2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月31日 (火)

桜前線⑨ 浜松城公園で花見の宴 開花が進みました

 30日の浜松は日中の気温が14℃まで上がりようやく暖かくなってきました。この暖かさで、足踏みしていた桜の開花が一挙に進みました。その桜の花の下で、NPOのメンバーで打合せを兼ねてお花見をしました。午後6時の気温は11℃、8時には10℃・・震えあがるような寒さではなくて楽しく過ごすことができました。

Simg_2227
    午後5時58分の浜松城です。満開に近い桜。

Simg_2229 Simg_2233

Simg_2237_2 Simg_2248_2 Simg_2230_2 
月曜日ということもあって園内は場所取りの必要ありませんでした。

Simg_2256
    ライトアップされた天守閣・・午後6時31分です。

今週末がお花見のピークになりそうです。

 

2009年3月30日 (月)

桜前線⑧ 彦根城界隈 桜よりもひこにゃん

 彦根城の桜は一部で開花しているものの、本格的な開花は4月になってからという状況でした(28日)。お花見よりもひこにゃんをお目当てに登城した人も多かったのではないでしょうか。風が冷たいお城とその界隈でした。

Simg_2039_3

Simg_2014 Simg_1979
Simg_1986 Simg_1978_2

桜よりもひこにゃん
Simg_2023
Simg_1981 Simg_1987

城内にある県立彦根東高校

 寛政11(1799 )年創立の藩校「稽古舘」に始まり、200年以上の歴史を有する名門校です。2008年春の進学実績は、東大3・京大15など国立合格148(浪人を含む)。
この春の選抜高校野球で21世紀枠で出場しましたが、26日に習志野と対戦、4:5でサヨナラ負けしました。学校は彦根城内の中壕と内壕の間にあります。

Simg_1976 Simg_1975

Simg_2020_5 Simg_2021
天守閣の上層からの展望 左:遠くに伊吹山  右:中心市街地

Simg_2044 Simg_2045
Simg_2046 Simg_2047 

玄宮園

Simg_2059 Simg_2056 

城内で

Simg_2060_2 Simg_2062  Simg_2068_2
 井伊大老の像

夢京橋キャッスルロード

Simg_2069 Simg_2070   

2009年3月29日 (日)

桜前線⑦ 三井寺(大津)の桜・・咲き始めです

 園城寺(三井寺)は大津市にある天台寺門宗の総本山です。俗に三井(みい)寺と呼ばれるのは、天智・天武・持統天皇の産湯に用いられた霊泉があり、「御井(みい)の寺」と呼ばれていたのに由来します。多くの国宝・重要文化財・名園などがあります。

 空には雪雲が流れている寒い日で、境内の桜は一部で開花しているものの、見頃まではまだ10日ぐらいかかる感じでした。

Simg_1922
          仁王門(重文) 家康が寄進

Simg_1945 Simg_1953

Simg_1958 Simg_1959

三井の晩鐘
Simg_1926 Simg_1928
        鐘楼は重文。日本三銘鐘の一つ

Simg_1929 Simg_1930
     金堂は国宝です

三井の霊泉
Simg_1932 Simg_1933

Simg_1935 Simg_1951 Simg_1961
弁慶の引き摺り鐘     八重ツバキ  寒風吹きすさぶ琵琶湖。大津プリンスホテル

ひこにゃん特集号

 桜の便りは1回お休みで、今回は「ひこにゃん」の登場です。「ひこにゃん」は2007年の彦根城築城400年祭のイメージキャラクターで、井伊家由来の赤い兜ををかぶったネコです。

 いわゆる‘ゆるキャラ’として大変な人気で、ひこにゃんに会うために東京から彦根に通う人もいるほどです。3月までは週末にしか登場しませんが、4月には毎日彦根城内に登場します。

 28日(土)3回登場の予定で、私が見たのは10時30分からの第1回でした。1回に約30分いろいろなかわいい演技をします。観客からはプレゼントが手渡されていました。

Simg_1994
Simg_1990 Simg_1991 Simg_1992
登場する15分前には100人以上の人が輪を作って待っていました。係員から説明がありやがてひこにゃんが登場してごあいさつ。場所は天守閣前の広場・・見えている石垣の上に天守閣があります。

Simg_2003  Simg_2002
Simg_2005 Simg_2009

Simg_2033 Simg_2026
Simg_2034 Simg_2036
いただいたプレゼントを持って退場です

Simg_2037_2 Simg_2038   

2009年3月28日 (土)

桜前線⑥ 名古屋城は枝垂れ桜が満開です

 例年よりも早く開いた桜の花が冷たい風に震えていました。名古屋城では27日から春まつりで、夜はライトアップが行われています。枝垂れ桜は満開になっていますが、ソメイヨシノはまだちらほらで見頃は4月5日頃でしょうか。

Simg_1912
Simg_1900 Simg_1897
Simg_1901 Simg_1904
Simg_1908 Simg_1918 

画像の訂正です

画像の訂正です
先程アップした城の画像は昨日アップした名古屋城の画像と同じものでした。旅先で携帯を操作していてミスしました。改めて玄宮園から見た彦根城の遠景の画像をアップします。

彦根城とひこにゃんです

彦根城とひこにゃんです
彦根城とひこにゃんです
桜はようやく咲き始めたところでした。ひこにゃんはかわいい仕草で大人気でした。

2009年3月27日 (金)

名古屋城の桜です

名古屋城の桜です
名古屋城の桜です
琵琶湖へ行く途中、名古屋の桜を見るために寄り道しました。桜はまだまだです。

2009年3月26日 (木)

桜前線⑤浜松の桜・・寒波で開花が足踏み

 18日前後に桜が開花した浜松ですが、その後寒い日が続いて開花が遅れています。通常は開花から満開まで1週間と言われていますが、1週間過ぎた今日もまだ2分から3分咲き程度です。今週末がお花見のピークかと思いましたが、来週でもまだ大丈夫のようです。

浜松城:今日正午の気温は10.2℃で風速8㍍。1週間前の19日は気温が20℃を超えていました。この1週間で開花は進みましたがまだまだです。

Simg_1874 Simg_9166_2 Simg_1865_2 Simg_9157
  19日の画像です        26日            19日

Simg_1866 Simg_1887 Simg_1883
26日正午です。場所取りが始まっていました。

四ツ池公園

Simg_1856_2
Simg_1835 Simg_1838
Simg_1846 Simg_1860

学校の桜

Simg_1840 Simg_1841
浜松の学校

Simg_1781 Simg_1793
磐田の学校(25日)             八重桜:人工芝をバックに   

2009年3月25日 (水)

寒い、寒い試合:ジュビロ0-0マリノス

 午後8時の磐田の気温8.6℃、風速4~5㍍・・体感気温は4℃ぐらい。寒風吹き抜けるヤマハスタジアムでの今夜のゲームはナビスコカップの初戦でした。
 リーグ戦で3戦して1分2敗とまだ勝ち星がないジュビロは今シーズンの初勝利を目指しましたが、スコアレスドローで勝利はお預け。相手のマリノスも2分1敗と不調で調子のあがらないチーム同士のゲームは盛り上がりに欠ける内容でした。スタンドのサポーターは、寒い寒い、ゲームも寒いと口々につぶやいていました。今季4試合目で初めて失点0だったのがよかったところでしょうか。
 前田がまだゴール0と調子があがってこないのが気になります。ゴン中山は今シーズン初めてベンチ入りしましたが、出番はありませんでした。

Simg_1799 Simg_1807 Simg_1813
攻めてもゴールを割ることはできません

Simg_1800 Simg_1801 Simg_1820_2
入場者は5463人。平日の寒い夜とは言え、スタンドは閑散としていました。
右はマリノスのゴール裏。この寒いのに上半身裸の姿も見られました。

Simg_1816 Simg_1818
初勝利はお預けでした。次の新潟戦に期待しましょう。

2009年3月24日 (火)

SBSテレビの取材・・放送は31日です

 「えこはま」で静岡のテレビ局SBS(TBS系列)の取材がありました。取材は古い家具を修理・再生するリユース工房を中心として行われました。朝10時に始まった取材は午後2時過ぎまで続きました。

 放送は3月31日午後4時45分~5時45分の新番組「SBSイブニングeye」の時間帯です。どうぞご覧ください。

 リユース工房のスタッフは木工や塗装などいろいろな技術のスペシャリストの集団です。このスタッフの手にかかると壊れた家具や汚れた家具がみごとに生まれ変わります。

 取材スタッフはプロの技術に感嘆していました。

 寄付された家具は再生して4月から販売します。最高5000円なので人気が出そうです。購入希望者が多い場合は抽選になります。修理が終わった家具は「えこはま」に展示してあります。どうぞご覧ください。

 不要になって寄付してもいい木工家具、修理して使いたい家具がありましたら「えこはま」まで持ち込んでください。材料費実費で修理します。

Simg_1710 Simg_1768 Simg_1750
左:塗装の専門家。国家資格である木工塗装検定1級で全国第1号の合格者です
中:汚れた机の天板を細筆でみごとに修復します
右:カンナがけで古い机が再生されます

Simg_1726 Simg_1770 Simg_1316
椅子も左のようにきれいに    展示           5000円です

2009年3月23日 (月)

桜前線④ 満開の枝垂れ桜=長栄寺 

 長栄寺の山門横にある枝垂れ桜が満開になっています。長栄寺は浜松市中区花川にある日蓮宗のお寺です。花川小学校のすぐ南です。

 今日23日、10㍍前後の強い風が吹く中で満開の花を付けた枝が揺れていました。

Simg_1675
Simg_1648 Simg_1651
Simg_1671 Simg_1672

Simg_1659 
Simg_1674 Simg_1654 Simg_1655
Simg_1656 Simg_1663 Simg_1662
Simg_1644 Simg_1647 Simg_1661

たった1本の枝垂れ桜ですがインパクトがあります。

2009年3月22日 (日)

今日のレーチェ 3/22 マスコットで遊んでいます

 東京の親戚からプレゼントされた小さなマスコットがお気に入りで、どういうわけか夜になって電気がつくと遊び始めます。激しく動くので静止画はなかなか撮りにくいのですが・・。

Simg_1628 Simg_1618
Simg_1619 Simg_1620

マスコットがどこかへ行ってしまいました
Simg_1621 Simg_1622 Simg_1623
                 首をかしげて探しています   どうやらこの下に・・

Simg_1626 Simg_1631 Simg_1633

最後は口にくわえて必ず自分のお皿に載せます
Simg_1630 Simg_1635 

2009年3月21日 (土)

ジュビロ1-1浦和レッズ ようやく勝ち点1です

 2-6,1-4と大敗して屈辱のスタートとなったジュビロの第3戦は強敵浦和レッズをエコパスタジアムに迎えてのゲームでした。

 スタンドはレッズサポーターの真っ赤なユニフォームでゴール裏からバックスタンドまで埋め尽くされ、応援の声,ホームのジュビロを圧倒していました。今朝の時点でフリーゾーンの当日券はジュビロ側が18,000、レッズ側が700でした。

 ゲームはジュビロがよく守りゴールを許さないで我慢している中で、前半32分、レッズDFのミスに乗じてジウシーニョが鮮やかにゴール!待望の先制点をあげました。

 後半23分に失点して1-1。ジウシーニョのシュートがゴールポストにはねられるなど、2点目がとれず、ドローに終わりました。今シーズン初めて勝ち点1をあげることができました。大敗の予想もあっただけにドローで終わってホッとしたというのが正直な感想です。

 前の2試合のような大量失点はなく、前線から厳しくチェックにいくなど果敢に戦い、今後のゲームに明るい見通しが持てる内容だったと思います。しかし、ワンタッチの早いパスワークなどはまだまだで、ゴール前の攻めに時間がかかります。FW前田のゴールがないのも気がかりです。

 25日にはナビスコカップでマリノスとホームで対戦、29日には新潟とアウエイで対戦します。これからに期待しています。

Simg_1586 Simg_1585 Simg_1590
ゴール裏の人数ではレッズが圧倒しています。      ジュビロの先発イレブン

Simg_1596 Simg_1598 Simg_1601
前半23分、ジウシーニョの鮮やかなゴールで先制。歓喜のスタンド。

Simg_1603 Simg_1606 Simg_1610
左:前半 ジュビロ1-0レッズ
中:後半15分、攻めるジュビロ
右:入場者数18,439人。エコパでの最小記録かもしれません。。使用料の高いエコパなので赤字の予想。

Simg_1613 Simg_1615 Simg_1617
ゲーム終了。メインスタンドはがらがらです。       健闘に拍手。

レッズサポの方が多いスタンドです

レッズサポの方が多いスタンドです
Jリーグ、ジュビロ対レッズのゲームはエコパスタジアムで2時キックオフです。開幕2連敗と最悪のスタートのジュビロにとって厳しいゲームになりそうです。ゴール裏のサポーターの数も声もレッズが圧倒している状況です。

2009年3月20日 (金)

桜前線③ わが家の枝垂れ桜も開花

 10年前に植えた三春の枝垂れ桜です。昨日まではつぼみもわからないぐらいだったのですが、一夜明けて今朝雨があがったところで咲き始めました。

Simg_1542 Simg_9207 Simg_9210
 午前10時49分        午後0時18分         午後5時6分

菜の花のじゅうたん・・磐田・桶ケ谷

 全国有数の「トンボの楽園」で知られる桶ケ谷沼の南に隣接する畑で菜の花が満開になっています。菜種油をとるための作物です。

Simg_1572
画面上部、菜の花が終わったあたりにわずかに桶ケ谷沼の水面が見えています

Simg_1554 Simg_1563

Simg_1566 Simg_1565

Simg_1556 Simg_1569 Simg_1570

 今日は朝から「菜の花環境まつり」が行われていたようです。廃食油の回収、菜種油で揚げた天ぷらの試食、バイオ燃料システムの展示など・・。 私が行った時は終わって片づけの最中でした。

Simg_1575 Simg_1576 Simg_1562

いつもは車で行くのですが、今日は遠鉄電車・JR・遠鉄バスを乗り継いで行きました。
Simg_1580 Simg_1546 Simg_1547
 遠鉄磐田営業所     1号線の歩道橋から東を望む   旧東海道

Simg_1548 Simg_1550
  松並木は大正道          バスを降りて10分余で菜の花畑が見えてきます

2009年3月19日 (木)

桜前線② 浜松城公園でも開花しました

 今日も気温20℃を超えて歩くと汗ばむ陽気でした。桜の開花が一気に進んでいます。
 静岡、名古屋などで開花のニュース。浜松城公園では21日(土)に始まるさくら祭りに合わせたように開花しました。公園では提灯の飾り付けが行われていました。いよいよお花見本番間近です。

Simg_9164
Simg_9165 Simg_9166 Simg_9170

Simg_9153 Simg_9156 Simg_9167

Simg_9169_2 Simg_9189

日本庭園の枝垂れ桜
Simg_9183
Simg_9181 Simg_9182
Simg_9184 Simg_9180

Simg_1531 Simg_1530 Simg_1537
   コブシ             提灯の用意         山吹

2009年3月18日 (水)

桜前線①早くも開花しました・・四ツ池公園(浜松)

 午後2時の気温が20℃を超えた今日、四ツ池公園の桜が花開いていました。このまま進めば来週末の28,29日頃がお花見のピークになりそうです。早い開花です。

【画像をクリックすると大きくなります】

市営球場で・・1塁側スタンド横
Simg_9122
Simg_9120_2 Simg_9123

球場では高校野球の練習試合が行われていました。愛工大明電と地元の興誠です。
Simg_9119 Simg_9118 

浜松聴覚特別支援学校で
Simg_9130
Simg_9127 Simg_9129

四ツ池の畔で
Simg_9139 
Simg_9143Simg_9140_2

Simg_9149 Simg_9151
        マンサク           クスの若葉。バックはレフト照明灯

これから各地の桜をシリーズでアップします。

 

2009年3月17日 (火)

日本画の大型秀作30点・・「秋野不矩と現代日本画展」

 日本画の普及を目的として昨年1月から全国12会場を巡回している企画展です。浜松の前は上野の森美術館で開催されていました。

 中堅から新鋭の日本画家の大型作品の秀作がみごとです。公募展の作品を中心として個展の作品も含めて、浜松会場では30点が出展されています。会場の規模が小さいことから一人の画家の作品は1点に限定されています。大きい会場では100点前後の作品が出展されたものと思います。

 主な作品は次のとおりです。

梅原幸雄 《線香花火》 78回日本美術院賞
土屋禮一 《椿樹》 37回日展日本画部大臣賞
西田眞人 《静まる刻》 30回日展特選
中町 力  《MONTPARNASSE》 35回日展特選
高橋秀年 《献灯》 77回院展奨励賞
北田克己 《夜明けの地》 日本美術院賞

作品は 「日本画 遠き道展 はてなき精進の過程」のHPのギャラリーで見ることができます。http://www.geocities.jp/artmuseumjp/

 この展覧会のもう一つの主旨は、視覚にハンディキャップのある人に対する鑑賞方法の普及です。この会場でも音声ガイドや手で触れることのできるレリーフなどが用意されていました。

 会場は秋野不矩美術館・・ということで、秋野不矩の作品が7点出展されています。中には秋野が90歳の時に制作した《オリッサの寺院》と題する横705㎝の大作もあります。

 日本画を見る機会が少ない中で、現代の日本画のトレンドを知ることができる貴重な展覧会です。

 会期は3月29日までです。ぜひお出かけください。

2009年3月16日 (月)

早春の浜松ガーデンパーク② 色とりどり、花様々

 3ヶ月ぶりに訪れたガーデンパークは早春の日差しの中でいろいろな花が咲き始めてにぎやかでした。これから春本番を迎えるとますます華やかに彩られて見応えのある庭になるでしょう。

Simg_1422
                西洋シャクナゲ

花の美術館 モネの庭
 今日(16日)の静岡新聞夕刊によると、フランス学士院芸術アカデミーとの協定交渉が合意に至らず、その結果、「モネの庭」の名称が使えなくなるとのことです。
 今後は「花の美術館」という名称になるようです。
 花博の時から「モネの庭」として親しまれてきた美しい庭園なので残念に思います。

Simg_1401 Simg_1402
Simg_1391 Simg_1394

いろいろな花壇

Simg_1348 Simg_1362
Simg_1468 Simg_1469

クリスマスローズ

Simg_1351 Simg_1353 Simg_1386 Simg_1387

スイセン

Simg_1371 Simg_1378 Simg_1379

新しい品種

Simg_1431_2 Simg_1433

春ですね

Simg_1372 Simg_1436 Simg_1470 
 ネコヤナギ           ミヤマツツジ     芽吹くシダレヤナギ

2009年3月15日 (日)

早春の浜名湖ガーデンパーク① 霞む富士・光る海

 1点の雲もなく晴れ上がった空の彼方に富士山が霞んで見えていました。浜名湖はまぶしく光り、ガーデンではサクラやスモモが咲いていました。
 風が強い日でしたが好天の日曜日、大勢の人が鮮やかに咲き始めた花を楽しんでいました。

【画像をクリックすると大きくなります】

高さ50㍍の展望塔から見た富士山です
Simg_1448
中央上部左寄りに霞む富士山が見えていましたが、画面でわかるでしょうか。ボランティアガイドの話では、午後まで富士山が見える日は珍しいということでした。水面は浜名湖の一部です。

Simg_1459 Simg_1457
左:南の弁天島方面を望む。湖面にノリの養殖筏。上方に太平洋と浜名湖を結ぶ今切口があり、その上に国1バイパスの橋。
右:北西方向。ゴルフ場の向こうに湖面。そのはるか向こうは湖西市から三ヶ日方面。

Simg_1464 Simg_1462
左:東方面。中央上部に浜松駅前のアクトタワー。
右:浜名湖大橋

Simg_1449 Simg_1456
左:園内の運河を行くガーデンクルーズと国際庭園
右:屋外ステージ(左上)。中央上部はガーデンクルーズの波止場

Simg_1381 Simg_1424
運河を行くガーデンクルーズ。片道500円。10分

サクラとスモモ花咲くガーデンパーク

Simg_1358 Simg_1361
    
オカメザクラ                    ヨウコウザクラ

Simg_1392
              ベニハスモモ
Simg_1394_2 Simg_1395

Simg_1442_2   Simg_1390_2
                         つぼみふくらむソメイヨシノ

Simg_1404 Simg_1399_2
                                スモモ

色とりどりの春の花は後日アップします。

 

2009年3月14日 (土)

今日のレーチェ 3/14 雨上がりのレーチェは‘こたつむり’

 夜半には風雨が強く大荒れの天気でした。昼過ぎによ うやく雨があがって・・日差しを感じたレーチェはこたつから顔だけ出していました。

Simg_1331_2 Simg_1330
Simg_1332 Simg_1334
     大あくび                 そろそろ出ようかな
  Simg_1335_2 Simg_1336_2
     でも・・まだ眠い

今朝は5時半に起きたレーチェです。

2009年3月13日 (金)

道の駅:花桃の里② 高校ボート部の練習・群生するカタクリの開花

 船明ダムはト全国有数のボート競技場として知られています。この日は公立高校の合格発表の日で在校生は休みだったので、午前中から部活の練習が行われていました。

Simg_1224 Simg_1216
伊砂(いさか)ボートパーク

Simg_1217 Simg_1245
                      ミズスマシのように湖面を行くボート

カタクリの群生

天竜区にカタクリが群生しているところがあります。斜面全体に群生しているカタクリが花開いていました。直近まで近寄れないので画像はやや不鮮明です。

Simg_1254
Simg_1249 Simg_1250
Simg_1255 Simg_1257

貴重な群生を大切にしたいものです。


                                               

2009年3月12日 (木)

道の駅:花桃の里① 満開の花桃と船明(ふなぎら)ダム

 道の駅:天竜相津(そうづ)花桃の里は国道152号線を天竜川沿いにさかのぼった船明ダム湖畔にあります。
 目の前にはダム湖を渡る「夢の架け橋」があります。

 名前のとおり、花桃が駅周辺に200本ほどあり、満開になっていました。

Simg_1210
Simg_1194 Simg_1201
Simg_1209 Simg_1226
Simg_1228
Simg_1229 Simg_1236 Simg_1237
                  民家の庭先の花桃です
夢の架け橋

 旧国鉄時代に計画され、途中まで工事が進んでいた佐久間線の橋梁を利用して2001年に完成したのが長さ473㍍の架け橋です。立派な橋ですが、歩行者と自転車だけ通行可です。

Simg_1247
はるかに橋を望む。手前の湖面では高校ボート部が練習をしていました

Simg_1239_2 Simg_1206
Simg_1204 Simg_1207
      橋から南を望む            北を望む

道の駅:天竜相津花桃の里

Simg_1235 Simg_1241
Simg_1243 Simg_1234
                      東大・法卒の3人+国民新党のポスター

近くには杉花粉の発生源があります。見ただけでくしゃみの出る人がいるかもしれません
Simg_1232 Simg_1231  

2009年3月11日 (水)

百花繚乱・・自治会館の花壇

 私の住んでいる地域の自治会館に小さな花壇があります。狭い斜面にあって条件はよくないのですが、近くに住む園芸の大好きな方がいつも世話をしてくれていますので、1年を通して花が絶えることはありません。

 梅が終わり、桜までまだ少し時間があるこの季節・・サクラソウ・スイセン・ヒヤシンスなどの花が美しく咲いています。会館を利用する人たちやここを通り過ぎる人たちはしばし美しい花を眺めています。

【画像をクリックすると大きくなります。閉じる時は画像右上の×をクリック】

Simg_1011_2
Simg_1023_2 Simg_1024_2
Simg_1017_2 Simg_1013_2
Simg_1014_2 Simg_1015 Simg_1031
Simg_1018 Simg_1027 Simg_1022
Simg_1025 Simg_1021 Simg_1033  

2009年3月10日 (火)

早春の奥大井②

   川根本町は今年1月に「にほんの里100選」に選ばれました。朝日新聞社と森林文化協会が全国の2,000を超える候補の中から選んだものです。選考の基準は、「景観」「生物の多様性」「人の営み」です。

 人口8,776人。高齢化率41%、75歳以上が24%。高齢化と過疎化の顕著な町です。

寸又川にかかる猿並橋(さんなみばし)です。

Simg_1081 Simg_1080_2  Simg_1112
Simg_1113 Simg_1133 Simg_1123

温泉街
Simg_1136 Simg_1137
    泊まった宿           1968年、金嬉老が立て籠もったふじみや

川根本町の自然
Simg_1143 Simg_1110 
   朝日岳1827㍍
Simg_1082 Simg_1104_3
                              ミツマタ
Simg_1105 Simg_1095
                           テンの糞

大井川鉄道井川線
Simg_1150_2 Simg_1154
大井川ダムとアプトいちしろ駅       井川線が終着千頭駅に入って行きます            

 

2009年3月 9日 (月)

早春の奥大井①

 県中部の高校卒業生の同期会で寸又峡へ行きました。JR金谷から大井川鉄道で千頭、千頭からバスで寸又峡へ。
 宿に荷物を置いて「夢の吊橋」まで歩いて行きました。

Simg_1058 Simg_1059 Simg_1062_2
  大鉄金谷駅       親会社名鉄で使われていた電車    大井川

Simg_1070
      SL:このまま後ろ向きに金谷へ向かいます

Simg_1076 Simg_1078 Simg_1084
千頭駅(川根本町)         寸又峡          トイレです

Simg_1092 Simg_1088
画面中央に「夢の吊り橋」が見えます        大間ダム

Simg_1094 Simg_1096

Simg_1103 Simg_1098

Simg_1099 
      吊り橋の中央付近から見た大間ダム

2009年3月 8日 (日)

寸又峡に来ています

寸又峡に来ています
寸又峡に来ています
画像はSLと夢の吊橋です。

2009年3月 7日 (土)

初戦惨敗 ジュビロ2-6山形

 選手、サポーターにとって屈辱的な敗戦でした。リーグ初戦のホームゲームを、J1に昇格したばかりのチームに2-6の惨敗。私が観戦したのは前半だけで後半の大量失点を見なかっただけ幸せでした。

 パスは通らない、危険なミスが多い、チェックは甘い、守備がザル・・苦労した昨シーズンから進歩していません。先が思いやられます。
 と言いながらもスタジアムに通い続けることになります。この時期に早くもJ1残留を目指して・・と願いつつ。

Simg_1037 Simg_1045 Simg_1048
左:選手入場の時にボードを掲げました
中:山形(黄色)の9番古橋は磐田東OB(この試合で得点1)
右:ジウシーニョのPKで先取点。よかったのはここまで

Simg_1049 Simg_1052 Simg_1053
沸くゴール裏        ゴールはジウシーニョ

Simg_1054_2 Simg_1055
逆転されて前半終了

前半だけ観戦して掛川へ向かいました。

前途多難なジュビロです。

  

前半逆転されて1−2

前半逆転されて1−2
ジウシーニョのPKで1点先取したものの。点が取れるような流れがないままやがて防戦一方。36、38分に見事に決められて逆転されました。掛川で会合があるので観戦はこれまでです。

ジュビロ磐田対山形

あと10分でキックオフです。強い風が吹き付けるスタンドです。初戦勝利を目指して。

Jリーグ始まる

Jリーグ始まる

キックオフ前のヤマハスタジアム。

(携帯からの送信なので画面は大きくなりません)

2009年3月 6日 (金)

今日のレーチェ 3/6 鳩とご対面

 庭の枝垂れ桜の枝に2羽の鳩がいました。それを見つけたレーチェは・・声を出して盛んに呼びかけていました。

Simg_0936 Simg_0938
                          低い姿勢で見つめています

Simg_0941 Simg_0940
    声を出しています                  これは・・あくびです

Simg_0944 Simg_0947
  テレビも気になります         鳩が去った後やってきたメジロを見ています

2009年3月 5日 (木)

満開の花桃とハクモクレン

 今日は啓蟄です。冬ごもりの虫が春の陽気に誘われて土の中から顔を出すとされています。
 昨日の桃の節句に花桃が満開になったというニュースを見たのでさっそく写真を撮ってきました。

 浜松市北区都田町です。浜松市上水道の都田配水場に隣接している丸山緑地を歩いて通り抜け、北側の駐車場を右に行くと見えてきます。
 地元の農家の方が15年ほど前に元ミカン畑に200本の八重咲き種「矢口」を植えたのだそうです。

 近くに残っているミカン畑をバックにして花桃が美しく咲いていました。

Simg_0959
Simg_0958 Simg_0968
                              手前はミカン畑です
Simg_0963 Simg_0964 Simg_0960
Simg_0967 Simg_0983
Simg_0985 Simg_0976
                         ツクシとオオイヌノフグリ

都田丸山緑地
Simg_0948 Simg_0994
Simg_0987_2 Simg_0988 Simg_0989
  緑地の花桃             咲き残った白梅・紅梅

Simg_0995 Simg_0997_2 Simg_0998
                    展望台とそこから見たテクノポリス工業団地

ハクモクレン通り

 曳馬野から都田口に向けて一直線に延びる道路に沿ってハクモクレンが街路樹として植栽されています。白い花が一斉に咲き始めています。

Simg_1005 Simg_1001 Simg_1004 Simg_1006   

2009年3月 4日 (水)

「珠玉のヨーロッパ油彩画展」・・正当派絵画のコレクション

 バロックから19世紀末までの約300年にわたる58点の絵はいずれもみごとな描写力で描かれた伝統的なヨーロッパ絵画です。これまでどこかの展覧会で見たことがあるような絵が次々と登場します。レンブラントやルーベンス、ベラスケスなどの絵を思わせる絵もあります。しかし・・プレートを見ると聞いたことのない名前の画家です。大学の西洋美術史の授業でもほとんど登場しなかった画家たち。巨匠の周辺にいて技法を学び、あるいはアカデミーで伝統的な正当派絵画を学んだ画家たちです。

 まさに‘知られざる名画’です。おなじみの巨匠の周辺にこのような珠玉の名画を描いた画家たちがいたことはヨーロッパ絵画の裾野が広く深いことを思わせます。

 展示室は大きく、1:宗教画 2:世俗画 3:肖像画 4:風景画 5:風俗画に分けられています。
 この展覧会をよりよく理解するためのパンフレットがよくできています。

 この展覧会はすべて長坂剛氏の個人コレクションです。作品の多くはHPから見ることができます。
HP http://www.nagasaka-collection.com/

会場は静岡駅から徒歩1分のサウスポット3階 静岡アートギャラリーです。
HPにこの展覧会の案内があります。 http://www.art.shizuoka-city.or.jp/

 会期は3月8日(日)までです。

2009年3月 3日 (火)

EXILE AKIRAから後輩へのビデオメッセージ:磐田東高校卒業式

 2年連続でゴールドディスク大賞を受賞するなど今人気絶頂のEXILEのAKIRAから、卒業式を迎えた後輩たちにすばらしいビデオメッセージのプレゼントがありました。
 式の始まる前に控え室で待っていたところ、式の後サプライズ企画として、卒業生のビデオによるお祝いメッセージがあるという説明がありました。多分・・そうかなと思っていたところまさにそのとおり。

 式が終わって3年生が退場する前にステージの大型スクリーンにAKIRAの姿が映し出されると生徒たちは大喜び。卒業した3年生を含めて全校の生徒が偉大な先輩のメッセージを真剣に聞いていました。
 約3分半の映像の中で、AKIRAは高校時代の思い出や感謝の気持ち、卒業していく後輩への温かい励ましのメッセージを伝えてくれました。大人になったAKIRAが大きく成長した姿を見てあらためて感心しました。

 ビデオ上映の前にサッカー部の顧問からサッカー部員だったAKIRAの紹介がありました。今日は映画の撮影中で学校に来ることができないのでビデオメッセージにしたということでした。

 校長先生の心のこもった立派な式辞に感動した生徒・教職員・保護者にとって、もう一つ忘れられないすてきな思い出ができたすばらしい卒業式になりました。

 ありがとう・・AKIRA。14人になったEXILEでこれまで以上に頑張ってください。映画や演劇など幅広いジャンルで活躍することを期待しています。

2009年3月 2日 (月)

優れた企画の「朝鮮王朝の絵画と日本」展:静岡県立美術館

 綿密に企画された内容の濃い企画展でした。1392年の太祖李成桂に始まる朝鮮王朝の絵画が日本の絵画に大きな影響を与えたことがよくわかります。

 展覧会のサブタイトルは「宗達、大雅、若冲も学んだ隣国の美」。第1室ではこれらの画家が朝鮮の絵画を模写して学んだことが示されています。題材は虎・葡萄・狗や山水画などです。若冲が模写した《猛虎図》(プライスコレクション)は京都・正伝寺に伝わる《虎図》正確に写したものであることがわかります。
 静岡県立美術館所蔵の若冲《樹花鳥獣図屏風》や《白象群獣図》はいずれも「桝目描」という独特の手法で描かれていますが、この手法は朝鮮特有の紙織画に想を得た可能性が指摘されています。
 与謝蕪村の《狗子図》や宗達の描く犬などにも朝鮮絵画の影響が見られます。

作品が出品されている日本の画家は、宗達、大雅、若冲、蕪村のほかに雪舟、狩野探幽、狩野山雪、英一蝶、白隠、葛飾北斎、鳥井清信、海北友松、浦上玉堂、谷文晃などです。

 展覧会の構成は次のようになっています。出品作品は約130点で、期間中にかなりの作品が展示替えになります。

第1部 朝鮮絵画の精華
 第1章 朝鮮絵画の流れ:山水画を中心に 前期・中期・後期
 第2章 仏画の美 高麗から朝鮮王朝へ
 第3章 絵画と工芸、越境する花鳥の美
 第4章 「民画」誕生
第2部 日本人のまなざし
 第5章 交流の形-朝鮮通信使の果たした役割
 第6章 日本画家のまなざし-日本絵画に与えた影響

 朝鮮絵画の歴史が系統的に理解できるようになっています。李氏朝鮮というと青磁・白磁を思い浮かべますが、それは朝鮮の美術の一部であって、絵画にも優れた作品のあることがよくわかります。

この展覧会は栃木県立美術館を経て静岡へ。この後仙台市博物館から岡山県立美術館へ巡回します。

 静岡での会期は3月29日までです。

 主な作品は美術館のHPで見ることができます。http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/

Simg_0895 Simg_0893 Simg_0894
静岡県立美術館     高さと幅が絶妙で歩きやすい階段

Simg_0896 Simg_0933 
                             図録322㌻ 2900円

 

2009年3月 1日 (日)

102年の歴史にピリオド・・周智高校閉校式

 静岡県立周智高校が隣接の森高校と統合して新しい学校としてスタートすることになり、閉校式が行われました。母校が消滅するということでOBの皆さんには万感胸に迫るものがあったことと思います。
 1906年に福川、鈴木の両氏により私立周智農林学校として創立されたという特異の経緯を持つ学校です。
 1991年には「新しいタイプの職業学校」として小規模ながら農工商の3学科を持つ学校に生まれ変わり、全国ブランドになりました。
 人口2万の森町に県立高校が隣接して2校あることから県の長期計画で統合されることになり、この4月に遠江総合高校としてスタートすることになりました。

 今日は最後の卒業式の後、閉校式が行われました。式の最後に校旗降納の儀式があり、生徒代表が校旗を折り畳んで校長に渡す場面では涙を抑えることができませんでした。

 新しい学校が地域に根ざして活躍する人材を育ててくれることを期待しています。

Simg_0921 Simg_0920
   開式前の会場            生産科学科(農業科の温室)

Simg_0919 Simg_0922
                           創立者の胸像

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »