2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

満開のツツジ・・都田テクノポリス

 浜松市都田地区には先端技術を開発する企業や研究機関の集積するテクノポリスがあります。
 浜松ホトニクス・河合楽器・スズキ・テイボー・ローランド・アマノなど50を超える企業が立地していますが、地域全体が美しい自然環境の中にあり、この時期になると全域がツツジの花で覆われます。道路の両側は満開のツツジで鮮やかな色どりです。

 地域全体が公園という感じです。

Simg_3463 Simg_3449
Simg_3473 Simg_3470_2
       アマノ

Simg_3464 Simg_3460

Simg_3461 Simg_3450

Simg_3451 Simg_3452 

都田総合公園です
Simg_3431 Simg_3433

Simg_3436 Simg_3444
   ベニバナトチノキ               盛んにさえずっていました

2009年4月29日 (水)

西部清掃工場で初のフリーマーケット

 浜松市西部清掃工場で初めてのフリーマーケットが開かれ多くの来場者で賑わいました。3月29日が雨で中止になったため、今回が初めての開催でした。

 会場は先日水泳の日本選手権が行われた浜松市総合水泳場と西部清掃工場の間の広い空間です。
 出展者は約40人。風の弱い好天に恵まれて多数の市民がフリマを楽しんでいました。フリマでお買い物の後は清掃工場とえこはまへ。2月のオープン以来最高の入場者で館内は混雑していました。リユース家具の購入を申し込む人の姿も目に付きました。担当のスタッフは大変だったと思いますが、えこはまと清掃工場にとってはいいPRができたことと思います。

Simg_3404 Simg_3405

Simg_3406 Simg_3407_2
                       バックが清掃工場とえこはまです

Simg_3420 Simg_3402
   バックは水泳場です           混雑するえこはま1階の家具展示場

5月は10日(日)に開催します。

2009年4月28日 (火)

珍客の来訪

 今日は一日「えこはま」でお仕事でした。朝、事務室のブラインドをあげたところ、ガラス窓の外側にきれいな色をした大きな蛾が留まっていました。生きているようですがまったく動きません。

 午後4時ごろ事務室の一人が網の中に入れて室内に持ち込みました。近づくと机の上で一瞬ばたばたするのですが動きはすぐ止まります。よく見ると羽根の一部が欠けていました。飛ぶ力も気力もない感じでした。帰る前にガラス戸に戻しました。明日の朝もそのまま留まっているかもしれません。

 帰宅後ネットで調べてみました。この大きな蛾は【オオミズアオ(大水青)】のようです。
ヤママユ科です。北九州から北海道までの広い地域で普通に見られる蛾です。学名に‘アルテミス’というギリシャの月の女神の名前がついています。
 羽根を広げると10㎝以上あります。芋虫の時はサクラやモミジなどの葉を食べます。えこはまにはサクラの苗木が植樹されているのでそれを食べていたのかもしれません。

 成虫は口が退化して物を食べることはないのだそうです。

 傷ついた「月の女神」がやってきた今日のえこはまでした。

Simg_3371 Simg_3374
朝8時56分 室内から               

Simg_3375 Simg_3385
                          室内の机上で 4時40分
Simg_3387 Simg_3389 Simg_3391 Simg_3400 
                         午後5時8分 ガラス窓の外側

2009年4月27日 (月)

ブログ1周年記念!!

 昨年4月27日にこのブログを立ち上げて今日で1年になります。この1年、皆さんに励まされ助けられてなんとか続けることができました。心から感謝申し上げます。

 始めた時にとにかく毎日休みなくアップすることを心がけました。この間で休んだのは7月17日だけです。この日は大学の先生や聴講生の仲間と盛大に飲んだ日でした。

 1年間の記事数は488・・ということは1日に2つ以上アップした日もあるということです。画像は4986枚、ほぼ5000です。一つの記事に10の画像。1日に14の画像。デジカメで毎月1300枚の写真を撮っています。

 記事の内容をカテゴリーごとに分けたベスト5は次のとおりです。
1 花       103
2 旅行・地域   66
3 レーチェ(猫) 62
4 サッカー    33
5 美術      31

このブログのキーワードは‘花・旅・猫’ということになりますね。

 そのほか、グルメ19,日記・コラム16,文化・芸術14,映画・テレビ14,自治会11など特定のジャンルにこだわらず幅広い話題をアップしています。

  今日午後7時までのアクセス数は26470。1日平均70を超えています。大勢の皆さんにアクセスしていただきましてありがとうございます。6月中には3万になりそうです。Simg_3370

 単語で検索してこのブログにアクセスした「検索フレーズランキング」は次の画像のとおりです。
Simg_3369

 ひこにゃんとEXILEのAkiraが圧倒的な人気で、この話題の時にアクセスが増えました。
8位の光岡暁恵は昨秋の静岡国際オペラコンクールの優勝者です。

 このブログはniftyのcocologベーシックです。容量は2GBまで。5000枚の画像をアップしていることもあってすでに50%にあたる1GBを消費しています。あと1年で容量の残りがなくなることになります。そうなれば有料のサイトに移行せざるをえません。

 最初に立ち上げたホームページとそれに続くひとつ目のブログがいずれも機能不全に陥って立ち上げたこのブログは今のところ問題なく機能しています。

 これからもいろいろなところへ出かけて様々な話題を画像とともにアップしますので引き続きアクセスをお願いします。

 

2009年4月26日 (日)

人気のリユース家具

 浜松市西部清掃工場「えこはま」には家具の再生・修理を行う「リユース工房」があります。
寄付していただいた家具を再生して販売することは4月12日にこのブログでアップしました。

 4月1日から売り出したところ56人の方から購入希望がありました。購入できるのは一人月1点です。同じ家具に複数の希望者がある場合は抽選です。抽選は毎月第4土曜日ということで25日に初めての抽選がありました。

 当選したのは56人の希望者のうち29人で、ほぼ2倍の競争率でした。最も倍率が高かったのはごみ分別ボックスで競争率は8倍でした。次いで茶箪笥の5倍、和机の4倍などでした。

 技術のスペシャリストが腕をふるってみごとに再生させた家具が最高5,000円で購入できるとあって人気があります。
 今回当選した家具を受取りに来てまた別の家具を注文していく人もありました。工房にはこれまでに100点近くの家具が持ち込まれています。そのうち修理希望は10点余で大半は寄付された家具で、修理・再生が終わり次第値付けをして販売されます。

 お気に入りの家具があるかもしれません。一度お出かけください。

Simg_3352_2 Simg_3353
     人気一番 競争率8倍のごみ分別ボックス

Simg_3354 Simg_2769
                           競争率4倍の和机

Simg_3357 Simg_3358 Simg_3359 Simg_3360 Simg_3361 Simg_3362
               

2009年4月25日 (土)

アウエイで逆転勝ち ジュビロ3-2京都

 前節の初勝利が本物かどうか・・それが試される今日の京都戦でした。
 前半17分、イ グノから前田に渡ってゴール!後半は点の取り合いになりました。13分、16分にゴールを割られて逆転されました。

 ここからジュビロの反撃開始。後半19分、駒野のクロスをイ グノが頭で合わせて同点。28分には途中出場のジウシーンヨがイ グノのクロスに右足を合わせてみごとに逆転しました。

 前田・イ・ジウシーニョのFW3人がそれぞれゴールしたのは大きいと思います。
 シュート数はジュビロ12-京都10でした。

 7試合目でようやく連勝しました。前田・イ・ジウの3人が うまくからんで動けばチャンスは大きく広がります。これからもこの3人を中心として上位を目指してほしいものです。

 アウエイなので画像はありません。

2009年4月24日 (金)

わが家の庭の春の花

 春爛漫・・わが家の庭でも春の花が色とりどり咲いています。あと10日足らずでいよいよ浜松まつりです。今夜も子どもたちが吹くまつりのラッパの音が聞こえています。浜松まつりが近づくと春から初夏へと季節は移ります。

Ssimg_3076 Simg_3164
        八重ツバキ                サクラソウ(日本)

Simg_3166 Simg_3167
         セロジネ               西洋オダマキ

Simg_3171 Simg_3173
     ミヤマオダマキ                  タツナミソウ

Simg_3176 Simg_3175
         グミ                (白)アマドコロ

Simg_3177 Simg_3178
    ヤマブキ(八重)               クルミの雄花

Simg_3179 Simg_3206
        クンシラン                 エビネ

Simg_3208 Simg_3207
      モッコウバラ              せっ江省のハギ

2009年4月23日 (木)

竹内としみさん初の著書「あしたのつづき」

 竹内としみさんはNPO法人エコライフはままつのメンバーで、浜松市西部清掃工場内「えこはま」の現地スタッフとして私と一緒に活動している仲間で、静岡文化芸大聴講生の仲間でもあります。

 自分のことを‘まめさん’と称している小柄な彼女ですが、好奇心旺盛、行動力抜群、感性豊かで次から次へといろいろなジャンルにチャレンジしています。
 その彼女が4年前に立ち上げたHPに日々書き記した随想や旅の記録、創作4篇などいずれも文才に優れた彼女らしいすてきな文章で綴られた珠玉の作品です。

 子どもの頃からの多くの人との出会いが描かれていますが、一貫して暖かい心で人と接する著者の生き方に感銘を覚えました。

 高校時代から始まった一人旅で彼女が大きく成長していったこともよくわかります。一人旅は今でも続き、彼女は今でも成長しています。

 亡くなられた父上や友人を追慕する文も胸を打ちます。

 竹内さんは今陶芸に燃えています。陶器との出会いは20代のはじめに大原美術館で見た河合寛次郎の作品だったということです。彼の作品はもちろんのこと、彼の陶芸に対する姿勢や哲学に感動したことが陶芸に取り組む原点にあります。
 4月24日から26日、浜松市笠井町の「福ろ」で作品展があります。

 書名の「あしたのつづき」について、彼女は はじめに で次のように述べています。

 生きている限り だれにでも訪れる「あした」
 たとえ今日が辛くても 
 悲しい昨日をひきずっていたとしても
 「あした」が同じ姿で訪れるとは限らない
  のほほん・・・な私はいつもそう思う 
  「あしたのつづき」という言葉は
 ほんの少し先に見えるひとつの「あした」と
 その向こうに待ち構えている 目眩のするような数の「あした」の軍団 
  それらすべてを優しく包んでくれる気がする 
  「きっとわわくするような未来が待っているよ」 
  そんな風に思える魔法の言葉
(中略)
  「あしたのつづき」を信じる私は 
 見えない未来に向かって 迷いながらも今日も歩いている

 最近ある写真コンクールで入選するなど相変わらず多彩な活動を続けている竹内さんです。これからも多方面での活躍を期待しています。

「あしたのつづき」 静岡学術出版 教養新書 234㌻ 1050円(税込み)

【この本の購入を希望される方へ】

Amazon http://amazon.co.jp

静岡学術出版 http://www.itsc-ltd.co.jp
          〒 432-8003 浜松市中区和地山3-1-7 
                     イノベーションキューブ204号
          TEL 053-401-8226 FAX 053-401-8227

 

  

2009年4月22日 (水)

長さ1㍍以上の藤の花・・熊野の長藤が見頃です

 熊野(ゆや)の長藤は磐田市池田(旧・豊田町)の行興寺にあります。 天竜川左岸の渡し口の宿場町で「池田の庄」と呼ばれた地です。
 能の名曲「熊野」の熊野御前が植えたという言い伝えがあります。

 国指定天然記念物が1本、県指定が5本あります。花房は1㍍を超え、長いものは1.5㍍にもなります。

 22日、長さが1㍍を超えて見頃になってきました。前夜の強い雨で花びらがかなり散っていましたが、これから5月はじめまでが見頃です。

Simg_3271
Simg_3279_2  Simg_3272 Simg_3273 Simg_3282

国指定天然記念物の長藤
Simg_3274 Simg_3275
樹齢推定850年

Simg_3265 Simg_3266 Simg_3267

Simg_3276 Simg_3277 
                            散った花びら

熊野記念公園
 行興寺に隣接する公園にも長藤があります。
Simg_3285 Simg_3288
                              能舞台

2009年4月21日 (火)

「近代日本画名品展Ⅰ~風景画の世界~」

 静岡新聞社が経営する駿府美術館の館蔵展です。水(海、湖、川)の風景11点、山の風景16点、山居村の風景23点、月の風景11点と秋野不矩の「マドバニ村落の壁画Ⅰ」の合わせて62点です。
 江戸時代初期の狩野探幽の「破墨山水図」から現代に至るまでの各時代に及んでいます。

