2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 鳴門の渦潮 | トップページ | 神戸・南京町界隈 »

2008年9月30日 (火)

兵庫南部地震の野島断層・・国天然記念物

 1995年の阪神・淡路大震災から13年が過ぎました。震源地に近く震度7の激震に襲われて町内の住居の90%が被災した北淡町(現・淡路市)は、地震で現れた断層をありのままに保存・展示しています。北淡震災記念公園は断層の展示とともに、地震のメカニックや防災などについても映像などでわかりやすく伝えてくれます。

 保存館ではまずはじめに職員の説明を聞きました。北淡町では倒壊した住宅に閉じこめられた約300人が全員救出されたということです。地域住民相互の結びつきが強く近所の人が住居のどの部屋で生活しているかということをそれぞれよく知っていたことや、消防団員が現職とOB合わせて住民の1割もいて救出に当たったことなどが被害を最小限にとどめることにつながったという説明でした。
 われわれの自治会にも自主防災組織があります。日頃の訓練や住民同士の交流が大切だということを改めて強く感じました。

野島断層保存館・・140㍍の断層がそのまま保存されています。1998年に国の天然記念物に指定されました。

Simg_4429
Simg_4428 Simg_4430_2
Simg_4433 Simg_4435

断層が横切った民家が保存・展示されています。メモリアルハウスです。
Simg_4441_2 Simg_4440_2 Simg_4445
                               赤い柱が断層を示しています
Simg_4444 Simg_4442
                               台所の惨状を再現

Simg_4458 Simg_4425
    野島断層記念館                副館長さんのお話を伺いました

震災体験館では震度7を40秒間体験しました。

 


« 鳴門の渦潮 | トップページ | 神戸・南京町界隈 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 兵庫南部地震の野島断層・・国天然記念物:

« 鳴門の渦潮 | トップページ | 神戸・南京町界隈 »