2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

2009年という年は・・②

6 美術館めぐり
  今年も40近い美術展を見ました。大半は県内か愛知県です。もっとも印象に残っているのは国立東京博物館で見た「皇室の名宝展」に出品された伊藤若冲の《動植綵絵》30幅です。細密な描写と独特の形態で近年人気の高い若冲の名作が東博の一室を占有して展示されていて圧巻でした。
 そのほか、文化芸大の仲間と見た名古屋市美術館の「モネ 印象 日の出 展」や名古屋ボストン美術館の「ゴーギャン展」も見応えがありました。県内では県立美術館の「朝鮮              王朝の絵画と日本」展が優れた企画で注目されました。12月に見た国立新美術館の「THE ハプスブルク」も見応えがありました。ブログにアップするのを忘れてしまいました。

Simg_6813_5 Simg_6814_5
  狩野永徳《唐獅子図屏風》
          伊藤若冲《群鶏図》

7 自治会活動

 自治会の仕事も4年目。1年を通しての流れや仕事の段取りもわかって順調に経過しました。地域の皆さんととともに安全・安心で楽しい町づくりに力を尽くしました。自治会の活動を通じていろいろな人との出会いもありました。

 Simg_5456Simg_7661
      夏まつり                      地域防災訓練

8 花暦

  1年を通じて各地で花の写真を撮り続けました。わが家の庭の花を1月から12月まで順に配してカレンダーを作りました。50部作ったのが好評で品切れになり20部追加しました。

Simg_7958Simg_7959
                           1月はクリスマスローズです。

Simg_4186 Simg_4675
   磐田農業高校のバラ園で
             大洞院(森町)

9 新しいツール

  今年私が使い始めた新しいツールです。
  ①一眼レフデジカメ=キャノンEOS Kiss3 wレンズ
   これまで一眼レフはキャノンEOS10Dを使っていたのですが、ズームレンズと共に携       帯するとかなりの重量になるので新しく買い求めました。手ぶれ防止装置も使えます。
 日常的に使うのはキャノン IXYです。月に1000枚以上撮ります。 

Simg_7961Simg_7960

 もう一つのツールはiPod touchです。父の日のプレゼントと誕生祝いを兼ねて息子が贈ってくれました。いろいろな機能が豊富で私の年齢では使いこなすのがなかなか難しいが少しずつチャレンジしています。
 ネットに接続しないとせっかくの機能が生かせないので無線ランを導入しました。メール、地図、YouTubeなどいろいろなことができます。

Simg_7966Simg_7967Simg_7968

                      メニュー画面     わが家の位置を示す地図

10 ブログ

   昨年4月末に立ち上げたこのブログは12月に50000アクセスになりました。この1年、多くの皆さんにアクセスしていただいたこと、心からお礼申し上げます。
新しい年も毎日アップしますのでどうぞお立ち寄りください。

  あと10時間足らずで今年も終わります。良い年をお迎えください。

2009年12月30日 (水)

おめでとう! レコード大賞2連覇 EXILE AKIRA=磐田東OB

 今日のレコード大賞でEXILEが昨年に続いて大賞を受賞しました。画面でAKIRAのみごとなパフォーマンスを見ることができました。おめでとうAKIRA。ワールドカップ日本代表の応援歌もEXILEが作って歌うことになりました。サッカー部OBのAKIRAは特にうれしいでしょうね。早く聴きたいものです。

2009年という年は・・①

 今年もあと1日を残すだけになりました。今日と明日、この一年を振り返ってみます。

1 「えこはま」での仕事
  2月1日に浜松市西部清掃工場が操業を開始しました。この工場の管理棟に環境啓発施設「えこはま」が設置され、同日にオープンしました。「えこはま」は工場の見学案内やエコ講座の開設、フリーマーケットなどを行っています。08年6月に私もかかわって設立したNPOエコライフはままつが「えこはま」での業務を民間企業から委託されて私を含めたNPOのメンバーが現地で勤務しています。
 最近は週2日程度の勤務でかなり忙しくなっています。フリーな時間が少なくなりました。ストレスが溜まることもあります。この一年で生活が一番変わったのがこの「えこはま」で仕事をすることになったことです。

S091211_007 Simg_3124
     「えこはま」               小学校4年生の見学案内

2 ジュビロ磐田
  昨年は2部との入れ替え戦で辛うじて残留を決めたジュビロ。スタートの2試合で10失点の連敗で最悪のスタート。イ グノの加入をきっかけになんとか浮上して18チーム中11位でシーズンを終えました。前田が得点王に輝いたこと、Jリーグでフェアープレイ賞を得たのは明るいニュースでした。ゴン中山・秀人らが去って寂しくなりました。
Simg_4867_2 Simg_2794
㊧:中山のラストゲーム。ヘディングはずれる。11/28vs広島
㊨:得点王前田のゴール。9/19 vs京都

3 大学
  静岡文化芸術大学での聴講も5年目・19科目になりました。それぞれの授業も興味があって楽しいのですが、大学でのいろいろなイベントや学内外での先生や仲間との交流も充実しています。一緒に名古屋の美術館めぐりをしたり老舗の居酒屋をたずねたり・・。新鮮な刺激を受けるすてきな仲間たちです。

4 旅
  今年は時間に余裕がなかったこともあって出かける回数は少なくなりました。遠くは10月の鹿児島。大学の同期会でした。鹿児島の前に予定した北海道は台風18号のため羽田のホテルで足止めのまま結局中止に。各地の紅葉が美しくない今年でした。
Simg_3720 Simg_3786    
      開聞岳                        桜島

5 健康
  老化現象は確実に進行していますが、日常生活に特に大きな支障はありません。1日に5㎞ぐらい歩いています。ここ4,5年風邪もひきません。新型インフルエンザのワクチンは先日接種しました。

 年賀状の一部の先行公開のような内容になりました。明日でこの一年を締めます。

2009年12月29日 (火)

今日のレーチェ:足長のお姫様です 

 今年もあと二日になりましたね。4歳になったレーチェはおとなしくなってパフォーマンスが少なくなったこともあってブログで皆さんにお目にかかる機会が少なくなりました。2009年の最後に久しぶりのレーチェをご覧下さい。

暖かい師走の昼下がり、5枚重ねた座布団の上でご機嫌なレーチェです。
Simg_7944 Simg_7941 Simg_7945
Simg_7946 Simg_7937_2
   座布団の上で・・                  長い足を伸ばして

足が長いと言えば・・

S2009_1219pana0001 S2009_1217pana0012

来年はもっとたくさん見ていただきたいと思います。よろしくお願いします。

2009年12月28日 (月)

新春を前に咲く花いろいろ

 お正月まであと三日・・というのに今日も暖かい日でした。自治会館の花壇では地域の有志が育ててくれたいろいろな花が咲いています。一年中美しい花が絶えない花壇は地域の誇りです。

サクラソウは前年に採種した種を蒔いて育てました。

Simg_7919 Simg_7921
Simg_7931 Simg_7931_2

Simg_7923 Simg_7924
   咲き残りのコスモス                   真っ赤なランタナ

Simg_7922 Simg_7932

Simg_7928 Simg_7929
        サルビア
Simg_7933 Simg_7934

近所のお宅のみごとな蝋梅(ロウバイ)です

Simg_7935   

2009年12月27日 (日)

年の暮れの四ツ池公園は印象派の絵画の趣き

 お正月まであと5日という暮れも押し詰まったこの季節に、四ツ池公園では名残の紅葉が見られました。
 池の水面に映る紅葉が印象派の絵のように美しく見えました。Simg_7911
Simg_7910 Simg_7908
Simg_7907 Simg_7903
Simg_7897 Simg_7898
Simg_7899 Simg_7915

2009年12月26日 (土)

スペインのお土産:FCバルセロナのグッズなど

 私の家族が先日10日あまりかけてスペインとポルトガルを旅してきました。サッカースペインリーグの名門FCバルセロナの熱烈なファンです。バルセロナは一般市民から会員を募ってその会費でチームを運営するという特色を持っています。会員は14万人いると言われていますが、日本でも会員を募っていて私の家族もその一員です。 毎年のようにスペインへバルセロナの応援に出かけています。
 今回もバルセロナ対レアル・マドリードの伝統の一戦を見てきたようです。バルセロナは先日行われたFIFAクラブ選手権で見事に初優勝しました。クラブ結成110年目の快挙でした。

 お土産はバルセロナの公式グッズでした。

Simg_7892 Simg_7887_2
Simg_7888 Simg_7885

そのほかに

Simg_7884 Simg_7891
 2010年の手帳3種類             ポルトガルのお土産

Simg_7890 Simg_7889
 ポルトガルの地図の図柄

すてきなお土産ありがとう!

2009年12月25日 (金)

「永遠に咲く花・・17-19世紀の西洋植物画」展

 ヨーロッパでは外来植物が流入し始めた17世紀に植物学が生まれ、植物の生態を正確に描写する技法が発達するとともに、植物の美しさを表現する版画技法が発達して数多くの
美しい植物画が制作されました。

 この展覧会では17世紀から19世紀にかけて制作された114点の秀作が出品されています。いずれも美しい花や珍しい植物を極めて精緻に描いたみごとな作品です。

名古屋市ボストン美術館 2010年4月4日まで

Simg_7779 Simg_7879

主な作品は

展覧会公式HP http://www.nagoya-boston.or.jp/exhibition/list/garden-200912/outline.html

2009年12月24日 (木)

「日本の四季」:名古屋駅ビルのイルミネーション 2009

  名古屋駅ビル(JRセントラルタワー)壁面のイルミネーションには毎年ストーリーがあります。今年のテーマは「日本の四季」です。大きな壁面一杯に次々と変化するイルミネーションが美しい日本の四季の風景を描いてくれます。
【画像をクリックすると大きくなります】

Simg_7838
サクラ咲く春です。サクラの花びらが舞っています。場面は刻々と変化します。

Simg_7788 Simg_7785
㊧:53階226㍍のホテルタワーの横に半月
㊨:イルミネーション点灯前の壁面とツインタワー 午後4時40分

Simg_7797_2 Simg_7822
        午後5時点灯です。大勢の見物客。

Simg_7835_2 Simg_7837
早春・・蝶々がヒラヒラと       サクラが咲き、タンポポの綿毛が飛んでいます

Simg_7839 Simg_7840
  緑豊かな新緑の頃          アジサイに雨が降りかかる梅雨時です

Simg_7842 Simg_7843
  入道雲とカモメの夏景色              全山紅葉の秋

Simg_7809 Simg_7811_2
落ち葉が舞い、ススキの穂が揺れています     銀世界の冬

Simg_7813 Simg_7815
  降り積む雪と‘かまくら’             今日はクリスマスイブです

Simg_7844 Simg_7823
みごとなイルミネーションでした

 

2009年12月23日 (水)

海の星クリスマス・ファンタジア 2009

 海の星高校は浜松市内のカトリック系女子校です。年末恒例のアクトシティ大ホールでのクリスマス・ファンタジアは今年で第8回になります。私は2002年の第1回から毎年お招きいただき見せていただいています。
 県下トップクラスの実績を誇る大編成の吹奏楽部、ユニークな演劇コース、女子校らしいダンス部や聖歌隊などをはじめ、受付・会場などのスタッフまで、全校の生徒が役割を分担して一大イベントに取り組んでいました。

 第1部はサンタ学校シリーズの第3弾。サンタ学校に通ういたずら好きのサンタが主役です。今年の舞台は大正時代の日本でした。大正ロマンに香りのする衣装や小道具などおもしろいステージでした。

 第2部は二人の女子高生がクリスマスの飾り付けをしながら2000年前のキリスト誕生の物語をたどるというお芝居です。
 今年のステージは背景と照明が実に美しくて幻想的でした。まさにファンタジアです。

 演劇コースの生徒は1部、2部とかけもち出演で大変だったことと思います。

 見終わってあたたかな気持ちで家路に着くことができました。

2009年12月22日 (火)

ジュビロ:コルテアズーパーティー2009

 シーズンシートでこの1年間ジュビロを応援し続けたサポーターを対象としたパーティーです。会費は5000円。社長などの役員と監督・選手全員が出席します。私は毎年参加していたのですが、今年はほかに予定があったので家族だけが参加しました。画像は家族が撮影したものです。この日の参加者は約700人でした。
 今シーズン限りでジュビロを去る中山・秀人・村井・茶野に会える最後のチャンスでした。別れが辛いパーティーだったというのが家族の感想です。 

S2009_1219pana0015 S2009_1219pana0017
サポーターには選手の見分けがつくでしょう。   中央は中山です。

S2009_1219pana0019 S2009_1219pana0020
                     ジュビロを去る秀人(左)と茶野

S2009_1219pana0028
サービス精神旺盛な中山です。肩に手を回して・・。感激です。

S2009_1219pana0031 S2009_1219pana0038
       カレン              中山と秀人のトークショー

S2009_1219pana0046 S2009_1219pana0051
㊧:選手代表中山の最後の挨拶「来年、ジュビロは若返るでしょう・・」
㊨:ジュビロラベルの日本酒「花の舞」

2009年12月21日 (月)

初冬の富士山遠望・・文化芸大から

 冷え込みの厳しい冬晴れの日、町並みと連山の彼方に富士山がくっきりと見えていました。

Simg_7766
大学の屋上からコンパクトデジカメで撮りました。

Simg_7767

Simg_7772 Ssimg_7765
左の建物は研究棟です。               3階の通路から

Simg_7773
北遠の山々も雪化粧です。

2009年12月20日 (日)

アクトタワー夕景

Simg_7742_2  Simg_7744_3
  浜松駅から見たアクトタワー           ショパンの丘を望む

Simg_7760_2 Simg_7748_3
     ショパン像
       左:浜松駅ビル 正面:遠鉄デパートとシンボルツリー

Simg_7740_4 Simg_7754_4
  北から見た浜松駅                アクトタワー

2009年12月19日 (土)

天災にたたられた今年の旅

 今日19日は朝から東伊豆へ出かける予定でした。焼津の人たちと泊まりがけの忘年会を楽しむことになっていました。ところが、17日の深夜から伊豆半島東方沖のごく浅い地点で群発地震が発生して震度5などを記録、伊豆半島は今日も揺れ続けています。今日午前10時までに発生した有感地震は183回もあったそうです。震度1以上の地震が1時間に数回起きていることになります。建物の被害や水道管の損傷、電車の運休などが報道されています。先ほど18時11分にも震度3の地震が発生したことをテレビの速報で伝えています。

 昨日午後5時ごろ、焼津の幹事役から電話があり、忘年会はやむなく中止にするとのこと。一日に何度も揺れる宿では安眠もできないでしょうから仕方がありません。また新年会でもやろうということになりました。

 10月には台風18号の影響で羽田空港で足止めされて北海道行きが中止になりました。

 地震と台風と・・自然の脅威には勝てません。今年はもともと旅に出る機会が少なかったのですが、その少ない機会が実現できなくて残念でした。

 新しい年は各地へ出かけたいと思っていますが、時間があるかどうか。

2009年12月18日 (金)

わが家の庭・・初冬の風景

 寒波襲来でここ2,3日急に冷え込んできました。浜松では最高気温が10℃以下の日が続いています。
 この時期は庭に咲く花も少ないのですが、それでもどこかで何かの花が咲いています。

 梅の木に毎日メジロとヒヨドリがやってきます。ヒヨドリが来るとメジロは茂みに姿を隠して様子をうかがっています。

Simg_5281
クリスマスローズはまだつぼみです。お正月過ぎには花開くでしょう。

Simg_7727 Simg_7728
       サクラソウ                  侘助

Simg_5207 Simg_7731
                 センリョウ
Simg_7730 Simg_7734
        ボケ                      スイセン

Simg_5274 Simg_7725

Simg_4986_2 Simg_5205_2
磐田市敷地特産の渋柿を買って干しました。甘くておいしいみごとな干し柿になりました。

つがいのメジロです

Simg_4969 Simg_4973 Simg_4982 Simg_4985 
                              枝垂れ桜の枝で

   

2009年12月17日 (木)

今日のレーチェ 好物のお歳暮ありがとうございます

 東京の‘おばさま’からお歳暮をいただきました。缶詰の6点セットです。レーチェは自分の物だとわかって缶の回りをうろうろしていました。
 そのうちの一つの缶を開けてさっそくトレイに載せると瞬く間に食べ尽くしました。

S2009_1217pana0018 S2009_1217pana0019
㊧:6点セット。ペットフードと書いてなければ人間が食べてしまいそうです。
㊨:とりささみ&焼きがつお

S2009_1217pana0020 S2009_1217pana0021
㊧:さけ中骨&まぐろ・ささみ チーズ入り
㊨:とりささみ&かにかまぼこ

S2009_1217pana0022 S2009_1217pana0023
㊧:食品素材のみで作ってあります・・中味は何でしょう?
㊨:とりささみ&ほたて貝柱

S2009_1217pana0024 S2009_1217pana0025
㊧:とりささみ&野菜
㊨:これは何でしょう?さけ中骨&まぐろ・ささみ チーズ入りです。

S2009_1217pana0027 S2009_1217pana0032 S2009_1217pana0032_2 S2009_1217pana0003
おいしそうに食べました。缶には1食に1缶と書いてありますが、小食のレーチェは3分の1ほどで満足していました。

右の画像は先日撮った画像です。お刺身のつまの大根を食べているところです。まぐろいやかつおも好きですが大根のつまも好物です。

 東京の‘おばさま’、お歳暮ありがとうごさいました。お正月まで毎日楽しみです。

2009年12月16日 (水)

珠玉のコンサート:ウィーン古典派 フォルテピアノと木管アンサンブルの饗宴

 ハイドン、モーツァルト、ベートーベンが活躍していた18世紀から19世紀初期に演奏されていた楽器やそのコピーによる演奏会です。
 
 ピアノはモーツァルトが最後に所有し、青年ベートーヴェンが愛用していたヴァルター・モデルです。63鍵5オクターブしかありません。ボディはすべて木製です。
 オーボエは18世紀当時の製作です。クラリネットやファゴットは当時の楽器のコピーです。
これらの楽器にはキーがありません。ホルンは真鍮の管を巻いただけでヴァルブはまったくありません。

 それぞれの楽器は現代の楽器と大きく違うので演奏もかなり難しいと思われます。

プログラム
 モーツァルト クラヴィーアとオーボエ、クラリネット、ホルン、ファゴットのための五重奏
          曲 変ホ長調 K.452
 ハイドン    クラヴィーア・ソナタ 変イ長調 Hob.XVI:46
 ベート-ヴェン クラヴィーアとオ^ボエ、クラリネット、ホルン、ファゴットのための五重奏
           曲

 フォルテピアノの演奏はおなじみの小倉喜久子さんです。ナチュラルホルンの塚田聡さんは小倉さんの御夫君です。オーボエの本間正史さんとファゴットの岡本正之さんはいずれも東京都響の首席奏者です。クラリネットは坂本徹さん。

 目を閉じて演奏を聴いていると、18世紀の貴族のサロンで催されたコンサートの会場にいるような気分になります。初演でモーツァルトやベートーヴェンが演奏した時とほとんど同じ音で演奏される音楽を聴くことができるのは誠に贅沢なことです。

 ベートーヴェンの五重奏曲の前にそれぞれの楽器について奏者から説明がありました。

  このコンサートは静岡文化芸大の室内楽演奏会2009として行われたものです。大学の文化・芸術センターでの初めてのコンサートで音響が心配されましたが奏者からはかなりいい評価が得られました。

 平野昭先生の解説があり楽曲や楽器についての理解を深めることができました。

 終演後、二階の学生ロビーでカフェトークがありました。ワイングラスを手にして、奏者や先生方のお話を伺いました。

 私の席からはクラリネット奏者まで2㍍、ピアノまで4㍍という至近距離で18世紀の古典派の名曲を聴くことができて幸せな夜でした。

   

 

2009年12月15日 (火)

初冬の万葉の森公園

 万葉の森公園(浜松市浜北区)は紅葉が終わり、椿園も本格的な開花は年があけてからということで、今日は人影もなくひっそりとしていました。
 名残の紅葉といくらか咲いている椿を撮ってきました。

Simg_5215 Simg_5217
Simg_5261 Simg_5268
Simg_5264 Simg_5267

今咲いている椿いろいろ

Simg_5225 Simg_5227 Simg_5229
    寒椿              明石潟           貴婦人
Simg_5231 Simg_5233 Simg_5238
     絞乙女           夢侘助          フランス白
Simg_5235 Simg_5236
                   獅子頭
Simg_5243 Simg_5245 Simg_5247
      空蝉           武南の誉           覆輪和光
Simg_5240 Simg_5241
               カーネーション椿

2009年12月14日 (月)

年賀状の準備は進んでいますか

 明日15日に年賀状の受付が始まります。28日頃までに投函すれば元旦の配達に間に合うと思いますが、一日でも早く出せば安心だし、郵便局も喜ぶでしょう。・・というわけで少しずつプリントしています。プリントゴッコで数百枚印刷いていたことを思うととても楽になりました。写真を何枚か入れるのでインクジェット写真用の年賀はがきを買い求めました。
 私の年賀状は写真のほかに文字が400字前後入っています。高齢者に優しくない賀状で恐縮ですが、近況をお伝えするために毎年いろいろ書き続けています。元旦に私の賀状を初めて読まれる方・・驚かないでください。

 今年も喪中欠礼のはがきをたくさんいただきました。その数53枚これまでで一番多くなっています。私の住所録の7%です。今年は教え子からのものが11枚ありました。教え子もだんだんと年を取って親を送る年になってきたのですね。
 最高齢は105歳。まさに大往生です。皆さんのご冥福をお祈りします。

 

2009年12月13日 (日)

09’この秋の紅葉⑨ 初冬の四ツ池公園

 今年の紅葉シリーズは不作のままで終わりです。最後は近所の公園です。Simg_5127
Simg_5110 Simg_5112 Simg_5113

Simg_5115_2 Simg_5124

Simg_5153 Simg_5163

Simg_5175 Simg_5168 
30羽を超えるカルガモたちです

「えこはま」から望む冠雪の富士山

 11日の雨が富士山では雪になり裾野近くまで白くなった姿が、浜松市西部の「えこはま」から見えていました。

S091211_010_3

S091211_019_2 S091211_020_2
㊧:畑の緑は当地特産の白タマネギ。正月3が日を過ぎると収穫が始まります。
㊨:右の建物は古橋廣之進記念浜松市総合水泳場ToBiOです。

2009年12月11日 (金)

西洋美術史の復習・・「THE ハプスブルク」展:国立新美術館

 雨の東京でした。この大型企画展もあと4日ということで、年に一度の東京での検診を終えて六本木へ向かいました。会期末ですが^チケット売り場も入場口も待ち時間0の日が続いているということでしたが、今日もそうでした。しかし、中に入るとけっこう人が多くてゆっくり落ち着いて鑑賞するのは難しい状況でした。

 ウィーン美術史美術館とブダペスト国立西洋美術館所蔵の絵画75点と工芸品約50点が展覧されています。
 ハプスブルク家は13世紀から約600年にわたってヨーロッパに君臨した王家です。歴代の王が美術品を愛し、数多くの作品を収集しました。また優れた画家を宮廷画家として抱えていました。
 この展覧会のチラシには「ベラスケスもデューラーもルーベンスも、わが家の宮廷画家でした。」と記されています。

登場する主な画家は・・目録順に
・ジョルジョーネ
・ラファエッロ
・ティツィアーノ
・ティントレット
・ヴェロネーゼ
・デューラー
・クラナッハ
・ブリューゲル
・ルーベンス
・ヴァン・ダイク
・エル・グレコ
・スルバラン
・ベラスケス
・ムリーリョ
・ゴヤ

 ・・という大変な顔ぶれです。いずれも西洋美術史の授業で学んだ画家たち。ハプスブルク家の‘お宝’で西洋近代美術史を俯瞰することができます。

 最初の展示室は王家の肖像画です。人物の表現、服装、背景などの精緻な描き込み、いずれも実にみごとです。中には《11歳の女帝マリア・テレジア》もあります。気高い美しさと、賢さを備えたマリア・テレジアに目が引きつけられます

 展示室はその後、イタリア、ドイツ、オランダ・フランドル、スペインと続きます。
 チラシやポスターの表紙にもなっているベラスケスの《白衣の王女マルガリータ・テレサ》
と《皇太子フェリペ・プロスペロ》は並んで展示されています。

 工芸品を含めた展示品からは栄華を極めた王朝の権力と財力を伺い知ることができます。

 今年の展覧会もそろそろ見納めです。最後にいい展覧会に出会うことができました。

主な作品は展覧会の公式HPでご覧ください。
http://www.habsburgs.jp/index.html

2009年12月10日 (木)

09’地域の人は地域で守る:地域防災訓練

 12月6日は地域防災訓練の日でした。わが自治会でも8時40分に集合、9時のサイレンとともに訓練を開始しました。
 点呼をとったあと、避難・誘導訓練、その後消火器による消火訓練、バケツリレー、放水訓練を行いました。移動して炊き出し訓練で用意されたおむすびと豚汁をいただいて解散しました。
 参加者は約200人。高校生が約30人、中学生も大勢参加しました。地域の人は地域のみんなが協力して守るという原則を確認することができた訓練でした。

Simg_7655 Simg_7658 Simg_7661
㊧:8時15分。自主防の女性隊員が炊き出しの準備をしています。
㊥:8時50分。集合と点呼。部や組の旗を掲げています。
㊨:もう一つの公園に移動したところです。

Simg_7669 Simg_7687
       消火訓練               放水訓練。虹ができています

Simg_7673_2 Simg_7693
㊧:毎年美しく紅葉するのですが、今年は紅葉がだめでした
㊨:炊き出しの食糧の配給です。女子中学生が活躍しました              

2009年12月 9日 (水)

09’今年のシクラメン

 わが家のシクラメンは30年前から市内西鴨江の稲垣農園で買い求めています。稲垣さんは今年82歳ですが、研究熱心で毎年新しい品種のシクラメンを用意してくれます。稲垣農園のシクラメンは長持ちします。上手に管理すれば暮れからゴールデンウィーク頃まで咲き続けます。
 育てる時に気をつけることは3つです。
①毎日1~2時間屋外で朝日にあてる。
②葉を一枚づつ手前に引っ張って光が通りやすくする。
③咲き終わった花は早めに茎の根本から切り取る。④水は表面が乾いた時にたっぷり与える。

Simg_5069_2  Simg_5071 Simg_5072 Simg_5073 Simg_5074 Simg_5078 Simg_5079 Simg_5087 Simg_5089
Simg_5091 Simg_5068 Simg_5070 Simg_5084 Simg_5082 Simg_5085
以前はこの温室全体がシクラメンでしたが、最近は蘭が主流になっています。

品種改良が毎年進んでこれまでにないシクラメンが登場するのも楽しみです。

2009年12月 8日 (火)

09’イルミネーション

 今年もあと3週間あまり。朝晩は冷えて初冬の雰囲気です。市内各所で美しいイルミネーションが輝いています。

地ビールレストラン マインシュロス
S2009_1202pana0034 S2009_1202pana0035
S2009_1202pana0036 S2009_1202pana0037

S2009_1202pana0039 S2009_1202pana0040

近所の美容院

Sdscf0666
Sdscf0665 Sdscf0669 Sdscf0662

毎年‘進化’しています。   

2009年12月 7日 (月)

09’この秋の紅葉 ⑧浜松八幡宮

 遠州鉄道八幡駅から文化芸大へ向かう途中に八幡宮があります。初詣・七五三・結婚式で賑わうお宮には鎮守の森があります。

Simg_4959
Simg_4964 Simg_4965 Simg_4966

Simg_4967 Simg_4962

Simg_4956 Simg_4968

Simg_4961 Simg_4963 

人気(ひとけ)のない境内で初冬の陽を浴びて美しく輝く紅葉・黄葉でした。

2009年12月 6日 (日)

09’この秋の紅葉 ⑦ 普門寺(豊橋)の紅葉まつりと御開帳

 愛知県の東端、静岡県境に近いところにある普門寺は奈良時代創建と伝えられる古刹です。毎年12月の第1土曜日・日曜日は紅葉祭りと重要文化財の御開帳ということで行ってきました。

 雨上がりの日曜日、近郷近在の人で賑わっていました。紅葉は・・残念ながらよくありません。10月に近くを通った台風18号による潮風で葉が枯れたり枝が折れたりした木もあって、鮮やかな紅葉ではないと地元の人から聞きました。

Simg_5030
Simg_5016 Simg_5047
Simg_4995 Simg_5025
Simg_5031 Simg_5035

Simg_5015_2

境内の様子です
Simg_5051 Simg_4999
        仁王門                    本堂

Simg_4998 Simg_5043
Simg_5027 Simg_4996
                             収蔵庫(内部は撮影禁止)
普門寺では国指定重要文化財の木造彫刻を6躯所蔵しています。

木造釈迦如来坐像
木造阿弥陀如来坐像
木造四天王像 広目天・時国天・多聞天・増長天

年に2回だけの御開帳で、今日は6躯すべてを見ることができました。このほかにもいくつかの文化財を所蔵しています。
普門寺の沿革や文化財については公式HPでごらんください。http://www.sunalix.co.jp/fumon/

 普門寺は湖西連峰(愛知県では弓張山地と言います)の登り口にあたる船形山の麓にあります。

Simg_5052 Simg_5054 Simg_5059
    参道             船形山         船形山を望むため池

Simg_5055 Simg_5058 Simg_4993
この池の土手にツリガネニンジンが咲いていました   境内にはアジサイ

Simg_5021 Simg_5064 Simg_5066
  境内の十月桜        近くの里山には早春を思わせる花が咲いていました     


                                

2009年12月 5日 (土)

前田得点王に ジュビロは11位に終わる

 09年のJリーグが終わりました。鹿島の3連覇は史上初で立派です。1年を通して安定した試合ぶりでした。

 わがジュビロは・・開幕2試合で10失点という最悪のスタートが今シーズンを象徴しています。年間の総得点50は18チーム中5位で、優勝した鹿島よりも1点少ないだけです。
 ところが・・失点は60!!ワースト1です。50点以上の失点は千葉・柏とジュビロだけ。鹿島の失点は30、新潟も31でジュビロの半分です。ジュビロの大きな課題の一つがザルのような守りにあることが明らかです。

 昨年に続いて心配なことが多かった今年のジュビロですが、前田が得点王になったのはすばらしいことでした。日本人としては5人目、7年ぶりの得点王です。とにかくまじめで静かな前田選手ですが、敵味方のゴールの間を動き回る献身的な働きには頭が下がります。
 残留を決めた駒野に続いて前田にもジュビロへの残留を決めてほしいものです。

 中山、鈴木秀人、村井、茶野が契約満了になったジュビロ。若干の補強はあるものの、来年もあまりいい成績は期待できそうもありません。ユースについても規模縮小の動きがあるとか・・親会社の業績不振の影響もあり、しばらく我慢の時が続きそうです。

5万アクセスになりました

 午後2時51分42秒にアクセスが50,000になりました。ありがとうございました。そして、ジャスト50,000の方おめでとうございます。メールをお待ちしています。 

  最近は1日平均100アクセス前後です。これからもよろしくお願いします。

Simg_7653_2

2009年12月 4日 (金)

アクセス数が間もなく5万になります

 12月4日午後9時までのアクセス数は49,920です。おそらく明日5日(土)のうちに50,000に
達するだろうと思います。
 昨年の4月末にこのブログを開設、1日休んだだけで毎日続けてきました。大勢の皆さんにアクセスしていただいていることを励みにして、今日まできました。

 私の友人・知人でちょうど50,000にアクセスした方はメールか電話でお知らせください。ささかなお礼をさしあげます。

Simg_7648_2 

ドラマティック3大協奏曲 演奏会

 この夜演奏された3大協奏曲とは・・

メンデルスゾーン 《ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 作品64》
モーツァルト    《フルート協奏曲 第1番 ト長調 K.313》
チャイコフスキー 《ピアノ協奏曲 第1番 変ロ長調 作品23》

・・というポピュラーなプログラムです。

 そして、3人のソリストに共通しているのは、①若い女性 ②細身でスタイル抜群 ③美人
です。ヴァイオリンの中村アヤサは桐朋女子高校音楽科に在学中の高校生です。
 

 フルートのyumiは静岡県出身。ヤマハのフルート・イメージ・キャラクターです。今日の
YAHOOのトップニュースで、えなりかずき との破局が伝えられたばかりです。彼女は今日のブログで「お騒がせしてすみません」とコメントしています。その騒ぎのなか、今夜は八尾市での公演で演奏が終わっているはずです。どのような心境で演奏したのでしょうか。

 ピアノは今川裕代。実力があり実績もある若手ピアニストです。

 オーケストラは サンクトペテルブルグ祝祭管弦楽団。指揮はアニハーノフ。イベントやツアーのために演奏者を集めて編成されたオケです。

 おなじみの名曲と3人の若い女性で集客を狙った企画と思われます。が・・アクトシティ大ホールは空席が目立ちました。いつものクラシック演奏会と客層が違う感じでした。ロビーで知人に一人も会わなかったのも珍しいことでした。

 私はそれなりに楽しみました。

12月1日 アクトシティ大ホール

2009年12月 3日 (木)

満月の夜、大学から見た浜松の夜景もなかなかです

 12月2日正午の月齢は15.3。夕闇が迫る頃、東の空には満月が輝いていました。
静岡文化芸大はJR浜松駅から歩いて15分の町中にあります。屋上の庭園からは中心部の風景がよく見えます。

S2009_1202pana0004  S2009_1202pana0016
    午後5時3分                  南館屋上庭園

S2009_1202pana0018 S2009_1202pana0024
    満月です。5時13分                5時31分

S2009_1202pana0025 S2009_1202pana0029
㊧:5時32分。左の高いビルはアクトタワー。昨夜はここの5階で美術館めぐりの好きな大学聴講生の忘年会があり、先生と23人の仲間で痛飲しました。この写真を撮ってかけつけました。

㊨:大学研究室棟の外壁に映像を投影する 「LIGHT SPOT]

2009年12月 2日 (水)

浜松の昼と夜の風景

 12月になっても暖かい日が続いています。初冬の浜松の、あまり見たことがない風景とおなじみの風景です。

Simg_7538 Simg_7545
この円形広場はどこでしょうか           この彫像はだれ?

Simg_7543 Simg_7541

Simg_7539 Simg_7547
     アクトタワー              ショパンの丘

Simg_7549 Simg_7559
   シンボルツリー                  色やデザインが刻々と変わります

Simg_7560 Simg_7553
ツリーの左側が遠鉄デパート  右側はフォルテ跡地で間もなく遠鉄デパート新館の工事が始まります。それにともなってシンボルツリーは今年で最後です

Simg_7554 Simg_7564
                           夜のショパンの丘を望む
Simg_7563 Simg_7550 
                 歳末おなじみの「浜松 冬のほたる フェスタ」です 

2009年12月 1日 (火)

演劇「十二人の怒れる男たち」:俳優座劇場プロデュース

  レジナルド・ローズの原作・脚本により1957年にアメリカで映画化され、高い評価を得た作品の舞台化です。
 陪審室という密室で、12人の陪審員が一人の少年の父親殺しという容疑について議論を展開します。休憩無しで2時間以上展開される議論に引き込まれて行きます。

 予備投票では無罪は一人だけ。あとの11人は有罪を確信しているという状況です。無罪を主張した陪審員8号は、証拠の疑わしいところを一つずつ理路整然と述べていきます。

 大声で怒鳴りあう場面や取っ組み合いになるほどの激しく、緊迫した議論の場面が続きます。有罪の判断を変えるはずがないと思われた陪審員も冷静沈着な8番の意見に次第に影響されて態度を変えていきます。

 最後に残った第3号が自分の敗北を認め、12人全員無罪の評決がくだされました。そこに至るまでのプロセスが実に興味深く、舞台に引き込まれました。

 8号の松橋登をはじめ、全員男性の12人の陪審員を演じた役者達は、せりふの通りもよく、達者な演技でした。

  日本でも裁判員制度が始まった今、改めて注目される作品です。

11月27日 Uホール

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »