2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月28日 (日)

蒲郡を訪ねて

 「えこはま」の仲間で愛知県の蒲郡を訪ねました。一番の目的はがんと闘っている知人のがん封じを祈願するためです。もう一つは28日で退職する私の送別会・・かな。

【がん封じ寺=無量寺】 
 境内には数多くの絵馬があります。絵馬には人型が印刷されています。がん封じをしたい体の部位に○をつけ、名前や願い事を書きます。お寺では祈願した上で掲出してくれます。
Simg_6770 Simg_6784
      絵馬                     ここで書きます。500円

Simg_6775_2 Simg_6788
        本堂               大雁塔。29㍍

Simg_6776 Simg_6777 
本堂の地下にある戒壇巡りの千仏洞内部。仏像のレリーフ

拝観料無料。かなり変わった「お寺」です。

【竹島水族館】
 古い水族館です。館内は’海は・・’広い、こわい、深い、きれい、うまい などのテーマごとに約450種の生き物が展示されています。
 親子連れが多く見られましたが、子どもたちにとっては楽しい場でしょう。

 小さなスタンドのあるアシカプールでアシカのショーがありました。

Simg_6897 Simg_6793
かなりくたびれた建物です                  クビナガカメ

Simg_6813 Simg_6819

【竹島】
 387㍍の橋を渡って三河湾に浮かぶ竹島へ。高さ22㍍の小さな島全域が八百富神社の境内です。海岸からわずか400㍍しか離れていないのですが、植物相がまったく異なっていて、238種の植物群で覆われていることから、1930年に国の天然記念物に指定されています。

Simg_6860 Simg_6861
            竹島橋で結ばれた竹島

Simg_6871 Simg_6872

Simg_6880 Simg_6885

Simg_6890 Simg_6893

【おいしいランチ】
Simg_6857_3 Simg_6858 
おいしくて見た目もりっぱなランチ。これで1575円   ランチは予約しないと無理

 お店は蒲郡市民会館近くの「美並」です。京風懐石に洋を取り入れた独自の創作料理です。 月曜定休。
蒲郡市栄町2-2 電話0533-68--4829

      

2010年2月27日 (土)

レーチェです。お久しぶりです

 1ヶ月ぶりのレーチェです。ひと月前に動物病院へ行った時にはずした首輪を今日付けました。
 お日様のにおいがする取り込んだ洗濯物の上で寝るのが好きです。
 バンクーバーオリンピックのフィギュアスケートで選手たちがくるくる回転するのが大好きなレーチェです。

Sdscf1163 Sdscf1149
Sdscf1157 Sdscf1130
                           高橋大輔の演技を見ています

2010年2月26日 (金)

「えこはま」で最後の一日

 浜松市西部清掃工場内の環境啓発施設「えこはま」は昨年2月1日にオープンしました。NPO法人エコライフはままつが三井造船から業務を受託して工場見学の案内やエコ講座開設、リユース工房、おもちゃ病院の運営、情報発信などの業務を行ってきました。

 私はオープンの日からこれまで1年1ヶ月の間、現地のスタッフとして勤務しましたが、4月から自治会長を務めることになるので現地スタッフとしての勤務は今日2月26日で終わり、28日付けで退職することにしました。

 見学案内では多くの人との出会いがありました。6月には社会科の校外学習で来館した数多くの小学校4年生と出会いました。9歳から10歳の子どもたちがごみの問題や環境問題についてしっかり学んでいることに感心しました。自治会役員の見学では懐かしい人に出会うことも再三ありました。
 家族やグループで熱心に見学していく人も大勢いました。

 私自身環境やごみの問題についていろいろ学び、考えるチャンスも与えられました。

 現地のスタッフは皆さんいい人たちで楽しく仕事をすることができました。心から感謝します。

 最後になった今日は、天竜区熊の自治会の役員の皆さんの案内をしました。

 夕方、スタッフから花束をいただきました。感激です。ありがとう。

 愛妻弁当も今日で終わりです。仕事をする機会もこれからはないでしょう。ホッとしながらも一抹の寂しさを感じる一日でした。

Simg_8336 Simg_8333
Simg_8337 Simg_8341
スプレーバラ・スプレーカーネーション・スイートピー・ヒペリカム(手前の赤)

2010年2月25日 (木)

