2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 初冬の万葉の森公園 | トップページ | 今日のレーチェ 好物のお歳暮ありがとうございます »

2009年12月16日 (水)

珠玉のコンサート:ウィーン古典派 フォルテピアノと木管アンサンブルの饗宴

 ハイドン、モーツァルト、ベートーベンが活躍していた18世紀から19世紀初期に演奏されていた楽器やそのコピーによる演奏会です。
 
 ピアノはモーツァルトが最後に所有し、青年ベートーヴェンが愛用していたヴァルター・モデルです。63鍵5オクターブしかありません。ボディはすべて木製です。
 オーボエは18世紀当時の製作です。クラリネットやファゴットは当時の楽器のコピーです。
これらの楽器にはキーがありません。ホルンは真鍮の管を巻いただけでヴァルブはまったくありません。

 それぞれの楽器は現代の楽器と大きく違うので演奏もかなり難しいと思われます。

プログラム
 モーツァルト クラヴィーアとオーボエ、クラリネット、ホルン、ファゴットのための五重奏
          曲 変ホ長調 K.452
 ハイドン    クラヴィーア・ソナタ 変イ長調 Hob.XVI:46
 ベート-ヴェン クラヴィーアとオ^ボエ、クラリネット、ホルン、ファゴットのための五重奏
           曲

 フォルテピアノの演奏はおなじみの小倉喜久子さんです。ナチュラルホルンの塚田聡さんは小倉さんの御夫君です。オーボエの本間正史さんとファゴットの岡本正之さんはいずれも東京都響の首席奏者です。クラリネットは坂本徹さん。

 目を閉じて演奏を聴いていると、18世紀の貴族のサロンで催されたコンサートの会場にいるような気分になります。初演でモーツァルトやベートーヴェンが演奏した時とほとんど同じ音で演奏される音楽を聴くことができるのは誠に贅沢なことです。

 ベートーヴェンの五重奏曲の前にそれぞれの楽器について奏者から説明がありました。

  このコンサートは静岡文化芸大の室内楽演奏会2009として行われたものです。大学の文化・芸術センターでの初めてのコンサートで音響が心配されましたが奏者からはかなりいい評価が得られました。

 平野昭先生の解説があり楽曲や楽器についての理解を深めることができました。

 終演後、二階の学生ロビーでカフェトークがありました。ワイングラスを手にして、奏者や先生方のお話を伺いました。

 私の席からはクラリネット奏者まで2㍍、ピアノまで4㍍という至近距離で18世紀の古典派の名曲を聴くことができて幸せな夜でした。

   

 

« 初冬の万葉の森公園 | トップページ | 今日のレーチェ 好物のお歳暮ありがとうございます »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 初冬の万葉の森公園 | トップページ | 今日のレーチェ 好物のお歳暮ありがとうございます »