2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 静岡空港からJAL撤退のニュース | トップページ | 葦毛湿原を訪ねて:愛知県指定天然記念物(豊橋市) わくわくハイキング »

2009年9月17日 (木)

葦毛湿原のシラタマホシクサ

 愛知県豊橋市の葦毛湿原では絶滅危惧種に指定されているシラタマホシクサが咲いていました。東海丘陵要素の代表的な植物です。1976年から群落は分布面積が大きく減りました。1995年から植生回復施策を行って辛うじて現状を維持しています。

 シラタマホシクサは細い柄の先に真っ白い玉のような花穂がつくかわいらしい花です。浜松付近でもたくさんあったのですが、最近では浜北地区にわずかに自生しているほか、銅鐸公園などで見ることができます。

Simg_2413 Simg_2415
Simg_2409 Simg_2410 

« 静岡空港からJAL撤退のニュース | トップページ | 葦毛湿原を訪ねて:愛知県指定天然記念物(豊橋市) わくわくハイキング »

」カテゴリの記事

コメント

シラタマホシクサの写真に引かれて、久しぶりに葦毛湿原に行ってきました。今が見ごろですね。やはり以前より少ないです。水も少ないし、植物も変わっている気がしました。シラタマホシクサは可憐で素敵でした。湿原の植物は、見つけにくいですが、これは良くわかります。

この時期、伊良湖岬の鷹の渡りも始まり、秋を感じます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 葦毛湿原のシラタマホシクサ:

« 静岡空港からJAL撤退のニュース | トップページ | 葦毛湿原を訪ねて:愛知県指定天然記念物(豊橋市) わくわくハイキング »