’10梅暦⑧エコパの梅

 静岡スタジアム エコパは2002サッカーワールドカップや全国高校総体、国体などが開催された国内有数のスタジアムです。
 小笠山の山麓に建設されたスタジアムは豊かな自然の中にあります。遊歩道沿いに植えられた梅は年々成長してみごとな花を咲かせています。
 Simg_6747 Simg_6753

Simg_6755 Simg_6756

Simg_6752 Simg_6751

Simg_6740 Simg_6762
                              バックはスタジアムです

Simg_6761 Simg_6760
      スタジアム                  アリーナと第二体育館

 

2010年2月24日 (水)

’10梅暦⑦龍尾神社の枝垂れ梅は満開です

 今朝の地元新聞2紙(静岡・中日)に掛川市下西郷の龍尾神社の枝垂れ梅が見頃を迎えたというカラー写真入りの記事が掲載されました。
 午後の梅園は大変な混雑でした。駐車待ちの車が列をなして、若い神官まで出て懸命に車の誘導をしていました。クラブツーリズムなどのツアーバスも到着して大にぎわい。この梅園でこれほど見物客の多いのは初めてでした。
 園内の梅はすべて枝垂れです。園内を散策すると梅の香りがあちこちから漂ってきます。

Simg_6721
Simg_6698_2 Simg_6701_2
Simg_6685 Simg_6686 Simg_6697

Simg_6673

Simg_6710_2

Simg_6676 Simg_6716

Simg_6736 Simg_6680 Simg_6722 
                   中央奥に掛川城    俳句の短冊

園内には梅以外の花も咲いています
Simg_6732 Simg_6729 Simg_6726
     福寿草           クリスマスローズ      蕗の薹

梅はまだ1週間以上楽しめます。

   

2010年2月23日 (火)

わが家の庭は春の風情

 気温が17℃まであがって日向を歩くと汗ばむ陽気でした。わが家の庭の草木も春の花を咲かせています。あとひと月もすればサクラの季節です。

Simg_8247 Simg_8256
        トサミズキ                    ハナニラ

Simg_8243 Simg_8244 Simg_8257 Simg_8258
クリスマスローズは花盛りです

Simg_8252 Simg_8248 Simg_8250
     紅梅               ツバキ          サクラソウ

2010年2月22日 (月)

渥美半島 菜の花まつり

 愛知県田原市では環境政策の一環として「菜の花エコプロジェクト」を推進しています。①遊休農地を活用して鑑賞用と搾油用の菜の花を栽培する ②菜種油を給食で利用したり、特産物として販売する ③廃食用油を燃料化して市内循環バスを走らせる などに取り組んでいます。キーワードは’菜の花’です。
 4年ほど前に私が浜松市のある行政委員会の委員を務めていた時にたまたま田原市を視察する機会があり、このプロジェクトのことを知りました。
 菜の花が咲いているところを見たことがなかったので車で出かけました。

 田原市は渥美半島の大半を占めています。半半島の先端は伊良湖岬です。

Simg_6628

Simg_6627 Simg_6626_2
元フラワーパーク跡地の菜の花畑。約4ha。左は見晴台から西を、右は東の伊良湖
方面を見たところ。この2枚をつなぐと全景になります。

Simg_6607 Simg_6614_2 Simg_6612_2

S2010_0222pana0033 Simg_6655 
       赤羽根で                     和地で

三つの道の駅
Simg_6597 Simg_6600 Simg_6603
①赤羽根        純粋菜種油          赤羽根港

Simg_6647 Simg_6652 Simg_6653
②伊良湖岬             師崎行き        伊勢湾フェリー

Simg_6657
③潮見坂

Simg_6631 Simg_6634_2 Simg_6640_2
海は遠州灘です         右上はホテル        神島

Simg_6643 Simg_6646
      恋路ケ浜                   大あさり焼き

わが家から片道80㎞の行程でした。

       

2010年2月21日 (日)

