2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« レーチェ初登場 | トップページ | 「田園讃歌-近代絵画に見る自然と人間」展 »

2008年5月15日 (木)

映画「最高の人生の見つけ方」

余命6ヶ月を宣告された二人の初老の男性が、死を意識して残りの人生を生き生きと駆け抜けるというストーリーでなかなかいい映画です。現実離れしていると言えばそれまでですが、人生最後の生き方をいろいろ考えさせてくれます。
 「最高の人生の見つけ方」という邦題はハウツーものに近い語感で残念です。原題は【THE BUCKET LIST】=‘棺桶リスト’です。映画の内容からすると原題の方がいいと思います。
主役はジャック・ニコルソン演じるエドワードと、モーガン・フリーマン演じるカーターです。
エドワードは仕事に人生を捧げた大富豪で傲慢な男性です。
一方、カーターは大学の歴史教授になる夢をあきらめ、自動車整備工として誠実に働き、家族を支えてきた男性です。
この二人がたまたま病室でいっしょになります。‘棺桶リスト’とは・・カーターが大学新入生の頃に哲学の教授から、自分たちが棺桶に入る前に思い残すことなくやりたいことをすべて書き留めたリストを作るように勧められたことがあったのです。
死を前にした二人はそのリストを作り、病院を脱出して実行することになります。
スカイダイビング・ムスタングでの競走・プライベートジェットでの世界旅行・・死期の近い患者とは思えない大胆な行動です。
リストには、「泣けるほど笑う」「見ず知らずの人に親切にする」「世界一の美女とキスする」などのリストを実現してリストを消していきます。

 人生の最後をどのように生きるか、死をどのように迎えるか・・大きく重い命題ですが、笑いを誘いながら前向きに描いています。
 カーターは愛する妻と子どもの前に帰っていきます。そして・・。
 エドワードにとって、人生の最後にカーターと出会ったことが人生最高の喜びであったのではないかと思います。
ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンの二人の名優の演技がみごとです。

2008.5.15  TOHO Cinemas浜松 97分

映画の公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/bucketlist/ 

 

« レーチェ初登場 | トップページ | 「田園讃歌-近代絵画に見る自然と人間」展 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「最高の人生の見つけ方」:

« レーチェ初登場 | トップページ | 「田園讃歌-近代絵画に見る自然と人間」展 »