2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月31日 (土)

今日のレーチェ姫 5/31

Simg_0103 Simg_0104_2
          毛繕いをしています。からだの臭いを消すためです

Simg_0113 Simg_0110
   気楽に寝ています                     きれいな肉球です

東北の新緑を訪ねて⑤十二湖

5月25日 

十二湖・・青池

 十二湖は1707年の大地震で山崩れが起こってできた33の池です。‘十二湖’というのは崩山から眺めたときに十二の池が見えることから名付けられました。大型バスで入って行けるトレッキングスポットです。
 ‘青池’はその中でももっとも有名で、インクを流し込んだような神秘的な青色が魅力です。
この日はあいにく小雨で池の水は緑に近い色でした。よく晴れた日のお昼頃がもっとも美しく見えるようです。
 池の周りのブナ林の緑が雨に濡れて美しい十二湖でした。

Simg_9945_2
                       青池①

Simg_9948_2
                         青池②

Simg_9951_2
                     ブナ林入り口

Simg_9940_2 Simg_9942_2 Simg_9952_2
   鶏頭場の池①             ②

Simg_9954_2
                  沸壷の池

Simg_9960_2 Simg_9961_2 Simg_9959_2
   十二湖庵        シャネルの香水と同じ水質のわき水     その水で抹茶

2008年5月30日 (金)

薬師寺展

雨が降りそうで肌寒い東京です。国立博物館の薬師寺展は入場70分待ちです。夜の会合は6時からなので多分間に合うでしょう。

2008年5月29日 (木)

東北の新緑を訪ねて④五能線

5月25日

五能線の旅

JR五能線は青森県川部駅と秋田県東能代駅を結ぶ全長147㎞の路線です。
この日はそのうちの鯵ケ沢駅から十二湖駅までの63㎞を、快速リゾートしらかみ号で旅しました。
 ホテルから鯵ケ沢までバスで1時間余。バスはわれわれを降ろして十二湖駅へ先回りします。
 鯵ケ沢発10時01分のリゾートしらかみ号は‘青池’編成でした。ほかに‘ぶな’と‘くまげら’の編成があります。3両の列車は団体客でほぼ満席でした。
 あいにく小雨が降り続いて遠景は霞んで見えます。海の色も鈍い灰色でした。
 十二湖駅着は11時19分・・1時間18分の乗車でした。
 リクライニングシートは広くて快適でした。窓が大きくて景色はよく見えます。人気のある列車ということが納得できました。

Simg_9871 Simg_9869 Simg_9868
   鯵ケ沢駅               舞の海の出身地         上りの普通は1日に4本だけ

Simg_9876 Simg_9877 Simg_9878
  しらかみ2号が入線           青池編成です

Simg_9880 Simg_9884 Simg_9922
運転席後ろの展望ラウンジから    単線で普通とすれ違い    ‘ぶな’編成ともすれ違い

Simg_9896 Simg_9888
                      千畳敷

Simg_9901_2 Simg_9908

Simg_9909 Simg_9915

Simg_9932 Simg_9935 Simg_9964
  快適な車内                   十二湖駅       帆立弁当はなかなかの味

  

 

今日のレーチェ姫 5/29

長い足をまっすぐに立てて、尻尾を収めて直立不動です。

Simg_0001 Simg_0004 Simg_0005

2008年5月28日 (水)

東北の新緑を訪ねて③白神山地

5月24日②

白神山地

 白神山地は1993年に世界自然遺産に認定されました。青森と秋田の県境に広がる山岳地帯です。エリアの大部分は‘核心地域’として一般人の入山は禁止されています。
 周辺部の‘緩衝地域’へは入ることができますが、大型バスで入れるのは西目屋村の暗門の滝付近と、十二湖付近の二カ所だけです。乗用車で入れるところは数カ所あります。
 この日は蔦温泉からバスで黒石、弘前を経て西目屋村に向かい、暗門の滝入り口付近のブナ林散策路を歩きました。
 暗門の滝に向かう道は雪のためにまだ閉鎖されています。

Simg_9806 Simg_9807Simg_9810_2
西目屋村役場。電話ボックスは雪対策の屋根と台  村から見た岩木山    世界遺産認定書(レプリカ)

Simg_9820 Simg_9818 Simg_9846
色の濃いエリアが核心地域      シンボルのクマゲラ

Simg_9844 Simg_9821
300円以上カンパすると名刺などをくれます    ブナ林からの水を汲んでからスタート

Simg_9825
              世界自然遺産のブナ林です

Simg_9835

Simg_9829 Simg_9832 Simg_9843
                                        落書きです。学校名がわかるのも。

Simg_9856 Simg_9858 Simg_9860
   村営入浴施設          広域農道の両側はリンゴ畑
     津軽平野です    

 

 

2008年5月27日 (火)

東北の新緑を訪ねて②十和田湖・蔦沼

5月24日の①
朝の十和田湖 

十和田湖は朝靄に包まれて静寂そのものでした。
画像をクリックすると大きくなります。 

Simg_9732 Simg_9730 Simg_9728_2 

Simg_9735 Simg_9736 Simg_9737
  3日間のコースです         鳥インフルについて       お見送りを受けて出発

蔦沼

十和田湖から八甲田山麓の蔦沼に向かいました。蔦温泉の北側には蔦沼など7つの沼があります。沼の周辺は1周2.8㎞の自然研究路です。
蔦温泉で汗を流しました。吹き抜けの高い天井です。いい湯でした。入湯料500円。

Simg_9754

Simg_9755
                      蔦沼

Simg_9756_2 Simg_9758 Simg_9760
  みごとなブナの木

Simg_9761 Simg_9765 Simg_9768
                    1909年創業の蔦温泉      この地で没した大町桂月

八甲田山麓を行く

八甲田大岳(1585㍍)を主峰とする連峰です。山麓まで残雪に覆われていました。
車窓からの画像です。

Simg_9770 Simg_9776 Simg_9779
  路肩の残雪                 八甲田山         ミズバショウが咲いていました

Simg_9780 Simg_9782_3 Simg_9784
  雪の上で遊ぶ人影                            酸ヶ湯温泉

弘前

津軽平野の中心都市。人口19万人。弘前城の城下町。
車窓からの画像です。

Simg_9793 Simg_9795 Simg_9796
  弘前市中心部               弘前城の堀端              大手門

Simg_9797 Simg_9799 Simg_9801
さすが弘前です          正面に岩木山がかすかに見えています       岩木川

お帰り!レーチェ

家族が東北に出かけている間、レーチェは近くの動物病院で過ごしました。
出かける2,3日前、日頃見慣れないバッグやナップザックなどが置いてあるのを見て気にしている様子でした。
22日の夕方、いやがるレーチェをキャリーケースに入れて動物病院へ。ドライフードとネコ草持参です。少し大きめのケージがあいていたのでそこへ入れてもらいました。

26日朝8時・・引き取りに行きました。
私と家内の顔を見ると大きな声で鳴き続けます。ケージから出したのですが、キャリーケースになかなか入ろうとしません。ようやく収めて家に帰ってきました。

4泊5日・・毎日の給餌と残量、排泄の記録がありました。1泊2500円なので1万円でした。
2年前にバリ島へ行った時にも預けたのですが、そのときは額に円形のハゲができました。ストレスが原因という診断でした。今回は・・今のところ大丈夫です。午後からずっと寝ています。安心したのでしょう。

22日:病院へ

Simg_9517 Simg_9518 Simg_9520
  なんとか入れようとしています     入りました           さあ、おでかけ

26日:病院から家へ

Simg_9983 Simg_9984 Simg_9985
「ようやく迎えに来てくれたのね」 「4日間もなぜ一人にしておいたの?」「早く出して」 
           

Simg_9987 Simg_9988 Simg_9990
   車の助手席で      家に着いてゆっくりと出てきました      安心して爆睡中     

2008年5月26日 (月)

東北の新緑を訪ねて①奥入瀬渓流

5月23日-25日、2泊3日で北東北の新緑を訪ねて歩きました。
ブナ林の新緑が美しい奥入瀬・白神でした。
これから数回に分けてみちのくの旅の様子をアップします。

5月23日

セントレアを7時48分に離陸したJAL機は8時44分にいわて花巻空港に着陸しました。
セントレアから松本→新潟→山形→花巻と飛びます。
いわて花巻空港は1日の発着便が7往復だけの小さい空港です。来年3月開港予定の静岡富士山空港もこのような感じになるのでしょうか。
空港からはバスで一路十和田湖へ。

画面をクリックすると大きくなります。

Simg_9530_3  Simg_9532 Simg_9541_2
眼下の北アルプスは深い雪         いわて花巻空港          岩手山

【十和田湖】

Simg_9575
              十和田湖を遊覧船が行きます

Simg_9578 Simg_9569Simg_9585
 高村光太郎の《乙女の像》       光太郎の書         湖畔の土産物店で

【奥入瀬渓流】

十和田湖から流れ出る14㎞の渓流です。子ノ口に水門があり夜間と冬季には水量を制限しています。東京電力が火難利しています。
全長14キロのうち石ケ戸から銚子大滝までの7.3キロを流れに逆らって歩きました。ブナやカツラ、トチの若葉
の下をグリーンシャワーを歩くのは快適でした。遊歩道が整備されています。

Simg_9619

Simg_9657

Simg_9594 Simg_9595 Simg_9613
 スタート地点の石ケ戸            散策コース            遊歩道(右)

Simg_9665 Simg_9678 Simg_9685

Simg_9693 Simg_9698 Simg_9702
                                  銚子大滝

【湖畔の宿】
十和田湖は青森・秋田の両県にまたがっています。
この日の宿が県境にありました。

Simg_9709 Simg_9710 Simg_9725
この小さな川が県境。ホテルは秋田県    両県を結ぶ橋   ホテルから見た十和田湖の夕暮れ


 

東北の旅を終えて

3日間の北東北への旅を終えて今夜10時前に帰って来ました。
十和田湖・奥入瀬渓流・蔦沼と蔦温泉・白神山地ブナ林・十二湖を歩き回り、4カ所の温泉に入ってきました。
現地から携帯でブログに投稿したのですが、画像が横を向いていたりして失礼しました。画像の撮影と添付はいつも同じ方法でしているのですが、どういう訳か縦になったり横になったり・・お行儀が悪くてごめんなさい。
美しい画像は26日以降順次アップしますのでご覧ください。
明日朝は、まず動物病院に預けてあるレーチェを引き取りに行き、ブログはその後で作業を始めます。お待ちください。

2008年5月25日 (日)

青池です

青池です
十二湖の一つ青池は神秘的な青色です。晴れていればもっと美しいでしょう。 

リゾートしらかみ号

リゾートしらかみ号
五能線のリゾート急行に乗って十二湖駅で降りました。これから十二湖の青池に向かいます。

2008年5月24日 (土)

白神山地のブナ林

白神山地のブナ林
暗門の滝へ向かうコース入口付近のみごとなブナ林です。新緑が目にしみます。

蔦温泉

蔦温泉
東北の秘湯の一つ蔦温泉に入りました。いい湯でした。

蔦沼の緑

蔦沼の緑
八甲田山麓の蔦沼を歩きました。晴れて暑い青森です

2008年5月23日 (金)

奥入瀬渓流

奥入瀬渓流
美しい新緑の中を奥入瀬川の清流が流れています

十和田湖に来ています

十和田湖に来ています
いい天気で快晴です。新緑の美しいみちのくです。

2008年5月22日 (木)

今日のレーチェ姫 5/22

Simg_9480 Simg_9486
電気のコードで遊んでいます

Simg_9489 Simg_9490
    お布団の上でマッタリ                カメラのネックストラップに噛みついて

2008年5月21日 (水)

静岡県立美術館界隈

 静岡県立美術館は旧静岡市と清水市の境界付近の谷田の丘にあります。美術館建設用地が、静岡市中心部である駿府城の城跡からこの地に変更になった時、なぜこのような不便な所を選んだのかということで、異論が続出しました。
 今・・美術館のある一帯は市内でもっともおしゃれな土地で、デートスポットになっています。美術館に隣接して図書館、県立大学、埋蔵文化財研究所などがあり、美術館の周辺はすてきな散策路です。 天気のいい日には富士山が見えるスポットが各所にあります。

画像はクリックすると大きくなります

Simg_9451_2
                  県立大テニスコートから見た富士 5/20

Simg_9423 Simg_9428
        JR草薙駅                           県立大学。美しい煉瓦造り

Simg_9429 Simg_9435
  県立大学のケヤキ並木                          美術館の彫刻プロムナード

Simg_9434 Simg_9439 Simg_9452
  アメリカシャクナゲ         正面:図書館 右:美術館        ロダン館の屋根

 この美術館には世界有数のロダンコレクションがあり、《地獄の門》《考える人》などをすべて屋内で見ることができます。企画展に入場すれば常設展とともにロダン館も無料で入場できます。ロダン館を出てそのまま緑濃いプロムナードへ出ていくこともできます。

Simg_9444 Simg_9445 Simg_9446
ロダン《考える人》           力を入れて踏みしめた足        肘は左の膝に

Simg_9440 Simg_9449 Simg_9456
 ロダン《地獄の門》         門の上部に《考える人》         茶畑の残る住宅街

Simg_9457_2 Simg_9459 Simg_9462
静岡茶の代表「やぶきた」の原樹     静鉄美術館前駅で      国道1号上の高架から

2008年5月20日 (火)

シャガール展・・色彩の詩人 静岡県立美術館

 シャガール(1887-1985)はロシア西方(現在はベラルーシ)の町ヴィテブスクで生まれたユダヤ人です。ベルリン・パリ・ニューヨークなどに移り住み、1947年から亡くなるまではパリで生活しています。アンドレ・マルローの尽力によってニース市に国立シャガール美術館が建設されました。
 シャガールは長命で97歳で亡くなっています。この展覧会には20代初期の作品から80歳を過ぎた晩年の作品まで150点余が出品されています。80歳を過ぎてから取り組んだ大作には驚嘆します。
 シャガールは独特の色彩感覚と画面構成で愛・信仰・故郷の情景などを幻想的に描いています。「ヴァイオリン弾き、婚礼の祝祭、村人、牛・ヤギ・ロバ・鶏などのモティーフは、シャガールが幼少期に故国、とりわけ生地のヴィテブスクで見ていたもの」で、「忘れ得ぬ故郷の思い出は、ノスタルジアとなって、シャガールの芸術を貫いています。」(展覧会パンフレット)。
 ノスタルジアとともに彼の絵を貫いているのがユダヤ教への信仰です。
 シャガールの絵には空中に浮かぶ人や動物がしきりに登場しますが、その構図はすでに20代の作品に現れています。
 この展覧会には‘幻の’《ユダヤ劇場壁画》シリーズ7点がすべて出品されています。モスクワの国立ユダヤ劇場の壁面を覆い尽くす作品で、もっとも大きい《ユダヤ劇場への誘い》は横8㍍近い大作です。
 《街の上で》は結婚した頃の作品で、シャガールと妻ベラとおぼしき二人が空中を浮遊しています。フワフワと体が浮き上がるような幸福感を味わっていたのだそうです。
 多くの作品の中で、愛と信仰を描いています。ヴァイオリンなどのいろいろな楽器の登場する画面からは音楽が聞こえてきそうです。
 油彩画のほかにテンペラ・版画・タペストリーに至るまで数多くの作品があり一通り見るのに時間がかかります。
 会期は今月25日までです。

主な作品は美術館HPで見ることができます。http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/ 

Simg_9432
                     彫刻プロムナード入り口の看板 

Simg_9454_2
                          静岡県立美術館

今日のレーチェ姫

レーチェは袋やバッグが大好きですぐに中に入ろうとします。週末にハイキングに行く予定なのでナップザックを出したところさっそく入ってしまいました。大きいバッグを出すと、家族がどこかへ出かけて一人で留守番になるのではないかと心配するレーチェです。Simg_9418

Simg_9464 Simg_9476
       窓際でマッタリ                  肩に抱かれて外の空気を吸っています

2008年5月19日 (月)

緑濃い四ツ池公園(浜松市)

 5月も半ばを過ぎて四ツ池公園(浜松市幸)の緑が濃くなってきました。池では今日も朝から釣り糸を垂れる人が数人・・ゆるやかに時は過ぎていました。
 曳馬野の面影を残すこの公園は自然豊かです。観賞用の草花はほとんどありません。

《画面をクリックすると大きくなります》

Simg_9409

Simg_9391 Simg_9386
トキワツユクサ 南米原産。帰化植物化しています    クローバー(シロツメクサ)

Simg_9392 Simg_9403
                  ショウブもツツジももう終わりです

Simg_9387 Simg_9388
     モミジの青葉①                          ②
Simg_9410 Simg_9382
          ③                         サクラの緑陰

Simg_9411_2 Simg_9412
                              公園の街灯の住居表示

2008年5月18日 (日)

NPO法人正式に設立へ

 NPO法人「エコライフ浜松」の認証通知書が22日に市で受理されることになりました。受理から2週間以内に法務局に登記申請をして6月2日の設立を目指しています。
 「エコライフ浜松」は2009年2月に稼働する予定の市西部清掃工場内に設置される環境啓発施設の運営と、市民主導の環境啓発活動を行うことを目的とする市民団体です。
 2月18日に設立総会を開いて定款や役員の案を決めました。私も役員の一員に名を連ねています。
 来年のオープンまでにNPOの活動が軌道に乗るようできるだけお手伝いしたいと考えています。

 
 

2008年5月17日 (土)

ジュビロ・・危機的な状況

 FC東京に1-2で逆転負けでリーグ戦3連敗。転落の一途です。
 前半22分、上田のCKに大井が合わせて先制。ところが前半の終わりからボールがキープできなくなり後半3分に失点。17分にも同じく赤嶺に決められて逆転されました。後半は足が止まってボールがキープできない、ミスを繰り返す、プレスができない、ゴールエリア近くまで引いてしまってボールを思うように回される・・川崎戦の後半と同じパターンでスタンドはあきらめムードでした。
 唯一のチャンスはゴール前の前田がほぼフリーでヘディングをした時ですが・・ゴール右にはずしてしまいました。
 故障や出場停止でDFが手薄な中で磐田東OBの森下が今期初スタメンでがんばりました。
 ジュビロは13節が終わって暫定15位。明日ヴェルディが勝てば16位に転落。17位の札幌と勝ち点4、最下位の千葉と6差です。今後の展開によってはJ2転落が現実のものになってくるという危機的な状況に追い込まれました。
 サポーターの間では監督の更迭を望む声が高くなっています。

 リーグ戦は6月28日まで中断です。この期間に何らかの手が打たれるはずですが・・。

Simg_9359 Simg_9358
     ジュビロの先発イレブン                  初スタメンの森下

Simg_9368 Simg_9373
         大井が頭で先制

Simg_9378 Simg_9380
辛うじて1万人確保。今後は1万人割れも。       中山投入も実らず

Simg_9381 

2008年5月16日 (金)

「田園讃歌-近代絵画に見る自然と人間」展

 企画の優れた見応えのある展覧会でした。山梨県立美術館の開館30周年記念展です。
埼玉県立県立近代美術館では開館25周年記念展として昨年秋に開催されました。その後北九州・広島と巡回して山梨が最後です。
 学芸員のお話によるとこの企画展の案が最初に出されたのは6年前の2002年の夏のことだということです。埼玉が収蔵するモネ《ジヴェルネーの積みわら》山梨が所蔵するミレー《落ち穂拾い、夏》の二つの作品に共通するモチーフが【積みわら】だったことから
【積みわら】を中心としながら、それだけでなく広く農作業を中心とした田園風景を描いた作品で構成する企画展とし、日本の画家の作品や、版画・ポスター・写真などのアートも加えた展覧会になったのだそうです。
 日本では企画展というとピカソ、ゴッホ、ミレーなどの画家個人の作品展や印象派展などが多いのですが、その中では異例の企画と言えるでしょう。
 出品作品は約150点で、ミレーの作品は《落ち穂拾い、夏》のほか「乳しぼりの女」など7点、モネは《ジヴェルネーの積みわら》ほか3点、ピサロ10点、ゴーガン4点、ゴッホ4点 20世紀のマイヨールまでの西洋美術と、浅井忠・黒田清輝をはじめとする日本の画家の作品46点、13点のポスターのほか多くの写真があります。
 「19世紀フランスでは都市に住む人々にとって、田園風景はノスタルジックな思いをかき立てるもであり、絵画にあらわされた農村は理想郷にみなされ、収穫された穀物や星草を積み上げた大きな山は大地の恵みとされました。」(展覧会のパンフレットによる)。
 ミレー《落ち穂拾い、夏》は縦38.3㌢横29.3㌢の作品です。B4よりやや大きくA3よりやや小さいサイズです。後ろでわらを積み上げている4人は自作地を所有する豊かな農民でしょう。前面では畑を持たない貧しい農民のために地面に残された穂を拾う3人の女性が描かれています。積みわらは直径4-8㍍もあります。

 大学で西洋美術史を聴講している仲間が先生とともに20人で鑑賞しました。企画に当たった学芸員の方にこの展覧会の企画の趣旨を伺った後、主な作品について説明していただきました。展覧会全体のねらいや個々の作品について深く理解することができました。

 この展覧会は6月1日まで開催されています。常設展ではミレー《種をまく人》・《 ポリーヌ・V・オノの肖像》なども見ることができます。

Simg_9319_5 
                      展覧会のパンフレット(表)

Simg_9320_5  

                        裏

Simg_9103
                            梨県立美術館
 

 

2008年5月15日 (木)

映画「最高の人生の見つけ方」

余命6ヶ月を宣告された二人の初老の男性が、死を意識して残りの人生を生き生きと駆け抜けるというストーリーでなかなかいい映画です。現実離れしていると言えばそれまでですが、人生最後の生き方をいろいろ考えさせてくれます。
 「最高の人生の見つけ方」という邦題はハウツーものに近い語感で残念です。原題は【THE BUCKET LIST】=‘棺桶リスト’です。映画の内容からすると原題の方がいいと思います。
主役はジャック・ニコルソン演じるエドワードと、モーガン・フリーマン演じるカーターです。
エドワードは仕事に人生を捧げた大富豪で傲慢な男性です。
一方、カーターは大学の歴史教授になる夢をあきらめ、自動車整備工として誠実に働き、家族を支えてきた男性です。
この二人がたまたま病室でいっしょになります。‘棺桶リスト’とは・・カーターが大学新入生の頃に哲学の教授から、自分たちが棺桶に入る前に思い残すことなくやりたいことをすべて書き留めたリストを作るように勧められたことがあったのです。
死を前にした二人はそのリストを作り、病院を脱出して実行することになります。
スカイダイビング・ムスタングでの競走・プライベートジェットでの世界旅行・・死期の近い患者とは思えない大胆な行動です。
リストには、「泣けるほど笑う」「見ず知らずの人に親切にする」「世界一の美女とキスする」などのリストを実現してリストを消していきます。

 人生の最後をどのように生きるか、死をどのように迎えるか・・大きく重い命題ですが、笑いを誘いながら前向きに描いています。
 カーターは愛する妻と子どもの前に帰っていきます。そして・・。
 エドワードにとって、人生の最後にカーターと出会ったことが人生最高の喜びであったのではないかと思います。
ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンの二人の名優の演技がみごとです。

2008.5.15  TOHO Cinemas浜松 97分

映画の公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/bucketlist/ 

 

2008年5月14日 (水)

レーチェ初登場

レーチェはわが家のお姫様です。三毛のミックスで4歳。わが家に来てから7月で4年になります。Lecheはスペイン語で‘ミルク’です。生後間もない頃、乳白色だったので・・。
ホームページでは最初から常連で数多くの画像をアップしました。ブログでは姿を見せなかったのですが、ファンの方々のご要望に応えて本日お目見えです。これからもよろしくお願いします。特技はみごとな前方宙返りですが、なかなか演じてくれません。

Simg_9243

Simg_9245 Simg_9267

ネズミのおもちゃで遊んでいます。
Simg_9249 Simg_9252 Simg_9254 Simg_9260
Simg_9264 Simg_9265
Simg_9266Simg_9250 
                      

2008年5月13日 (火)

バラ園と古墳のある学校

9日にこのブログでみごとなバラ園を紹介した磐田農業高校には二つの古墳があります。本格的なバラ園と古墳がある学校・・全国でもここだけではないでしょうか。
1896年の開校ですからすでに110年以上の歴史があります。1930年には昭和天皇が静岡県への行幸の途次、この学校で‘駐賀’されたということで記念碑があります。
県知事、市町村長、国会議員など多くのリーダーを輩出しています。現在は県下に3校だけ残る農業専科の学校の一つです。

画像をクリックすると大きくなります

Simg_9068
             正門を入ると正面に見える澄水山古墳
Simg_9067 Simg_9071 Simg_9069_2
    古墳の説明                     記念館

Simg_9070 Simg_9077 Simg_9075
国指定の文化財です           ラクウショウ         ヒヨクヒバ

Simg_9079 Simg_9078 Simg_9084
  メロン栽培の温室              草花の栽培     ブタの‘ムッチャン’雄1歳

バラ園の続きです。みごとなバラをご覧ください。

Simg_9061

Simg_9052 Simg_9064 Simg_9059
                      幼稚園の遠足        消毒中

Simg_8963 Simg_8985 Simg_9000

Simg_8952 Simg_8978 Simg_8981
    花霞                    チェリッシュ      オレンジバニー

Simg_8984 Simg_8993 Simg_9003
 イングリット ウェイベル              フレンチレース          ゴールドマリー'84

Simg_9006 Simg_9008 Simg_9010
      連弾                   ゴールドバニー          ホワイトマジック

Simg_9012 Simg_9014 Simg_9016
     ラバグルート                プリンセスチチブ         ブライダルピンク

Simg_9018 Simg_9022 Simg_9025
    フロージン’82                ガルテンツァーバァ`84    ソニア

Simg_9040 Simg_9043 Simg_9045
    モナリザ                      銀嶺          オリンピックファイヤー


   

2008年5月12日 (月)

山梨への旅

大学の先生と聴講生の仲間20人で山梨へ出かけました。あいにくの雨の中、東名・西富士道路を経て一路甲府へ。渋滞もなく昼前に芸術の森に着きました。Simg_9112
          芸術の森にある県立美術館。野外彫刻が十数点あります。

5月10日(土)

Simg_9085 Simg_9086_2 Simg_9087
21人乗りの小型バスで            雨の東名         甲府市内。身延線の跨線橋

Simg_9096 Simg_9090 Simg_9099
   木立の向こうが芸術の森       おいしい‘ほうとう’でした         芸術の森入り口

Simg_9100 Simg_9113 美術展については後日アップします。
   企画展看板               文学館

芸術の森から武田神社へ
Simg_9116 Simg_9117 Simg_9115

Simg_9118 Simg_9119

宿:積翠寺温泉‘坐忘庵’
Simg_9144 Simg_9141 Simg_9155
  山間に立つ坐忘庵          谷間から甲府の灯りが見えました    積翠寺:信玄が産湯を使った

5月11日(日)                                                                              まずワイナリーを見学してそれから県立博物館へ。御坂峠を越えて本栖湖の近くの芝桜まつりへ。午前中は小雨で気温は5℃-7℃と肌寒い日でした。

Simg_9154_2 Simg_9166 Simg_9161
宿につながる細い道。小型マイクロのみ可    モンデ酒造         ウイスキーの貯蔵庫

山梨県立博物館:  

2005年10月にオープンした新しい博物館です。建物はグッドデザイン賞などを受賞しています。歴史に重点を置いた体験・交流型の博物館で展示方法などに新しい博物館らしい工夫が見られました。新しすぎて使い方がよくわからないという利用者の意見もあるという課長さんのお話でした。展示について学芸員の説明を伺いました。

Simg_9167 Simg_9172 Simg_9171
県立博物館。2005年開館         G・D賞受賞           課長さんの説明を伺いました

河口湖町で炉端焼きの昼食。その後富士芝桜まつりを見て浜松へ

  Simg_9177 Simg_9180 Simg_9183
    河口湖                 昼食会場             炭火で焼いています

2008年5月11日 (日)

富士芝桜まつり

富士五湖の一つ本栖湖の近くで今年から‘富士芝桜まつりが’開かれています。
富士急リゾート竜神池の周囲2.4㌶に70万本の芝桜が植え付けられて今見頃を迎えています。
ピンク・赤・白などの花が描く文様は竜を表しています。
新緑を背景に鮮やかな色模様が池の周りを染めてみごとでした。
富士山をバックに青い空に映える芝桜を見たかったのですが、あいにく雨上がりでその願いは叶いませんでした。
昨10日は雨のためマイカーによる来場者が少なくて渋滞がなかったのですが、今日は昼過ぎに雨があがったこともあって、富士宮方面から北上する車でかなり渋滞していました。
会場内は大勢の観光客で賑わっていました。

Simg_9238

Simg_9210

Simg_9219

Simg_9217 Simg_9229

Simg_9230 Simg_9206

新緑をバックにした芝桜も美しい
Simg_9221 Simg_9231

植えられている芝桜は5種類です
Simg_9202 Simg_9220
     スカーレットフレーム                   マックダニエルクッション

Simg_9212 Simg_9214
    オータムローズ                       多摩の流れ

Simg_9203
       モンブラン

2008年5月10日 (土)

甲府に来ています

大学の聴講生の仲間で先生と一緒に甲府に来ています。雨の夜です。

2008年5月 9日 (金)

バラ園満開-磐田農高①

県立磐田農業高校のバラ園でみごとなバラが咲いています。1896年(明治29年)に開校した学校の100周年を記念して1996年にこのバラ園が作られました。生徒が実習などで育ててきたこのバラ園には150種1500本のバラがあります。
授業のある日でも無料で開放されているので多くの市民が次々と訪れています。今日私が訪れた時には近くの幼稚園の子どもたちが来ていました。
NHKの取材もあり、今日午後6時30分頃のローカルニュースの中で放映されました。

バラの種類が多いので2回に分けてアップします。
歴史と伝統のあるこの学校についての紹介もその際に合わせてアップします。

みごとなバラをご覧ください。

画像はクリックすると大きくなります。

Simg_8941 Simg_9048 Simg_9036
                         万葉

Simg_9020
                     プリンセス・ドゥ・モナコ

Simg_8939 Simg_8941_2
      ブルーバード                        花笠

Simg_8945 Simg_8948
         桜霞

Simg_8954 Simg_8955
                         花霞

Simg_8950 Simg_8957
       マジョリ

Simg_8958 Simg_8959
      背景は校舎です                     幼稚園児が鑑賞しています

Simg_8962 Simg_8969
  ‘かれん’の密を吸うハチ

Simg_8965 Simg_8966
                         あやおり

Simg_8973 Simg_8974
                         うらら

Simg_8995 Simg_8996
                         フリージア

Simg_8976 Simg_9000
       ブルーバユー                     アメリカ

Simg_9030 Simg_9032
                        ときめき

Simg_9038 Simg_8997
     プリンセス・ミチコ                  創立100周年記念

2008年5月 8日 (木)

G・Wに63㎞歩きました

4月29日から5月6日までのゴールデンウイーク8日間に延べ98000歩・64㎞歩きました。
この距離は東海道線で浜松-焼津に相当します。
特に、3-5日の浜松まつりの3日間には56000歩・36㎞歩いています。中でも3日には約26000歩・16㎞歩きました。昼間の凧揚げ会場と、夜の町内の初練りです。
ふだんでも1日平均6㎞近く歩いているのですが、短期間にこれだけ歩くとさすがに足は棒のようになって筋肉痛になります。
まだいくぶん疲れが残っている感じです。浜松まつりが終わると急に患者が増えるという話を病院の看護師さんから聞いたことがあります。
入院中の患者がまつりの期間中は医師に懇願して外出許可をもらうという土地柄です。

万歩計:この万歩計は、歩数と距離、しっかり歩いた歩数と距離、カロリー消費量と脂肪燃焼量が計測され、1週間のデータが蓄積されます。
画像は5月3日の記録です。
Simg_8932 Simg_8933
       歩数                          距離

2008年5月 7日 (水)

高齢者の「ふれあい広場」

町内の高齢者が月に1回集まって交流を深める「ふれあい広場」が開かれました。これまでも町内の有志がお世話をして「ふれあいサロン」を開いていましたが、今日は地域の社会福祉協議会の主催で自治会が協力しました。役員や担当者を含めて20数人が参加して楽しい時間を過ごしました。
手足を動かしながら歌を歌ったり、空き缶を投げて得点を競うゲームをしたり・・・お昼まで1時間半ほど楽しみました。
一人暮らしで人との出会いが少ない高齢者にとっては、いろいろな人と出会って話をするいい機会です。

Simg_8867 Simg_8870
                           替え歌=振り込め詐欺にあわないために

5人1チームで空き缶を投げて止まったところの点数を加算します。線にかかると0点で
す。
Simg_8871 Simg_8872
これは0点です                        投げた瞬間。さあどこへ落ちるか

4つのグループがそれぞれ好きな食べ物を3つまで考えました。

Simg_8880

会場で配られた「老人の健康と長寿10則」です。わかりますか?
①少肉多菜 ②少糖多果 ③少煩多眠 ④小言多行 ⑤少衣多浴 ⑥少塩多酢
⑦少食多噛 ⑧少怒多笑 ⑨少欲多施 ⑩少車多歩

③は「くよくよ悩まず睡眠を多くとる」こと、⑤は「できるだけ薄着で入浴を多くすること」。

2008年5月 6日 (火)

ジュビロ完敗

  • 現時点での実力の差が如実に出たゲームでした。
    前半9分に万代のゴールで先制したまではよかったのですが、23分に同点にされたあとは70分近く防戦一方。7割方ボールを支配されてジュビロの選手はボールに触らせてもらえない時間もある悲惨な状況でした。
    後半2分14分16分と次々失点してお手上げ。
    最近4ゲームを負けなしのジュビロも、最近3ゲーム逆転勝ちの川崎になすべもなく勝ち星をを献上しました。
    唯一の救いはけがで欠場していた前田が後半11分に初先発の山崎に替わって今シーズン初めてピッチに立ったことぐらいでしょうか。
    下位チームには勝つことができても上位チームには勝てない今のジュビロを象徴するゲームでした。

Simg_8838 Simg_8839
ジュュビロの先発イレブン FWに19歳の山崎       サブに前田
Simg_8841 Simg_8844                                                              選手入場                        キックオフ
Simg_8845_2Simg_8846_6
両軍のスターティングイレブン。初の先発に19歳の山崎  前半9分万代のゴールで先制
Simg_8847_2 Simg_8849
歓喜のジュビロゴール裏                      1-0でリード
Simg_8853Simg_8858
前半23分に追いつかれて1-1               なかなか満席になりません
Simg_8863 Simg_8865
18前田が今シーズン初めてピッチに登場          勝利に沸く川崎ゴール裏

Simg_8866
1-4で完敗 

2008年5月 5日 (月)

浜松まつり・・町内初練り

祭りの夜は町内各所を練り歩きます。上島組の役200人が初子のお宅、自治会長や凧揚げ会会長、上島組の組長宅などを回って激練りを繰り広げます。駅前の交差点や国道の交差点でも、車を止めて激練りを行います。初子のお宅の前ではビールやごちそうをいただきます。
スーパーの駐車場では隣の町と合同で練りを行います。

夜間、照明を使わない撮影で画像がぶれたりしています。

Simg_8830 Simg_8832
国道の交差点での練りです

Simg_8833 Simg_8819
タクシーもしばらくストップです                  左がわが町。右が隣町

Simg_8827 Simg_8820
合同の練りです                      練りには提灯を持たないと参加できません

最終日の5日・・あいにく朝から小雨が時折降る天気。中心街で予定されていた合同練りや御殿屋台の引き回しは中止になってしまいました。引き上げて行く栄町の屋台です。お囃子は乗っていません。
Simg_8837
               

2008年5月 4日 (日)

大凧乱舞

浜松まつり2日目。今日は適度の風に恵まれて凧がよく揚がっていました。

【画像はクリックすると大きくなります】
Simg_8789
Simg_8787 Simg_8805

凧が落ちて来ることがあります
Simg_8766_3 Simg_8747_2 Simg_8748_2
落ちた凧が女性を直撃。救急車が出動   松林に落ちた凧     ‘プロ’が樹上で作業します

熱気にあふれた凧揚げ会場です
Simg_8768 Simg_8802 Simg_8786
                      並んでいるテントは各町の‘陣屋’   右は出店

糸切り合戦
Simg_8772 Simg_8775 Simg_8782
糸がからんでいます           4町が激しく競います      わが町の凧= 「上」
Simg_8781_2 Simg_8784
糸を繰り出したり巻き取る‘テギ’    切られれる前に軟着陸

凧揚げ会場の南側は大砂丘と遠州灘(太平洋)です
Simg_8793 Simg_8796 Simg_8800
砂丘から見た凧                             波と戯れる子どもたち

今夜も町内で‘初練り’があります。昨日は昼間の凧揚げ会場と夜の練りに参加して
1日で25000歩歩きました。距離にして16㎞・・浜松から磐田、東京から川崎の間を歩いたことになります。

2008年5月 3日 (土)

浜松祭りが始まりました

浜松祭りがいよいよ始まりました。今日から5日までです。3日間の人出は昼間の凧揚げと夜の御殿屋台引き回しを合わせて150万人と予想されています。
朝方は夜来の雨が残っていましたがやがて晴れ上がって初夏の陽気になりました。
ただし・・・残念なことにほとんど無風。各町ともかなり苦労して揚げていましたが、いずれも間もなく落下。いつものように上空高く舞い上がる凧の姿はありませんでした。
今年は凧揚げに172町が参加しています。
浜松祭りの歴史や内容は浜松市のHPでご覧ください。

http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/

Simg_8728
午前11時、開会宣言と同時に一斉に凧が揚げられました。しかし・・揚がったのはここまででこの後凧は次々と地上に。

Simg_8690 Simg_8709 Simg_8711
出発前に安全祈願祭            各町のバスが次々と到着     落ちた凧が電線にかかった
                         県中部の静鉄、大鉄など     場合に備える中部電力の車
                         各社のバス総動員
Simg_8716 Simg_8717 Simg_8736
1枚の凧がなんとか揚がりました     この凧は4帖半の大きさ   日本とブラジル交流年記念凧
Simg_8722 Simg_8723 Simg_8724
中田島砂丘はアカウミガメの産卵地です                 砂丘が細るのを防ぐテトラポッド
                                         この部分は砂浜が沖に伸びています
Simg_8734 Simg_8737 Simg_8740  
本部前での激しい練り      昼頃から青空が・・           わが町の凧が会場に向かいます

2008年5月 2日 (金)

フクロウ・ミミズク・コノハズク

フクロウ目・フクロウ科の鳥たちです。世界各地にいろいろな仲間がいるものですね。
4月26日、掛川花鳥園で撮影しました。

【画像をクリックすると大きくなります】
    Simg_8323_2
       テレビでおなじみのミナミアフリカオオコノハズク・ポポちゃん
Simg_8325_3 Simg_8327_3
ベンガルワシミミズク:ゾロちゃん ユーラシアンワシミミズク:バロンちゃん
Simg_8321_3 Simg_8467_2
アメリカオオコノハズク:ナミちゃん    カラフトフクロウ
Simg_8469_2 Simg_8471_2
    シロフクロウ           アメリカワシミミズク
Simg_8475_4 Simg_8477_2 Simg_8479_2
トルクメニアンワシミミズク ユーラシアンワシ・・  フクロウ
Simg_8482_2 Simg_8490_2 Simg_8492_2
カラフトフクロウ
「どうぶつ奇想天外」で活躍 オオスズメフクロウ マレーワシミミズク
Simg_8494_2 Simg_8496_2 Simg_8500_2
メガネフクロウ  マレーウオミミズク=魚食 アフリカワシミミズク
Simg_8502_2 Simg_8504_2
ケープワシミミズク   クロワシミミズク
 

2008年5月 1日 (木)

わが家の庭の花

  春の花がいろいろ咲いています。4月23日と5月1日撮影の画像です。 
 新しいブログに画像をアップするテストの意味もあります。

【画像はクリックすると大きくなります】

Simg_8688_3
                                白いツバキ
Simg_8668_4 Simg_8680_3

         ミヤマオダマキ               カラー
Simg_8665 Simg_8667 Simg_8676
   アッツザクラ        チャイブ       タツナミソウ(紫)
Simg_8678 Simg_8679 Simg_8681
   コバナランタナ    ラベンダー          ブルーベリー
Simg_8682_10 Simg_8683_3 Simg_8686_3 Simg_8687_3
    コバンソウ    キンギョソウ     エビネ       セロジネ
Simg_8689_2 Simg_8670   
  ワスレナグサ        セイヨウオダマキ    
   
                                 
                          

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »