2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 多種多彩なアジサイ:浜松フラワーパーク | トップページ | 100万本の花ショウブ:浜松フラワーパーク »

2010年6月12日 (土)

東京芸大学生による室内楽演奏会

 静岡文化芸大が毎年開催している「室内楽演奏会」です。文化政策、アーツ・マネジメント、音楽学などを学んでいる学生のための教育活動の一環です。

 今回は東京芸大の現役学生による演奏会でした。

プログラム

 ブラームス   ハンガリー舞曲 第1/2/4/5番 (4手連弾)
 モシュコフスキ 2つのヴァイオリンとピアノのための組曲
 シューマン   ピアノ五重奏曲

 ハンガリー舞曲は男女2人の学生による連弾でした。現在はオーケストラでよく演奏されますが、原曲はピアノ演奏用に書かれたものです。
 息のあった2人が軽快に弾きました。

 モシュコフスキーはポーランド出身のピアニスト、作曲家です。2人のヴァイオリンが掛け合いながら時には激しく時には歌うように音を紡いで最後は速いテンポで終わりました。

 ピアノ五重奏曲はシューマンの代表作と言われる名曲です。第一主題、第二主題が繰り返し現れて耳に残ります。ピアノは男性、弦は4人とも女性でした。

 アンコールで演奏されたリムスキー・コルサコフの「熊蜂が飛ぶ」のピアノ連弾は超絶技巧の早業でみごとに弾きました。

 会場は浜北文化センター小ホール  入場者がやや少な目で残念でしたが楽しい演奏会でした。

(クリックすると画面は大きくなります)

S_0001 S_0002

« 多種多彩なアジサイ:浜松フラワーパーク | トップページ | 100万本の花ショウブ:浜松フラワーパーク »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京芸大学生による室内楽演奏会:

« 多種多彩なアジサイ:浜松フラワーパーク | トップページ | 100万本の花ショウブ:浜松フラワーパーク »