2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

中秋のはままつフラワーパ-ク②秋のバラ

 バラ園で秋のバラが咲き始めています。花の数は春のバラほど多くありませんが、それなりに楽しめます。

Img_4986 Img_4983
            青空                   しのぶれど

Img_4990  Img_4992 
          ラバグルート                   恋きらら

Img_4994  Img_4997
              ラブ                   伊豆の踊子

Img_5003  Img_5006
               和音                   万葉

Img_5009  Img_5011 
           ジャルダン・ ドウ・フランス       アンダルシアン

バラ園はこれから11月にかけて見頃になります。

Img_5013  Img_5016
       木下恵介の丘 バックの赤はコキア   モザイ「ほほえみのハーモニー」解体中

 

2019年10月12日 (土)

台風19号

 史上最大級の台風19号が接近中ということで緊張しています。昨日は物干しざおや植木鉢などを片付け、自転車は玄関に入れるなどの対応をしました。昨夜11時過ぎに寝る頃には時折ヒューヒューという風の音が聞こえていました。
 今日は朝から強風が吹きまくると警戒していたのですが、意外に穏やかです。12日午後現在、風は8m前後。最大風速は午前7時10分の9.8mです。雨は降り続いています。24時間雨量は138mm。直近の時間雨量は23.0mmです。
 画像は午後1時現在の進路図です。標示の地点がわが家の付近。台風は真南にあり、その距離は約170㎞です。図がやや見にくいのはこのエリア全域が暴風圏内ということでカラーで覆われているためです。
 台風は時速35㎞で北北東に進んでいます。このま進めば浜松に一番近づくのは午後6時過ぎでしょうか。御前崎の東の駿河湾内です。そこから伊豆を横断して横浜、東京方面へ進みそうです。あと数時間が我慢の時間です。

Img_5017

 

2019年10月11日 (金)

秋半ばのはままつフラワーパーク①

 開花の遅れたヒガンバナがほぼ咲き終わった梅園ではショウキズイセンが咲いています。ショウキズイセンはヒガンバナの仲間です。

Img_4960 Img_4959  

Img_4956  Img_4957
             咲き残ったヒガンバナが一緒に咲いています 

十月のサクラ

Img_4969  Img_4971
          オカメ                  河津桜

Img_4979  Img_4967
            思川                    大島系

ところどころで2,3輪ずつ咲いています。

 

2019年10月10日 (木)

みんなで歌おう 第6回 合同祭

 市内20か所で行われている「みんなで歌おう」会の第6回合同祭が10/9(水)正午から午後3時50分まで、浜北文化センター大ホールで行われました。昨年は講師が病気療養中で開催できなかったので2年ぶりです。20団体の1,000人余が参加して楽しい時間を過ごしました。

 今年の合同祭は、会の主宰でシンセサイザー演奏家の講師による新企画で、クラシックのソリストを3人招いて、「うたごえ」とクラシックの融合を図るというジョイント・フェスのスタイルで行われましたが、この試みが成功しました。オープニングでバイオリンガ加わってシンセサイザークラブのメンバーと<ブルー シャトー>を競演。前半の最後に、ピアノ・バイオリン・チェロのトリオによる演奏がありました。うたごえの例会でおなじみの<川の流れのように>、<時代>ではバイオリンの哀愁を帯びた音色が心に染み入る感じで感動しました。
 後半では、トリオも加わって歌謡曲や叙情歌などを次々と歌いました。

 この合同祭では、クラシックの演奏会と違って、客席の全員がステージのメンバーに合わせて歌います。

 「進化した」合同祭は、楽しく、そして思い出に残るものになりました。

 私の今年の役割は、アンコールの後の「あいさつ」でした。

Img_4936  Img_4940
       オープニング              1グループ約100人前後です

Img_4943  Img_4948
          トリオの演奏         トリオも加わって

 

2019年10月 7日 (月)

里山のゴールデンピラミッド

 磐田市敷地の里山でゴールデンピラミッドが見頃になっています。地域の皆さんが栽培、管理している里山です。黄色の群落の横で、真っ赤なヒガンバナがまだ咲いています。秋の花フジバカマも見頃です。5日に新聞で報道されたこともあって、花見の人が次々と。今週中は見頃が続くでしょう。台風の前までです。場所は磐田市敷地891-1 旧・豊岡東小の裏山です。駐車場は学校の横にあります。

Img_4902 Img_4916

Img_4915 Img_4904

Img_4907 Img_4919
フジバカマとゴールデンピラミッドとヒガンバナ ヒガンバナの群生は少し高い所に

Img_4905 Img_4923
                 フジバカマ

2019年10月 6日 (日)

崖っぷちのジュビロ 零敗

17位松本と勝ち点差7 16位の鳥栖と点差10でJ2降格がいよいよ現実に迫ってきたジュビロは首位東京を僅差で追う横浜と対戦しました。前半はかなり健闘したのですが・・・。オウンゴールで失点。その後は防戦一方となり、後半にも簡単に失点して万事休す。またも零敗でした。無得点は今季12試合目です。

 次節ホームでの鳥栖戦(10/19)で敗れれば、その次の清水との静岡ダービーで降格が決まる可能性があります。その後に4試合残しているのですが、早々とJ2行きが決まりそうです。残念ですが厳しい現実です。

 昨日の横浜戦は5/18の仙台戦以来ほぼ5か月ぶりにヤマハシタジアムに出かけて応援しました。家内は自宅でテレビ観戦です。リーグ優勝を狙う横浜のサポーターが数多く応援に来ていました。

Img_4887 Img_4884
        厳しい現実         満席で盛り上がる横浜ゴール裏

 

2019年9月30日 (月)

ヒガンバナがほぼ満開に はままつフラワーパーク

 開花が遅れていたヒガンバナがようやく満開になってきました。はままつフラワーパークでは梅園や菖蒲園の斜面でみごとに咲いています。

梅園の斜面で

Img_4791  Img_4778

Img_4799  Img_4787

Img_4790  Img_4803 

     園路の脇で                 枝垂れ桜の下で

Img_4807  Img_4809

菖蒲園で

Img_4821 Img_4820  

Img_4824  Img_4835
        キアゲハ 

まだつぼみが残っているところもあるので、今週中は見頃が続くでしょう。

2019年9月28日 (土)

ジュビロ 8試合ぶりの勝利 2-1大分

 J1残留が厳しくなっているジュビロ磐田がアウエイで大谷2-1で勝ちました。7月13日以来8試合ぶりの勝利でした。2点とも山本康がみごとに決めました。DAZNの中継を見たのは後半からでした。ラグビー日本の勝利の余韻にひたっている中で、ジュビロは1-0の緊迫した状況で懸命に防戦に努めていましたが、PKを与えて1-1の同点に。その後も危ない場面が続きました。後半ロスタイム6分の直前、山本康が頭で決めてそのまま試合終了。待望の勝ち点3を得ました。これから勝ち続けるしかありません。

W杯ラグビー 日本 歴史的な勝利 19-12アイルランド

日本チームのみごとな勝利でした。2トライで先行されましたが、3本のPGで前半を9-12で終えました。日本は後半、1トライとゴール、1PGで10点を加え、19-12でノーサイド。アイルランドの強力な突進を二人がかりのタックルで防ぎました。ラグビー小国と思われた日本ですが、W杯主催国としての強化が実って世界トップクラスのアイルランドに勝ちました。予選突破に期待です。  今日の会場はジュビロのゲームなどでおなじみのエコパでした。チケットは抽選ではずれたので残念ながらテレビ観戦でした。十数年前、サッカーのワールドカップでエコパでのゲームを2試合見たことを思い出しました。    

2019年9月27日 (金)

ヒガンバナようやく開花 浜名湖ガーデンパーク

 この秋はヒガンバナの開花が全国的に10日前後遅れています。8~9月の猛暑が原因のようです。お彼岸は昨日で終わってしまって、ヒガンバナはこれからということになりました。
 浜名湖ガーデンパークでは9月26日、わずかに1輪、2輪咲いていました。よく探さないと見つかりません。

Img_4667  Img_4714
       百華園で見かけました         花の庭ではまだつぼみ

Img_4686  Img_4688
             これは日本のヒガンバナとは違うリコリスです。

Img_4716  Img_4718 
               東船着き場の近くで 

ヒガンバナは毎年、浜名湖に一番近い外周エリアで多く咲くのですが、昨日はまだ咲いていませんでした。
10月になって咲いてくるでしょう。

2019年9月20日 (金)

ヒガンバナの開花遅れる

 今日は秋の彼岸の入りです。この季節に畦道や川の土手を赤く染めるのがヒガンバナです。ところが・・・この秋はまだ咲いていません。
毎年定点観測をしている二俣川の河川敷の様子です。

Img_8536  Img_8538  
              ようやく芽が伸びて、つぼみが見えています

2016_091900171  Img_8996_21 
     同じ場所で。2018/9/17           同、2017/9/20

まったく違います。

開花の遅れは全国で同じ傾向のようです。袋田の滝も、半田市のごんぎつねの里のヒガンバナなどもこれからのようで、1週間から10日ほど遅れているようです。猛暑が原因らしいのですが・・・。

 

 

2019年9月17日 (火)

初秋の万葉の森公園

 秋を求めて、家内と二人で万葉の森公園を訪ねました。花の少ない公園です。

Img_4588  Img_4555
   1 本だけ咲いていたヒガンバナ          ナンバンギセル

Img_4561 Img_4569 
                 ツリガネニンジン

Img_4585  Img_4610  
       オミナエシ                  フジバカマ

Img_4592 Img_4589
                    フヨウ

Img_4599  Img_4623 
            ハギ             オケラ(万葉名=ウケラ)

Img_4605   Img_4613   
           ヒオウギ            園内を歩く家内

家内は腰椎圧迫骨折発症後5か月ぶりで「自力歩行」をしました。

    

2019年9月15日 (日)

敬老祝寿会

 明日の敬老の日を前に、わが町の敬老祝寿会が行われました。浜松市では今年から敬老祝寿会の対象者の年齢を昨年度よりも1歳引き上げて77歳以上としました。対象者が年々増加して、一人当たり2,500円の補助金支出が急増していることに対応する措置です。
 わが町の対象者は1,003人で昨年度よりも43人少なくなりました。100歳が4人、米寿が49人でそれぞれ増えています。
 自治会長のあいさつ祝辞、市長代理による市長祝辞代読、来賓祝辞の後、私が1,003人を代表してお礼の言葉を述べました。

 式典の後、アトラクションがあり、その中で町内在住の93歳の女性による民話の語りがありました。福島の民話を2話、みごとな語り口で語っていただきました。最後は子ども会の子どもたちによる歌とりんごのプレゼントがありました。

Img_4539
 

 

 

2019年9月13日 (金)

2019 中秋の名月

 今夜は中秋の名月です。月の出の頃は雲が多かったのですが、その後晴れてきて輝く月がよく見えるようになりました。満月は明日です。今年一番小さい満月で、2月の満月よりも14%も小さいお月さまです。

Img_8535

2019年9月10日 (火)

はままつフラワーパーク コヒガンバナ

 9月9日午後、熱中症警報が出ている中でフラワーパークへ出かけました。ヒガンバナの咲き具合を確かめに。梅園の斜面ではかなりのヒガンバナが咲いていました。

Img_8490 Img_8501

Img_8494 Img_8492

Img_8499 Img_8504

Img_8505 Img_8497

ヒガンバナとしてはやや小ぶりで、色もクリームや白などがあります。

エントランスで迎えてくれたヒガンバナはおなじみの花です。

Img_8489

 フラワーパークのHPによると、現在咲いているのは中国から輸入した球根を植えたものだとのこと。開花時期が早いのだそうです。フラワーパークでも戸惑っている様子で、HPでは「コヒガンバナ?」と紹介しています。本来のヒガンバナが間もなく咲いてくるとどのような風景になるのでしょうか。

 35分で約3,000歩歩いて無事に帰ってきました。

 

«木梨憲武展:浜松で9万人突破