2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 新緑の金沢を訪ねる旅①金沢21世紀美術館 | トップページ | 新緑の金沢を訪ねる旅③鉄道・グルメ »

2010年6月 1日 (火)

新緑の金沢を訪ねて②県立美術館・兼六園・武家屋敷・ひがし茶屋街など

    29・30の二日間雨は降らなかったのですが曇っていてお日様は一度も姿を見せず。ということで朝晩は少々肌寒い金沢でした。

 29日は金沢21世紀美術館から県立美術館へ。館内の多くの展示室では日展開催中でしたが、わが一行は野々村仁清の名作を観るために常設展示室へ。

Simg_0009
             国宝 色絵雉香炉

ほぼ等身大の雉です。上下二つに分かれ、ふたには4個の煙出しの穴があります。絵の具と金彩で羽根などを美しく飾ったみごとな作品です。長い尾を焼くのはかなり難しかったのではないでしょうか。

 茶道美術名品展が開かれていたので、国の重文を含む数々の香合や茶碗をはじめとする茶道具にお目にかかることができました。

兼六園=文化財指定庭園特別名勝
Simg_0159 Simg_0161 Simg_0168
カキツバタが咲き始めていました。           霞が池のことじ灯籠

Simg_0175_15Simg_0166_2

 兼六園から見た卯辰山               茶店でいただいたお団子

武家屋敷
Simg_0187_2 Simg_0188_2
鞍月用水に沿って武家屋敷へ  この道の一つ東は百万石通りです

Simg_0192_2 Simg_0194
                            金沢らしい「職人大学校」です

Simg_0196_2 Simg_0205_2
      立派な長屋門                  檜皮葺の築地塀

Simg_0206 Simg_0209_3
   大野庄用水                     水量豊かで急流です

Simg_0210 Simg_0214
野村家 当時のままではなく移築されたものです。加賀藩の1200石の名家

ひがし茶屋街

 石畳の両側に紅殻格子のお茶屋が並んでいます。今でも7軒が茶屋の営業をしています。金沢の芸者衆51人のうち3分の1の17人がこのひがし茶屋街にいるとか。5,6人でお店にあがって一人25000円程度だそうです。

 通りを歩くと今にも三味線の音色が聞こえ、おしろいのにおいがしてきそうな感じです。

Simg_0229 Simg_0230

Simg_0235 Simg_0234 
国の重要文化財 志摩 1820年建築 

Simg_0236 Simg_0237
客間は二階 客はこの部屋の床の間を背にして座ります。手前に芸者衆

Simg_0240 Simg_0243
      浅野川の流れ                 薬種商

 金沢は町のそこかしこに加賀友禅、漆器、金箔、九谷焼、和菓子、和楽器などの店があり、足を止めていると時間の過ぎるのを忘れてしまいます。金沢を楽しむにはゆったりと気の向くままに歩くのがいいかもしれません。

« 新緑の金沢を訪ねる旅①金沢21世紀美術館 | トップページ | 新緑の金沢を訪ねる旅③鉄道・グルメ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 新緑の金沢を訪ねる旅①金沢21世紀美術館 | トップページ | 新緑の金沢を訪ねる旅③鉄道・グルメ »