2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 今日のレーチェ 7/13 | トップページ | 今日のレーチェ 7/15 »

2008年7月14日 (月)

遠州大念仏

 昨日13日から15日までお盆です。浜松など静岡県西部地方ではこの時期、喪服を着た人たちが「盆供」の袋を持って走り回っています。市内の道路が‘盆切り渋滞’するほどです。
 この1年に家族が亡くなったお宅では立派な祭壇を用意して盆切りの客を迎えます。

 遠州大念仏は初盆を迎えた家から依頼されるとその家を訪れて庭先で大念仏を演じるものです。もともとは三方原の合戦の死者の供養として始まったものです。
 江戸時代には約280の村々で行われていましたが、現在では約70組が遠州大念仏保存会に所属して活動しています。
 この遠州大念仏は浜松市の無形民俗文化財に指定されています。

 わが町上島にも上島組があり、13日に町内のお宅で大念仏が行われました。

Simg_1607 Simg_1608
 頭(かしら)と幟を先頭に隊列が到着                 太鼓隊
Simg_1609 Simg_1613
      子どもの太鼓                            双盤(そうばん)
Simg_1618 Simg_1625

Simg_1626 Simg_1631
    念仏の終わり頃になるとおかめやひょっとこが登場します

Simg_1632 Simg_1638
                                  次のお宅へ移動です

楽器としては太鼓や双盤のほかに、笛(6穴の横笛)や摺鉦(すりしょう)などもあります。 

« 今日のレーチェ 7/13 | トップページ | 今日のレーチェ 7/15 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠州大念仏:

« 今日のレーチェ 7/13 | トップページ | 今日のレーチェ 7/15 »