2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« ’10桜前線 №25 芳川沿いの桜並木は満開です・・わくわくハイキング | トップページ | ’10桜前線 №26 名残の桜 »

2010年4月 6日 (火)

映画「ショーシャンクの空に」:20世紀末の名作です

 1994年制作、日本での公開は1995年。この年のキネマ旬報、日本アカデミー賞、毎日映画コンクールなどで外国語映画賞に輝いた傑作です。映画ファンの間では非常に評価の高い作品です。

 身に覚えのない殺人罪で終身刑に服しショーシャンク刑務所に投獄されているアンディ(ティム・ロビンス)が主役です。刑務所の絶望的な状況の中にあっても決して希望を捨てないアンディと囚人の先輩であるレッド(モーガン・フリーマン)との友情が感動的です。

 伏線となる事件が周到に用意されており、劇的な展開の連続で映画は集結を迎えます。ラストシーンが非常に印象的です。

 全編を通じていくつもの名言が散りばめられています。
「頑張って生きるか、頑張って死ぬか」
「誰も絶対に手を触れることも、奪うこともできないものがある。  希望  」
「希望はいいものだよ。多分最高のものだ。いいものは決して滅びない」

 モーガン・フリーマンの圧倒的な存在感と、ティム・ロビンスの名演がみごとです。

 いつまでも心に残る感動的な名作です。

 午前10時劇場シリーズで上映されていますが、この映画に限って10時だけでなく、15時50分と18時50分の回にも特別に上映されています。上映はTOHOシネマズ浜松で9日(金)までです。ぜひごらんください。

« ’10桜前線 №25 芳川沿いの桜並木は満開です・・わくわくハイキング | トップページ | ’10桜前線 №26 名残の桜 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ショーシャンクの空に」:20世紀末の名作です:

« ’10桜前線 №25 芳川沿いの桜並木は満開です・・わくわくハイキング | トップページ | ’10桜前線 №26 名残の桜 »