2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

チュニジア世界遺産 古代カルタゴとローマ展 ~きらめく地中海文明の至宝」

 古くて小さい浜松市美術館では大規模な企画展は開催できません。今回の企画展は規模は大きくないものの全国でもこれまでにあまり例がないユニークな企画で興味深く見ることができました。出品点数約160点の9割が本邦初公開ということです。

 ‘カルタゴ‘は世界史の教科書で西暦紀元前後に必ず登場する名前です。北アフリカの地中海岸にフェニキア人が建国しました。地中海の舟運と交易で発展し、栄華を極めました。
やがて台頭してきたローマと争った三次にわたるポエニ戦争で敗れ消滅します。それから100年・・カルタゴはローマの植民都市として再び栄華の時代を迎えます。

 この展覧会では、前半でポエニ戦争に敗れる前の紀元前の時代の出土品が展示されています。日本では縄文時代の終期にあたる時代ですが、出品作品を見ると彫刻・宝飾品・武具などいずれも高度な技術で制作されたみごとな作品で圧倒されます。地中海岸の中央に位置するカルタゴはエジプトやギリシアの文明の影響を色濃く受けていることがよくわかります。

 後半ではローマの植民都市として栄えたカルタゴの生み出したローマ文化とカルタゴ文化の融合した独自の文化を見ることができます。ヴィーナス像やライオン像はその代表的な作品です。
 後半の注目すべき作品はモザイクです。邸宅の床を飾ったモザイクは細かい天然石を寄せ合るせて敷き詰めたものです。特別出品の《地中海の島々と都市》は、536㎝×492㎝もある巨大な作品です。十数点のモザイクは色彩豊かで優美です。

主な出品作品の紹介や、カルタゴ、モザイクなどの解説はオフィシャルサイトでどうぞ。http://www.karutago-roma.jp/top.html

展覧会のチラシです。【画像をクリックすると大きくなります】

Simg_2 Simg_0001
【左】背景のモザイク ㊧バラのつぼみを撒く女性 ㊨水を注ぐ女性
   下部の遺跡はエルジェムの円形闘技場(世界遺産)

【右】 左上:ハンニバル時代の鎧  右上:コイン
   右端:ヴィーナス像 中央:ヴィーナス像頭部 中央左:スフィンクス

 

2010年4月29日 (木)

新緑の季節

 4月も明日で終わりというこの時期になってようやく春本番の陽気になってきました。四ツ池公園では新緑がまぶしく輝いていました。Simg_9404
              グリ-ンホールです

Simg_9412  Simg_9407 Simg_9410

わが家の庭の若葉青葉
Simg_9114_2 Simg_9106
        クルミ                       モチノキ

Simg_9111 Simg_9109
      ドウダンツツジ                  イロハカエデ

 あと4日で浜松まつりです。今のところ雨の心配はなさそうです。3日間朝昼晩と続くと相当なハードワークになりそうです。

2010年4月28日 (水)

’10つつじ公園(磐田)のツツジは満開になりません

 異常気象が続くこの春・・つつじ公園のツツジは早咲きの木は咲き終わって花がしぼんでいます。遅咲きの木はこれからで全体の開花期間が非常に長くなっています。ということで公園のツツジが咲きそろうという景色は見られません。

Simg_9383

Simg_9373 Simg_9375

Simg_9391 Simg_9386

Simg_9380 Simg_9371

Simg_9377 Simg_9378
            このような哀れな木もあります

Simg_9388 Simg_9392 Simg_9395

例年とかなり違う景色に驚きです。

2010年4月27日 (火)

なばなの里のチューリップ

 広大なチューリップ畑を俯瞰した美しさと多種多様な花を1本1本眺めた美しさと、別の美しさがあります。チューリップのほかにもいろいろな花と新緑でカラフルでした。

Simg_9305
Simg_9300 Simg_9295
      ドラエモンです

Simg_9254 Simg_9258 Simg_9260

Simg_9261 Simg_9264 Simg_9266

Simg_9270 Simg_9272 Simg_9274

Simg_9276 Simg_9278 Simg_9280
カーネーションではありません。チューリップです。

Simg_9282 Simg_9284 Simg_9286

チューリップの品種はまだまだあります。古典的なチューリップは少数派です。

Simg_9238 Simg_9236

Simg_9244 Simg_9246

Simg_9247 Simg_9315 

   撮影は4月24日(土)です。

2010年4月26日 (月)