 主な画家としては、福田半香・橋本雅邦・富岡鐵斎・下村観山・竹内栖鳳・川合玉堂・横山大観・結城素明・平福百穂・堂本印象などそうそうたる顔ぶれです。
 大作はありませんが、展示された作品を通じて近現代の日本画の流れや日本画のいろいろな手法がわかります。

 大学の前期の授業で「美術史(日本・東洋)」を聴講しているので日本の美術をできるだけ鑑賞するように努めています。

 次の4点については駿府博物館のHPで見ることができます。
橋本雅邦《林間残照図》
竹内栖鳳《秋
川端玉章《春江愛鶴・秋渓観瀑図》
冷泉為恭《足柄山図》

HP:http://square.at-s.com/sumpu/index.html

会期は5/6まで

2009年4月20日 (月)

小山実稚恵ピアノリサイタル

 小山実稚恵はチャイコフスキー・コンクール第3位(1982年)、ショパン・コンクール第4位(1985年)と二大コンクールに日本人として初めて入賞した日本を代表するピアニストです。2006年からは2017年までの12年間、毎年春秋2回ずつ全24回のリサイタルをオーチャ-ドホールをはじめ全国各地で開く「小山実稚恵の世界」という壮大なシリーズに取り組んでいます。2017年秋の第24回までの曲目は全部発表されています。6月6日名古屋でのリサイタルは《若き恋い》というテーマで、ショパン/ノクターン1,2番、シューマン/謝肉祭など。ちなみに最終回2017年秋はバッハ/平均率クラヴィーア曲集第1巻より第1番、に始まって最後はベートーヴェン/ソナタ 第32番です。 

 この日のプログラムは次のとおりです。

ショパン ノクターン 第1番 変ロ短調 Op.9-1
             第2番 変ホ長調 Op.9-2

ショパン ポロネーズ 第5番 嬰へ短調 Op.44
              第7番 変イ長調「幻想ポロネーズ」 Op.61
      アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ Op.22

ムソルグスキー 組曲「展覧会の絵}

アンコール ショパン   マズルカ 第24番 イ短調
        スクリャビン 左手のためのノクターン
         ショパン   24のプレリュード 第24番 ニ短調 

 久しぶりにピアノリサイタルを堪能しました。聞こえるか聞こえないかの最弱音からオーケーストラと競っても負けないと思われるホール全体に響き渡る強烈な音まで自由自在に鍵盤を操ってみごとな演奏を聴かせてくれました。

 「展覧会の絵」では10枚の絵がプロムナードでつながれながら次々と展開されていきました。ムソルグスキーによるピアノの原曲はラヴェル編曲の交響曲とは別の趣があって楽しめました。

4/18 浜松市教育文化会館 はまホール  

       

2009年4月19日 (日)

ジュビロ初勝利 ジュビロ3-0エスパルス

 6戦目でようやく勝ちました。清水エスパルスとの静岡ダービ-です。前半はエスパルスのペースでしたが、後半になって徐々にジュビロのペースに。そして・・後半10分、今日初出場の韓国代表イ・グノが待望のゴール!28分にイ グノが2点目。35分には前田が3点目。その後もジュビロがボールを支配して守りきりました。シュート数はジュビロ14エスパルス8。ゴールポスト直撃のシュートもあり、5-0になってもおかしくない展開でした。ジュビロの選手たちはしつこくボールを追い、最後までよく走りました。
 新加入のイ・グノにとっては最高のデビュー戦になりました。さすがは能力の高い韓国代表です。

  ようやく勝ちました。まだ1勝です。順位は16位。今日をスタートとしてこれからが大切です。勝ち続けていかないと・・。

 3-0と完勝したことで選手は今年初めての笑顔、サポーターも明るい笑顔で帰路につきました。

Simg_3213_2 Simg_3219
選手紹介:新加入のイ・グノ     清水のゴール裏。「狙うはジュビロの首ひとつ」

Simg_3221 Simg_3224 Simg_3230
ジュビロのゴール裏      先発イレブン    前半、ジュビロゴール付近の攻防

Simg_3231 Simg_3232 Simg_3233 
後半10分、イ・グノの先制ゴール

Simg_3236 Simg_3237 Simg_3240
左:エコパでの静岡ダービーとしては寂しい数字
中・右 イ・グノの2点目

Simg_3242 Simg_3245 Simg_3249
前田が3点目。ボールはゴールに

Simg_3253 Simg_3254 Simg_3256 
笑顔のジュビロイレブン         エスパルスゴール裏はものすごいブーイング

2009年4月18日 (土)

「石田徹也と静岡県ゆかりの画家」展

 石田徹也は1973年焼津に生まれ、2005年東京で踏み切り事故のために31歳で亡くなった画家です。
 1992年焼津中央高校を卒業、1996年武蔵野美術大学を卒業。その後アルバイトをしながら作品の制作に没頭しました。1996年、第64回毎日広告デザイン賞優秀賞、2001年VOCA展2001奨励賞などを受賞しています。

 彼の作品に登場する男性はほとんどすべて同じ顔をしています。会場の一角に展示してある生前の彼の写真を見ると作品に描かれた男性が彼自身によく似ていることがわかります。しかし、彼自身は自画像であることを否定しています。

 彼の作品は現代の社会に生きる人の不安や管理に対する反発の感情、現代の文明に対する風刺を鋭く描いています。道具や機械と一体化した人間像、中には便器と一体化した男の姿もあります。
 20代後半の作品には看護士や消防士が登場します。彼自身が救いを求めているということも考えられます。

 彼の作品の特異な題材と制作手法は従来の絵画にはないもので見る人に強烈な印象を与えます。彼の死後、NHKをはじめテレビ局が特集番組を放送するなどして一躍注目を浴びるようになりました。

