2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

2018年11月17日 (土)

貴族の愛したバロック音楽:レクチャー&コンサート

 静岡文化芸大の学生スタッフが企画したコンサートです。
 まず音楽史の上山先生のレクチャーがありました。
・バロックについて
 バロックの意味・時代
・音楽史におけるバロック
 1600-1750年の150年間。宮廷と教会で
・バロック音楽の特徴
 躍動感と運動性、明白な対照とドラマ
・サロンとは
 宮廷や貴族の邸宅で

 2年前に聴講した授業と同じように、わかりやすく、整然としたレクチャーでした。

演奏 古楽器のトリオによる演奏です

古楽器=チェンバロ、ヴィオラ・ダ・ガンパ、フラウト・トラヴェルソ
 演奏の間にそれぞれの楽器の歴史や特徴についての紹介があり、小曲の演奏もありました。

プログラム

J,M.ルクレール:ソナタ ニ長調 Op.2/8
A.ロッティ:ソナタ
G.Ph:テレマン:トリオソナタ
J.モレル:シャコンヌ
アンコール 1曲

 ヴィオラ・ダ・ガンパはチェロに似ていますが弦は6本でギターの仲間とか。弓の持ち方も違いました。

 フラウト・トラヴェルソは木製の横笛です。

 チェンバロはピアノの前身とも言われますが、ピアノと違って実は爪で弦をはじく撥音楽器です。

 今日の演奏会で使用されたチェンバロは浜松市内で製造されたものでした。東区北島町の三創楽器製作所です。

Img_3267 Img_3266
             美しい楽器です
Img_3268
鍵盤は2段。白と黒がピアノと
逆です

 17世紀のサロンの雰囲気で古楽器によるバロック音楽を聴くという機会はなかなかありません。貴重なコンサートでバロック音楽を楽しむことができました。
 会場は大学の自由創造工房でした。

2018年11月16日 (金)

晩秋の庭の花

 昨日今日と小春日和の穏やかな日が続いています。晩秋のわが家の庭で咲く花です。

Img_5755_2
       この秋初めて咲いたスイセン一輪

Img_5762 Img_5756
       小菊①           小菊②

Img_5770 Img_5765
       ツワブキ           ボケ

Img_4726 Img_4729
       ホトトギス          ランタナ

Img_4728 Img_5769
  野菊(の如き君なりき)       モミジ

2018年11月15日 (木)

晩秋の四ツ池公園

 わが家から近い四ツ池公園を久しぶりに訪ねてみました。紅葉の様子を見るのが目的でしたが・・・。若葉の季節のように真っ青か茶色でした。

Img_5724 Img_5725
           青々としたイロハモミジ

Img_5719 Img_5737
毎年見事に紅葉する      枯葉のイロハモミジ
アメリカフウは葉も少なく
残念な姿

Img_5740 Img_5753
        わずかに見られる色づいた葉

今咲いている花

Img_5728 Img_5743
              サザンカ

Img_5731 Img_5732
              ホトトギス

Img_5749_2
             鏡のような水面

カワセミを見かけたのですが、シャッターチャンスを逃しました

2018年11月14日 (水)

浜松・浜名湖周遊

 50年前の1960年代後半に富士山の麓の高校を卒業した教え子たち8人が浜松にやってきました。毎年秋に一緒に旅行をしています。今年は浜松を案内してほしいということで、すべて私が企画しました。

 私と家内を含めて総勢10人。富士山ナンバーのマイクロバスがわが家に着いて、周遊の始まりです。

 コース:
1日目=浜松城・ホテルでのランチバイキング・楽器博物館・浜名湖 遊覧船・浜名湖ロープウエイ⇒宿(国民宿舎 奥浜名湖)
2日目=宿⇒龍譚寺・長楽寺・摩珂耶寺・うなぎ昼食・新居関所・浜名湖ガーデンパーク⇒わが家

Img_0052 Img_0074
    楽器博物館        船の回りのユリカモメ

Img_0079 Img_0081_2
         餌を求めて群がるユリカモメ

Img_0107 Img_0111
  船上から浜名湖         ロープウエイ

Img_0136 Img_0145
         龍譚寺庭園の紅葉はこれからです

Img_0157 Img_0160
長楽寺のドウダンの紅葉も  室町時代築造の土塀
これから

Img_0168 Img_0173
鎌倉初期造園の名園     湖畔のうなぎ屋でうな重上
摩珂耶寺

 2日間10人で本当に楽しい旅でした。50年前のことをよく覚えていて、話は尽きません。青春時代の想い出は、過ぎてみればすべて楽しく思われます。

2018年11月12日 (月)

舘山寺で

舘山寺で
舘山寺で
舘山寺で
50年以上前の教え子と舘山寺に来ています。遊覧船のまわりをユリカモメが飛び回っています。

2018年11月11日 (日)

ふれあい運動会

 自治会が主催して町内のミニ公園で開いているふれ合い運動会は今日で23回目になります。小春日和の好天に恵まれて晩秋の半日を楽しみました。

 参加したのは幼児から高齢者まで約100人。親子連れが目立ちました。
 ラジオ体操の後、最初にミニ公園を出て市営グランドの自由広場を通って戻って来る約1㎞を全員で歩きました。

Img_3228 Img_3229
       開会行事         ラジオ体操

Img_3239 Img_3246
      輪投げ            玉入れ

 宝探し・水くみリレー・ボール送りリレー・フープ送りリレー・パン食い競争などもありました。競技に参加した人には全員に景品がプレゼントされました。最後は福引き。おしゃべりしながら絆を深めた運動会でした。
 私はボール送りリレーとパン食い競争に参加しました。

2018年11月10日 (土)

ジュビロ 貴重な勝ち点1 0-0 FC東京

 今日を含めて残り3試合となったJ1リーグ。ジュビロはまだJ1残留を決めていません。直近のホームゲームを2連勝として貴重な勝ち点6を積み重ねたジュビロがアウエイでFC東京と対戦しました。

 今日のゲームは前半だけDAZNで見ました。キックオフから15分ぐらいはジュビロのペースでしたが、その後は東京のペースに。PKを与えましたがオリヴィエラが外してくれて前半は0-0。その時点で家を出て清水に向かいました。57年前に受け持った生徒のクラス会です。清水に着くまでの電車の中でスマホで経過を見ていました。カミンスキーのファインセーブもあって失点0でドロー。貴重な勝ち点0を得て、自動降格圏から逃れました。

 あと2試合、一つ勝てば残留決定。他チームの結果によってはそれ以外でも残留が決まります。

 次節は3位の札幌、最終戦は優勝を決めた川崎です。ジュビロイレブンの頑張りに期待しています。

2018年11月 9日 (金)

第10回浜松国際ピアノコンクール

 楽しみにしていた第10回のコンクールが今日始まりました。第一次予選が11/9-13、第2次予選が11/15-17、第3次予選が11/19,20、本選が11/23,24という長丁場です。88名の出場者が24⇒12⇒6と絞られて最後に優勝者が決まります。

 このコンクールは浜松市が主催して1991年に市民会館で始まりました。1994年の第2回からアクトシティ大ホールが会場となりました。歴代の優勝者はその後世界各地ですばらしい活躍をしています。
 2003年第5回優勝のブレハッチは2005年にショパンコンクールで優勝、2009年7回優勝のチョ・ソンジンは2015年にショパンコンクールで優勝しています。
 これまで日本人の優勝者はありません。

 今年のコンクールはチケットの売れ行きがこれまでになく好調で、2次・3次・本選のチケットは早々と完売になっています。空席が多いと言われていた一次予選も当日券はわずかです。私は本選2日分のチケットを発売直後に買い求めました。2次、3次予選はコンクールが近くなってからと思っていたのですが・・・甘かった。
 一番おもしろいのは1次予選だと言われていますが、あいにく会議や会合などで日程が合わず行けそうもありません。 

 このコンクールが今年特に人気が高いのは、ベストセラーになった「蜜蜂と遠雷」の影響もありそうです。この小説を読むと、会場の様子や雰囲気、浜松の街中の雰囲気まで感じることができます。

 今回の出場者の中で注目されているのが、牛田智大(愛知)です。幼少の頃から中村紘子に高く評価され、数々のコンクールで優勝してきた逸材です。今年19歳の牛田は12歳の時に早くもCDをリリースしています。その年2012年に浜松で彼の演奏を聴きました。体調不良のため演奏途中で倒れてしまうという衝撃的なステージでした。
 牛田の1次予選は二日目の11/10 11:00-11:30です。会場へ行けなくても、ピアノコンクールのHPからほぼリアルタイムで動画を見ることができるのでどうぞ。後で録画を見ることもできます。

 どのような演奏をするのか、楽しみです。

 

 

2018年11月 8日 (木)

2018紅葉シリーズ②森林公園その2

スポーツ広場エリアのナンキンハゼ

Img_5651_2

Img_5654 Img_5652

Img_5648 Img_5653
フェンスの外ではイノシシ     野菊が満開
の荒らした痕がいっぱい

奥池と三方原用水路の間のアメリカフウ

Img_5685_2
           美しいグラデーション

Img_5686 Img_5680

Img_5683_2

Img_5677 Img_5678

バードピア前の駐車場付近

Img_5691_2

Img_5696 Img_5695
        落葉盛んで見頃を過ぎていました

2018年11月 7日 (水)

2018紅葉シリーズ①森林公園-その1

 今年も紅葉シリーズが始まります。第1回は浜北区の県立森林公園です。台風24号で大きな被害を受け、しばらく休園していました。再開後も各所で通行止めが行われています。
 紅葉も例年のような美しさは無理かもしれません。アメリカフウやラクウショウの紅葉はほぼ終わり。ナンキンハゼはこれから見頃です。

木工体験館付近で

Img_5713_2
       モミジの紅葉が始まっています

Img_5705 Img_5711

Img_5714 Img_5716
        中旬になれば真っ赤に染まります

Img_5700 Img_5707

西之谷奥池

Img_5662_2
     落葉が進んで鮮やかな色はありません

2018年11月 6日 (火)

町民文化祭

 自治会の主催でわが町の文化祭が町の公会堂で5年ぶりに開かれました(11/3-4)。
 絵画・書・写真・刻字・陶芸・工芸・手芸・絵手紙・立体書画・生け花・盆栽・人形・フラワーアレンジなど多種多様。
 203点の作品が出品されて楽しい文化祭になりました。

 作品を見ながら、制作者と町民が会話をしている様子が会場のあちこちで見られました。
 私は写真3点、家内は刻字1点を出品しました。
 シニアクラブのメンバーもいろいろな作品を出品して活躍しました。

Img_3215 Img_3216
                   入り口にはみごとな菊花

Img_3217 Img_3218_2
      盛況でした      シニア男性の生け花

2018年11月 5日 (月)

コンサート 指揮:アシュケナージ ピアノ:辻井伸行

 このコンサートのチラシやポスターで目についたのが「指揮 アシュケナージ  ピアノ 辻井伸行 」でした。この組み合わせが目玉ということです。オーケストラはアイスランド交響楽団。曲目はシベリウス2曲と辻井が弾くショパンの協奏曲第2番。

 最初はシベリウス 《カレリア》組曲 作品11 小曲ですがなかなかいい曲です。

 ショパンのピアノ協奏曲2番は1番よりも前に作曲されたものとのこと。1番ほどなじみがなく、聴く機会が少ない曲です。私は前から5列目のやや右寄りの席で辻井の顔を見ながら聴きました。いつ聴いても本当に驚嘆するばかりです。
 アンコールは、ショパン ノクターン第20番 「遺作」でした。

 休憩の後は、シベリウス 交響曲第2番 ニ長調 作品43

 大編成のオーケストラの迫力のある演奏に圧倒されました。ドラマチックな曲です。

 アンコールは、やはりシベリウスで 「悲しきワルツ」でした。

 アシュケナージの指揮は、全身を使い、腕や指もこまかく動かして表情がよく読み取れました。

 アシュケナージの「指揮」ではなく、「ピアノ演奏」を聴きたいと思った人は多かったのではないでしょうか。

 辻井がステージに出入りするときは、アシュケナージが辻井の手を引いたり、背中に手を当てたり・・・おじいちゃんが孫の面倒を見ているような感じでした。

 これまで浜松での辻井のコンサートはチケットが即日完売に近い状況で入手困難でしたが、今回は当日券がありました。辻井の出番が1曲だけ、プログラムが地味などで敬遠した人も多かったようです。

今回のアイスランド交響楽団の来日公演は、11月3日から18日まで、16日間で12公演が行われます。浜松は二日目の公演でした。

2018年11月 4日 (日)

浜名湖ガーデンパークのコスモス

 例年は10月中旬に見頃を迎えるコスモスがようやく見頃を迎えました。台風24号の影響も感じさせず美しく咲いています。

花ひろば

Img_5593_3

Img_5594_2 Img_5605

国際庭園

Img_5625_2
東西運河沿いで。キャンパスシリーズのコスモスは
オレンジとイエローです

北駐車場の東の丘で

Img_5591_2

2018年11月 3日 (土)

劇的な逆転勝利! ジュビロ3-2広島(画像追加)

 残り4試合となったJ1リーグ。ジュビロにとっては残留をかけた大事な一戦、広島にとっては優勝争いに関係する重要なゲームでした。

 先制したのは広島・・・前半31分、CKのこぼれ球から失点。さらに後半13分、2点目の失点で、万事休すかと思われました。

 ジュビロは後半20分、川又が決めた後、後半35分に桜内が見事に決めて2-2の同点とし、満員のスタンドのサポーターは一気に盛り上がりました。

 2-2のままロスタイム5分の表示。両チームは死力を尽くして戦いました。最後にジュビロがCKを獲得。そのCKの中で高橋が倒されて
PKを獲得しました
 鮮やかに決めたのは小川航基でした。ロスタイム8分にみごとに決めて逆転勝ち。
J1残留に向けて大きく前進しました。

0-2からの大逆転勝ちでスタンドは興奮の坩堝。本当に信じられないような鮮やかな勝利でした。

Img_0008 Img_0010
   ジュビロ ゴール裏      広島ゴール裏

Img_0007_2
  ヤマハ吹奏楽団のファンファーレはさすがでした

Img_0013 Img_0019
  バックスタンドも満席     チケット完売でした

Img_0025_2
     小川航基がPKを決めて3-2と大逆転
     歓喜のジュビロサポーター

Img_0027 Img_0035
                   〈勝利は続くよ、どこまでも〉

2018年11月 2日 (金)

常葉美術館 収蔵名品展

 1977年以来40年にわたって蒐集してきた美術品約560点の中から代表的な作品約60点を展示する展覧会です。
 主なコレクションは、①渡辺崋山とその弟子たちの作品 ②曾宮一念など近現代の作家たちの作品 です。

 出品目録が用意されていないので、正確にはわかりませんが、出品作品の半数以上が曾宮一念の作品と思われます。曾宮の学生時代の秀作から失明後の作品まで、彼の画業を振り返ることができます。

_20181102_0001_2

チラシ上段の大きい絵は、渡辺崋山〈西王母図〉
右端は、渡辺崋山〈蘆汀双鴨図〉
左端は、谷文晁〈秋景山水図〉

下段は3点とも、曾宮一念作。

常葉美術館は、菊川市半済1550。菊川市役所西の丘の上です。
車の場合は、北側の県道37号線から入ってください.南側からは入れません。

会期は11月25日(日)までです。

«牧之原公園と静岡空港からの富士山