’10熊野(ゆや)の長藤・・開花が遅れています

 天候不順の影響で昨年よりも開花が約1週間遅れています。26日現在、一応見頃に近くなっていますが、房は十分伸びきらず花も咲ききっていません。今週末から5月の連休が見頃のピークと思われます。

Simg_9364

国指定天然記念物
Simg_9347 Simg_9351

Simg_9363 Simg_9344

Simg_9350 Simg_9367
                           長い房は1㍍前後あります

Simg_9342 Simg_9343

Simg_9369 Simg_9370
 駐車場は天竜川の河川敷

2010年4月25日 (日)

延長11回サヨナラ負け 磐田東3-4静高

 春の県大会2回戦。初回に2点、さらに3回にも1点を追加して試合を優位に進めた磐田東高でしたが4回に4番のホームランなどで2点を献上。前半にチャンスが続いた磐田東が追加点を奪えないまま終盤に。9回の裏スクイズで同点とされました。
 延長11回表、磐田東は先頭打者がみごとな二塁打で出塁しましたが、走塁ミスでチャンスをつぶしました。
 その裏、一死満塁から犠飛で失点。無念のサヨナラ負けでした。

 1回2死で静高エースナンバーのピッチャーをマウンドから引きずり降ろして優位に立ったのですが、リリーフした投手が次第に調子をあげてうち崩せないまま終盤を迎えたのが誤算でした。磐田東の投手花嶋とリリーフした阿部も小柄ながらよく投げましたが一歩及ばず残念でした。

 今日の敗戦で夏の県大会のシード権を得ることはできませんでしたが、西部大会から県大会にかけての善戦から磐田東ナインは多くのことを学びました。
 夏の大会での健闘が期待できる内容のある春の大会でした。
(逆光で見えにくいですね)
Simg_9339_2

 第1試合では焼津中央が9回サヨナラで西部1位の浜松市立を破り夏の大会初?のシード権を獲得しました。固い守りのいいチームです。焼津中央は私がかかわった学校なのでとてもうれしく思います。

Simg_9334
サヨナラの場面 

2010年4月24日 (土)

なばなの里は花盛り

 名古屋からほど近い桑名市長島の「なばなの里」では120万株のチューリップやキクモモ8、パンジーなどが満開で、そこに若葉が彩りを添えて美しい眺めでした。

Simg_9242

Simg_9306 Simg_9308 Simg_9294

詳報は後日。

2010年4月23日 (金)

静岡新聞掲載の記事:磐田東中野球部藤田主将に特別功労賞

 磐田東中学校野球部藤田主将に対する特別功労賞授与の記事が23日静岡新聞朝刊に掲載されました。校長室で県軟式野球連盟の小柳理事長が記念パネルを藤田主将に贈呈している写真を添えた記事です。静岡新聞の記事によると小柳理事長は「大変な名誉。一生の宝物です」と述べたということです。

Simg_9081

2010年4月22日 (木)

Zopfのパン

 松戸在住の家族からZopfのパンが送られてきました。1月に続いて今年2回目です。
今回は、バナケーキ・あんぱんセット・ビアフレンドの3種類でした。

 バナナケーキはバナナがたっぷり練り込んであります。あんぱんセットは、ごま・こしあん・さくら風味など。ビアフレンドはニンニクやこしょうが効いてまさにビールのつまみに絶妙。いずれも美味でした。

ZopfのHP http://www.zopf.jp/index.html

Simg_9213 Simg_9210_2 Simg_9211_2
  バナナケーキ           あんぱんセット       ビアフレンド

2010年4月21日 (水)

磐田東中野球部藤田主将に全日本軟式野球連盟から特別功労賞・・春季少年野球大会で感動の選手宣誓

 磐田東中野球部は3月に浜松市などで開かれた第1回全日本春季少年軟式野球大会に出場しました。26日に浜松球場で行われた開会式で藤田強思主将が選手宣誓をしました。私もスタンドで聞いていましたが、力強く、よどみなく実に堂々としたみごとな宣誓でした。その宣誓が選手をはじめ関係者一同、スタンドの観客に大きな感動を与えたとして賞を贈ることにしたということです。

 今日21日の中日新聞は次のように伝えています。「日本一を決めるこの大会で、日本一の富士山のように、日本一のチームを目指し、全力でプレーすることを誓います」とよどみなく、高らかに宣誓した。

 翌日行われた1回戦で磐田東は群馬選抜チームと対戦。先発9人のうち8人が1年生という若いチームは対等に戦いましたが、7回裏に投手のワイルドピッチで惜しくも0-1で敗戦。
藤田主将に出番はありませんでした。

 明日22日、学校で記念パネルの贈呈式が行われるとのことです。試合には負けましたが、名誉ある賞をいただいたことは誠に光栄です。

開会式で宣誓する藤田主将(3月26日のブログにアップした写真の再掲です)

Simg_7885 Simg_7889

Simg_7890 Simg_7895

磐田東中・高等学校のHP 中学校のサイトに22日の贈呈式のニュースと宣誓の全文がアップされています。
http://www.iwatahigashi-h.ed.jp/

2010年4月20日 (火)

静岡県立美術館・・アナザーワールド

 「伊藤若冲 アナザーワールド」展の開かれている静岡県立美術館のプロムナードを出て行くと、そこには春爛漫の美しいアナザーワールドが広がっています。この時期は一年中でもっとも美しい季節です。

Simg_9195

Simg_9155 Simg_9159
                  八重桜

Simg_9162 Simg_9163 
                   鬱金

Simg_9166 Simg_9181

Simg_9186 Simg_9187
                  御衣黄

Simg_9168 Simg_9173

Simg_9170 Simg_9177 Simg_9180 
光る屋根はロダン館       遠景は東静岡方面      背景の山は竜爪山

Simg_9149 Simg_9150
ロダン館の内部 《地獄の門》             奥に《考える人》

Simg_9171 Simg_9194 Simg_9206

美術館の中も外も‘アナザーワールド’でした。

  

2010年4月19日 (月)

残念ながらドロー ジュビロ1-1大宮

 勝っていれば即日アップしたのですが・・ホームで勝てなかったゲームということでアップに2日かかりました。
 清水 vs  ガンバのゲームを昼間生中継で見ました。その迫力に比べると明らかに劣るゲーム内容で残念でした。大宮の出来も悪くていかにも下位に低迷するチーム同士の戦いという感じでした。
 ワンタッチの早いパスや相手の裏に走り込む場面が少なく、目立ったのはバックパスの多かったこと。スタンドではさかんにブーイングが聞かれました。

 負けなかったので勝ち点1ですが、ホームで勝ち点3をあげるチャンスを逃しました。上位浮上はなかなか厳しいジュビロでした。

 入場者は7030人。リーグ戦でこれほど少なかったのは記憶にありません。ジュビロのピンチが続きます。

Simg_8982 Simg_8987 Simg_8989
  先発イレブン             イ グノ        駒野のシュートはGK正面

Simg_9004 Simg_9006 Simg_9014
攻めるジュビロ  24分       29分 グノ          43分

Simg_9026 Simg_9035 Simg_9039
後半14分 前田のゴールで同点   上田のFKはゴール上に  韓国コンビで攻める

Simg_9044 Simg_9045 Simg_9047
攻め込むがゴールを割れない

Simg_9056 Simg_9058 Simg_9042
「勝たなくては充実感はない」と前田              寂しい数字です   

2010年4月18日 (日)

「伊藤若冲 アナザーワールド」展 静岡県立美術館

 期待した以上にすばらしい展覧会でした。出品作品数102点。そのうち若冲の作品が86点(彩色画12点・水墨画74点)です。大半は水墨画ですが、その水墨画がみごとです。大胆なデフォルメ、構図、筋目描きによる微妙な表現など様々な技法を駆使して植物、動物、人物などを巧みに描き、独自の若冲ワールドを築いています。ユーモラスな虎、蛙、犬、布袋。大胆な筆遣いに筋目描きを組み合わせて描いた菊、松、牡丹、梅、鶴や鶏。卓越した表現力が見る者を圧倒します。
 大作では近年再発見されて話題になった《象と鯨図屏風》(MIHO MUSEUM所蔵)が出品されています。昨年秋、MIHO MUSEUMで初めて見たこの絵と半年ぶりに対面しました。

 彩色画では重文指定の《仙人掌群鶏図》が若冲晩年の傑作とされる作品で注目されます。鶏も仙人掌も大胆にデフォルメされています。水墨画と彩色画の融合した作品の代表と考えられています。
 もう一つの重文は《菜蟲譜》は10㍍を超える画巻です。野菜や昆虫が彩色画で描かれていますが、水墨画との融合の過渡期の作品と考えられています。

