2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 平成の名水百選 阿多古川での川遊び | トップページ | 真夏の四ツ池公園界隈を歩く »

2008年8月12日 (火)

24年前のワープロ ‘文豪’

 古い物置から1台の大きなワープロが出てきました。NECの日本語専用ワープロ文豪 NWP-5Nです。1984年の発売ですから24年前の製品ということになります。日本語ワープロが初めて発売されたのは1978-1979年なのでそれから5年後、まだまだ高価でした。
 この5Nは普及機種でしたが、それでも当時40万円をわずかに切る価格でかなり高価でした。

 大きくて重い本体にCRTと上部にプリンタ。記憶媒体は5インチフロッピーです。当時私は県庁に勤めていました。庁内の各部局にワープロが1台、2台と導入されていました。東芝のワープロは200万円ということでした。台数が少ないので順番を取るのが大変でした。
 膨大な事務処理をこなすために自分でワープロを購入して職場に持ち込んで使ったのでした。

 その後、‘文豪’から東芝ルポに乗り換え、3年に一度ぐらいの割合で新機種に買い換えました。今もルポが1台わが家にあります。日本語ワープロの生産は2001年に終わり、部品の供給も終わりました。使いようのない‘文豪NWP-5N’は廃棄物として処理する
しかありません。

Simg_2643 Simg_2644 Simg_2645

 

  

« 平成の名水百選 阿多古川での川遊び | トップページ | 真夏の四ツ池公園界隈を歩く »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 24年前のワープロ ‘文豪’:

« 平成の名水百選 阿多古川での川遊び | トップページ | 真夏の四ツ池公園界隈を歩く »