2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

2017年12月12日 (火)

今シーズンのジュビロを振り返る

 2017年シーズンのジュビロは勝ち点48で6位でした。終盤に3位を狙えるところまできましたが勝ち切れませんでした。
 昨年は最終節に康太のシュートで仙台に1-0で勝ち、J1残留をようやく決めたのでした。それだけに今シーズン前にはチームの目標やサポーターの期待も控えめでした。結果はいい意味で期待を裏切ってくれました。

1年間の戦いの記録

①戦績 16勝 10分 8敗 勝ち点58 順位6位
②得失点 得点50点・5位 失点30(最少失点) 得失点差20(9位)
       よく守りました。安心して見ていることができました。
③ホームゲーム 8勝 5分 4敗 よく勝ってくれました
④連勝 6/18ガンバ戦から7/29川崎戦まで6連勝
⑤連敗 5/14川崎と5/21柏の1回だけ
⑥得点ランキング 川又14点で4位 アダイウトン8点で16位
⑦注目の対決 川崎H0-2 A5-2  鹿島H0-0 A3-0 浦和H1-1 A4-2
          清水H3-1  A3-0 見事な成績です
⑧新加入の選手の活躍 中村俊輔・川又堅碁・ムサエフ・高橋など
                が大活躍。川辺や上原が成長しました 

 以上が私の考える今年のジュビロの総括です。いい年でした。来年は今年以上の上位で勝ち進むことを期待しています。

 シーズンシートはルヴァン杯を含めて20試合のチケットがありますが、この1年で実際に現地で応援した試合は13試合にとどまりました。もったいないことです。

2017_04010048_2
             静岡ダービー:エコパ

Img_3300_2
             ファン感謝の集い

2017年12月11日 (月)

東京へ、東京で

 10日ぶりに東京へ出かけました。今日は慈恵医大での検診の日です。2007年12月に前立腺ガンの全摘手術を受けて今年で10年になります。毎年12月に検査と診察を受けてきました。PSAは手術後ずっと0.01のままです。再発の心配はないということで検査と診察は今回で終わりになりました。100歳まで大丈夫とのことです。執刀と診察でこの10年間お世話になった泌尿器科部長の頴川先生に心から感謝です。

 今日は朝から青空が広がり往復の新幹線から富士山がよく見えました。

上りの新幹線から

Img_3925_2
         富士川鉄橋から:7時49分

Img_3927_2 Img_3936_2
   新富士駅東から      製紙工場の煙突と煙

下りの新幹線から

Img_3979
          富士川鉄橋から:13時54分

Img_3958_2 Img_3968_2
   三島駅入線前         新富士の東
   正面に宝永山

Img_3977_2
          富士川鉄橋付近:13時54分

東京で

 診察が11時前に終わったのでかなり時間があったのですが・・・月曜日ということで美術館はほとんど休館。紅葉シーズンのフィナーレということで新宿御苑へ向かいました。ところが・・・月曜日でお休み。門前には次々と観光客が来ていましたが、休園ということでがっかり。外から美しい紅葉が見えていました。

Img_3942 Img_3945
      御苑新宿門

Img_3944 Img_3946

2017年12月 9日 (土)

「あいの森」でのクリスマスパーティ

 ASN(アクティブ シニア ネット)の仲間が旧龍山村で所有している森林の一部を拓いて造成した「あいの森」でクリスマスパ-ティーを開きました。この森ではメンバーが植えたサクラや花桃、スモモなどのいろいろな木が育っています。メンバーは毎年3月から12月まで定期的に出かけて木の管理や広場の造成、テーブルや腰掛けの製作などをしています。

 毎年12月はクリスマスパーティーです。今日は11人が参加。現地は快晴・微風で絶好のパーティー日和でした。会場を整え、全員扮装をして乾杯!おいしいごちそうをいただきました。

Img_3891_2

Img_3884 Img_3895
   日陰には霜柱         ツリーの飾り

Img_3901 Img_3902
用意したテーブルと腰掛け   腰掛けは杉の丸太

Img_3908 Img_3917
       乾杯          絶品の手作りケーキ

今年も楽しいパーティーでした。

2017年12月 8日 (金)