 おなじみの《樹花鳥獣図屏風》(静岡県立美術館所蔵)は升目描きによる作品で、約10万個の升目に彩色した珍しい技法が見る人を驚かせています。描かれている動物は象、虎、鹿などのほか空想上のものも含まれています。若冲最晩年の作です。

 展覧会の第1章では「若冲前史」として若冲に影響を与えた鶴亭などの作品が展示されています。後の若冲の絵に見られる技法を伺うことができます。

 若冲42歳から最晩年の85歳に至る40年余の86点の作品を通じて若冲の画業を振り返ることができます。

 東京国立博物館で開かれた「皇室の名宝」展で《動植綵絵》30編を見た感動には及ばないものの、若冲の魅力が十分に伝わってくるいい企画です。
10日に始まった展覧会ですが、日曜日の今日はかなりの入場者でした。人気が高い若冲です。

 1枚1枚の絵につけられたキャプションの見出しがユニークです。この展覧会を見る方は楽しみにしてください。

Simg_9203 Simg_9197 Simg_9198 Simg_9199
Canonから寄贈された《樹花鳥獣図屏風》(静岡県立美術館所蔵)の超精細複製画

Simg_9201

 静岡県立美術館HP http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/ 

 

2010年4月17日 (土)

EXILE AKIRA 広報いわた リニューアル特別企画で特集9㌻

 表紙はAKIRAのポートレート。本文は2㌻から8㌻までという豪華版です。独占インタビュアーは磐田市の渡部市長です。市の広報誌を若い人にもっと読んでほしいということで、磐田市出身のAKIRAの出番になったとのことです。

 インタビューの中でAKIRAは高校生活のこと、サッカーのこと、ダンスを始めたきっかけ、EXILEとの出会い、EXILEのすばらしさなどを率直に語っています。

 AKIRAファンにとっては見逃せない「広報誌」でしょう。磐田市のHPからダウンロードできますからどうぞ。

http://www.city.iwata.shizuoka.jp/gov/10/100415p.html

華やかな春の浜名湖ガーデンパーク

 1ヶ月前には咲いている花も少なくて彩りも地味だったガーデンパークですが、4月半ばを過ぎて目にも鮮やかな花が咲きそろってきました。

花の美術館
Simg_8931
Simg_8930 Simg_8887 

Simg_8881 Simg_8888_2
Simg_8894 Simg_8956

名残の桜
Simg_8844 Simg_8877 Simg_8879
Simg_8880 Simg_8885 Simg_8902

色・・いろいろ
Simg_8834 Simg_8910
               西洋シャクナゲ

Simg_8856 Simg_8892
      ムスカリ                    白いムスカリ

Simg_8895 Simg_8904
                   ツツジ

Simg_8859 Simg_8861  
       マルメロ                    ヒメノウゼンカズラ

Simg_8863 Simg_8871
        白雪芥子              トキワマンサク:赤と白

Simg_8927 Simg_8935
         アネモネ                  アイリス

Simg_8843 Simg_8846 
     チャンチンの葉                ユリノキの葉とつぼみ

 

久しぶりの青空

 東京などでは観測史上もっとも遅い記録に並ぶ雪を観測したとか。浜松でも雨が多く寒い日が続いています。夜来の雨は7時半にはあがって西の空から青空が広がりました。8時には快晴で気温も10℃を超えました。今夜のジュビロのゲーム観戦は少し楽になりそうです。

花水木

Simg_8973 Simg_8978

イロハカエデ(イロハモミジ)

Simg_8975 Simg_8977

2010年4月16日 (金)

これでもカタクリ、これでもチューリップ:浜名湖ガーデンパーク

 最高気温がようやく10℃、夜にはまた雨で遠州北部では雪になるかもしれないという凍るような寒い日。震えながらガーデンパークの花を見てきました。寒さの中で春の花が咲きそろっているのを見て心は暖かくなりました。

黄色いカタクリ
Simg_8898
Simg_8899 Simg_8901
山野に群生しているカタクリに比べてかなり大きい葉です。花の美術館の池の近くで見ることができます。(写真㊨)

花盛りのチューリップ:色も形も様々。これがチューリップ?これでもチューリップ?
Simg_8943

Simg_8912 Simg_8918 Simg_8919

Simg_8921 Simg_8925 Simg_8928

Simg_8923  

Simg_8932 Simg_8934 Simg_8937_2

Simg_8942

Simg_8948 Simg_8951
Simg_8952 Simg_8954
この花を見てホッとしました 

2010年4月15日 (木)

