2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 3万本のヒマワリ畑 | トップページ | うなぎパイ工場見学 »

2009年8月 6日 (木)

漂着物で自分だけの標本づくり

 浜松市西部清掃工場の「えこはま」では環境にかかわるいろいろな講座を開いています。
昨日は「遠州灘の標本をつくろう!」という講座に16人の小学生が参加して、‘自分だけの標本’をつくりました。

 あらかじめ自分で拾ってきた貝殻、魚の骨、植物や講師が用意した漂流物の中から好きな物を選んで標本にしました。

 標本をつくる前に、現在「えこはま」で展示されている「hamaumi博物館」で漂着物の現状についての説明を聞きました。

Simg_5536 Simg_5554
                            各地の海岸の砂を比べています

いよいよ標本づくりです
Simg_5562 Simg_5572
  標本にする物を選びます          歯ブラシと綿棒できれいに掃除します

Simg_5585_2 Simg_5597_2
左:綿を敷いた箱に標本を置いていきます。箱はホテルの弁当の空き箱です
右:漂流物の名前と拾った地名をカードに書いてできあがり

 自分だけの大切な標本ができました。楽しみながら環境についても学ぶことができました。夏休みの自由研究として優れたテーマだと思います。

 昨日は親子連れの見学者がかなり多く見えました。親子で環境について考えるいい機会です。

« 3万本のヒマワリ畑 | トップページ | うなぎパイ工場見学 »

環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513578/45850661

この記事へのトラックバック一覧です: 漂着物で自分だけの標本づくり:

« 3万本のヒマワリ畑 | トップページ | うなぎパイ工場見学 »