わが家の庭の花

 1ヶ月半ぶりのわが家の庭の花です。花の少ないこの季節・・・初冬に咲く花は貴重です。

侘助

Img_2101_3

Img_2109

Img_2114 Img_2113
      スイセン            ツワブキ 

Img_2105_2
            皇帝ヒマワリ

Img_2111 Img_2110
    ツルウメモドキ          マンリョウ

Img_2100 Img_2115
            ドウダンツツジ

2017年12月 7日 (木)

2017紅葉だより⑱みどりーな

 久しぶりに訪れた「みどりーな」(浜松市緑化推進センター・南区)ではウォーキングを楽しんでいる高齢者に何組も会いました。風もなく穏やかな初冬の午前、陽の光を浴びながら皆さん気持ちよさそうでした。

 紅葉は見頃を過ぎていましたが、まだ残っていました。

Img_2074
             落羽松(らくうしょう)

Img_2070_2
               メタセコイア

Img_2071
           鏡のような水面に映る

Img_2086 Img_2088

Img_2061

十月桜

Img_2091_2

Img_2095 Img_2097

園内で咲く花

Img_2051_2
           吉祥草(きちじょうそう)

Img_2042 Img_2082
       いそぎく      三色ミツマタのつぼみ

吉祥草に関する記事

_20171207_0001
静岡新聞
2017/12/6朝刊24面

2017年12月 6日 (水)

ゲヴァントハウス弦楽四重奏団コンサート

 

久しぶにコンサートを楽しみました。ゲヴァントハウス弦楽四重奏団はライプチッヒで1809年に生まれた四重奏団で200年以上の歴史を持つ世界最古の歴史を有しています。
 4人のメンバーはゲヴァントハウス管弦楽団のコンサートマスターや首席奏者で構成されています。今回のメンバーのうち、第一バイオリンのエルベンは若干22歳の時から現在まで30年間ゲヴァントハウス管弦楽団の首席コンサートマスター
を務めており、四重奏団の第一バイオリンも24年間務めている名手です。
 第二バイオリンのズスケは1984年からゲヴァントハウス管弦楽団の首席コンサートマスター代理をを務めています。1989年から四重奏団に加わっています。
 チェロのマイバッハはまだ26歳ですが、すでに管弦楽団の首席奏者を務めています。

 弦楽四重奏の魅力は、二つのバイオリンとビオラ、チェロの4つの弦楽器で、大オーケストラに匹敵する音楽表現ができることです。

プログラム
 ・モーツァルト 弦楽四重奏曲 第21番 ニ長調k.575
           「プロシャ王」第1番
 ・シューベルト 弦楽四重奏曲 第12番  ハ短調 D703
           「四重奏断章」
 ・ベートーヴェン 弦楽四重奏曲 第7番 ヘ長調 Op.59-1
            「ラズモフスキー第1番」

 アンコール
  ベートーヴェン 弦楽四重奏曲 第2番 Op.18-2より
            第2楽章アダージョ・カンタービレ

 3人の大作曲家の四重奏曲を楽しむことができました。このうち、シューベルトの12番は第1楽章しか書かれていない曲です。

 いずれの曲も4つの楽器が絶妙に絡み合い、リードし、リードされ、美しいハーモニーを奏で、大オーケストラに負けない音楽が展開されました。久しぶりの弦楽四重奏を堪能しました。

 今回の来日公演は全6回で、昨日の浜松アクト中ホールでのコンサートが初日でした。 

2017年12月 5日 (火)

2017紅葉シリ-ズ⑰油山寺

 この秋の紅葉もそろそろ見納めです。今日は袋井の油山寺へ。参道は見頃でしたが、三重塔ではほぼ終わっていました。

Img_1952_2
             正面が山門

Img_2007
               山門から

Img_2011
               山門:国重要文化財
 この立派な山門は1559年、井伊直好によって掛川城の大手門として建立。明治初年に油山寺に移築されました。

Img_1997

Img_2001

Img_2004

Img_2002 Img_1944

Img_1951

Img_1968
        三重塔:国重要文化財 1611年再建

  塔の左のモミジはほぼ終わり。右のモミジは色が不揃いで

十月桜

Img_1936

Img_2019 Img_2021
         駐車場で咲いています

2017年12月 4日 (月)

紅葉の中で防災訓練

 毎年12月第一日曜日は地域防災の日です。今年は12月3日。わが町でも午前9時から防災訓練を行いました。8時の時点で各家庭の安否確認をした後、市営グランドに避難。人員確認・避難場所への集団移動・各家庭の防災対策についての情報交換・AEDの用法・可搬ポンプによる放水訓練など一連の訓練を行いました。参加者は約50名の中高生を含めて230名でした。

 会場の市営グランドはアメリカフウの紅葉がみごとで、気持ちのいい訓練になりました。

Img_3816 Img_3818
  各部・班ごとに集合     市営球場正面前を集団で
                    避難

Img_3825_2

Img_3821 Img_3822

Img_3830

Img_3840_2 Img_3853
     AEDの講習          放水訓練

Img_3856 Img_3868
    虹ができました

Img_3864 Img_3873

Img_3879
   町内の公園に移動て炊き出しのおにぎりと豚汁

2017年12月 3日 (日)

ジュビロ 鹿島の胴上げっを阻止 0-0のドロー

 ジュビロ磐田の今季最終戦はホームでの鹿島との一戦。前節まで首位の鹿島は今日勝てば優勝。引き分け以下の場合は2位川崎の結果によるということになります。

 前半はジュビロの支配する時間が長かったのですが得点に至らず。鹿島はシュートわずか1。前半終了で0-0。川崎は大宮と3-0。勝つしかなくなった鹿島は後半に入って攻勢を強め、ジュビロのゴールに迫ります。固い守りで得点を許さず0-0で終了。この瞬間に川崎の初優勝が決まりました。

 ピッチに倒れ込む鹿島の選手たち。鹿島ゴール裏のサポーターは静まりかえって無人の如く。

 ジュビロは6位でシーズンを終えました。失点30は18チーム中最少というみごとな成績でした。

 試合後、シーズン終了のセレモニーが行われました。名波監督は挨拶の中で選手たちを褒め、「来年も俺についてこい」と。選手か会長の大井は「名波さんについていきます」 と応え、サポーターから大きな拍手。来年が楽しみです。

Img_3790 Img_3799
静まりかえった鹿島ゴール裏   選手が挨拶

Img_3802 Img_3810
名波監督の挨拶。後ろは大井   場内一周

Img_3789 Img_3780
    ほぼ満席でした       スタジアム横の紅葉

2017年12月 1日 (金)

2017紅葉シリーズ⑯六義園

 六(りく)義園は川越藩主柳沢吉保が1702年に築園した回遊式築山泉水の大名庭園で、東京・本駒込にあります。池をめぐる園路を歩きながら移り変わる景色を楽しむことができます。国の特別名勝です。
 JR駒込駅から徒歩数分、回りをビルや住宅に囲まれてここだけは静かなエリアです。
 この季節は紅葉のピークでライトアップも行われています。今朝9時の開園と同時に入園しましたが、あいにく小雨がぱらつく天候で日の光がなくて残念でした。

Img_3737_2

Img_3745_2

Img_3752 Img_3723

Img_3758_2

Img_3712 Img_3714

Img_3729 Img_3764

 六義園は2度目ですが紅葉の時期は初めてでした。

2017年11月30日 (木)

2017紅葉シリーズ⑮大洞院

 小國神社の後、同じ森町の大洞院へ。「森の石松」の墓があるところで知られています。ここの紅葉は小國神社よりも1週間ほど早く、盛りを少し過ぎていました。

Img_1925_2

Img_1917

Img_1892 Img_1894

Img_1899_2

Img_1911 Img_1918

Img_1885 Img_1930
                 ㊧:石松の墓 ㊨:次郎長の碑

 まだまだ十分美しい紅葉です。29日10時30分頃、駐車場は約30台の車でほぼ満車でした。小國神社から約10分です。

2017年11月29日 (水)

2017紅葉シリーズ⑭小國神社

 県西部でもっとも人気のある紅葉狩りの地が森町の小國神社です。宮川の両岸に約2,000本のモミジがあります。赤だけでなくオレンジや黄、緑などのグラデーションが美しいのも魅力です。

 見頃を迎えると周辺の道路や駐車場は大渋滞。今日は「見頃」です。朝8時40分に家を出て9時30分前に着きました。さすがにこの時間では渋滞はなく、駐車場も余裕がありました。

赤橋付近

Img_1809_2

Img_1807 Img_1804

Img_1816

Img_1818 Img_1848

宮川沿い

Img_1787

Img_1851

Img_1820

ことまち横町にオープンした店

Img_1869 Img_1870
                     抹茶わらび餅

 小國神社の紅葉を楽しんだ後、大洞院へ行きました。後日アップします。
 帰路、渋滞の列は小國神社から新東名の高架下までつながっていました。約2.5㎞です。

2017年11月28日 (火)

第100回 男の料理教室

 今日は男の料理教室のため紅葉の「取材」はお休みです。

 アクティブ シニア ネットの男の料理教室は今回で通算100回目を迎えました。100回目の今日はこれまででもっとも簡単な料理でした。用意されたメニューは3品ですが、そのレシピは3品でわずか6行でした。調理の手間もほとんどかからず、ご飯が炊きあがるまで暫時休憩しました。

メニュー ①生鮭ときのこの炊き込みご飯
      ②手羽元のコーラ煮
      ③ポテトサラダ

①米の上に2切の鮭ときのこを載せ、松茸のお吸い物1袋を振りかけて炊飯
②手羽元9本(3人前)を750MLのコーラで約30分煮込む
③じゃがいもだけのまっしろなサラダ

Img_3665 Img_3668
    炊きあがったご飯     手羽先のコーラ煮

Img_3669 Img_3671
  白一色のポテトサラダ     炊き込みご飯

Img_3670_2
 ご飯は味が薄くてうまみ不足。手羽先はコーラの味がほとんど消えていました

 今回の料理のコンセプトは男が一人になった時に必要な手軽な料理・・・ということのようです。

2017年11月27日 (月)

2017紅葉シリーズ⑬二俣城跡

 二俣へ出かけるハイキングに参加しました。3日前の24日(金)に二俣の鳥羽山公園に行ったばかりですが、その日の夕方、今日のハイキング開催通知のハガキが届きました。
 20人が参加、電車とバスを乗り継いで鳥羽山公園入り口から歩き始め、鳥羽山公園⇒二俣城址⇒清龍寺⇒山東と歩きました。

二俣城跡
 「おんな城主直虎」第46話(11/19)で家康の嫡男信康自害の場面がありましたが、その舞台が二俣城でした。その城跡は紅葉が見頃でした。

Img_1767_2

Img_1753_2

Img_1726_2

天守台から見た紅葉

Img_1752 Img_1750

Img_1773 Img_1764_2

Img_1757 Img_1701
      天守台       左:天竜川 右:二俣市街
                  正面:二俣城址

 画像の堤防は明治期に整備されたものです。それ以前は二俣川がこの地を右から左へ流れて天竜川に合流していましたが、天竜川の水が逆流して洪水が頻発していた場所で、地名は川口です。
二俣川の流れを現在の位置に変えて、ここに堤防を作りました。
 
 戦国時代、二俣城と鳥羽山城の間は二俣川で遮られていました。

清龍寺 
 二俣城で自害した信康の供養のために家康が建立した寺です。清龍寺というネーミングも家康によるものです。

Img_1783 Img_1784

Photo
              信康廟所

2017年11月26日 (日)

2017紅葉シリーズ⑫四ツ池公園

 今日はもっと近い場所・・・わが家から歩いて数分の四ツ池公園です。日に日に紅葉が進み、1週間前とは様変わりです。

通称ロケット公園ではアメリカフウが色づいています。

Img_1579_2

Img_1645 Img_1584_2

Img_1587_2 Img_1578
野球場レフトの照明塔
12月3日にはこのロケット広場で防災訓練が行われます

芝生広場

Img_1591_4

Img_1594 Img_1595_2

Img_1596 Img_1603
                   マンサクの花が早くも
                   咲いています

四ツ池のほとり

Img_1608 Img_1611

Img_1621 Img_1626

Img_1618_2
           久しぶりのカワセミです

«2017紅葉シリーズ⑪浜松城公園