1119
生育不良で葉の上に乗れません

珍しい花
Simg_1115 Simg_1114
   イランイランノキの花(緑)

Simg_1110 Simg_1109 Simg_1130 Simg_1081
   コスタス(フクジンソウ)            コスモスが咲くのはまだかなり先のこと

2010年9月15日 (水)

小さい秋見つけた…浜松フラワーパーク

 日中の気温はは30℃を上回りましたが朝晩はこの秋始めて涼しさを感じた日でした。天気も変わりやすくなり、夜の初め頃には小雨が降りました。ようやく秋到来です。

 浜松フラワーパークで’小さい秋’を見つけました。

Simg_1057
       雑木林の斜面でヒガンバナが咲いていました

Simg_1054 Simg_1093
      アキアカネ                      アゲハチョウ

Simg_1097 Simg_1080_2
      パンパスグラス                 サクラの落ち葉

Simg_1049 Simg_1099 
コブシの実。一つのこぶに種一つ               ツルボ(蔓穂)

Simg_1104 Simg_1105
月下美人。昼間咲くようにコントロールされています。午後2時頃まで開花

今日から21日までは「敬老週間」で70歳以上は入園無料になっています。

2010年9月14日 (火)

秋を感じた朝

 今朝の最低気温は23.3℃、9時27.6℃、11時29.2℃で昨日までに比べて2℃以上低く、久しぶりに熱帯夜を脱して秋を感じた朝でした。午後には33℃近くまで上がって真夏日になりましたが、遅れた秋がゆっくりとやってきそうです。

 Simg_1039
       園芸種のヒガンバナが今朝咲きました

Simg_1040 Simg_1044
         ブルーセージ                    色づいたフウセンカズラ

Simg_1041 Simg_1046
㊧:イロハモミジ(左)と枝垂れ桜の葉が紅葉する前に落葉しています
㊨:1年を通して咲き続けるシクラメン

2010年9月13日 (月)

県内最大規模の「シラタマホシクサ」群生地:銅鐸公園(浜松・中川)

 銅鐸公園は浜松市北区細江町中川にあります。名前のとおりこの地域で銅鐸が発見されており、公園内には銅鐸のレプリカが展示されています。シラタマホシクサの群生は公園の入り口近くの斜面にあります。

Simg_1002
Simg_1003 Simg_1014

Simg_1028 Simg_1024
階段の左と階段を昇った画面中央部に群生地があります    上段の群生地

Simg_1004 Simg_1008
             下の段の湿地の群生地

Simg_0980 Simg_0992
 上の段から道路を見たところ

Simg_0996 Simg_1000

銅鐸公園
Simg_1031_2 Simg_0973
     公園入り口                  右上の屋根の下に銅鐸のレプリカ

Simg_0978 Simg_0976
Simg_0971 Simg_0972 
Simg_0970 Simg_1035
                           表示板の左上が群生地(上段)です

訪れる人もない静かな空間です。

http://maps.google.co.jp/maps?q=34.799239,137.691366(どうたく公園付近)&hl=ja

2010年9月12日 (日)

「林の中のナポリ」:劇団民藝

 ’林の中のナポリ’は避暑地の高原にあるペンションです。夏場はそこそこ客があっても冬になると客足が途絶える静かな宿。その宿に70を過ぎたかの子(樫山文枝)が客としてやってきます。かの子と、宿を経営する夫婦(伊藤孝雄・日色ともゑ)と離婚して戻ってきた娘の4人の会話でお芝居は進行します。

 老人ホームに入居する寸前に逃げるようにして旅に出たかの子は一週間が過ぎても宿から去ろうとしません。その間に宿の亭主信一(と言っても客から気味悪がられるの人前に出ないようにと妻に言われている)とかの子は信一が30年前にストックホルムで起こした人身事故で偶然つながりがあることがわかったり、娘が別れた男と再婚することになったり…いくつかのエピソードはあるのですが、波瀾万丈の出来事もなく舞台は淡々と進みます。

 70を過ぎて新しい人生を送りたいというかの子に刺激されてそれぞれが自分の人生を振り返り、新しい生き方を考えようとします。かの子はイプセンの「人形の家」を語ります。

 脚本の山田太一は強いメッセージではなく、日常の会話と時にはユーモラスな俳優の演技で観る人に自分の生き方を考える契機を与えてくれます。

 私も笑いながらお芝居を観て、さて自分の生きてきた道とこれからの道はどうなのかと考えました。これまでの生き方でいい。これからも変えないでいいというのがとりあえずの結論です。

 久しぶりで民藝のトップ俳優を観ました。伊藤孝雄73歳、樫山文枝と日色ともゑは共に69歳です。老婦人や老夫婦の役がお似合いの年齢になっていました。それだけに安心して観ていることができました。

浜松演劇鑑賞会 第391会例会 アクトシティ大ホール

 

 

磐田東10-0オイスカ 高校サッカー選手権静岡県大会

 一次トーナメント3回戦。第2シードの磐田東はキックオフ直後から前回で攻撃。開始1分30秒で先制。その後も攻撃をゆるめす次々と加点して前半6-0。後半も15分過ぎから一挙に加速して4点を追加しました。終わってみれば10-0の大差。途中から先発メンバーを次々と控えの選手と入れ替える余裕を見せました。上出来のゲームだったと言えます。

 相手のオイスカは昨日の2回戦で三島南を6-0で破っています。前線の二人はドリブルが抜群でボールキープ力もある好選手ですが、チーム全体のゲームの組み立てができず、個人技に頼る形で大敗しました。

 気温が35℃前後、磐田東グランドの人工芝の上は灼熱の空気という過酷なコンディションの中で行われたゲームでした。前後半とも20分前後に給水タイムがありました。

 3年生にとっては最後になる大会です。頂点目指して頑張ってほしいものです。

 カメラを携行しなかったので画像はありません。

2010年9月11日 (土)

’10 今年も松戸の梨「かおり」

 今年も「かおり」をいただきました。1玉が700㌘もある大きな梨です。この「かおり」のことは2009年9月4日のブログにアップしてありますのでごらんください。

 ブログの左サイドのカテゴリーの中の「グルメ・クッキング」をクリック→以前の記事一覧から2009.9.4を探してください。

Simg_1914 Simg_1912 Simg_1915
                    幸水との比較

ジュビロ ホームで5連勝 ジュビロ3-2湘南

 Jリーグ22節は17位の湘南をホームに迎えての一戦。12位のジュビロはJ2降格ラインまで勝ち点3の差しかありません。

 なんとしても勝ちたいこのゲームを3-2でなんとか逃げ切って貴重な勝ち点3を得ました。
前半15に分に上田康太、42分に前田のゴールで2-0としたまでは順調でした。前半終了間際にパク チュホのファールでPKを与えて2-1。1点を追う湘南は後半積極的に攻めました。26分には長身のヴァウドを投入。31分にはそのヴァウドのドリブル突破から同点に。

 ジュビロは37分に前田のこの日2点目のゴールで勝ち越しました。ロスタイムに菅沼が倒されて得たPKを止められたところで試合終了の笛。
 欲を言えば3-0で勝ちたかったゲームでした。

 ジュビロは8月18日の神戸戦から今日のゲームまでナビスコ杯、天皇杯を含めてホーム5連勝です。8月29日から今日までの14日間で5試合という過酷なスケジュールをなんとか乗り切りました。

 昨年の得点王前田遼一が2得点で今年も得点王争いにからんできました。これからが楽しみです。

 気温が32℃を超えた暑い日、観客は8027人にとどまりました。半分が空席という寂しいスタンド風景でした。

S2010_0911pana0019_2 S2010_0911pana0023 
前半15分上田の先制ゴール         前半44分坂本のPKが決まって2-1に

S2010_0911pana0026 S2010_0911pana0030
前田の勝ち越しゴールに沸くサポーター      菅沼のPKが止められて終了

S2010_0911pana0033 S2010_0911pana0036

S2010_0911pana0038 S2010_0911pana0041
マン・オブ・ザ マッチ 前田             前田(中央横顔)がハイタッチ 

2010年9月10日 (金)

おやすみなさい

 今日はレーチェの画像1枚で失礼します。また明日。

Simg_1899_2 

2010年9月 9日 (木)

20世紀の名画「カサブランカ」

 久しぶりに観た名画はやはり感動の連続でした。時々涙腺がゆるんでどうしようもなくなったり・・・。エンドロールがなくてすぐに照明が点灯されるのであわてました。

 舞台は1941年のカサブランカ。まさに第二次世界大戦の最中で、ナチスに対する抵抗運動が全体を流れる大きな主題の一つになっています。

 主役のアメリカ人リック=ハンフリー・ボガートがこれ以上ないという完璧にかっこいい男性を演じています。どの場面でも絵になります。実に渋い。大きな声も大げさな演技もありません。パリで恋に落ちたイングリッド・バーグマン演ずるイルザとの再会を夢見てカサブランカにとどまりバーを経営します。そして奇跡にも近い再会を果たすのですが・・。イルザは大物の活動家である夫ラズロと一緒でした。そして映画の最後でリックはイルザとラズロの二人をカサブランカから脱出する飛行機に乗せたのでした。イルザの幸せと抵抗運動の広がりを願って自らは身を退いたリックのみごとな生き方。ため息が出ます。

 イングリッド・バーグマンの美しさは今さら言うまでもありません。淡い光の中に浮かぶ彼女の横顔のなんたる美しさ。カメラは彼女の美しさをみごとに表現しています。

 夫のラズナはナチスに殺されたはずでした。しかし…リックと恋に落ちた後でラズナが生きていたことがわかります。それから…二人の男性を愛するイルザの切ない心。大きく揺れ動く心が伝わってきます。

 一人の女性をめぐる二人の男性の確執、ハンフリー・ボガートの究極のダンディズムなど名画の見所はいろいろありますが、私が注目したのはレジスタンスの精神です。映画が製作されたのは1942年。まさに第二次世界大戦の真っ最中です。この時代に反ナチの活動家を中心に据えた映画が製作されたことに感心します。

 リックのバーでドイツ軍兵士がドイツ語の歌を歌っているところへラズロがバンドにフランス国歌を演奏するよう指示します。やがてラ・マルセイエーズの大合唱。そして映画のラストシーンもラ・マルセイエーズが流れる中で終わります。

 この映画は「君の瞳に乾杯」という名せりふで有名ですが、原語は’Here's looking at you,kid’です。映画の中では複数回登場します。

 バーのバンドの演奏する《As time goes by》が《ラ・マルセイエーズ》とともに耳に残っています。

 名画を堪能した1時間45分でした。

午前10時劇場 TOHOシネマ浜松 10日まで

 

2010年9月 8日 (水)

わが家の庭の花 晩夏に咲いた花いろいろ

 わが家の庭の花をアップするのは7月31日以来です。8月下旬から9月はじめに咲いた花たちです。

Simg_0638 Simg_0719
ハマユウ3度目の開花 8月23日               8月25日

Simg_0649 Simg_0654
       シュウカイドウ                   ブラックベリー

Simg_0760 Simg_0802
       ユウガオ                      フヨウ

Sdscf1561 Simg_0897
   ミカン(清実)                     斑入りのサルスベリ

Simg_0905
      コムラサキ

わが家の庭でも夜になると虫の鳴き声が聞こえています。秋が近くなりました。

2010年9月 7日 (火)

湿地に咲く花 森林公園(浜北)

 第7駐車場のトイレの裏を入った所にささやかな湿地があります。8月6日にこの湿地で咲いていたサギソウをアップしました。

 それから1ヶ月後、ミミカキグサが咲いていました。食虫植物の1種です。5㍉に満たない小さな花をつけています。
【画像をクリックすると大きくなります】

Simg_0959 Simg_0960

Simg_0966 Simg_0968

第3池近くの湿地ではシラタマホシクサの近くで秋の花が咲き始めています。
Simg_0935 Simg_0958
       サワヒヨドリ                    ミズギボウシ

Simg_0947 Simg_0937
      サワシロギク              アザミ。背景はシラタマホシクサのつぼみ

バードセンター前駐車場入り口に咲くチャボリュウノヒゲ

Simg_0907  

2010年9月 6日 (月)

シラタマホシクサ:森林公園(浜北)

 浜北区にある静岡県立森林公園でシラタマホシクサが咲き始めています。東海地区の限られた湿地でしか見られない希少植物です。

 花は白い球形なので「白玉星草」とか「金平糖草」などと呼ばれています。わずか数ミリの小さな花です。

 森林公園では中央広場から三番池に向かって下って行った湿地に自生しています。

 群生は柵の中にあり、やや距離もあるのでなかなかうまく撮影できません。

Simg_0918 Simg_0938

Simg_0910 Simg_0921

Simg_0925 Simg_0926 Simg_0917 
湿地帯に他の植物と一緒に群生しています

2010年9月 5日 (日)

西部地区大会初優勝 磐田東8-1掛川工業(7回コールド)

 高校野球静岡県西部地区大会の決勝で磐田東は持ち前の打線の活躍で掛川工業を8-1(7回コールド)で下して初優勝しました。

 大切なのはこの後の県大会です。県大会とそれに続く東海大会で活躍すれば来春の選抜大会の切符を手にすることができます。健闘を期待しています。

Simg_1853 Simg_1852
7回表で8-1。コールドゲーム               ゲームセット

Simg_1859 Simg_1860
      賞状授与                      優勝杯授与

2010年9月 4日 (土)

秋を探して ②浜北へ 万葉の森&ヒマワリ畑

 猛暑の中に秋を見つけたい。…と思ってもなかなか秋の気配を感じさせる風景はありません。9月になっても真夏の風景でした。

万葉の森公園で
Sdscf1605 Sdscf1606
ススキに寄生するナンバンギセルの鉢植えです

Sdscf1618 Sdscf1621
秋の七草  キキョウ                     オミナエシ

Sdscf1609 Sdscf1611
ハギのトンネルのはずですが…トンネルになっていません

Sdscf1613 Sdscf1614
                  ムクゲ

Sdscf1615 Sdscf1616
                 ワタの花と実

ヒマワリ畑で…ひまわり2525プロジェクト

Sdscf1633 Sdscf1648

いじけたヒマワリ
Sdscf1637 Sdscf1647
㊧:みんな東を向いているのに一つだけ西を向いているヒマワリ
㊨:背の高いヒマワリの中でミニサイズのヒマワリ

Sdscf1634 Sdscf1641

まさに盛夏の風景です

高校野球西部地区準決勝 磐田東9-1浜松市立(7回コールド)

 すでに県大会出場を決めている両校が決勝進出を目指して猛暑の中で激突しました。
 1回表に1点先行された磐田東はその裏すぐに3点をあげて逆転。その後も追加点を重ねて7回表終了9-1でコールド勝ちしました。

 磐田東は打線が好調で6回までに14安打。投げては永田が被安打4で2回以降は0に抑えて完投しました。

 決勝戦は5日12時から浜松球場で掛川工業と対戦します。

Simg_1807 Simg_1813
   1回の裏に逆転               6回の裏 三塁線を抜くヒットで7点目

Simg_1817 Simg_1818                 ライトオーバーのタイムリーで8点目、9点目

Simg_1819 Simg_1820
  6回を終わって9-1                  ゲームセット

 

2010年9月 3日 (金)

秋を探して ①浜名湖ガーデンパークへ

 最高気温32.5℃…今日9月3日の記録です。ここまで猛暑が続くと残暑とは言えない異常気象です。

 その暑さの中で’秋’を求めて出かけました。浜名湖ガーデンパークは人影がほとんどありませんでした。芝は一部で枯れ、植物も元気がありませんでした。

Simg_0867_2
秋の花ヒガンバナ。園芸種でお彼岸よりも早く咲きます

Simg_0856 Simg_0860 
Simg_0869 Simg_0891
                                 ミニサイズのヒガンバナ

Simg_0844 Simg_0846
     パンパスグラスと紅葉の組み合わせ…目で感じた秋です

Simg_0868 Simg_0861
秋の七草  キキョウ                  オミナエシ

Simg_0884 Simg_0895
                 シュウメイギク

Simg_0821 Simg_0822
水のカーテンの水源:虹の滝の水盤        水のカーテンは涼しさ満点ですSimg_0871 Simg_0814
   花の庭のヒマワリ             枯れ始めた芝に散水中

秋はまだまだです。

2010年9月 2日 (木)

微妙な勝利 ジュビロ2-1仙台

 ナビスコカップ準々決勝 ホーム&アウエイの初戦はホームでのゲームでした。前半32分ジウシーニョのゴールで先制、2分後には西のみごとなミドルシュートで追加点と理想的なゲーム展開。

 後半になって仙台は当然のことながら攻勢に出てきました。前のゲーム(29日ガンバ戦0-2で敗戦)から中2日のジュビロは次第に足が止まってセカンドボールが拾えなくなりました。後半32分、古賀のファールで与えたFKから最後は太田吉彰に決められて2-1。太田は昨年途中までジュビロで活躍した選手です。ということでブーイング。
 その後43分に山本康裕の惜しいシュートがありましたが3点目はならず終了。2-0か3-1で勝ちたかったゲームでした。

 ホーム&アウエイの場合、アウエイの得点は2倍にカウントされます。次の8日のアウエイ戦で0-1で負けると合計2-3でジュビロは負けになります。
 勝つか分ければジュビロの勝利です。負けても2-3や3-4であればジュビロの勝ちです。

 勝ったことはいいのですが、アウエイの1点を仙台に与えたのは不安材料です。微妙な勝利です。仙台でのゲームに勝って久しぶりの準決勝に進出することを期待しています。

S2010_0901pana0028 S2010_0901pana0030
   ジウシーニョの1点目                西の2点目

S2010_0901pana0041 S2010_0901pana0021_2
    結局2-1で終了                  ゴール裏も閑散

入場者5032人。
シュート数 11-7。
         

2010年9月 1日 (水)

秋はまだ遠い 有玉緑地

 今日から9月です。最高気温は32.7℃まであがって秋の気配は見えません。有玉緑地は真夏の風景です。

Simg_1772_2 Simg_1773
緑濃い園内に人影はまったくありません        夏の雲ですね

Simg_1778 Simg_1779

Simg_1781 Simg_1780
東屋にも人影はなく…              なにやら怪しげなマスクが…

Simg_1782 Simg_1796
グランドの向こうは北部清掃工場            来年3月で操業を終えます

花の少ないこの季節です

Simg_1784 Simg_1786
         デュランタ                   コムラサキ
Simg_1787 Simg_1791
      サルスベリ                     クサキSimg_1793 Simg_1789
   ヒマラヤスギの実                   ハギ

Simg_1790 Simg_1795_2
   真夏の陽射しです                  使命を終える清掃工場

 

 

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »