2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 初秋の花・・万葉の森公園 | トップページ | 早くも彼岸花が満開 »

2009年9月 4日 (金)

巨大な梨‘かおり’ 千葉県松戸産です

 大きいものは重さ1㎏もあるという巨大な梨‘かおり’をいただきました。千葉県松戸市吉岡農園産です。梨と言えば鳥取・・と思っていましたがそれは昔の話。今は千葉県が梨の生産量日本一の県になっています。

 いただいた‘かおり’はとにかく大きく重くてびっくりします。外見は緑色で未熟のような感じですが・・いただいてみると、水分が多くて非常にジューシー。シャリ感がはっきりしていて糖度がかなり高い。見かけによらずとても甘いおいしい梨でした。大きいので家族3人では一度に4分の1カットで十分です。

 この‘かおり’は昭和30年代に「新興」と「幸水」を交配させてできた品種だそうです。栽培が難しくて収量が少ないので「幻の梨」と言われているとか。東京・銀座フルーツ店では1個3000円で売られているとか。

 配送の段ボール箱に「二十世紀梨発祥の地 まつどの梨」とプリントされていたので不思議に思って調べて見ました。
 二十世紀梨と言えば鳥取と思いこんでいました。二十世紀梨は1888年に松戸で13歳の少年がごみ捨て場に生えていたのを発見したのが始まりだということです。1904年に鳥取に伝えられ、現在に至るまで二十世紀梨に関しては鳥取が生産量日本一です。
 かつては二十世紀梨が高級梨の代表とされていましたが、その後品種改良が進み、今では「幸水」が一番人気(34%)、ついで豊水(30%)、二十世紀(13%)の順になっています。

Simg_2191 Simg_2193
梨は幸水、ミカンはハウス物です        見かけは青々としています

Simg_2198 Simg_2199

Simg_6018 Simg_6019

松戸市 吉岡梨園のHPです http://www7b.biglobe.ne.jp/~yoshiokaen/omake.html 

« 初秋の花・・万葉の森公園 | トップページ | 早くも彼岸花が満開 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巨大な梨‘かおり’ 千葉県松戸産です:

« 初秋の花・・万葉の森公園 | トップページ | 早くも彼岸花が満開 »