2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

コロナ禍1年半を振り返る

 浜松市で最初のコロナウィルス陽性者が出たのが2020年3月28日でした。それから1年半が過ぎましたが,
収束に向かう様子はなく依然として不自由な生活を続けています。

1 コロナ禍発端の経緯を振り返ってみましょう。
 2020/1/16 国内最初の感染者
    2/  5  ダイアモンド・プリンセス号で集団感染発生 艦内隔離開始
    2/27 安倍首相 全国の小中高校・特別支援学校に3月2日からの休校指示
    2/28 県内最初の感染者発表
    3/11 甲子園の選抜大会中止決定
    3/12 WHO パンデミック宣言
    3/24 東京2020 延期決定
    3/28 浜松市最初の感染者発表
    4/ 7    最初の緊急事態宣言発出

 このようにして昨年の春には日本全体で、stay home の自粛生活が始まりました。
 3月1日にはドラッグストアやスーパーの売り場から、トイレットペーパーやマスクが姿を消し、入手できなくなりました。
デパート・映画館・大型スーパ・美術館・公園・遊園地などは閉鎖されました。

2 浜松市の感染状況
  2020.3.28 最初の感染者
     7.29 100人突破
  2021.2.27 1000人
     5. 3 2000人
              7.30  3000人
              8.21  4000人
              9. 4   5000人
      9.24   5333人
 この数字の推移を見るとこの夏の第5波が最大の感染流行の危機だったことがわかります。
 9月24日現在、人口10万人当たり667人です。わが町は人口約10000人ですから、その割合で考えると
 67人ということになります。 

3 私の生活の変化

 ①空白のカレンダー
  コロナ以前は月の20日以上の日に何かの予定が入っていたのですが、ほとんど空白になってきました。
 ②消えた活動
  ・地域での活動 シニアクラブの活動(全体の活動は2020.3月から休止中) 
          うたごえクラブ(2020.3から休止 2021.3解散)
          浜松まつり(2020休止 2021部分実施も不参加) 
          自治会活動(多くの町民が参加する花火大会・夏祭り・運動会などは
          2020,2021中止) 役員OBの会合
  ・同窓会    私の高校・大学の同期会は2020,2021休止のままピリオドに。
          教え子たちの県内各地でのクラス会はすべて休止中
  ・静岡文化芸大での聴講 2005年から続いていた聴講は2020,2021とも聴講不可 
          聴講生仲間の「ミレーの会」の活動も休止
  ・芸術鑑賞 毎年続けてきた東京など全国各地の美術館巡りはお休み中 
        浜松市内の美術館のみ コンサートもほぼ0 
 ③継続している活動
  ・サークル活動 ASN(アクティブ シニア ネット) 例会は緊急事態発出下では休会 
          部会・同好会は可能であれば開催
          「男の料理教室は20.0.3から休止中)  
          農園や柿園での作業は休みなく継続 畑で仲間に会うことが多くなった
  ・ブログの取材 花の画像を中心にしたブログにアップする画像撮影のための取材  
          フラワーパーク・ガーデンパーク・フルーツパーク
          などの公園や寺院など訪問 ただし、公園は緊急事態時は休園で取材不可

4 そして今
  ①在宅時間が長くなりました 大半はTV視聴時間、パソコンに向かう時間です 
                大リーグの大谷の試合中継、将棋の藤井三冠の中継など
  ②体重が増えました この1年で2.~3㎏
  ③運動不足 ②の要因でもあります 膝の痛みもあって取材に出かけても歩く速度が遅く、距離が伸びません 
   毎日5000歩歩けばいいのですがなかなか・・・。2週間ほど前から家でエアロバイクを。20分で7km程度。

5 これから
  第5波はおさまりつつありますが、第6波が予想されます。コロナとの付き合いは長くなるでしょう。
  これからも感染防止には十分気を付けて体を動かすように努めたいと思います。  

 

 

 

 

 


    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年9月20日 (月)

