2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 月下美人 | トップページ | 平野美術館開館20周年記念館蔵名品選 »

2008年6月 2日 (月)

秋野不矩青春の母校と町とゆかりの人々展

 この長い名前の展覧会は、静岡県立二俣高校出身の女流日本画家秋野不矩の生誕100年を記念して、同校と学校後援会、同窓会、PTAが実行委員会を組織して開いたものです。秋野不矩は1908年二俣で生まれました。小学校時代に絵画制作に目覚め、静岡女子師範での三澤佐助との出会いを経て千葉や京都で修行しました。1999年に文化勲章受章、2001年に93歳で亡くなりました。
 母校から見上げる丘の上に、文化勲章受章の前年に開館した秋野不矩美術館があります。
 この展覧会では秋野画伯の青春時代に焦点を当てて、直筆の書簡や20代の作品、恩師の資料や作品などで構成されています。
 6月29日まで土日に限って公開されています。入場無料。

 秋野不矩美術館では6月7日から「秋野不矩生誕100年特別展」が開かれます。

Simg_0130_2
                   会場は普通の教室です

 パンフレットと「「秋野不矩ゆかりの地案内」のイラストマップがよくできていました。
Simg_0161_2 Simg_0162_3 Simg_0163 

Simg_0164_2 Simg_0166_2 Simg_0165_2

 車を使わないで、浜松から遠州鉄道の電車と天竜浜名湖鉄道を乗り継いで行きました。天竜浜名湖鉄道(通称天浜線)は旧国鉄二俣線です。
 二俣には所々に古い町並みが残っています。

Simg_0115_2 Simg_0117_2 Simg_0119_2
 西鹿島駅で天浜線に乗り換え    鹿島で天竜川を渡ります    鮎解禁の日でした

Simg_0121_2 Simg_0123_2 Simg_0124_2
西鹿島から一つ目、3分です  無人駅にお蕎麦屋さん  二俣川の橋の向こうに校舎が

Simg_0127_2 Simg_0138_2 Simg_0131_2
            正門から丘の上の秋野不矩美術館を望む 昇降口に生指導の掲示

Simg_0140_2 Simg_0141_2 Simg_0142_2
1914年築の洋館風医院は現役です

« 月下美人 | トップページ | 平野美術館開館20周年記念館蔵名品選 »

美術展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋野不矩青春の母校と町とゆかりの人々展:

« 月下美人 | トップページ | 平野美術館開館20周年記念館蔵名品選 »