2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 第5回 静岡国際オペラコンクール②二次予選 | トップページ | 浜名湖文学碑散歩① »

2008年11月 6日 (木)

初山宝林寺 重要文化財方丈

 宝林寺は1664年に創建された黄檗宗のお寺です。浜松市北区細江町にあります。
全盛期には20以上の伽藍が並ぶ規模だったようですが、今では仏殿と方丈、山門などが残るだけになっています。

 中国明朝の様式を残す仏殿と方丈が国の重要文化財に指定されています。方丈は茅葺き屋根の葺き替え工事中でしたが、工事が終わって公開されたので見てきました。

 Simg_5806
            屋根の葺き替えが終わった方丈

Simg_5807 Simg_5805 
葺き替えの終わった方丈の屋根          方丈を望む

Simg_5793 Simg_5795_2 Simg_5798
仏殿:国指定重要文化財  扁額は白隠禅師     仏殿内陣から

Simg_5796 Simg_5820 Simg_5823
  釈迦三尊像           山門           山門から仏殿を望む

方丈屋根葺き替え工事完成記念で特別展開催中
Simg_5812 Simg_5813 Simg_5808
正面は涅槃図(作者不詳)  県指定文化財 庭園はあまり手入れがされていません

Simg_5801 Simg_5804 Simg_5816
境内のサザンカ           紅葉          カキとモチの木           

« 第5回 静岡国際オペラコンクール②二次予選 | トップページ | 浜名湖文学碑散歩① »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初山宝林寺 重要文化財方丈:

« 第5回 静岡国際オペラコンクール②二次予選 | トップページ | 浜名湖文学碑散歩① »