中秋の名月前夜

 明日9月21日は中秋の名月です。満月は午前8時55分。今日は月齢13.1です。ほぼ「満月」に見えます。明日は曇るかもしれないということなので、とりあえず今夜のお月様を撮りました。

Img_0277

今年のヒガンバナ

 今日は彼岸の入り。ヒガンバナはその名のとおり、このお彼岸の季節に間違いなく咲いてきます。今年も各地で先週の初めから咲き始めてそろそろ見ごろになっています。フラワーパークやガーデンパークが休園中なので、とりあえずそれ以外の場所で取材しました。

1 二俣川河川敷 栄林寺駐車場前 9/16 

Img_0148 Img_0141_20210920152001
  二俣大橋と左岸河川敷のヒガンバナ      中央が二俣川 手前は栄林寺

Img_0140 Img_0137
         まだ咲き始めでつぼみをつけた茎が多数見られました

 栄林寺駐車場はお彼岸の季節は混むことがあります。その際は二俣大橋を渡った左手のJA駐車場へ。

2 里山公園 磐田市敷地891-1

 遊歩道沿いと斜面の各所で赤と白のヒガンバナが咲いています。10月になるとゴールデンピラミッドとの競演が見られるかもしれません。

Img_0156Img_0155_20210920153001

Img_0163 Img_0159_20210920153101
                        アジサイとヒガンバナ

2021年9月14日 (火)

「みどりーな」で

 「みどりーな」は浜松市緑化センターです。年に何回か訪れています。ほとんど平坦で30分ぐらいで無理なく歩くことができます。四季折々にいろいろな生き物を見ることができます。

Img_0092 Img_0090
ジャコウアゲハの雌。美しい蝶です              立派なバッタ

Img_9293 Img_9291
池の水面を覆っているコウホネ(河骨)        コウホネの花

Img_0094 Img_9260_20210914214001
       ホトトギス                 玉スダレ

Img_0095 Img_0096 
            ユリ                夏スイセン

2021年9月13日 (月)

シラタマホシクサを買いました

 東海地区の湿地限定で生育しているシラタマホシクサを買い求めました。磐田のJAどっさり市です。磐田市内の園芸農家が栽培した園芸種です。1セット税込み480円でした。湿地のシラタマホシクサに比べて背丈が低く、花も小さくて7mmほどです。PCで検索すると通販でいろいろ販売されている様子ですが、花が咲くこの季節、ほとんど品切れになっていました。

1_20210913203101 3_20210913203101 

2_20210913203101

2021年9月 9日 (木)

銅鐸公園のシラタマホシクサ

 初秋を迎え、シラタマホシクサが咲く季節になりました。東海地方の湿地にしか存在しない希少植物です。直径1センチほどの小さな白い玉のような花は、金平糖やお星さまに例えられます。豊橋市の葦毛湿原が最大の繁殖地です。県内では浜松市細江町の銅鐸公園が最大です。県立森林公園でも見られます。
 撮影したのは9/6。咲き初めでまだ花影が薄い様子でした。前日、NHKローカルで放送されたので、珍しく複数の車がありました。
 見ごろはまだこれから続きます。

Img_0061 Img_0065
         上の段                 下の段

2014_09100005 2013_09200025

Img_0076_20210909102501 Img_0078
下の段と手すりの上方の上の段に群落があります

 

2021年9月 4日 (土)

初秋の万葉の森公園

  コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言発出によって、浜松フラワーパーク・浜松フルーツパーク・浜名湖ガーデンパークなどが9/12まで休園になっています。入園者がいなくても花は咲き、フルーツは熟しているでしょう。今どのような風景になっているのでしょうか。

 今回は休園になっていない「万葉の森公園」の紹介です。

オミナエシ

Img_0019 Img_0033

ハギ                    ケイトウ

Img_0018 Img_0025_20210904162601

ワタ

Img_0024_20210904162801 Img_0034

ヤドリギ

Img_0014_20210904162901 Img_0015

万葉集にはヤドリギ(寄生=ほよ)を歌った歌もありました。

 

2021年8月25日 (水)

休園前日の浜松フラワーパーク

 静岡県も緊急事態が宣言され、「セルフロックダウン」が求められています。県や市の各種施設は軒並み休園措置が取られています。浜松フラワーパークは8/23から9/12まで休園です。休園前日の8/22(日)の午後、急いで行ってきました。
 例年、9月下旬になると早咲きのヒガンバナが咲いてくるのでそれが一つの目的でした。

Img_9955 Img_9958
           梅園で早咲きのヒガンバナが咲き始めていました

Img_9970 Img_9965
                 桜の谷入り口付近の花畑

Img_9971 Img_9976
         真夏のアジサイ              ゴクラクチョウカ

 

 

2021年8月20日 (金)

巣ごもりの日々

 秋雨前線が日本列島の上に居座って雨が降り始めたのは旧盆前の8月12日(木)のことでした。それから毎日雨、雨、雨。今日で9日連続になります。今日までの雨量は340mmです。日照時間は9日でわずか6.5時間。お日様が恋しい今日この頃です。前線の上を次々と低気圧が通過するので、雨がやんで青空がのぞいてもいつまた降り出すかもしれかないという不安定な天気なので、出かけるのも控えることになります。車で買い物に出かける程度でほとんど歩くこともありません。

 そのような巣ごもり状態で、オリンピックは終わったところ、パラリンピックはまだこれから、甲子園も順延続き、大リーグ大谷のゲームはNHKで中継なし。ということで、テレビから離れて漢字の勉強や資料作成に時間を使いました。

 今日8月20日、静岡県もコロナ感染急増で緊急事態宣言が適用されました。静岡県、浜松市とも感染者が急増し医療機関の逼迫が迫っています。
県は「生活維持に関係のない場合は、1歩たりとも外出しない」ことを県民に求めています。ASN(アクティブ シニア ネット)の明日8/21の例会も中止になりました。8/28の漢字研究会も中止になりそうです。
 これまで頻繁に出かけていた施設・・・浜松フラワーパーク・浜名湖ガーデンパーク・浜松フルーツパークなども9/12まで閉園になります。その他多くの施設が閉鎖されたり利用が制限されたりして、出かけるところがありません。フラワーパークでは間もなく早咲きのヒガンバナが咲いてくるはずです。フルーツパークではイチジクやピオーネなど熟している果実をどうするのでしょうか。

 雨は来週半ばには終わりそうですが、コロナは終わりが見えません。セルフ ロックアウトが続くのはなかなか厳しいと実感している今日この頃です。

2021年8月14日 (土)

海に飛ばされた草間彌生の<南瓜>

 瀬戸内海のアートの島=直島の突堤に設置されていた草間彌生の<南瓜>が台風9号による風と波で台座から離れて海中に落ち、波にもまれて3つに割れたということです。ベネッセの職員が回収したということですが、修理が可能なのかどうか心配になります。直島のアート作品の中でも人気の高い作品で、直島を訪ねた人はみんな見ているはずです。<南瓜>が無事に復元できますように。
 
 私がこの<南瓜>を見たのは10年前の2011年5月のことです。静岡文化芸大聴講生の仲間「ミレーの会」のメンバー23人と一緒に訪ねました。
この時も台風が接近していました。小雨の中、傘をさしながら<南瓜>を見ました。ホテルのテラスからも遠くに望むことができました。船の着く港にはもう一つの赤い<南瓜>がありますが、これは無事だったようです。
 2日目、降りしきる雨の中いろいろなアート作品を見て回りましたが、ホテルが私たちのためにバスを無料で出してくれました。港まで送ってくれました。宇野へ渡る船は私たちが乗った便が最終で、その後は台風で欠航になりました。

S2011_05290026 Simg_3741
    小雨の中の<南瓜>2011/5/28        ホテルのテラスからの遠望

5f53e_1509_7d3b5657_df28e51d
     台座だけ残っているようです

 

2021年8月 8日 (日)

森林公園のサギソウ

 浜北の県立森林公園では真夏の季節に美しいサギソウが咲くので毎年取材に出かけています。サギソウはラン科の湿性多年草です。今年は7/26と8/5に行ってみたのですが、花が少なくて残念でした。7月中旬の梅雨明け以後ほとんど雨がなくて湿地が乾いているからかもしれません。咲いているのは第7湿地です。スポーツ広場のすぐ裏になります。第7駐車場から100m、徒歩2分です。ハッチョウトンボに出会うチャンスがあるかもしれません。

Img_0255 Img_0260
             白鷺が羽を広げたような美しいフォルムです

Img_0254 Img_0265_20210808111201
              湿原の草むらの中に点在しています

2021年8月 2日 (月)

「渡辺おさむ お菓子の美術館にようこそ」:平野美術館

 渡辺おさむ(1980~)はスイーツデコアートを制作する現代美術作家です、樹脂粘土のフェイククリームを使って、本物のように甘くておいしそうなお菓子や果物に彩られた様々な作品を制作して、「アート界のスイーツ王子」と言われています。
 なるほど、このようなアートの世界もあるのですね。浜松・平野美術館で 8/15まで。

Img_9790 Img_9789
<クレープ少女> 真珠ではなくクレープ        <髭クリーム>

Img_9765Img_9784 
       <チョコレートの川>          <ヴィーナス誕生>

Img_9768 Img_9761
                <Sweet Cat   cream>                  <うなぎパイと燕子花図>

Img_9801 Img_9803
              制作用の道具の一部です
 

2021年7月31日 (土)

春華堂フルーツバンク

 うなぎパイで知られる春華堂が4月にオープンした「スイーツバンク」へ行ってきました。建物の一つは春華堂の旗艦店とカフェなど、もう一つは信用金庫の支店です。それぞれの建物はダイニングテーブルを13倍の大きさに拡大した設計になっていて、室外の椅子や室内の提灯、カップなども巨大です。信金の屋上からは大きい新聞紙が垂れ下がっている風景があります。
 旗艦店ではうなぎパイのほか、焼き立てのパイやケーキなどのスイーツや菓子が販売されています。カフェ「とらとふうせん」ではっ軽食やドリンクを楽しむことができます。楽しい仕掛けに満ちた記憶に残る空間です。中区神田町553

Img_9825 Img_9837
       包装紙でおなじみのデザイン       13倍の大きさの椅子

Img_9830 Img_9831
        室内の提灯                カフェで

Img_9838 Img_9835
      信金の屋根から新聞紙        信金ATMコ-ナーの万年筆

Img_9833
私がいただいたドリンク
 うなぎパイとマスカルポーネのコヒーラテ

 

2021年7月29日 (木)

炎暑の浜松フラワーパーク

 連日30℃を超える真夏日が続いている浜松。熱中症警戒で時間を限って歩くことにしました。浜松フラワーパークに9時45分着、大温室とヒマワリ園を中心に歩きました。約45分です。10時の気温32℃。8月も入場無料ですが大駐車場の車は10台前後。園内は閑散としていました。

Img_9701 Img_9732
エントランスでヒマワリが迎えてくれました     スロープカーから撮影した
                         ヒマワリ園

Img_9734 Img_9735
     ヒマワリ園のハイブリットサンフラワー   1.5m以上の高さがあります

Img_9717 Img_9719
                  大温室入り口のサギソウ

Img_9705 Img_9725
     園内各所で咲くサルスベリ            スイレン

Img_9703 Img_9713
秋の花       フジバカマ                オミナエシ

2021年7月24日 (土)

ヒマワリの季節:浜名湖ガーデンパーク

 ガーデンパークの花ひろばでヒマワリが見ごろになってきました。丈の低いヒマワリが1本残らずすべて東を向いて咲いていました。7/23

Img_9615 Img_9607

Img_9604

水の庭のスイレン

Img_9640 Img_9641

Img_9644 Img_9647
          ハスとスイレン

«磐田東7-0日大三島