’10桜前線⑤河津桜 浜松から河津まで

 今回は遠州鉄道の「お出かけ便」を利用しました。河津への直行便です。往復とも渋滞がないのは初めてでした。

Simg_6450 Simg_6452 Simg_6453
由比付近の光る海          狩野川          天城峠付近の残雪

Simg_6585 Simg_6462 Simg_6466
 天城のわさび田         ループ橋       河津のバス駐車場はまだ余裕あり

Simg_6510 Simg_6518 Simg_6533
  NHKが取材中       パンパンなのは鮎のおなか    豊泉橋で

Simg_6542 Simg_6548 Simg_6552
   河津川で          どこへ行っても店、店・・    河津駅

Simg_6558 Simg_6576 Simg_6567
伊豆急特急リゾート21     伊豆急上り電車        伊豆大島
Simg_6568 Simg_6569 Simg_6592
     利島              新島          富士山は頂上の一部だけ

行程の概要
浜松駅7:00(磐田・掛川インター経由)沼津インター9:50 ループ橋11:00 河津11:37

河津14:20浜松駅19:00   

2010年2月20日 (土)

’10桜前線④河津桜 その2 見頃の桜をエリアごとに紹介します

峰温泉地区から国道と伊豆急を越えて東の相模湾の海辺まで 歩きました。
(画像はクリックすると大きくなります)

【豊泉橋から峰温泉】

Simg_6527_2 Simg_6529
Simg_6535 Simg_6540 Simg_6546 

【お花見ハイキングコース】

Simg_6494 Simg_6496 Simg_6507
Simg_6505
   数多くのメジロが桜の蜜を求めて枝に止まっています

【豊泉橋付近と河原で】

Simg_6513 Simg_6519 Simg_6521
Simg_6531 Simg_6529_2 Simg_6540_2

【河津駅付近から河口にかけて】

Simg_6553 Simg_6554 Simg_6560

【原木とその近くで】

Simg_6483 Simg_6482
Simg_6486 Simg_6488_2

Simg_6492 Simg_6490

【かじやの桜】

Simg_6467 Simg_6468
Simg_6472 Simg_6473   


2010年2月19日 (金)

’10桜前線③河津桜 その1

 伊豆半島南部の河津桜は毎年100万人の見物客が押し寄せる人気抜群の桜です。
 快晴微風の絶好のお花見日和。桜は満開に近く、2年ぶりのお花見を楽しむことができました。

 速報として代表的な風景をアップします。

(画像をクリックすると大きくなります)

【河津桜の原木】 
Simg_6475

Simg_6489
          人気の原木は満開です

【かじやの桜】
Simg_6471 Simg_6469
       みごとな枝ぶりにみごとな花です

【桜トンネル】
Simg_6526
Simg_6529 

【川の流れに沿って】
Simg_6516
Simg_6538

2010年2月18日 (木)

サッカー ブラジル代表(セレソン)専用のバスに乗りました

 14,15日の信濃路のツアーで乗ったバスは2002年サッカーワールドカップのブラジル代表(セレソン)の専用車だった車です。
 35人乗りの中型車で後部座席はサロンになっています。座席の前後の間隔が通常のバスよりはかなり広くて客席への出入りが楽です。 この型のバスは遠州鉄道に2台しかないそうです。

 セレソンの専用車であったことを物語っているのは選手のサインです。多くの選手がサインしたということですが、現在残されているのは5人のサインです。

Simg_6400
㊨:FWロナウド ワールドカップの最多得点王・FIFAのMVP3回受賞など数々の栄誉に   輝く著名な選手です。2002年はレアル マドリードに所属。現在はコリンチャンス。
㊧:FWルイゾン 

Simg_6401
㊧:MFジュニーニョ 当時はフラメンゴに所属。現在は無所属
㊨:GKジーダ 現在までACミラン所属

Simg_6402
DFジュニオール ACミラン所属 現在パルメイラス

 この選手たちを実際に見たのは2002年6月21日、静岡スタジアムでの準々決勝ブラジルvsイングランドでした。イングランドが前半23分オーウェンのゴールで先制しましたが、ブラジルは前半ロスタイムにリバウドが決めて同点。さらに後半5分ロナウジーニョが決めて逆転したおもしろいゲームでした。

 その選手たちが乗っていたバスに自分が乗っているというのはなんとも不思議で幸せな気分でした。

2010年2月17日 (水)

雪の信濃路を行く③松代から善光寺へ

 温泉宿で目が覚めて外を見ると雪が降りしきっていました。
(画像をクリックすると大きくなります)

Simg_6326 Simg_6337
   降りしきる雪                 ホテル前の路肩に雪だるま

【松代象山地下壕】
 太平洋戦争の末期に軍部が本土決戦最期の拠点として、皇居・政府機関・大本営・報道機関などを移すために構築した三つの地下壕のうちの一つです。
 昭和19年11月11日午前11時に工事が始まり、終戦までの9ヶ月間工事が行われました。壕の底長4㍍、頂高2.7㍍、総延長5.9㎞で、50㍍ごとに横の連絡坑があります。1日3交代の突貫工事が行われましたが完成しないまま終戦を迎えました。

 内部は500㍍が公開されています。

Simg_6354 Simg_6356
Simg_6345 Simg_6360
㊧:武家庭園の借景となっている象山の地下を掘削しました
㊨:ヘルメットを着用して入り、ボランティアガイドの説明を聞きます

【真田氏の城下町=松代】
Simg_6365 Simg_6366
              幕末の先覚者佐久間象山誕生の地

Simg_6377 Simg_6378
 真田十万石の文武学校             剣道場(選択科目)

Simg_6382 Simg_6376
  弓道場(選択科目)                  松代小学校正門

Simg_6385_2 Simg_6384_2 Simg_6386
市内いたる所に真田家の家紋六連(むつれん)銭があります

【牛に引かれて善光寺参り】
Simg_6393 Simg_6398 Simg_6399
前回は何十年前に来たのか・・記憶にありません
 

 

 

2010年2月16日 (火)

雪の信濃路を行く②海野宿

   自治会役員の研修旅行で信濃の国へ。バスは東名から中央道、さらに長野自動車道へと進みました。

【車窓からの風景】
 よく晴れた日・・中央道では木曽山脈が美しく見え、長野自動車道からは雲の間から飛騨山脈が見えていました。

Simg_6180 Simg_6187
     木曽駒ケ岳                    駒ヶ岳SA

Simg_6188 Simg_6189
駒ケ岳SAから見た木曽駒ケ岳             川幅が狭い天竜川

Simg_6193 Simg_6199
            水滴が氷結しています

Simg_6206 Simg_6228
  みどり湖PAは雪の中                安曇野と飛騨山脈

【海野宿】
松本から国道254号線で東へ向かい、三才山トンネルを抜けてさらに進むと東御市に出ます。上田市と小諸市の間の待ちです。海野宿はこの東御市にあります。

 海野宿=寛永2(1625)年、北国街道の宿駅として開設されました。延長650㍍。多くの旅籠や伝馬屋敷があり賑わっていました。道の両側に格子戸の家が並ぶ風景は往事の面影を今に伝えています。

Simg_6266 Simg_6272 Simg_6277 Simg_6278_2
水路には清流が流れています        卯建(うだつ)が上がった家

Simg_6279 Simg_6281
㊧:二階の格子は長短二本を組み合わせた海野格子
㊨:旅籠屋は二階を張り出した「出桁造」の構造

Simg_6283 Simg_6296
大屋根の上の小屋根は明治以後盛んになった養蚕の時の煙の換気用

Simg_6305  Simg_6308_2
  隣家との間の小路             
㊨:それぞれの家は街道に面した母屋の裏に100~150メートルの短冊形の土地を所有し、離れや庭、現在では駐車場に利用しています。さらにその向こうに田畑があります。

2010年2月15日 (月)

雪の信濃路を行く①

 14日から15日にかけて信濃路を旅しました。14日(日)は青空が広がる好天でしたが、15日(月)は一転して朝から雪が降り続きました。
 浜松では見ることのない雪の風景をお届けします。旅の詳報は16日以降アップしますのでお待ちください。

Simg_6180
    雪をいただく木曽駒ケ岳(駒ケ岳SAから)

Simg_6235 Simg_6297
安曇野の向こうにアルプスの峰々        東御市の海野宿

Simg_6338_2 Simg_6350
戸倉上山田温泉で見た雪だるま            山寺常山亭(長野市松代)

Simg_6395 Simg_6405
      雪の善光寺                   中央道沿線の雪景色 

雪の朝です

雪の朝です
戸倉上山田温泉は雪の中です

2010年2月14日 (日)

木曽駒ケ岳です

木曽駒ケ岳です
駒ケ岳SAから見た木曽駒ケ岳が晴れ渡った空に映えています。自治会の旅行で明日まで信濃の国にいます。

2010年2月13日 (土)