これから見たい美術展

【伊藤若冲 アナザーワールド】 静岡県立美術館 4/10-5/16 

 県内ですでに開催中です。近年人気急上昇の若冲の水墨画を中心として、MIHO MUSEUM所蔵の《象鯨図屏風》や静岡県美所蔵の《樹花鳥獣図屏風》などの着色の作品も含めて構成されています。

 大半は昨年秋にMIHO MUSEUMで見た作品と思われますが、若冲の魅力的な世界にもう一度触れるのを楽しみにしています。 
 開館以来初めての大規模な改修工事が終わった県美です。周辺では八重桜やツツジが美しく咲いていることでしょう。展覧会を見た後は自然観賞です。

公式HP http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/

【古代カルタゴとローマ展】 浜松市美術館 4/17-5/30 

 地元の美術館で今週末オープンです。チュニジア国立博物館群の名品約160点が出品されます。‘地中海の宝石’と言われるチュニジアにかつて栄えたカルタゴはやがてロ-マの植民都市として栄えます。カルタゴとローマの文化が融合した姿を見ることができそうです。
 25日には静岡文化芸大講師の土肥先生の講演があるので楽しみです。土肥先生のお話ではカルタゴの美術展というのは珍しいとのことです。

公式HP http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/artmuse/index.htm

【ボストン美術館展】 森アーツセンターギャラリー(六本木) 4/17-6/20

 ‘各国のフルコース’だそうです。エル・グレコ、レンブラント、ミレー、マネ、モネ、ドガ、セザンヌ、ルノワール、ゴッホ、ピカソなど日本人の大好きな画家たちの作品80点。そのうちモネは11点も。いずれもボストン美術館から。今週末から始まります。入場の待ち時間が長いでしょうね。

公式HP http://www.roppongihills.com/art/events/2009/12/macg_boston.html

【オルセー美術館展2010 ポスト印象派】 国立新美術館 5/26-8/16

 ボストン展と1ヶ月近く同時開催になります。近くですからお互いに流れて両方見るという人が多いでしょうね。こちらは待ち時間がもっと長くなりそうです。疲れそうですね。

 モネ5点、セザンヌ8点、ゴッホ7点、ゴーギャン9点、ルソー2点など115点。空前絶後で過去最大規模のオルセー展です。今からわくわくしています。

公式HP http://orsay.exhn.jp/

【マネーとモダン・パリ展】 三菱1号館美術館 4/26-7/25

 4月6日、丸の内にオープンした新しい美術館の開館記念展です。マネーの作品80点余。開館1週間で入場者2万人とか。東京駅から近いので便利です。

公式HP http://www.mimt.jp/index.htm

東京の3つの美術展をどのように見たらいいのか・・思案しています。 

  

 

2010年4月14日 (水)

ナビスコカップ ジュビロ2-1横浜マリノス

 私がホームでジュビロの勝ちゲームを見たのは昨年9月19日の京都戦(3-0)以来7ヶ月ぶりのことです。(4月4日のガンバ戦:4-3の勝利は見ていません)

 今日の前半は前線からよくプレッシャーをかけて選手もボールもかなりよく動いたと思います。その中で前田のシュートがこぼれたところを荒田が押し込んで前半14分に先制。後半開始3分、パク チュホが決めて追加点。後半22分に山瀬に決められて1点差。後半は守りの時間が多くなりましたが、なんとかしのいで勝利。今日はマリノスのできがよくなくて助けられたという印象です。

 ナビスコカップBグループでは浦和、清水と並んで勝ち点4ですが、得失点差で3位(7チーム中)になっています。

 次は17日、ホームでの大宮戦です。勝って下位から脱出したいものです。

Simg_9125 Simg_9132
   先制ゴールの直後                    2点目

Simg_9148 Simg_9147
 終わってみれば2-1              バックスタンドにあいさつ

平日のかなり寒い夜のナビスコカップということで観客4886人という寂しいスタンドでした。

わが家の庭の春の花 Part.2 立浪草・花水木など

 今年も立浪草が咲いてきました。花水木も一日一日開いています。

立浪草

Simg_8795 Simg_8824

花水木(白)
Simg_8785 Simg_8820_2

Simg_8823 Simg_8827
     八重ヤマブキ                      ツツジ

Simg_8805  Simg_8832
ミッキーマウスの木(オクナ セルラータ)          エビネ

Simg_8791 Simg_8804
       アイリス                     浙江省のハギ


2010年4月13日 (火)

