2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 今日のレーチェ 2/2 お行儀がいいレーチェです | トップページ | 大きくておいしい‘紅ほっぺパフェ’ »

2009年2月 3日 (火)

梅暦③ 国指定重要文化財 代官屋敷黒田邸の梅

 黒田邸は菊川市下平川(合併前の小笠町)にあります。
 黒田家は江戸時代後期から明治維新まで旗本本多氏の代官を務めた家柄です。
 梅園は敷地1㌶のお屋敷の庭にあり、130本の梅の木があります。今日は節分でまだ寒の内なのですが木によっては早くも満開に近くなっていました。

Simg_9498
Simg_9494 Simg_9502
Simg_9495 Simg_9496
                八重の白梅

Simg_9499 Simg_9501
Simg_9506 Simg_9507 Simg_9508
微妙に花の色が違います

 黒田邸の母屋は寄せ棟づくり、桟瓦葺きの建物で玄関には格式の高い式台があります。安政の大地震後に立て替えられたものですが、江戸時代末期の代官屋敷の建築様式をよく伝えるものとして1973年に国の重要文化財に指定されました。

Simg_9490
Simg_9518 Simg_9548
    母屋の式台            中央左:長屋門 その右:米蔵
Simg_9484 Simg_9486

長屋門は寄せ棟づくり、茅葺き。2000石の格式を有する門です。母屋と共に重文指定。

Simg_9488_2  Simg_9489_2  
Simg_9521  Simg_9520

土蔵は米蔵と共に1993年に重文に追加指定されました。
Simg_9504 Simg_9513 Simg_9543

お屋敷は周囲を濠で囲まれています。かつては水運に利用された水路です。
Simg_9497 Simg_9527 
Simg_9533 Simg_9545

 黒田家の当主は合併前の小笠町長です。現在もこのお屋敷で生活されているので、観梅の時期以外は公開されていません。

« 今日のレーチェ 2/2 お行儀がいいレーチェです | トップページ | 大きくておいしい‘紅ほっぺパフェ’ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅暦③ 国指定重要文化財 代官屋敷黒田邸の梅:

« 今日のレーチェ 2/2 お行儀がいいレーチェです | トップページ | 大きくておいしい‘紅ほっぺパフェ’ »