’10梅暦⑥豊岡梅園ウォーキング

 久しぶりにウォーキングに参加しました。遠州鉄道と天竜浜名湖鉄道共催です。遠州鉄道小林駅をスタートして天竜川を渡り旧豊岡村の梅園まで約10㎞。朝からよく晴れて気持ちのいい青空が広がり、歩くと汗ばむ陽気でした。

 梅園の梅は木によっては満開に近い状況ですが、全体としてはまだまだこれからです。園内はウォーキング参加者などで賑わっていました。

Simg_6133
Simg_6138 Simg_6139
Simg_6140 Simg_6141

Simg_6126 Simg_6128 

 豊岡梅園は個人経営の梅園です。13㌶の広大な園地に約5000本の梅の木があります。花梅ではなく、梅干し用の実をとるための木です。Simg_6148
Simg_6147 Simg_6154
Simg_6156 Simg_6159
梅の実を収穫しやすいように枝は低く横に伸びるように剪定されています

Simg_6101 Simg_6103
  スタートの小林駅です                   天竜川を渡ります

Simg_6104 Simg_6108
浜北大橋の歩道です。960㍍。10分以上かかります。    上流を望む

Simg_6109 Simg_6110 
橋を渡り終えると磐田市(旧豊岡村)    地場産品販売の「とれたて元気村」

Simg_6115 Simg_6117
立派な半鐘が残っています      江戸時代の面影を残す花咲乃匠

Simg_6119 Simg_6121
  工事中の第二東名          中央左は豊岡中体育館。安藤忠雄氏設計です

Simg_6122 Simg_6174
   天浜線の踏切           帰路は豊岡駅から西鹿島へ。満員でした

今日1日で23000歩、15.1㎞歩きました。

 

2010年2月12日 (金)

’10 わが家のクリスマスローズ

 去年は1月21日に開花したクリスマスローズが、今年は2月3日にようやく一輪開きました。今週前半は暖かい日が続いたのでその後次々と開花しました。去年よりも10日以上遅れています。

Simg_5981 Simg_6100
       2月3日                  2月12日

近くの公園の梅も開花が遅れてまだ一輪か二輪です。
Simg_6092 Simg_6093
      
マンサクが咲いています
Simg_6091

河津桜はかなり開いて見頃になってきました
Simg_6095
Simg_6096 Simg_6094

最近は雨や曇りの日が続いてお日様が姿を見せません。せっかく開いた花たちも寒そうです。

2010年2月11日 (木)

マイルームの模様替え

 今日は朝から夕方まで私の部屋の模様替えをしました。今の家を建てて30年近くで初めての模様替えです。
 横4.4㍍×高さ2㍍の作りつけのスライド式書架は基礎をコンクリートで補強してあります。その部分を除いてわずか5畳の狭い空間が私の「根城」です。
 30年近くの間に溜まった埃といっしょにいろいろな物が出ててきました。昭和の時代からの写真が数百枚。デジカメのない時代なのでネガもついています。まだいくらか若い頃の面影を残す写真を眺めると、懐かしいと思う反面寂しい思いもするものです。
 片づけるということは「捨てる」ということです。クラシックのコンサートのプログラムなどは大半捨てることにしました。
 美術展の図録は残すことにしました。意外に多かったのがCDとビデオテープでした。
 ほぼ1日かかってようやく家具の移動が終わり、なんとか模様替えができました。こまかい作業はまだこれからです。疲れました。

2010年2月10日 (水)

’10桜前線②舘山寺桜と菜の花=フラワーパーク

 舘山寺桜は浜松フラワーパークが38年前に沖縄のヒカンザクラの種をまいてその中から早咲きの個体を選別して育てたものです。釣り鐘状の色の濃い花が特徴です。

Simg_6023
Simg_6024 Simg_6025
                              蜜を求めるメジロです

Simg_6028 Simg_6046
Simg_6047 Simg_6050

Simg_6086 Simg_6088

Simg_6060 Simg_6062
ドンベヤ:マダガスカル原産

この2,3日の高温で各地の梅の開花が進んでいます。そろそろ見頃ですね。
桜のつぼみもふくらんでいるでしょう。

2010年2月 9日 (火)

