2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

2017年1月17日 (火)

フラワーパークの花と鳥

 花の少ないこの季節、温室以外にはほとんど花が見当たりません。その中で咲いている花・・・

2017_0116fp0056
            美しいツバキです

2017_0116fp0081 2017_0116fp0082
       珍しい木:シャクナゲモドキ

大温室の中の珍しい花

2017_0116fp0070 2017_0116fp0076
     カエンボク          ブラジルデイゴ
世界三大花木の一

2017_0116fp0067 2017_0116fp0068
       ドンベア:マダガスカル島原産

2017_0116fp0073 2017_0116fp0074
            キンカチャとその実

浜松特産のガーベラの展示

2017_0116fp0059 2017_0116fp0060

2017_0116fp0062
これだけあって全部異なる
ガーベラです

アオサギとカワウ

2017_0116fp0018 2017_0116fp0021
       アオサギ       首が細くて長い


2017_0116fp0033_2
       カワウ:くちばしの先が鍵型です

 月末になると節分草や福寿草などが開花し、早咲きのサクラも咲いてきます。まもなくです。

2017年1月16日 (月)

浜松フラワーパークの梅とロウバイ

 今年初めてフラワーパークを訪ねました。午後の気温が5℃前後で冷たい日でした。
 早咲きの梅がちらほら咲いていました。ロウバイは見頃でした。

2017_0116fp0008_3
               八重寒紅

2017_0116fp0017 2017_0116fp0006

2017_0116fp0050
     早咲きの修善寺サクラが開花しています

見頃のロウバイ

2017_0116fp0037

2017_0116fp0047 2017_0116fp0042
                     品種の違うロウバイ

 甘い香りが漂ってきます。

2017年1月15日 (日)

「竹久夢二展」:磐田市香りの博物館

 竹久夢二(1884-1934)は大正ロマンを代表する画家・詩人です。かぼそくて伏し目がちな「夢二式美人」の絵で一世を風靡しました。雑誌の挿絵、表紙、ポスターや図案などのグラフィックデザインでもすてきな作品を数多く遺しています。

 この展覧会は東京の竹久夢二美術館所蔵の約80点を紹介するものです。肉筆画は少なく、大半が印刷です。

Photo
    〈王春〉1925年 今回のポスターの表紙の絵

Photo_2 Photo_3
  〈旅舎春宵〉1932年    〈欧州の少女〉1933年

Photo_5
       〈モントレーの丘から〉1931年
    渡欧の際の作品。数少ない油彩の肉筆画

Photo_6 Photo_7
  〈秋のしらべ〉1924年  〈セノオ楽譜 「歌劇椿姫」〉1918年

Photo_8
             〈mai〉1926年

Photo_10 Photo_11
〈手製半襟の図版〉1915年   〈新作小学童謡〉表紙

 いずれを見てもまさしく「夢二式美人」です。また、デザインは斬新で洗練された色彩と構成で見事です。

 この展覧会は今日で終わりました。

凍てついた朝

 今日(15日)、浜松の最低気温は午前4時30分の-2.5℃。朝7時でも-1.1℃と氷点下でした。11時30分現在でも2.7℃と冷え込んでいます。
 朝方少し雪が舞いましたが、昨日の雪と違って粉雪でした。

2017_01150008_2

2017_01150003 2017_01150005

2017_01150007 2017_01150004

2017_01150006
               霜柱です

2017年1月14日 (土)

雪の土曜日

 わが家は浜松市営グランド近くにあります。今朝9時頃から雪が降り始めました。

2017_01140096 2017_01140119
9時20分過ぎにはこれまで見たことのないような大きな雪が降ってきました。水分の多い雪です。

2017_01140122
             降りしきる雪

2017_01140142
   クリスマスローズに積もった雪:9時50分頃

2017_01140143 2017_01140149

2017_01140153
10時前、雲が切れて陽が差してくるとヒヨドリが戻ってきました

 この冬初めての束の間の雪景色でした。

2017年1月13日 (金)

旧赤松亭庭園のロウバイと白梅

 久しぶりに旧赤松亭を訪ねました。手入れの行き届いた庭園でロウバイや白梅が咲いていました。

2017_01130016_3

2017_01130019_2 2017_01130021_2
    ロウバイと侘助        ヤブツバキ

2017_01130022_3
小鳥のための餌かご。メジロやウグイスは入れますが
ヒヨドリは入れません

2017_01130026 2017_01130051
       白侘助          においツバキ

2017_01130044 2017_01130043
          白梅が咲き始めています

2017_01130034_2
明治20代建造の建物は大部分が県や市の指定重要
文化財に指定されています

2017年1月12日 (木)

真冬の満月

 寒中の満月です。北からの大寒波襲来で凍てつく夜・・・と言いたいのですが、浜松の午後9時の外気温は6.4℃でそれほど低くありません。

2017_01120005_2
         1月12日 21時5分

 コンパクトデジカメによる手持ち撮影です。
 夕方東の空に昇る満月を撮影しようとしたのですが、あいにく雲に覆われてできませんでした。

 雪国では雪が降り止んでいれば満月の光が雪を照らして輝いていることでしょう。
 20代の頃富士山麓の町に住んでいたとき、満月の夜に白い雪が光り輝いている「月明の富士」を見ていました。私にとって富士の一番美しい姿で今も忘れることができません。
 
 この時間、富士は美しく輝いていることでしょう。

2017年1月11日 (水)

映画「この世界の片隅に」

 2016年度キネマ旬報日本映画ベスト1に選ばれたことが昨日報じられたアニメ映画です。受章が決まったから観に行ったわけではありません。以前から観に行くつもりでいたのですが、都合がつかなかったのでたまたま今日になりました。浜松での上映が終わったので磐田で観ました。
 こうの史代の同名の原作は2年ほど前に買って読みました。

 私がこのマンガを読み、映画を観たのはその舞台が私の生まれた町だからです。広島県呉市、旧軍港です。

 主人公のすずが嫁入りした昭和19年から21年までの呉での生活が描かれます。映画の前段は広島市南部の江波での生活が短く描かれています。

 映画に登場する呉の町は軍港に戦艦大和や巡洋艦青葉などが姿を見せ、下士官兵集会所や三ツ蔵などが登場します。すずが嫁いだ家は灰が峯の麓で、軍港や町並みを見おろすやや高いところにあります。近くには段々畑もあります。

 私が生まれ育った家は市役所にちかい街中で、通りから少し高台へ上がった所でした。家からはやはり軍港が見えていましたが、南側の雨戸は一年中閉めたままでした。明けておくとスパイ行為だと言わるからです。

 昭和20年になると空襲が始まり、日を追って激化します。最後は7月1日の大空襲で、このとき私の生まれ育った家も跡形もなく焼けてしまいました。私の一家は疎開していたため無事でした。

 すずの年齢設定は私よりも10歳上になっています。映画の冒頭部は私の生まれる前のことですが、呉での生活が始まったところからは私が呉で生活してきた時代と重なっているので、時代背景や描かれている場所はまさに自分の歴史を追っている感じです。

 戦争末期から終戦直後にかけての厳しい時代を懸命に生きたすずの姿が観る人にすばらしい感動を生みます。大空襲や原爆の参加も描かれていますが、反戦を声高に叫ぶことはありません。事実を淡々と描いています。

 私にとっては忘れることのできない大切な映画になりました。

2017年1月10日 (火)

大歓迎!!中村俊輔選手

 横浜Fマリノスの至宝中村俊輔選手が完全移籍でジュビロの一員になることが昨日発表されました。ジュビロサポーターにとっては本当にうれしいことです。
 俊輔選手にとっては苦渋の決断だったことがマスコミでいろいろ伝えられています。クラブ内でサッカーに集中できない状況があり、主将として苦しい立場にあったことが移籍の大きな理由になったと伝えられています。

 日本代表として共にプレーした名波監督や鈴木コーチが去年の秋から声をかけていたとのこと、日本を代表する二人のレフティの組み合わせが実現して楽しみが増えました。

 絶妙なFKはもちろん、ゲームメーカーとして多くのチャンスを作り、上位進出を目指すジュビロの核として活躍してくれることを期待しています。
 ゲームで直接得点にからむ仕事に期待するのはもちろんですが、それだけではなく上田康太、川辺などジュビロの選手たちに大きな刺激を与え成長させてくれることも期待できます。

 背番号は10・・・山田が海外に行くまでつけていた番号です。10番を見たいというサポーターでスタンドは埋まることでしょう。ホーム初戦は3月4日です。今からワクワクしています。

 今夜のニュース:イタリアのメディアが選んだフリーキックの歴代ランキングで中村俊輔選手は第5位、現役としては
トップになっています。メッシ、ロナウド、ベッカムなどよりも上位にランクされています。

2017年1月 9日 (月)

浜松の野菜と果物

浜松は工業都市のイメージが強いのですが、実は全国有数の農業都市です。農業生産額は全国の市の中でベスト3に入るほどです。
 おいしい野菜や果物を旬の時期に安く手に入れることができます。

今日の買い物

ミカン=この時期は「青島」  カキ=次郎柿

2017_01090002 2017_01090010
これで1000円です    そろそろ終わりです
1個12~13円
        1個100円(税込み)
ミカンは細江のJA直販所で

野菜:JA三方原ファーマーズマーケットで(次郎柿も)

2017_01090004 2017_01090005
遠州灘に面した砂地の篠原名産のオニオンサラダ。辛みがなくおいしい白タマネギ。1月4日から販売されています

2017_01090001_2
         これが一番おいしい

エシャレット        三方原のじゃがいも
2017_01090006 2017_01090008

同じく砂地で栽培     台地の赤土で栽培
浜松の特産物の一つ

ニンジン

2017_01090011





 



2017年1月 8日 (日)

戦国ご当地キャラクターフェスタ

2017_01080064
        家康くん           ひこにゃん

2017_01080058
甲冑姿のぐんまちゃん(㊧後ろ)  女城主直虎

 大河ドラマ「女城主直虎」の放送が始まる日、浜松駅にほど近いソラモで「戦国キャラクターフェスタ」が開かれ、全国各地から戦国武将にかかわるゆるキャラが参集しました。
 一番人気は ひこにゃん です。久しぶりの ひこにゃん を初めて浜松で見ました。ぐんまちゃん は甲冑姿で登場。幸村、信長、今川なども参加。
 キャラクターが登壇したステージは「ナオトラック」の荷台です。

2017_01080004
 家康くんと直虎ちゃんで全面ラップした大型トラック

2017_01080031 2017_01080032
      家康くん          直虎ちゃん

2017_01080039 2017_01080047

ふわふわも初登場

2017_01080001_2

 大河ドラマ「女城主直虎」の放送はBSで午後6時から始まっています。浜松市ではこの時間にアクトシティ中ホールでパブリックビューイングを開いています。

2017年1月 7日 (土)

寿 初春大歌舞伎

 久しぶりに歌舞伎を観ました。現在の歌舞伎座が2013年4月にオープンしてからは初めてです。開演前に時間があったのでF1から3階まで歩いてみました。すばらしい歌舞伎の殿堂です。

 初春大歌舞伎は2日初演で、昼の部の演目は・・・
5_20170107_0001_2

①将軍江戸を去る 

 最後の将軍慶喜の江戸開城前日の迷いと苦悩、懸命に慶喜を説得する山岡鉄太郎、翌日万感の思いを込めて江戸を去り水戸へ赴く慶喜の姿を描きます。慶喜役は市川染五郎、山岡役は片岡愛之助。

2_20170107_0002_2


②大津絵道成寺 愛之助五変化
 江戸時代に流行した大津絵の中の人物が次々と登場して踊るという変化舞踊です。愛之助が、藤娘 鷹匠 座頭 船頭 鬼の五役を演じ、舞台での早変わりなどを披露します。

3_20170107_0001

③伊賀越道中双六 沼津
 元は人形浄瑠璃です。仇討の物語で、武士の仇討に巻き込まれた庶民の親子の悲劇を描く人情ものです。呉服屋を中村吉右衛門、最後にその父親とわかる雲助を中村歌六、その娘を中村雀右衛門が演じます。

4_20170107_0001

 400年の歴史を持つ歌舞伎の優れた伝統と様式美を十分味わうことができました。演技、衣装、舞台、長唄などの歌舞伎音楽・・・総合芸術です。
  歌舞伎座の客席定員は1964人です。満席になれば1日に約4000人になります。
 私の席は1階9列7番。左横が花道です。吉右衛門や愛之助が1㍍横で演技しているのを見ることができました。

2017_01060012
                緞帳

2017_01060011 2017_01060015
       1階              2階

2017_01060023 2017_01060021
       3階         掘りごたつ式の桟敷席

2017_01060006 2017_01060026
      正面        歌舞伎座の上には26階の高層ビル

2017年1月 6日 (金)

新春の東京へ

 正月早々東京へ出かけました。家族に会い、その後歌舞伎座で初春代歌舞伎を観ました。

2017_01060005
      上り新幹線新富士通過後の富士山

2017_01060012_2
        歌舞伎座緞帳の富士山

2017_01060028 2017_01060006
久しぶりに銀座4丁目     大賑わいの歌舞伎座前
和光

 愛之助が大活躍したお芝居については後日アップします。

2017年1月 5日 (木)

新春の浜名湖ガーデンパーク①

 新春早々サクラが咲いています。百華園のアタミザクラです。早咲き種ですがそれにしても早い。暮れに暖かい日が続いたので開花が早まったのでしょう。

2017_0105gp0015_2

2017_0105gp0001
        展望塔から見た「鶏」の地上絵

2017_0105gp0006 2017_0105gp0003
   富士山は雲の中         光る湖

青いシクラメン「セレナーディア」

2017_0105gp0036
           艶のある美しい色です

2017_0105gp0034 2017_0105gp0038
    新しい株が大量に植栽されています
 栽培が難しい新しい品種ということで、約2千株が屋外で植栽されているのは珍しいのだそうです。

 青いシクラメンは美しいのですが、このエリアはもともと「クリスマスローズの小径」でした。クリスマスローズを避けながら植栽されているのですが、今や主役はシクラメンで、クリスマスローズは小さくなっています。

2017_0105gp0045 2017_0105gp0042
クリスマスローズとスノードロップが遠慮がちに咲いていました

2017_0105gp0032_2
青いシクラメンのすぐ上で雌のジョウビタキがまったりしていました

2017年1月 4日 (水)

2017年という年

 新しい年も4日目。これからの一年のことを考えてみました。
2017年=平成29年・・・20世紀は次第に遠くなり、昭和ははるか遠くのことになりました。昭和時代のことを話す時に、西暦を使わないと年代が理解してもらえないようになりました。

 定年からちょうど20年。この20年は私にとって充実した時間だったことをうれしく思います。

①健康第一
 齢80ともなればこれから先10年のことを考えるのはなかなか難しいことです。まずはこの一年を心身ともに健康で過ごすことが第一です。とりあえず現状維持を目標に努力します。

②きょうよう・きょういく・きょうほ
 健康寿命を少しでも伸ばすために必要な3つのこと。きょうよう=今日も用がある きょういく=今日行くところがある きょうほ=今日も歩く です。毎日この3つのことができていて、毎日だれかと会っておしゃべりしていれば健康寿命は伸びるでしょう。
 今年も地域でいろいろ用があります。各地へ出かけます。歩きます。

③学ぶこと、観ること
 文化芸大での勉強は今年も続けます。聴講生の仲間との美術館めぐりツアーや懇親会も続けます。できるだけ多くの美術館を訪ねてすばらしい作品を鑑賞したいと思います。
 「観る」のもう一つは「観戦」・・・ジュビロの試合の応援です。今年は上位で頑張ってほしいと思います。年間指定席で応援します。

 今年もよろしくお願いします。

«浜松西高 2017年新春の集い