2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 雪の中の熱戦 磐田東1-1袋井(PK3-4) | トップページ | 録音・複製技術が進んで音楽の聴き方が変わった »

2009年1月25日 (日)

ジュビロ磐田 コルテアズーパーティー 

 コルテアズーとはジュビロのシーズンシートメンバーのことです。‘水色の宮廷‘を意味するポルトガル語でかつての名将ドゥンガの命名によるものです。

 セレモニーのあと、選手はそれぞれテーブルに着いて写真撮影などに応じていました。中山、前田などのところには長蛇の列ができていました。

 私は吉野社長、辻取締役、柳下監督などとお話しました。

 上田康太、八田とも話ましたが、康太は去年痛めた足がまだ完治していないこと、八田はユースから同期入団の5人が2人になってしまったことなどを語っていました。

 最後に中山が元気よく「みんなで笑える年にしたい。ワッハッッハ、ウッシッシ・・」と挨拶をして締めました。

 吉野社長は挨拶の中で「3年計画を立てた。今年は‘原点回帰’をスローガンにして10位以内を目指す。来年は5位以内、再来年は優勝を目指す」と語りました。

 その目標に向かって頑張って欲しいものです。

Simg_9240_3 Simg_9237_3
       選手入場                    中央に中山

Simg_9248_4 Simg_9255_2
      柳下監督                  名波の登場はサプライズでした

Simg_9250_3 Simg_9269_2
新しいユニフォーム。胸にはYAMAHA          会場風景

Simg_9244_2 Simg_9268_2
 ジュビロラベルの日本酒             ジュビロケーキ

Simg_9263_2 Simg_9260_2
    前田遼一                  中央:犬塚

Simg_9280_2 Simg_9283
選手代表中山のあいさつ          出口に並ぶ選手と握手

« 雪の中の熱戦 磐田東1-1袋井(PK3-4) | トップページ | 録音・複製技術が進んで音楽の聴き方が変わった »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジュビロ磐田 コルテアズーパーティー :

« 雪の中の熱戦 磐田東1-1袋井(PK3-4) | トップページ | 録音・複製技術が進んで音楽の聴き方が変わった »