わが家の庭の春の花 Part.1西洋おだまき・フリージアなど

いよいよ春本番・・庭の花が一斉に咲きそろってきました。美しい花のアルバムです。

Simg_8818
                西洋おだまき

フリージア
Simg_8778 Simg_8489
Simg_8780 Simg_8779_2

イロハモミジ
Simg_8767 Simg_8770 Simg_8769
                                    緑は枝垂れ桜

 

2010年4月12日 (月)

’10桜前線 №29 桜・さくら・サクラ:フラワーパーク

 桜と言えばソメイヨシノが頭に浮かびますが、浜松フラワーパークには色も花の形もいろいろな桜が咲いています。

Simg_8573 Simg_8585 Simg_8589
   御室有明             牡丹                嵐山

Simg_8608 Simg_8642
       苔清水                       楊貴妃

Simg_8602_2 Simg_8616 Simg_8693
     熊谷             関東有明          鬱金

Simg_8646 Simg_8655 Simg_8662
   市原虎の尾             塩釜          浅黄

Simg_8658
               御衣黄

近頃のチューリップ
Simg_8536 Simg_8538 Simg_8542
Simg_8563

Simg_8559 Simg_8567 Simg_8596

春の花
Simg_8688 Simg_8686 Simg_8721  
    マムシグサ         スミレ             ネコヤナギ

Simg_8737
                  水芭蕉

Simg_8756_2 Simg_8764 
       ツツジ                  ベニバナトキワマンサク

           

2010年4月11日 (日)

今日のレーチェ・・「箱入り娘」

 またまたご無沙汰しました。箱を見ると飛び込みたくなるレーチェです。久しぶりの「箱入り娘」です。

Simg_8993 Simg_8994
Simg_8995 Simg_8997
ひそかに狙っています

Simg_8998 Simg_9001

Simg_9006 Simg_9008
狙い定めて・・

Simg_9010_2 Simg_9019
   ちょっと甘えて・・                よし!今だ!

Simg_9020
                  失敗しちゃった 

2010年4月10日 (土)

決勝へ進出 磐田東9-2浜名:高校野球西部大会準決勝

 7回コールドで快勝した磐田東は初の決勝進出です。1回に3点先取。4回に追加点。5回に満塁から死球と暴投で2点献上しましたが、7回には4番手のピッチャーに猛打を浴びせて5点・・コールドゲームが成立しました。打線が好調で10安打。盗塁やバントもことごとく決まりました。内野の守備も完璧で攻守揃ったナイスゲームでした。

 決勝戦は11日に浜松球場で浜松市立と対戦します。西部1位で県大会に臨み夏のシード権を獲得できるよう期待しています。

Simg_9095 Simg_9098
晴れ上がって汗ばむような陽気                終わってみれば9-2

Simg_9099 Simg_9100
市営グランドの桜は満開 ブルーシートはお花見ではありません。陸上競技場で行われて
いる西部陸上記録会に参加している生徒たちの控え所です

Simg_9107 Simg_9102 

2010年4月 9日 (金)

’10桜前線 №28 春から初夏へのグラデーション:浜松フラワーパーク

 ソメイヨシノは散り始め、八重桜や鬱金、御衣黄などが主役になりつつあります。園内の里山ではモミジの青葉や紅葉、群生するツツジなどが桜の背景で美しいグラデーションを見せています。早くも初夏の趣です。
【写真をクリックすると大きくなります】

Simg_8684

Simg_8726

Simg_8744

Simg_8747

Simg_8743

Simg_8595 Simg_8757

Simg_8709 Simg_8723_2

名残の桜、咲き始めた桜、満開のチューリップ、水芭蕉などは後日アップします。

2010年4月 8日 (木)

’10桜前線 №27 里山の桜:森町三倉

 森町三倉上野平の一番奥に江戸時代から農林業を営む旧家があります。午前と午後の入学式の合間の時間を利用してそのお宅を訪ねました。
 お宅の前の深い沢の向こうに見える数百㍍の山もこのお宅の所有する山林のごく一部とか。山の中腹までは植林してありますがその上は自然の雑木林です。この時期からひと月ぐらいが一番きれいな時だそうです。山桜、イロハモミジなどの青葉若葉・・様々な色のグラデュエーションで山の模様が刻々と変わる季節が好きだという旧家の当主のお話でした。
 お宅には枝垂れ桜、ソメイヨシノ、山桜、八重桜などの花が咲きそろい、林の中からはまだ上手に鳴けないウグイスの声がしきりに聞こえてきました。まさに桃源郷です。

【枝垂れ桜】

Simg_9040
Simg_9027 Simg_9037

【このお宅の里山の彩り

Simg_9042

Simg_9041_2 Simg_9024

【桜色々】

Simg_9021_2 Simg_9032_2

Simg_9048_2 Simg_9056_2

Simg_9051 Simg_9058
イロハモミジ(左)・茶畑・山桜               花梨Simg_9059 Simg_9061
桜の右の杉は樹齢200年以上           炭焼き竃。炭は自給です

わが家で飲んでいるお茶はこのお宅の製品です。非常においしい高級茶です。

【太田川の桜堤】
帰りに太田川沿いの桜を見ました。葉が出て散り始めていました。

Simg_9072 Simg_9073

   

2010年4月 7日 (水)

’10桜前線 №26 名残の桜

 遠州地方の桜は満開を過ぎて散り始めています。少し強い風が吹くと花吹雪。季節は新緑の頃に移り変わります。

四ツ池公園

Simg_8953 Simg_8960 Simg_8962
Simg_8968 Simg_8782 Simg_8970_2 
                   マンホールのふたの上に    葉が出ています 

Simg_8950 Simg_8965_2
      新緑のイロハモミジ                   カキの若葉

自治会館の花壇は花盛りです

Simg_8978 

2010年4月 6日 (火)

映画「ショーシャンクの空に」:20世紀末の名作です

 1994年制作、日本での公開は1995年。この年のキネマ旬報、日本アカデミー賞、毎日映画コンクールなどで外国語映画賞に輝いた傑作です。映画ファンの間では非常に評価の高い作品です。

 身に覚えのない殺人罪で終身刑に服しショーシャンク刑務所に投獄されているアンディ(ティム・ロビンス)が主役です。刑務所の絶望的な状況の中にあっても決して希望を捨てないアンディと囚人の先輩であるレッド(モーガン・フリーマン)との友情が感動的です。

 伏線となる事件が周到に用意されており、劇的な展開の連続で映画は集結を迎えます。ラストシーンが非常に印象的です。

 全編を通じていくつもの名言が散りばめられています。
「頑張って生きるか、頑張って死ぬか」
「誰も絶対に手を触れることも、奪うこともできないものがある。  希望  」
「希望はいいものだよ。多分最高のものだ。いいものは決して滅びない」

 モーガン・フリーマンの圧倒的な存在感と、ティム・ロビンスの名演がみごとです。

 いつまでも心に残る感動的な名作です。

 午前10時劇場シリーズで上映されていますが、この映画に限って10時だけでなく、15時50分と18時50分の回にも特別に上映されています。上映はTOHOシネマズ浜松で9日(金)までです。ぜひごらんください。

2010年4月 5日 (月)

’10桜前線 №25 芳川沿いの桜並木は満開です・・わくわくハイキング

 今年度のわくわくハイキングが始まりました。初回は毎年お花見です。45人が参加して芳川沿いのみごとな桜を堪能しました。
 朝方は雨が心配されたのですが降水確率が40%だったので決行ということになりました。

Simg_8896
Simg_8880 Simg_8883

Simg_8891 Simg_8886
Simg_8898 Simg_8893
桜堤は丸塚橋を中心として南北に伸びています。散ったはなびらの浮かんでいる水面の
色が異様な青です。近くの染色工場からの排水によるものですが、水質は基準をクリアしているので規制はできません。

Simg_8853 Simg_8855 Simg_8860
スタートは東小学校。北隣の静岡文化芸大は10周年を迎えた今年から県立になりました。今日は入学式の日です。
㊨は104年の歴史を誇る名門私学:西遠女子学園です。
ゴールはイオン市野です。午前中の2時間で約8㎞歩きました。

2010年4月 4日 (日)

’10桜前線 №24 川根の水目桜&中川根の枝垂れ桜と桜堤

 SLが家山川の鉄橋を渡る部分から3㎞ほど奥に入った牛代(うしんしろ)に通称‘水目桜’があります。茶畑の中に1本、大きな桜の木がそびえています。まさに地元の人が言う‘1本桜’です。

Simg_8388
Simg_8385 Simg_8407

Simg_8409 Simg_8393

川根高校付近の枝垂れ桜と桜堤
川根本町徳山に県立川根高校があります。学校の北側に枝垂れ桜の並木があり、‘新名所’という看板がありました。また、東側の小川の土手にみごとな桜並木があります。

Simg_8419
左側の列の桜は高校の敷地内に植えられています

Simg_8421 Simg_8430

川沿いの桜
Simg_8443
Simg_8447 Simg_8450

Simg_8446 Simg_8437
                      桜の下で野球部が練習していました

撮影は3月30にです。 

ジュビロ初勝利 ジュビロ4-3ガンバ大阪

 今日は昼、夜と自治会の会合があるのでテレビ観戦でした。これまで4試合で1分3敗と勝ち星のなかったジュビロがようやく片目を開けました。
 前田とパク チュホが2点ずつ。3-3まで点を取れば追いつかれるといういやな展開でしたが、後半37分にパク チュホがゴールになんとか押し込んで決勝点。その後、ロスタイムも含めてガンバの猛攻を受けましたがなんとか逃げ切りました。前田にはハットトリックのチャンスがあったのですが決めきれませんでした。

 今日はボールも人もよく動いてかなりいいゲームでした。両チームで7得点というスリリングなゲームを見ることができなくて残念でした。 ジュビロはこれで15位に浮上。ガンバは未勝利で17位です。ガンバのGK藤ケ谷は磐田東サッカー部OBです。故郷で4失点・・悔しい思いをしているでしょう。

 観客は10603人。なんとか1万人の大台を超えたようです。

 今日の勝利をきっかけにこれから勝ち進んでほしいものです。

2010年4月 3日 (土)

’10桜前線 №23 雨上がりのつつじ公園(磐田)

 荒れた天気がおさまった2日の午後、ララポート磐田で買い物をした後つつじ公園へ。空には雲が残って陽射しはなく、足元は一部に水たまりという悪コンディション。
 桜は満開でしたが、ツツジの開花は遅れています。

Simg_8757

Simg_8752 Simg_8755

Simg_8761 Simg_8764

Simg_8770 Simg_8771 

大勝で県大会へ 磐田東14-4-浜松城北工業 :高校野球西部地区大会

 Simg_8797
(画面をクリックすると大きくなります)3日:磐田城山球場。右端は磐田東校舎

磐田東 005300204 14
城北     000202000  4

4回を終わって8-2,7回を終わって10-4でコールドゲームになると思われたのが結局9回まで。両軍で18得点というしまりのない3時間30分の長いゲームでした。
 城北の4番はセンターオーバーの2点本塁打を打つなど長打力を発揮しました。

 磐田東はベスト8に進出して県大会出場を決めました。新2年生が中心の若いチームでこれからの伸びが期待されます。

 準々決勝は4日9時30分、磐田・城山球場です。

’10桜前線 №22 満開の市営グランド

 満開になってこの週末がお花見のピークを迎える浜松市営グランドです。強い風を受けて一部では花吹雪になっていました。

Simg_8803
Simg_8801 Simg_8804 Simg_8808 

2010年4月 2日 (金)

’10桜前線№21 川根の桜 

 有名な家山の桜トンネルの木はかなり古くなっています。今元気なのは家山川沿いの並木とトンネルです。撮影は3月30日。

Simg_8247_2 Simg_8241 Simg_8260 Simg_8248

野守の池
Simg_8232 Simg_8237
Simg_8226 Simg_8233

家山駅とその付近
Simg_8214 Simg_8213 Simg_8212

大井川鉄道の車窓から
Simg_8209 Simg_8210 Simg_8207 
沿線の至る所で桜が咲いています          朝方の霜の被害を受けた茶の木

   

2010年4月 1日 (木)

’10桜前線⑳SLと桜トンネル

 今年は大井川鉄道家山駅の構内でSLを待ちました。ホームにはこのSL列車に乗って千頭に向かう大勢の客。SLは汽笛を鳴らし、煙を吐きながら桜並木の間を進んできました。

【SL C10-8】

Simg_8304 Simg_8313 Simg_8318
Simg_8324 Simg_8326 Simg_8329
Simg_8336

                
Simg_8334 Simg_8365 Simg_8375
7両編成の列車       力強い動輪3つ        電気機関車が後押し

【桜トンネル】
Simg_8264 
Simg_8267 Simg_8269 Simg_8272

【家山ふれあい広場の桜】
Simg_8284 Simg_8279_2

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »