2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 大分県に来ています | トップページ | 国宝・臼杵石仏 »

2008年10月19日 (日)

大分の旅①臼杵石仏・臼杵の町・宇佐神宮・阿弥陀堂

 昨年に続いて大分を訪ねた二日間の旅でした。別府を出てわが家に帰り着くまで7時間近く。九州はまだまだ遠い感じです。

 旅の報告の第1回は二日間に見た文化財や町並みの中からピックアップして画像をアップします。

臼杵石仏
 平安後期から鎌倉初期にかけて彫像されたもの。全60余のうち59体が1970年に国宝に指定されました。
Simg_5091_2
みごとな石仏でした

臼杵の町

Simg_5124 Simg_5147
   龍原寺の三重の塔               二王座歴史の道
Simg_5153 Simg_5166
  慶長5年創業の醤油屋              大友宗麟築城の臼杵城址

宇佐・国東半島の国宝

Simg_5206_3 Simg_5218 
左:宇佐神宮=全国の八幡社の総本宮 
右:富貴寺の大堂(阿弥陀堂) 九州最古の木造建築     

« 大分県に来ています | トップページ | 国宝・臼杵石仏 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大分の旅①臼杵石仏・臼杵の町・宇佐神宮・阿弥陀堂:

« 大分県に来ています | トップページ | 国宝・臼杵石仏 »