2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 「浜松オートバイ列伝」展 | トップページ | 日本画家 松井冬子に関する記事 »

2010年8月28日 (土)

舞阪名物 魚あらの「活天丼」

 浜松市博物館を出た後一路舞阪漁港を目指しました。お目当ては活魚料理店魚あらの活天丼です。

Simg_1701 Simg_1700
魚あらと言えばこの「活天丼」 2100円  海老3匹・太刀魚・ナス・ピーマンの天ぷら 浜名湖のあさりのみそ汁 浜名湖のノリ

海老は店内にある専用のいけすで生きているものを使い、カラッと揚げます。
久しぶりに活天丼をいただきましたが、相変わらずいい味です。

今日(27日・金)12時過ぎに到着。並ぶのを覚悟しましたが、運よく空席がありました。
土日はかなりの待ち時間になります。予約は可能です。
駐車場は以前に比べてかなり多くなりました。全部で30台近く駐車可能です。

お店のHP http://www.uoara.com/index.html

Simg_1724 Simg_1698
       魚あら                店内から舞阪漁港を見たところ

Simg_1707 Simg_1706
漁港から見た魚あら=正面の二階建て      国1バイパス 浜名湖大橋

Simg_1708 Simg_1711 
接岸している漁船(左)から荷揚げして仕分け

Simg_1714 Simg_1718
大きさで分類された太刀魚             せりが始まりました

Simg_1720 Simg_1723
こぼれた魚の投げ入れられるのを待つウミウ    遠くに弁天島のホテル街と鳥居

舞阪・弁天島は浜名湖の最南端で太平洋との接点になるところです。

« 「浜松オートバイ列伝」展 | トップページ | 日本画家 松井冬子に関する記事 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 舞阪名物 魚あらの「活天丼」:

« 「浜松オートバイ列伝」展 | トップページ | 日本画家 松井冬子に関する記事 »