2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 今日のレーチェ 9/4 | トップページ | 初秋の山野草:富幕山で part.1 »

2008年9月 5日 (金)

世界最古の電子楽器 テルミンへの挑戦

 テルミンは楽器に指1本触れることなく音を出して演奏する電子楽器です。1920年にロシアの物理学者・発明家で、チェロ奏者でもあるテルミン博士が発明しました。

 雑誌「大人の科学」(学研)№17の付録がテルミンminiです。この雑誌には毎号楽しい付録がついています。蒸気エンジン自動車・顕微鏡・機械時計・プラネタリウムヘリコプター・風力発電など・・・。第1刷はたちまち売り切れで私が購入したのは第3刷です。2300円。

 テルミンminiのキットを組み立てました。

Simg_3267 Simg_3268 Simg_3271
 雑誌の表紙        表紙の下の箱に・・     キットが入っています

Simg_3347 Simg_3348 Simg_3349
電子部品を本体にセット      スピーカー     チューニング用のボリュウム

Simg_3350

      完成しました。長いアンテナがあります。

【テルミンの原理と演奏法】
 テルミンの発信器から二つのわずかに違う周波数が出ています。アンテナの周りには弱い電磁場ができています。この電磁場に手を近づけたり遠ざけたりすることにより電磁場を干渉して音程を変化させて演奏します。
 このテルミンminiにはアンテナが1本しかありませんが、本格的なテルミンにはアンテナが2本あり、音量の調節もできます。

 アンテナに向けて手をかざしてその手を前後に動かしたり、指を動かすことによって演奏します。腕や指の動きによってバイブレーションもできます。

 実際に演奏してみました。演奏前にまず微妙なチューニングが必要です。アンテナから20㌢ぐらいのところに握り拳を近づけるとブーという音が出てきます。少しずつ近づけていくと音は次第に高くなっていきます。このminiでは2オクターブの音が出ます。
 ドレミ・・とやってみますが・・なかなかドレミになってくれません。何度か繰り返すうちにドレミに近くなってきました。「チューリップ」を演奏してみました。崩れたチューリップでした。
 動画でアップすれば聴いていただけるのですが・・。耳障りかもしれません。

 本物のテルミンのコンサートは一度だけ聴いたことがあります。チェロに似た音色です。

 日本にも何人かのテルミン奏者がいます。本物のテルミンの演奏のデモは「大人の科学」HPでお聴きください。http://otonanokagaku.net/magazine/vol17/

 このHPトップページ最下段の外部リンクからはYoutubeのテルミン演奏動画にリンクしています。

 

« 今日のレーチェ 9/4 | トップページ | 初秋の山野草:富幕山で part.1 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界最古の電子楽器 テルミンへの挑戦:

« 今日のレーチェ 9/4 | トップページ | 初秋の山野草:富幕山で part.1 »