2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« オルセー美術館展 115点の名画 | トップページ | ボストン美術館展 »

2010年6月20日 (日)

’10 焼津中央高校のオペラ「カルメン」

 1975年に始まった県立焼津中央高校合唱部恒例のオペラ公演は今年で36回目になりました。
 演目で一番人気のあるのは「カルメン」で11回目の公演になります。ほぼ3年に一度公演しています。次は「フィガロの結婚」8回、「魔笛」と「仮面舞踏会」が5回です。

 今日の公演は1時開演で終演は5時。4時間に及ぶ長丁場でした。全4幕で休憩が3回あるのですが、大道具・小道具もすべて歌い手がセットするので時間がかかります。10分の休憩が20分以上になったり・・。カーテンコールが5分以上続き、その後花束贈呈やあいさつなどが15分。

 出演者はもちろん、舞台装置の制作、ピアノ伴奏などすべて生徒です。オペラをするためにこの学校に入って来る生徒もいるほどです。

 この学校のこれまでの「カルメン」に比べて、演技、衣装、装置などはレベルが高いと感じました。かなりの稽古を重ねている様子です。

 女性群はかなり声も出ていてよかったのですが、男性群はドン・ホセなどの高音部は声が出なかったり、かすれていたりで聴き取りにくかったのは残念でした。ホセは4回の公演でそれぞれ別の生徒が演じます。

 公演は2週にわたる土日の4回行われます。前半は無料、後半は有料(500円)です。楽日の今日は定員1300名の大ホールがほぼ満席の盛況でした。4回の公演の入場者は2000~3000人でしょうか。

 一県立高校のオペラ公演としては全国でも類がない実績を重ねています。来年が楽しみです。
Simg_0001 Simg_0002
        チラシ              理解を深めるために用意された資料

« オルセー美術館展 115点の名画 | トップページ | ボストン美術館展 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
私も中央高校カルメン公演を見に行きました。
四回全公演見ました。
いずれも素晴らしい歌唱力でしたが、最終日のドン・ホセが一番感動しました。心が揺さぶられて涙が止まりませんでした。

コメントありがとうございます。
最終日のドン・ホセを演じた部長の前田君は熱演でしたね。
私にとって15年目の焼津中央のオペラでした。

この記事へのコメントは終了しました。

« オルセー美術館展 115点の名画 | トップページ | ボストン美術館展 »