 亡くなって2年後、故郷焼津で3月に、静岡県立美術館で7月に展覧会が開かれました。私はその両方を見ました。

 今回の展覧会は静岡県立美術館が所蔵する彼の作品で構成されています。出展作品は代表作と言われる「飛べなくなった人」など72点です。

彼の作品は公式HPに143点アップされているのでご覧ください。

http://www.tetsuyaishida.jp/

2階では静岡県ゆかりの画家展です。曽宮一念・北川民次・中村岳陵・梅原龍三郎・横山大観・秋野不矩などの作品44点です。

 会場で作品の解説パネルが2カ所で作品とは違う内容で驚きました。石田の「クラゲの夢」の解説が「鯉の夢」に掲示されていました。見ている人は絵の中にクラゲを探すのですがどこを見てもありません。2階では「富士山」の絵に、京都・東山の絵の解説が掲示されていました。係員を通じて学芸員に連絡していただき、クラゲの方は正しい位置に掲示されましたが、富士山の方はパネルがないようでした。
 会期の初日とは言え、珍しいことがあるものです。

会場:浜松市美術館 会期 4/18-5/17

Simg_3186 Simg_3187
                           「飛べなくなった人」

美術館のある浜松城公園で
Simg_3183 Simg_3189 Simg_3192 Simg_3193 Simg_3195 Simg_3198
Simg_3199 Simg_3201 Simg_3181

10日前は桜の季節だったのですが、今日は八重桜と藤そして新緑の風景でした。

2009年4月17日 (金)

「よみがえる黄金文明」展・・ブルガリアに眠る古代トラキアの秘宝

 バルカン半島のブルガリア・・と言えばヨーグルト・琴欧州・バラの香水ぐらいしか思い浮かびません。

 このブルガリアで世界最古の黄金の製品が数多く出土しています。それもつい最近のことです。この展覧会の目玉とされている「トラキア王の黄金のマスク」は2004年に発掘されました。また「黄金の花冠」は2005年に発掘されたばかりです。

 出品されている170点の作品のうち、最も古い物は前5000年紀の後半の物で金の腕輪やアップリケなどです。いずれも見事な細工で美しく輝いています。日本では縄文時代にあたります。このヴァルナ文化はトラキア以前の文化です。

 トラキア人とは・・勇敢な騎馬戦士としてトロイ伝説にも登場する民族で、前3000年紀からバルカン半島に勢力を築き、前5世紀から前3世紀が最盛期でした。同じバルカン半島のギリシヤ文明隆盛の時期と重なります。彫像、陶器、杯などにはアポロ・ヘラクレス・アドニス・ゼウスなどが登場します。

 170点の大半が金・銀・青銅などを加工したものですが、彫金の技術は驚嘆すべきレベルで微細な模様まで克明に表現されています。材料の金はどこで算出されたものか解明されていませんが、大量の金を用いた数々のみごとな作品を見ると、当時のトラキアの栄華と権力者の財力がよくわかります。

 トラキア人は文字を持たなかったこともあってこれまでほとんど知られていなかったのですが、近年の発掘によってにわかに脚光を浴びるようになりました。今後さらに発掘や研究が進むと世界史の一部が書き換えられることになるかもしれません。

 ショーケースの中で黄金色や銀色に輝く数々の作品は思わず息をのむような美しさでした。

 Simg_3115 Simg_3120
 「トラキア王の黄金のマスク」(看板)       チラシ

このマスクは672㌘の金をの板を打ち伸ばして厚さ3㍉のフィアラ(酒盃)にしたものです

Simg_3122 Simg_3118
         チラシ                 マグネット

展覧会のHPがよくできています。主な作品も見ることができます。
HP: http://www.yomigaeru-gold.jp/

静岡県立美術館のHPでも主な作品を見ることができます。
http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/

この展覧会は4/11~5/17 静岡県立美術館で。その後福岡へ巡回して終わります。

2009年4月16日 (木)

桜前線21 八重桜満開・・静岡県立美術館界隈

 5日ぶりの桜です。ソメイヨシノは14日の雨で終わり、今は八重桜の季節です。
 静岡県立美術館の界隈では八重桜が満開になっていました。ツツジの鮮やかな赤とモミジの透き通るような緑も美しいロダン館の周辺でした。
 静岡市では午後の気温が27.1℃で夏日になりました。

Simg_3086

Simg_3079 Simg_3080
屋根はロダン館。この下に「考える人」や「地獄の門」があります

Simg_3084 Simg_3085
「一葉」=雌しべの下半分が葉に変わります

Simg_3088 Simg_3089
   「一葉」と「鬱金」                   「鬱金」

Simg_3092 Simg_3097
Simg_3101 Simg_3102
Simg_3108 Simg_3104
                            赤いハナミズキと八重桜

Simg_3106 Simg_3111 
       コテマリ                      モミジの青葉

2009年4月15日 (水)

ジュビロのホームタウン‘磐田’の危機

 私が磐田で勤めている頃、全国どこへ行っても「磐田から来た」と言えば、必ずジュビロのの話がでました。天竜川を挟んだ西隣の浜松よりは知名度が高かった印象があります。札幌でも那覇でもどこでも同じでした。磐田=ジュビロの町・・でした。

 1994年にJリーグに加盟したジュビロはその後間もなく実力を発揮して強豪チームになりました。97,97年にはリーグ優勝、02年には前後期を制して完全優勝。今にして思えばこの頃が絶頂期でした。03-04の天皇杯で優勝した04年元旦がその最後でした。当時は全国どこへ行ってもジュビロのことを誇らしげに話したものでした。

 それから・・04年はリーグ5位、05年6位、06年5位となんとか上位を伺う位置にいましたが、07年は9位、そして昨年は16位。入れ替え戦の最後の瞬間までJ1残留がわからないという悲しい結果になりました。

 今年はリーグ戦0勝2分3敗、ナビスコ杯2分。7試合で0勝4分3敗。18位はリーグ最下位です。

 スタンドは満員でチケットを取るのが大変だったのがつい昨日のことのように思えますが、最近はスタンドに空席が目立ちます。わが町ジュビロを誇りを持って熱狂的に応援してきた市民たちがジュビロから離れています。ジュビロのことが話題になると、「勝てないね。弱くなったね。見てもつまらないね。応援する気持ちがなくなった」などと後ろ向きの話になってしまいます。

 好きなチームが大変な時こそしっかり支えるのがサポーターだという声もありますが、あまり大きな声になってきません。

 成績不振→入場者減→収入悪化→選手層のレベルダウン→成績不振という悪循環に陥ることが心配です。

 今は全国どこへ行っても同情されるばかりで・・。

 19日には清水エスパルスとの静岡ダービーがエコパであります。チケットが売れていません。エスパルスの方が勢いがあります。今年初の勝利をが期待したいのですが・・。

最近画像がないのでサッカーとは関係ないのですが、わが家のツバキを二輪どうぞ。

Simg_2965 Simg_3076

2009年4月14日 (火)

忙しい一日

 今日は朝8時半から5時まで浜松市西部清掃工場内「えこはま」でお仕事。夜は7時から自治会連合の役員会があり9時前に帰宅しました。ということでほとんど家にいない一日・・ブログにアップする画像を撮るチャンスもまったくない日でした。
 昼前から雨が降りしきり時折強い雨がたたきつける荒れ模様の天気で、残っていた桜の花びらがほとんど落ちて濡れていました。「えこはま」からの帰りの道路はかなり渋滞していました。

 年度初めということで自治会でも活動計画や予算など、いろいろ決めることがあります。浜松まつりの当番を決めるのもその一つです。まつり本番まで後20日、わが町内でも準備が進み、ムードが盛り上がっています。まつりの日が今日のような天気にならないようにと祈るばかりです。

 このブログを始めて間もなく1年になります。この1年の間に休んだのは1日だけだと思います。昨日、今日と画像がない日が続いていますが、なんとか休まないで更新したいという私の思いが伝わればうれしく思います。

2009年4月13日 (月)

大学の授業始まる

 浜松では桜が終わってフジやツツジの季節になりました。今日も汗ばむような陽気で、3週間後に迫った浜松まつりの頃を思わせるような暑い日でした。

 静岡文化芸大の前期の授業が今日から始まりました。その第1限、受講する学生のほとんどが新1年生の教室では大学の授業を初めて受けるフレッシュな学生たちが緊張した面持ちで静かに待機していました。

 やがて授業が始まりました。私語一つなく、携帯の音もせず学生たちはノートをとっていました。先生は新入生に対して、・遅刻をしないこと、・ノートをしっかりとることなど、授業を受ける基本的な態度に触れながら前期の授業の進め方について丁寧にガイダンスをしてくださいました。われわれ社会人聴講生は10人ほど。顔なじみのメンバーとも久しぶりに再会しました。

 2限は1年生の共通科目ということで200人に近い大集団が大講義室を埋め尽くしていました。この授業では毎時間最後の5分間に①今日の授業でわかったこと②わかりにくかったところ③質問④感想や意見。もっと知りたいこと、をA4の用紙に書いて提出します。先生は200枚近くをすべて読み、次の時間に質問への回答や補足などをしてくださるとのこと・・大変な労力だと思います。

 午前の授業が終わったところでたまたま副理事長先生と談話室でお話する機会がありました。大学として授業改善に積極的に取り組んでいるというお話を伺いました。特に20年度からはFD活動(Faculty Development)を進めているということです。FD活動とは、大学教育の質的な向上を図るための様々な取り組みの総称です。
 今日のお二人の先生の授業からその取り組みが進んでいることを実感しました。

 すべての授業について最後の時間に学生が5段階で評価することが行われていますが、16年度から19年度までの全体の評価の平均は4.0~4.3でかなり高い数値であると思います。

 来週からの授業が楽しみです。今期も若い学生たちと共に真剣に、楽しく学びたいと思います。

本日は画像はありません。

2009年4月12日 (日)

修理・再生した家具を販売しています

 浜松市西部清掃工場には「えこはま」という環境啓発施設が併設されています。この「えこはま」に木工家具の修理・再生を行う「リユース工房」があります。ヤマハOBで木工加工や木工塗装などの優れた技術を持つスペシャリストのメンバーが、みごとな腕前を発揮して古い家具を鮮やかによみがえらせています。
 寄付していただいた家具で修理が終わった家具は「えこはま」で展示して販売しています。12日現在で50数点あります。そのうち購入希望が延べ31点あります。同じ家具に複数の希望者があった場合は抽選になります。4月の抽選は25日(土)午後1時です。12日現在最高倍率は4倍です。

 最高価格は5,000円なのでお買い得です。ぜひ一度「えこはま」にお出かけください。
販売する家具の一部です。

Simg_2758 Simg_2764 Simg_2767_2
ごみ分別ボックス 5,000円  ギター 4,500円       和机 5,000円

Simg_2771 Simg_2780 Simg_2782 
  椅子 3,000円       げた箱 5,000円      クローゼット 4,500円

Simg_2787 Simg_2785 Simg_2793
  学習机 4,000円         飾り棚 3,500円     ベッビー箪笥 4,000円      

 

2009年4月11日 (土)

磐田東2-2四中工 プリンスリーグ第1節

 JFAプリンスリーグU-18は高校生年代(ユース)の大会で全国9地域で行われます。高校の部活チームとJリーグのユースが同等に戦います。プリンスリーグ東海2009は今日が第1節で7月まで。静岡8、愛知1(名古屋ユース)、三重1(四中工)の10チームです。岐阜は0。

 磐田東は四中工と対戦、2-2で引き分けました。開始間もなく先制されましたが、前半10分過ぎに同点、前半終了間際に鮮やかに勝ち越しました。後半もよく守ってこのまま終わるかと思われた後半40分過ぎに同点のゴールを許して引き分けに終わりました。

 ジュビロ、エスパルス、グランパスのユースチームと対戦できるこのリーグ戦はチームの戦力アップに大いに有効です。今年もぜひ1部残留を目指して頑張ってほしいと思います。

Simg_3029_2 Simg_3026_2
会場は藤枝総合グランド(元祖サッカーの町)    磐田東 ゴール!!同点

Simg_3032_2  Simg_3034_2
勝ち越しのゴールで2-1

Simg_3049_2 Simg_3052_2
ロスタイムの猛攻も及ばず          引き分けて控えの部員たちにあいさつ
 

桜前線⑳ 名残の桜

 風もなく穏やかな日が続いていて桜の花が生きながらえています。
 四ツ池公園陸上競技場では桜が散る中で 県西部地区の高校陸上競技大会が行われていました。

Simg_3000_3
Simg_2994_2 Simg_2999_2
   陸上競技場の桜                    桜と楠の若葉

Simg_3007_3 Simg_3009_2
                          右側の野球場では高校野球西部大会

四ツ池公園
Simg_3015_2 Simg_3012_2 Simg_3019_2
    八重桜            桜からツツジへ       モミジの若葉

季節は春から早くも初夏に移りつつあります

2009年4月10日 (金)

今日のレーチェ 4/10 久しぶりの外出だけど・・

 最近は‘脱走’することもなくなって外へ出たことがないレーチェです。天気のいい日が続いて暖かくなってきたのでリードをつけて外へでました。
 しかし・・なかなか歩こうとしません。家に戻りたい様子です。せっかくのお散歩は数分でおしまいに。

Simg_2977 Simg_2980_2

Simg_2981 Simg_2983

Simg_2985 Simg_2986
   部屋に戻りたい!

Simg_2989 Simg_2991 
 

わが家の‘初夏’の風景・・グルメと花

 気温が連日20℃を超えて動くと汗ばむような陽気が続いています。つい10日ほど前には肌寒い日もあったのですが、桜の花が残っているうちに浜松まつりの頃を思わせる初夏のような暑い日が続いています。12日はわが町のお祭りの会所開きです

わが家のお昼

Simg_2958 Simg_2959
左:冷やし中華。気温が20℃を超えるようになるとスーパーでは一斉に商品を入れ替えて夏向きのメニューをそろえます。冷やし中華もその一つです。
右:浜松・三方原の新じゃがいも。1㎏500円と高いのですがほかほかしておいしい。

庭の花や木も初夏の装い

Simg_2962 Simg_2963 Simg_2960
  モミジの若葉          枝垂れ桜とモミジ    ハナミズキ
Simg_2971 Simg_2966 Simg_2967
 クルミの若葉            陽光を浴びて光る若葉  モッコウバラ
Simg_2969 Simg_2973 Simg_2975
    ツツジ              ヤマブキ       浦島草

2009年4月 9日 (木)

桜前線⑲ 散りゆく桜とチューリップ・・浜松フラワーパーク 【画像追加】

 桜のシーズンはもう終わり・・かと思って出かけて見るとまだまだ桜はしっかり咲いていて春の風情を楽しむことができます。

 浜松フラワーパークの桜はすでに散ってしまった木もありますが、今週末までは十分楽しめます。色とりどりのチューリップが満開でみごとです。今夜は満月・・ライトアップされた夜桜とチューリップを楽しむ人で賑わっていることでしょう。

 私がフラワーパークに居た午前11時の気温は20.6℃で汗ばむような陽気でした。

【画像をクリックすると大きくなります。画像の右上の×をクリックすると元に戻ります】

Simg_2896
Simg_2891 Simg_2893 
Simg_2899 Simg_2900
Simg_2902 Simg_2921

Simg_2922
Simg_2882 Simg_2890
Simg_2894 Simg_2897
青い花はネモフィラです     チューリップは色も形も様々です

Simg_2907
Simg_2911_2 Simg_2913 Simg_2916
                    市原虎の尾        糸桜

Simg_2884 Simg_2887
4月10日 静岡新聞朝刊で報道された「鬱金(うこん)」です

Simg_2925
             美しい里山です。画面下部は菖蒲園
Simg_2930 Simg_2933 Simg_2935
里山のモミジの若葉と桜。モミジの若葉は木によって色様々

Simg_2929 Simg_2947 Simg_2940
   ミズバショウ         ベニバナトキワマンサク    レンゲ

Simg_2950 Simg_2951

Simg_2952 Simg_2953 
9月19日に始まる浜松モザイカルチャー世界博2009のPRをしている
浜松市の福市長ウナギイヌ。今日は着せ替えをしていました。苗を1株
ずつ埋め込んでいきます。

2009年4月 8日 (水)

桜前線⑱ 桜とツツジの色模様 つつじ公園(磐田)

   午前中、高校の入学式、午後、中学校の入学式でした。その合間の時間を利用してつつじ公園に行ってきました。満開の桜の花びらが風に舞う下で、ツツジが鮮やかに咲いていました。

Simg_2845

Simg_2846 Simg_2860_2
                            ツツジの花の上に桜の花びらが
Simg_2833 Simg_2843

Simg_2815
Simg_2820 Simg_2825
Simg_2837 Simg_2852_2

Simg_2841 Simg_2858
          桜とモミジの若葉のコントラストです

見付天神
Simg_2865_2 Simg_2866 Simg_2867 
国指定重要無形民俗文化財の裸祭りで有名です

入学式の日の学校の桜
Simg_2798 Simg_2801 Simg_2804
新入生たちは満開の桜の中で新しい学校生活のスタートを切りました

2009年4月 7日 (火)

桜前線⑰ 鳥羽山公園と不動寺はお祭りでした

1 鳥羽山公園

  天竜区の鳥羽山公園は天竜川を見下ろす丘の上にあります。5日はお祭りで大勢の人で賑わっていました。

Simg_2590 Simg_2606
  天竜川が見えています         左は天浜線鉄橋 右は国道362号線鹿島橋

Simg_2611 Simg_2613

Simg_2594 Simg_2595

Simg_2604 Simg_2614
   祭りの会場               投げ餅です

2 不動寺

Simg_2653 Simg_2648
Simg_2651 Simg_2655
Simg_2658 Simg_2660

3 万葉の森公園

 不動寺に隣接しています。

Simg_2627 Simg_2628
                            翁草

Simg_2662 Simg_2626 

2009年4月 6日 (月)

桜前線⑯ 船明ダム&小國神社 満開の桜の競演です

1 船明ダム湖畔

 桜前線シリーズもそろそろ終わりです。今年は近回りの桜ばかりを追っています。半日もあれば十分往復できる所です。

 浜松市天竜区の船明ダムはこのブログでも何度か登場しています。湖畔では桜の木が400㍍にわたってみごとなトンネルを作っています。

 湖面の青い水をバックにした桜もきれいでした。

Simg_2673
Simg_2672 Simg_2667

Simg_2671 Simg_2676 Simg_2677
                               桜のトンネルです

Simg_2681
Simg_2686 Simg_2684_2 Simg_2701_2
みごとなトンネルです      左の野球場と右の陸上競技場の西側にあります

2 小國神社

 Simg_2709
Simg_2736 Simg_2722
 小國神社は紅葉と梅暦に続いての登場です。ここの桜は広い境内に点在している上に、他の樹木と混在しているため圧倒的な美しさには欠けるところがあります。境内のところどころでシャクナゲが咲いていました。

Simg_2754
Simg_2740 Simg_2752
この3枚は神社入り口から峠を登り詰めたところにある池の畔です

シャクナゲいろいろ

Simg_2706 Simg_2715 Simg_2718
Simg_2719 Simg_2720 Simg_2721 Simg_2726 Simg_2731 Simg_2720_2
                                 ツツジ

Simg_2728 Simg_2729 Simg_2730

 

     

2009年4月 5日 (日)

桜前線⑮ 二つの桜トンネル・・家山(島田市)

 家山の桜トンネルには200㍍にわたって約300本の桜があります。樹齢70年の古木の横をSLが通り抜けて行きます。

 家山河沿岸の緑地公園には200本・・こちらの方が‘トンネル’らしい風景です。

Simg_2466
                                 緑地公園の桜トンネルです

Simg_2473 Simg_2462
Simg_2463 Simg_2460

文化センターのある丘から見た風景

Simg_2481 Simg_2484
手前が河沿いの桜トンネル。その右上が古い桜トンネル   野守の池

野守の池

Simg_2488_2 Simg_2490 Simg_2494_2

線路沿いの桜トンネル

Simg_2411
Simg_2413 Simg_2408 Simg_2409

大井川鉄道に乗る

Simg_2362_2 Simg_2365 Simg_2364
始発の金谷駅で       かなりの乗客です      鋏の入った硬券です

Simg_2377 Simg_2380 Simg_2393
沿線の随所で桜が咲いています             家山駅の桜が迎えてくれます

 

2009年4月 4日 (土)

ジュビロ磐田0-1FC東京 ジュビロはリーグ開幕4戦未勝利

 今日も勝てなかったジュビロ・・初勝利はいつになるのでしょうか。リーグ戦は4試合目で1分3敗。ナビスコは2分。今季6試合で未勝利です。

 今日の相手のFC東京も必ずしも好調とは言えない状況にあります。前半はジュビロのペースで決定的なチャンスもあったのですが、それをはずしては点が取れません。特にキックオフ0分でジウシーニョがGKと1対1になりながらGKに当ててしまったミスが大きかったと思います。山本康裕もGKに当ててしまいました。GKのファインセーブと言えるのかもしれません。康裕はこのところ毎試合連続して決定的チャンスを逃しています。

 前半は安心して見ていることができたのですが、後半の半ばから守勢に回りました。そして・・とどめの1発はまたしても赤嶺でした。昨年も赤峰には何度もゴールを割られています。今日も警戒していたはずですが、天敵にやられました。

 前田は依然として得点0。来週になると韓国代表のFWイグノが加入します。前田のポジションも危うくなります。 

 降りしきる雨の中でのゲームで、レインコートを着用していても濡れました。入場者は8,716人。リーグ戦で1万人を割るのは珍しいことです。冷たい雨に零敗のゲーム。とにかく勝たないことには客も入りません。次はアウエイで千葉(11日)、その後はエスパルスとの静岡ダービー(19日)、京都(25日)、マリノス(29日)続きます。4月中に勝てるでしょうか。

降りしきる雨の中での観戦でしたので画像はありません。

桜前線⑭ 満開の四ツ池公園・・昼間のお花見

 四ツ池公園の野球場・陸上競技場の桜が満開になりました。西から雨が迫ってくる曇り空。自治会OB会のお花見は雨が来る前にお開きになりました。

Simg_2561
    野球場一塁側階段から。右は陸上競技場です。

Simg_2560 Simg_2559
           野球場から陸上競技場を望む

Simg_2553 Simg_2557
                陸上競技場の桜  

Simg_2528 Simg_2535
                 自由広場

Simg_2538_2 Simg_2536_2 Simg_2537
                     ツツジに桜?鳥が蜜を吸って落としたものでしょう

Simg_2547 Simg_2565 Simg_2567
左・野球場 右・陸上競技場   陸上競技場      駐車場東サイド

Simg_2564_2 Simg_2566
 野球場では高校野球春の西部地区大会 天竜林業2-2浜松西

Simg_2573 Simg_2576 
  われわれのお花見の宴         家族連れも三々五々お花見

2009年4月 3日 (金)

太鼓と篠笛のコラボ・・金子竜太郎と山口幹文

 最近は桜前線シリーズが続いていますが、桜は1回お休みしてコンサートの感想です。

Ryu's beat 金子竜太郎meets山口幹文 というセッションライブです。

 金子竜太郎(45歳)は和太鼓集団「鼓童」の中心となるプレイヤーとして20年間活動した後、2007年に独立した太鼓奏者です。山口幹文(55歳)は「鼓童」の中心メンバーとして笛・胡弓・箏三味線などを務めています。

 今回のセッションライブは金子がプロデュースしたもので、和太鼓と笛という二つの楽器の持つ魅力を最大限生かしてそれぞれ超絶技巧ですばらしい演奏を聴かせてくれました。

 金子は5つの太鼓を駆使して音の高低、強弱、速さ、リズムなど変幻自在のばち捌きでプロの太鼓奏者の神髄を見せてくれました。

 山口は竜笛、真竹の笛、能管などいろいろな笛で叙情豊かな、あるいは妖しげな、あるいは激しいメロディーを聴かせてくれました。

 それぞれのソロもたっぷり聴かせてくれました。特に金子が作り出した灰皿ぐらいの大きさのチャッパという小型のシンバル二つを使った演奏はまさに超絶技巧で驚嘆しました。山口に言わせると、チャッパを考案したことが金子の最大の功績だとか・・。

 この二人の演奏は初めて聴きましたが、演奏もトークもなかなか楽しくてすばらしいコンサートでした。

演奏曲目:
1 千里馬
2 光
3 蒼き風
4 ソロ(金子)本日のチャッパソロ
5 ソロ(山口)山唄
6 Snow in Arab
7 メドレー アカバナ・虹のなごり・BIrd Island?アカバナ
8 風雷童
9 風唄

アンコール 道

4/3 クリエート浜松ホール

金子竜太郎 Official sight   http://ryu-beat.com/

桜前線⑬ 満開のサクラの中を行くSL・・大井川鉄道

 大井川鉄道はSL列車を毎日運行しています。桜の季節にはSLに乗ってお花見に行くコースが大人気で土日にはツアー客で満席の状態です。
 満開の桜の中を疾走するSLを撮影する人も多くて場所取りが大変です。お気に入りのポイントを定めて早くからカメラを構えて待ち続けています。

 私は浜松からJRと大井川鉄道の普通電車を乗り継いで出かけました。

金谷発11:07 家山発11:45 下りSL臨時急行が家山駅に着く直前に家山橋を渡る手前を行くSL列車です

Simg_2438
Simg_2432 Simg_2437 Simg_2439 Simg_2440 Simg_2451 Simg_2453
  C10 8号

撮影のポイントではカメラマンが待ちかまえています

Simg_2382 Simg_2398
家山の一つ手前の大和田駅で       家山川の鉄橋付近で
Simg_2399 Simg_2402
鯉のぼりとSLと桜を1枚に納めるポイント   正面から撮れるポイント

金谷発11:48 家山発12:28  下りSL臨時急行川根路号 家山駅で

Simg_2503
          C11 227号

Simg_2501 Simg_2502 Simg_2504
                             汽笛一声・・発車です
Simg_2507 Simg_2511 Simg_2519

家山の桜は別途アップしますがここで少しだけご覧ください。

Simg_2410 Simg_2461
   桜トンネルの桜                家山川堤防の桜並木  

2009年4月 2日 (木)

桜前線⑫ 八幡堀の桜・・商人の町:近江八幡

 近江八幡は近江商人発祥の地の一つです。商人たちが住んだ町は「重要伝統的建造物群保存地区として町並みが保存されています。
 近江八幡が発展した要因の一つは水運です。秀吉は八幡堀を運河として利用し、琵琶湖を往来するすべての船を八幡の町に寄港させました。

 3月28日の近江八幡はまだ風が冷たく、桜はほとんどつぼみでした。静かで風情のある小さな町でした。

Simg_2097
                 八幡堀

Simg_2088 Simg_2089
Simg_2092 Simg_2096
Simg_2098 Simg_2099
Simg_2103 Simg_2102

古い町並み

Simg_2080 Simg_2079 Simg_2078 
                         白雲館=旧八幡東学校(1877年)

Simg_2082 Simg_2081 Simg_2083

ヴォーリズ建築

 1905年、現在の八幡商業高校の英語教師としてアメリカから来日。その後建築家として全国約1600に及ぶ 建物の設計をしました。メンソレ-タムの輸入やハモンドオルガンの導入、近江兄弟社の設立などでも知られています。
 彼の建築は各地の教会のほか、明治学院、同志社、関西学院などの大学の建築、公共施設、個人住宅など多様です。

 近江八幡には彼の設計した建築がいろいろ残されています。


Simg_2109_2 Simg_2110_2 Simg_2111_2
旧八幡郵便局            内部             図面

Simg_2112 Simg_2113  Simg_2121_2

Simg_2123 Simg_2124 Simg_2127

桜前線⑪ 満開の桜を見ながらワクワクハイキング・・浜松軽便鉄道線路跡を歩く

 今日(4/2)本年度第1回のワクワクハイキングで遠州鉄道奥山線=浜松軽便鉄道の線路跡を歩きました。
 参加者は80代から60代までの54人。過去最高の人数でした。強い風が吹いていましたが、10時の気温は12℃で歩くと汗ばむほどでした。

Simg_2316
         奥山線広沢トンネルの跡

Simg_2300 Simg_2321
   広沢トンネルの北で           広沢トンネルの上から

Simg_2272 Simg_2281 Simg_2282
わが家から四ツ池公園を抜けて集合場所へ    駅の跡です

Simg_2285 Simg_2286 Simg_2287
駅の跡を通り過ぎて行きます   この細い道が軽便の線路跡です。人と自転車専用

Simg_2294 Simg_2299 Simg_2309
浜松北高の正門を過ぎて広沢トンネルへ向かいます

Simg_2313 Simg_2324 Simg_2314
奥山線記念のモニュメントです

Simg_2318 Simg_2317 Simg_2323
広沢トンネルの南側です              トンネルの上から見た市立高校

在りし日の奥山線を偲ばせるパネル

はじめは浜松軽便鉄道と呼ばれた奥山線は、1914(大正3)年に元城-金指間が開通、全線開通は1923年でした。廃線は1964(昭和39)年でその時は19駅でした。
Simg_2327 Simg_2328 Simg_2330
マンションのフェンス      亀山トンネルの中にパネル があります
Simg_2332 Simg_2333 Simg_2334 Simg_2335 Simg_2336_2 Simg_2338

Simg_2349 Simg_2350
中部中の北。元のプール跡             浜松城公園も満開です

Simg_2354 Simg_2357 Simg_2360 
左:北田町停車場跡
中:ここも線路跡です
右:終着の遠鉄浜松駅付近。現在のクリエート付近。右下から中央に向かっている2本の線は高架になる前の遠鉄線路跡。ここから馬込へ向かっていました。左のビルは県西部総合庁舎。中央右の高いビルはアクトタワーです。

奥山線=軽便鉄道の線路跡はこれまでのワクワクハイキングで奥山から浜松までの大半を歩きました。細い道ですが大部分は車を通さない路なので安心してゆったりと歩けます。

浜松北高正門前から中部中学校北を抜けて浜松城公園へ抜けるコースがおすすめです。

     

            

2009年4月 1日 (水)

桜前線⑩ 趣のある境内・・医王寺の桜は満開です

 医王寺は磐田市東部の鎌田にある真言宗のお寺です。744年、行基が開基したと伝えられています。
 広い境内には数多くの植物が植えられており、四季折々美しい花を楽しむことができます。
 医王寺では環境への取り組みに熱心で、墓地の生花や剪定した木の枝などはエンジン粉砕器で細かく砕いて堆肥にしています。

 30日にはいろいろな桜がほぼ満開でした。いろいろなツバキやシャガ、ヤマブキなども咲いて春爛漫の境内でした。

Simg_2198_2

Simg_2206_2 Simg_2165
   山門(1847年建造)

Simg_2176_3 Simg_2188_2
   大師堂(1834年)

Simg_2192_2 Simg_2212_2

Simg_2220_2 Simg_2217_2 Simg_2216_2

Simg_2188_3 Simg_2189 Simg_2215  

Simg_2183_2 Simg_2185_2 Simg_2186_2 

Simg_2167_2 Simg_2168_2 Simg_2170
  シャガ(胡蝶花)             ヤマブキ

Simg_2209 Simg_2210 Simg_2221
左:客殿(1714年) 右:庫裡   枯山水の庭(1620年頃)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »