2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 浜名湖一周ツアー① 湖西から三ヶ日へ | トップページ | 映画「三本木農業高校、馬術部」 »

2008年10月10日 (金)

薪能

 静岡文化芸大の特別公開講座・薪能は今年で8回目・・ということは開学の年から毎年続けられていることになります。企画、舞台設営、運営などすべて学生が手がけています。アート・マネージメントの学科を持つ大学にふさわしいイベントです。大学の理事長である石川・県知事や川勝学長からもそのような挨拶がありました。

 プログラムは次の通りです
狂言 「鎌腹」 山本則直ほか
独吟 「近江八景」 泉嘉夫
仕舞 「屋島」

火入れの儀 石川知事・川勝学長

能  「松風」  シテ:梅若猶彦 ツレ:梅若善久 ワキ:福王茂十郎  ほか

シテの梅若先生はこの大学の教授です。

 「松風」は能楽の名曲の一つで、一人の男性(在原行平)への姉妹の恋の物語です。三番目物で美しい女性や貴公子の夢幻能です。須磨の浦での松風と村雨の姉妹の風情が美しい曲です。
 動きは最低限で、装置も1本の松の木だけときわめてシンプルです。抽象化されたステージからはかない恋の物語がせつせつと伝わってきます。まさに幽玄の世界です。1時間20分を超える長い曲でした。

 舞台は大学2階の芝生広場にセットされました。学生たちの手作りです。休憩の後火入れの儀が行われ、やがて「松風」が始まりました。そのころ中空には半月が輝いていました。夜が更けるとともに気温が下がってきましたが、すばらしい舞台に集中していて寒さを感じないほどでした。
 第1夜の朗読劇、第2夜の能講座、第3夜の能のセットで3000円ですが、完売でした。
 学生なども含めて700人ぐらいが観賞したでしょうか。盛会でした。

Simg_4797 Simg_4798
開演前に3階から見たところ   舞台は左手です
Simg_4800 Simg_4801
  終演後の舞台です

 

« 浜名湖一周ツアー① 湖西から三ヶ日へ | トップページ | 映画「三本木農業高校、馬術部」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薪能:

« 浜名湖一周ツアー① 湖西から三ヶ日へ | トップページ | 映画「三本木農業高校、馬術部」 »