2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 早朝の地震・・無事でした | トップページ | 静岡新聞の記事:アーモンドとマングローブ »

2009年8月11日 (火)

浜名湖のマングローブが開花しました:オイスカ高校で

 6月18日にこのブログでアップした浜名湖のマングローブが開花したということで、わくわくハイキングのメンバー約20人で見学しました。私立オイスカ高校が浜名湖で栽培しているものです。ここのマングローブはメヒルギ(雌蛭木)=別名:リュウキュウコウガイです。

 自然分布の北限は鹿児島市で、南伊豆に植樹されたメヒルギが定着の北限とされています。浜名湖畔のオイスカ高校がマングローブの育成に取り組んで10年になります。メヒルギは耐寒性があるということですが、もともと亜熱帯の植物ですから霜には弱く、これまでに何本も枯死したということです。苦労して育てたマングローブが群落を作って開花していました。

Simg_1437
   メヒルギの花。糸状に裂けている5弁の花弁と白い萼

Simg_1441  Simg_1434
        つぼみ          いんげんまめに似た胎生種子

Simg_1451 Simg_1436_2
左:採取した胎生種子
右:地上に落ちて発芽するのは100分の1程度とか。これは植えたもの

Simg_1452_2 Simg_1433
左の浜名湖と右の学校との間にマングローブ      ここまで成長したマングローブ

Simg_1443 Simg_1444 
これだけ植えても無事に成長するのは1本程度   湖面を仕切って植樹

Simg_1455 Simg_1456
プランターに植えられた胎生種子            双葉が出ています

Simg_1457_2 Simg_5695
㊧:双葉が出た胎生種子は根が伸びています
㊨:わが家でも胎生種子をいただいてきて植えました。無事に育ってくれるよう努力します

 オイスカ高校の担当者は学校に面している湖面をマングローブの群生で埋める計画を実現したいと語っていました。

« 早朝の地震・・無事でした | トップページ | 静岡新聞の記事:アーモンドとマングローブ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浜名湖のマングローブが開花しました:オイスカ高校で:

« 早朝の地震・・無事でした | トップページ | 静岡新聞の記事:アーモンドとマングローブ »