2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

2016年8月28日 (日)

「真田丸全国巡回展」

 静岡市美術館で「エッシャーの世界」展を観た後、静岡市役所へ向かいました。土曜日なので市役所の通常業務は行われていません。この日訪ねたのは市役所の本館です。

042
           正面。右から「静岡市役所」

033_2

スペイン風のドームのある優雅な建築物。1934年の
建築で国の登録文化財に指定されています

 この建物は主に議会棟となっていますが、1階の一部は市民ギャラリーとして公開されています。

 そこで「真田丸」全国巡回展が開かれていました。NHKの大河ドラマの番組宣伝です。

037_3
       登場人物のパネルが迎えてくれます

038_2

039_2
            人物の紹介や歴史の解説

036_2
            小道具:信繁の小刀(手前)

040_2

出演者のサイン色紙もありましたが撮影禁止でした。

_20160828_0001
              番組宣伝のチラシ

Hagaki_20160828_0001_2
               絵はがき

I_20160828_0001_2
  紙うちわ。「物語は、静岡・遠州からはじまった」。そうでした。とと姉ちゃんたちは浜松で育ちましたね。毎朝観ています。

 さて、間もなく「真田丸」が始まります。今日は「挙兵」。関ヶ原の戦いが迫っています。

2016年8月27日 (土)

「エッシャーの世界」展:静岡市美術館

 

エッシャー(1898-1972)は20世紀オランダを代表する版画家です。不思議なだまし絵で人気の画家で、作品から受ける印象は近代の画家という感じですが、実は40年前まで活躍した現代の画家です。
 師であるメスキータの影響を受けて版画の道に進みました。
110点の作品と30点の資料はほとんどが黒一色の作品世界です。

_20160827_0001_3
          《空と水》1938年

 「表面の正則分割」という理論と技術に作品を生み出しました。

_20160827_0001_4 

              《魚とうろこ》1959年

だまし絵の世界

_20160827_0001_6
          《ベルヴェデーレ》1958年

 だまされないようによく見てください。

_20160827_0001_7
                 《滝》1961年

水の流れをよくよく見てください。

 じっくりと鑑賞すると時間がかかります。

 明日8月28日までです。










2016年8月26日 (金)

鬱金&睡蓮木:みどりーな

鬱金(ウコン)の花

Img_2929_2

Img_2933_2
ウコンはショウガ科の多年草です。根茎は食用、薬用、染料になります。美しい花です

睡蓮木(スイレンボク)

 睡蓮に似た可憐な花が咲きます。盆栽で人気があるとのこと。

Img_2937

Img_2936_2

Img_2913_2
           これは・・・黄花睡蓮です

Img_2923_2
  園内を流れる渓流に夏の青空が映っていました

Img_2934
    吹き抜ける風がさわやかで涼しい緑陰です

みどりーな=浜松市緑化推進センターです。南区大塚町

2016年8月25日 (木)

「院展の軌跡」:平野美術館

 平野美術館の館藏品展です。平野美術館は近現代の美術館を多く所蔵しています。その中から、院展の創設期に活躍した画家から、現代の院展を支えている画家までの著名な日本画家の作品が出品されています。

 横山大観は《秋風》《怒濤》《潮》の3点。大観らしい独特の技法で描かれた風景画です。菱田春草・富田渓仙・奥村土牛・福王子法林等の作品もあります。

 現代の院展作家では松尾敏男・那波多目功一・松本高明など。浜松で長く制作を続けた鈴木三朝も2点。

 富士山を題材にした作品は5点あり、様々な富士を見比べるのも楽しい。

 小品が多い中で、松本高明の《花王図》は六曲一双で各349.8の大作です。

2016_08250002_2

Huji_2
       伊藤ほう耳《富士》 1990年

Dotou_2
            横山大観《怒濤》 1899年頃

Hanaakari
        梅原幸雄《花明り》 1982年

Kaou_2
           松尾敏男《花王》 昭和後期

Sokazu
            堅山南風《蔬果図》 1949年

Togyuu
        奥村土牛《古九谷焼》 1954年

Kataokahuji
       片岡球子《富士》 1980年

 9月25日までです。

2016年8月24日 (水)

二俣川沿いのサルスベリ

 二俣川沿いのサルスベリが毎年8月下旬になると見頃を迎えます。今年も24日、ほぼ満開になっています。

2016_08240006_2

2016_08240004_2

2016_08240016

2016_08240001

2016_08240005_2

2016_08240026 2016_08240027

2016_08240029
           川の対岸から

 地域の皆さんが植栽したサルスベリがみごとに生長してりっぱな並木になっています。
 場所は山東の交差点で右の362号線へ進み、光明の集落を過ぎて橋を渡り、ローソン天竜山東店横の中道橋を渡ったところです。

 見頃はまだしばらく続きます。

2016年8月23日 (火)

第86回男の料理教室

 ASN(アクティブ シニア ネット)の男の料理教室は調理師の資格を持つOさんの担当でした。
 メニューはこれまでにない創作料理3品。

・長芋酢豚
 長芋を使った酢豚です。豚肉は焼くだけで揚げないので簡単にできます。

2016_08230004_2 2016_08230005
豚肉・長芋・ピーマンを     ケチャップなどを回し入れ
炒め合わせています      とろみが出るまで火を通す

2016_08230007_2

・洋風にゅうめん

 コンソメキューブを溶かしてレタス・ウインナ・きのこ・ちくわを加え、その中でそうめんを茹でます。カレー粉を加えることで珍しい洋風にゅうめんのできあがり。暑い夏に温かいにゅうめんでカレーの味が引き立ちます。

2016_08230008_5

・やみつきキュウリ

 ビールが欲しくなるひと品です。細く切ったキュウリをポリ袋に入れて、酢・しょうゆ・ごま油・とりがらスープの素・塩昆布・ごまなどを加えて混ぜ揉み込みます。それを冷蔵庫で冷やしてできあがり。簡単でおいしいおつまみです。

2016_08230009

3点セット

2016_08230006_2

レシピを見ながら調理の手順を聞いています

2016_08230002_2

この日は都合の悪い人が多くて参加者は9人でした
会場は新津協働センター。

2016年8月22日 (月)

台風接近の日

 台風9号が静岡県に近づくということで心配しながら朝起きたのですが・・・。風は弱く雨も降っていません。
 NHKはリオ五輪閉会式の中継をEテレに移し、総合ではその後ほぼ終日台風情報を放送しました。
 台風9号の進路が北からやや東寄りに変わり、伊豆半島を暴風圏に巻き込みながら東京湾に向かいました。

 浜松では・・・

2016_08220003_2
  東の空は全面黒い雲に覆われて雨が降りそう

2016_08220005_2
  西には青空が広がり、下弦の月が残っています

 いずれも午前7時50分頃、わが家からの撮影です。わが家の上で空の様子が分かれていました。



2016_08220013_2
11時50分の雨雲レーダー画面。台風の中心は伊豆大島付近。台風の強烈な雨雲が伊豆から箱根にかかっています。雨雲が切れたその西側が県西部です。

秋桜

 結局浜松では雨はまったく観測されず、風も5㍍程度でした。ミニ農園に植えたコスモスが心配になって午後から見に行ったのですが静かに咲いていました。2016_08220003_4

2016_08220005_3

2016_08220005_4

2016年8月21日 (日)

49年前の教え子たち

 20日に島田高校の同窓生の集いが開かれました。約200人が参加しましたが、この集いの中心的な役割を務めたのが49年前の教え子たちでした。昨年から今年にかけて還暦を迎えましたが、大半は引き続きフルタイムで仕事に精を出しているとのこと。40年ぶりに会った教え子もいました。

 当時の生徒会長やHRのリーダーはこの日の会でもリーダーシップを発揮していました。頼りになるリーダーたちです。
島田高校は2年後に創立100周年を迎えます。
その時にも活躍してくれるでしょう。

 当時私は30代半ば・・・それから半世紀近く過ぎた今でも彼や彼女たちの顔を見るとどこかに面影は残っているし、名前を聞けば当時の様子を思い出すことができます。
 話は尽きず三次会が終わるまで8時間の楽しい時間でした。

2016_08210016
         教え子たちからのプレゼント

 

 

2016年8月18日 (木)

猛暑の中で咲く秋の花:浜名湖ガーデンパーク②

2016_08170035_2
        東西水路沿いで咲くバラ

2016_08170015_2
              ヒオウギ

2016_08170039_2
               リコリス

2016_08170038_2
           ヘディキュウム(ショウガ科)

2016_08170020
                  カッシア

2016_08170051_2
                熱帯スイレン

マンデビラのカーテン

2016_08170011

2016_08170012_2

2016_08170079

 マンデビラは南米原産のつる性植物。5月~10月まで長期間咲き続けます。たくさんの花をつけるのでアサガオよりも見栄えがします。

2016年8月17日 (水)

猛暑の中で秋の花:浜名湖ガーデンパーク①

 今日も33℃を超えた暑い日・・・猛暑を避けて午後3時過ぎに出かけました。少し遅い時間だったのですが、夏休みの親子連れの姿が目に付きました。

 暑い中で咲く花に秋の気配を感じました。

2016_08170031
        オミナエシとワレモコウ

2016_08170055_2
             フジバカマ

2016_08170054_2
             ホトトギス

2016_08170023_2
             パンパスグラス

2016_08170049
                 キキョウ

2016_08170048
花の美術館の花の庭にはほとんど花がありません

2016年8月16日 (火)

家の花 畑の花

 午後から「取材」に出かけるつもりでしたが、久しぶりに気温が34℃まであがったので大事をとって諦めました。と言うことでわずかに咲いている庭の花と畑の花を・・・。

2016_08160004_2
 トレニア:近所の方に株を分けていただきました

2016_08160010_2
          木槿(ムクゲ)

 木槿の思い出:私の高校入学から卒業まで3年間担任だった先生は国語で、木槿短歌会を主宰していました。毎月短歌を詠んで提出することが宿題になっていて、3年間数多くの短歌を詠みました。先生に選ばれた作品は同人誌「木槿」に掲載されました。同人誌「木槿」は歌人太田水穂の「潮音」の系列です。

2016_08160007_2
      シュウカイドウ(秋海棠)

2016_08160005
            キキョウ

畑の花

004_2
      コスモスとマリーゴールド

 コスモスは10月のイベントのステージを飾るために7月はじめに種を蒔いたのですが、早くも開花。新しく蒔き直しが必要になりそうです。

007_2
           五色ナンバン

収穫しました

006

2016年8月15日 (月)

燒津海上花火大会の花火

 今年で41回目の花火大会です。毎年8月14日の夜7時30分から8時30分まで燒津港で行われ、1時間で5千発の花火が打ち上げられます。防波堤で打ち上げるので海面すれすれの低い位置の花火を目の前で見ることができます。
 打ち上げ花火の写真はなかなかうまく撮れません。今回はコンパクトデジカメでしたが手持ち撮影なので微妙にぶれています。

2016_08140144_2

2016_08140145_2
低い位置から打ち上げられているのがよくわかります

2016_08140148_2

2016_08140103_2
       堤防の上で開いています

2016_08140086_2

2016_08140141

2016_08140061_2

2016_08140011_2

2016_08140086_3

2016_08140002_2
広い場所を自由に使えるので場所取りの心配は不要です
晴れていれば画面中央部に富士山が見えます

2016_08140008
 打ち上げ30分前でもまだ十分余裕があります
 椅子やシート、ご馳走や飲み物を持ち込みます

 花火が打ち上がる前に「宴会」は終わりです

2016年8月14日 (日)

焼津海上花火大会

もう20年近く続いている花火大会のお呼ばれで焼津に向かっています。
花火は730から830まで。その前に港の広場で「宴会」です。花火の写真が撮れたらアップします。

64歳トリオ ザ・ブトン 真夏のコンサート

 島田高校の同級生4人で結成したフォークグループ「ザ・ブトン」は3年生の時に大活躍して注目されましたが、大学進学と同時に活動を休止しました。それから40年余、20012年に還暦を迎えたのを機に活動を再開しました。リーダーが昨年5月に亡くなり、その後は3人で活動しています。真夏のコンサートは昨年に続き2回目です。

_20160814_0001_2

 会場は島田の「プラザおおるり」、今回もほぼ満席でした。
演奏曲目は次のとおりです。

2_20160814_0001_2
 1のGreen Leaves of Summmer はザ・ブトンのテーマ曲です。今回初めて歌う曲もあり、懐かしい歌、オリジナルなど多彩です。
 6《蓬莱橋》 21《大井川Train》はオリジナルですが、地元島田の情景を心に染みる歌詞とメロディーで歌い上げ、多くの島田市民に愛されている名曲です。
なお、この2曲などザ・ブトンの演奏は YouTubeで見ることができますのでどうぞ。

 休憩を含めて2時間半、23曲を歌いきりました。ラストは会場と一体となって《ソーラン節》です。編曲の寺田君の作業が終わったのが8月3日、札幌在住の前堀君の来静が11日ということで直前の練習が大変だったでしょう。

 寺田君のユーモアに満ちたさりげないMCが好評で場内は笑いが絶えません。人と自然に優しい歌が聴く人の心に響きます。今年は一段と進化したコンサートでした。

 今回も同級生が中心となって実行委員会を組織してコンサートを成功させました。

 実行委員会のメンバーや同級生十数人が集まった打上の会に私も参加して帰宅は12時前になりました。

Img_2562_2

Img_2546 Img_2547





 

2016年8月12日 (金)

常葉菊川 1回戦で完敗

 甲子園に出場した静岡県代表の常葉菊川は1回戦で熊本代表の秀岳館と対戦しましたが、1-6の完敗で姿を消しました。両チームとも打力に優れ、県大会の打率はいずれも4割を超えています。打ち合って点の取り合いになるかと思われたゲームでしたが、菊川は9番のホームランのほかは散発4安打で相手の3人の投手の継投に抑えられました。おなじみのフルスイングは不発に終わり、本領を発揮できませんでした。相手投手のレベルは県大会と比べるとかなり上で、打たせてもらえませんでした。

 菊川の落合投手は本塁打を含む13安打を許し6失点。4回に先制を許した後、7回には本塁打に続く2安打と四球の満塁にされたところで二塁打で3失点。これで大勢は決しました。

 さらに8回、2死無走者から四球と2安打に守りのミスが加わり2失点。

 終わってみれば得点1-6、安打5-13で数字の上でも完敗でした。

 菊川のフルスイング打線は不発でした。県大会では相手投手に容赦なく襲いかかった打線ですが、甲子園では本塁打以外の得点はなし。静岡県の投手のレベルが低いと言えるかもしれません。

 菊川は常葉大学系列の私学です。選抜で優勝の実績もあります。県内外から優秀な選手を集めている強豪校の一つです。

 今日の先発9人のメンバーに、学校のある菊川市の選手は一人もいません。一人で投げきった落合君が隣の掛川出身ですが、あとは県東部3人、西部2人、県外3人です。

 県代表が1回戦敗退で甲子園の興味は半減。リオ五輪の後半を楽しむことにします。

«「仮面ライダー プレミアムアート」:浜松市美術館