2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 富士川から見た富士山 | トップページ | 梅暦⑨の4 浜離宮恩賜庭園の梅 »

2009年2月18日 (水)

梅暦⑨の3 東京の梅園:湯島の白梅

 湯島天満宮・・通称湯島天神は学問の神様菅原道真を祀ってあります。受験シーズンのこの時期、合格祈願の絵馬であふれていました。

 狭い境内には約300本の梅の木があります。かなりの古木です。ここを舞台とした小説・お芝居が泉鏡花の「婦系図」。歌は「湯島の白梅」で、1942年に大ヒットしました。

湯島の白梅

Simg_0302

Simg_0315 Simg_0309 Simg_0310
梅祭りで境内は賑わっています。合格祈願の絵馬です。

Simg_0295 Simg_0296
Simg_0298 Simg_0313

Simg_0303 Simg_0300
   泉鏡花の筆塚             新派「婦系図」献木

庶民的な湯島天神でした。 

« 富士川から見た富士山 | トップページ | 梅暦⑨の4 浜離宮恩賜庭園の梅 »

」カテゴリの記事

コメント

なつかしいです、湯島天神。青空に梅の花が映えて、きれいですね。35,6年前は周りにラブホテルがあって、それも似合っているような、それでいてやはり異様な感じがしたのを覚えています。今は高層ビル群、それもマンションのようで、落ち着いた文教地区になったのでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅暦⑨の3 東京の梅園:湯島の白梅:

« 富士川から見た富士山 | トップページ | 梅暦⑨の4 浜離宮恩賜庭園の梅 »