’10梅暦⑤浜松フラワーパークは3分咲き

 紅梅はかなり花開いてきました。白梅はこれからというところです。早春の青空に紅梅が美しく映えていました。

Simg_6001
Simg_6000 Simg_6003
                   大盃

Simg_5994 Simg_6005 Simg_6006
     紅冬至               八重松島

Simg_6010 Simg_6007
                   水心鏡

Simg_6017 Simg_6018
       八重海棠            梅園をチュ-チュートレインが行きます   

 

2010年2月 8日 (月)

福寿草と節分草・・早春の花咲く浜松フラワーパーク

 春を告げる福寿草が桜の谷の斜面で次々と咲いています。昨年千株植えたのだそうです。
【画像をクリックすると大きくなります】

Simg_6034
Simg_6036 Simg_6037
Simg_6032 Simg_6040_2
 「桜の谷」の斜面のあちこちで咲いています

 節分草は文字通り節分の頃に2㎝ほどの可憐な花を咲かせます。キンポウゲ科の多年草です。フラワーパークでは園芸売店の裏の人目に付かないところでひっそりと咲いています。

Simg_6071
Simg_6069 Simg_6073
うっかりすると見過ごしてしまうくらい小さな花です

Simg_6078_2 Simg_6085
石で囲んだところにあります            この売店の裏です

チュウゴクマンサク
Simg_6080_2 Simg_6081
観覧車をバックに咲いています            黄色いマンサクです

立春を過ぎて春の花が咲いてきたフラワーパークです。

 

2010年2月 7日 (日)

磐田東2-0清水東 高校サッカー新人戦県大会

 県大会1回戦は西部1位の磐田東が中部9位の清水東をホームグランドに迎えての対戦でした。かつての名門清水東は近年成績がふるわず、苦しい時代が続いています。

 早春の日差しが美しい人工芝に降り注いで心地よい環境でした。

 前半は0-0。後半15分にPKを得た磐田東が確実に決めて先制。後半28分にも絶妙のパスワークから2点目を決めて快勝しました。終了間際にあわやという危ない場面がありましたが、なんとかしのいで無失点で1回戦を突破しました。

 2回戦は11日11時キックオフ。磐田東グランドで、日大三島と対戦します。

Simg_8177 Simg_8180
     青が磐田東                   PKのチャンス

Simg_8181 Simg_8183
 PKをゴール左隅に決めて先制            2点目

Simg_8184 Simg_8187
   喜ぶ磐田東イレブン               校長先生のあいさつを聴く部員たち

2010年2月 6日 (土)

「梅若菜 丸子の宿の とろろ汁」:芭蕉

 この句は芭蕉が1691(元禄4)年に江戸へ旅立つ弟子の乙州(おとくに)にはなむけとして贈ったものです。

 丸子宿は東海道五十三次の21番目の宿場です。ここに宿場の茶屋として1596(慶長元年)に創業されたのが丁字屋です。すでに400年以上の歴史があります。
 静岡生まれの十返舎一九は「東海道中膝栗毛」の丸子の場面で「けんかする 夫婦は口をとがらして 鳶(とんび)とろろに すべりこそすれ」という狂歌を残しています。
 宿場の夫婦が、けんかしながら作ったとろろ汁をぶちまけてしまい、とろろの師匠である鳶も滑ってしまったという意味で、駿河のわらべ歌に由来しています。

 丁字屋は国道1号線沿いにあります。お店の前は丸子川、お店の裏の1号線を横断すると丸子梅園です。

 とろろ飯のメニューは7種類・・1300円~4000円です。とろろ汁は生態系農法で栽培された自然薯と自家製の白みそ、鰹節を合わせてつくられています。

Simg_5905

Simg_5907 Simg_5909
客室から丸子梅園が見えます    客室内部。鴨居には広重の五十三次の浮世絵

Simg_5913 Simg_5911_2 Simg_5915 
400年の伝統のメニュー:「丸子」 1300円  美味でした

Simg_5912 Simg_5914 Simg_5918
㊧:宇津ノ谷峠を西に超えた岡部の銘酒:初亀です
㊥:とろろととうふを包んだ揚げとろ(一品料理)
㊨:売店で自然薯を売っています

Simg_5919 Simg_5921
店内資料室の十返舎一九像              慶喜の大政奉還高札 

Simg_5928 Simg_5931
       ロウバイ                  1号線側の看板    

2010年2月 5日 (金)

’10 桜前線 町内の河津桜が咲いてきました

 昨日は立春でしたが、今日も10㍍近い風が吹いて”春は名のみの風の寒さ”が身にしみます。その中で近くの小さな公園の河津桜が咲いてきました。

Simg_8157
Simg_8155 Simg_8158 Simg_8171

2010年2月 4日 (木)

’10 梅暦④ 丸子川沿いを歩く

 JR安倍川駅から丸子梅園まで丸子川沿いに歩きました。写真を撮りながらゆっくり歩いて小一時間でした。気温が10℃近くまで上がり、浜松と違って風もなく穏やかな日和で汗ばむほどでした。

 丸子梅園にたどり着くまでにいろいろな梅と河津桜を見ました。一足早い春景色です。

Simg_5869 Simg_5871
JR安倍川駅は安倍川の右岸です

Simg_5872 Simg_5876 Simg_5881
蛇行している丸子川。水量は非常に少ない。川沿い道は整備されています

随所に花開く梅
Simg_5870 Simg_5873_2
Simg_5874_2 Simg_5875
Simg_5882 Simg_5891

河津桜も咲いていました
Simg_5902_2 Simg_5903

 ウォーキングやランニング、犬の散歩などかなりの人が川沿いの道を利用しています。
・・ということで無人販売があちこちに。

Simg_5885 Simg_5894 Simg_5897

川の向かいの傾斜地で収穫したミカンをケーブルで運んでいました
Simg_5887 Simg_5889_2

   

2010年2月 3日 (水)

’10 梅暦③東海道五十三次丸子宿の梅園(静岡)

 丸子(まりこ)宿(静岡市葵区)は東海道五十三次の21番目の宿場です。歌川広重の版画「鞠子」には茶店の横に梅の木が描かれています。
 丸子梅園はこの茶店の裏山の麓に1990年に開園されました。10,000㎡の園地に300余種、約800本の梅が植えられています。
 早咲きの梅はほぼ満開でした。

Simg_5965
Simg_5933 Simg_5970
Simg_5971

Simg_5936 Simg_5938
                 藤枝紅梅

Simg_5943 Simg_5949
         八重揚羽                    薄粉梅

Simg_5968 Simg_5947

Simg_5973 Simg_5974
        入り口                  国道1号線沿いの看板

Simg_5941 Simg_5954
                            駿河湾の彼方に伊豆半島を望む

2010年2月 1日 (月)

演劇「佐賀のがばいばあちゃん」:劇団NLT

 島田洋七原作の自伝的小説の舞台化です。
 時は1969(昭和44)年、二十歳の昭宏が久しぶりに佐賀の祖母を訪ねるところから始まります。昭宏はこの家で小学校2年から中学校卒業までの8年間を過ごしました。舞台では10年前の少年時代が交錯しながら昭宏の成長していく姿が描かれます。

 昭宏の野球に対する強い思いが随所に出てきます。野球の得意だった原作者は佐賀の中学校を卒業して生まれ故郷である広島の野球強豪校私立広陵高校に進学しましたが、野球部には入らず間もなく中退したようです。

 全編を通じてがばいばあちゃんの‘名言’が感動を呼びます。
・「貧乏には暗い貧乏と明るい貧乏がある。うちは明るい貧乏だからよか。」
・「辛い話もな、昼にすればなんてことなかと。世の中な、1万ぐらい仕事はある。」
・(昭宏が家出を中止しようとした時に)「それはアカン。男が一度言ったら実行せな。思い立ったら吉日ばい。」
・「結婚いうのは、二人で一つのトランクを引っ張って行くようなもんばい。そのトランクに幸せがいっぱい入ってるの。絶対二人で最後まで運ばんといかんよ。一人が手を離したら重くて
運びびきらん。」

・・と佐賀弁で語ります。

 ばあちゃんをはじめ貧しい暮らしの中で明るく強く生きた人々の姿が今を生きる私たちに励ましと勇気を与えてくれます。
 劇団NLTは喜劇を得意としています。この劇も全体としては喜劇に近い創作劇です。

がばいばあちゃんを演じたのはNLTのベテラン女優阿知波悟美、昭宏は若手の弓沢公望です。

1月29日マチネー  浜松アクトシティ大ホール(1階席はほぼ満席でした)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »